徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

2014冬アニメ感想

 今日は夜勤明け。先月の中程にDDRやって以来全然プレイしてませんでしたので今日は何が何でもDDRをプレイせねばと思いいそいそとROUND1に向かいました。そういえばDDRの新しいイベントであるTAG生誕祭も今日初めてでした。一気に全曲終わらせましたが、こうして見ますと随分たくさん曲が収録されているんですね。

 4月に入ったという事で冬のアニメを見終わりましたので感想でも書こうと思います。最近のアニメを見る本数は平均2本程度で推移してます。ビジュアルノベルとBEMANIシリーズが私のメインの趣味ですのでアニメこの位の本数が本当に調度良いですね。このペースで気分展開程度に見続けていくと思います。それでは以下からどうぞ。

咲-Saki- 全国編★★★☆☆
咲-Sakiもスピンオフで様々なタイトルが出ておりますが、やっぱり本編が一番好きかも知れません。全国編という事で県大会が終わってから全国大会2回戦までの内容でした。中身的には単行本と同じですので展開は知ってましたが、あの超常的な描写をどのようにアニメ化するかを楽しみにしておりました。各キャラクターに魅力があり演出も拘ってましたので楽しんで見ることができました。特に2回戦で登場する宮守女子にスポットが当たっていたのが良かったですね。清澄高校がまるで悪役のようなポジションだったのも咲らしさだと思います。

凪のあすから★★★★★
私が大好きなP.A.WORKSの作品という事で何も考えずに見ることは決まっておりました。ですがこれは本当にシナリオ含め作画含め大変力が入っておりました。海と陸に住む少年少女の心の揺れ動きをテーマとした本作ですが、思春期特有のこそばゆい動作1つ1つが視聴者の心を掻きむしったのではないかと思います。そしてこの作品は2クールでしたが、1クール目と2クール目で5年の歳月が流れておりその中で人々の時の流れがズレるという展開はありそうでなかったものであり、登場人物達の心の動きを読み取るのに苦労しました。逆に言えばそれだけ私がのめり込めたという事かも知れません。最終的に全員幸せになれたようで何よりでした。海村があるファンタジーな世界感を余すことなく表現したシナリオと作画、間違いなく歴史に残る作品だったと思います。

 という訳で今期はこの2本でした。咲で表現を楽しみにし凪のあすからでシナリオを楽しみにしていましたので1週間経つのが本当に待ち遠しかったです。来季もまたこのような素敵なアニメに出会えたらと思っております。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/09(水) 23:34:30|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年始まって3ヶ月経過しての振り返り | ホーム | 花見2014>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1291-97ff08df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する