徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

SL

 今日は何もない休み。こんな日はビジュアルノベル消化に限るという事で今日も1本読み切りました。感想を書こうと思っているのですけどそれ以上にDDRやりたい気持ちが先行しているのでこの日記を書き終わったらいつものROUND1へ出発します。

 昨日ですが、上野駅で運良くSLを見ることが出来ました。私も最近偶然知ったのですが、フジテレビの企画で東日本大震災の復興支援で「みちのくSLギャラクシー」というものがあったそうで3/7(金)~3/8(土)で岩手県の釜石駅から東京の上野駅までSLを運行するイベントだったようです。SLには岩手・宮城・福島の3県に在住している人から合計50名が抽選で選ばれ、もしかしたら二度と味わう事の出来ないSLの旅を楽しまれたようです。上野駅はとんでもない人の数で、実際まともに見れたわけではありませんがタモリや加山雄三などの著名人もゲストとして居たみたいで結構な盛り上がりでした。私は言う程SLに興味がある訳ではありませんが、実際の路線を走る姿はそうそう見ることが出来ませんしいい機会でしたので一部始終を見ていました。何よりも印象に残ったのは石炭から生み出されるその蒸気と熱による重厚感でした。現在はもう電車しか走ってませんので駅に停車している時も聞こえるのはエンジンの起動音とエアコンの音くらいですが、SLという事で常に石炭を燃焼させて蒸気を発生させなければいけません。言い方は悪いですがSLは熱効率が低いですのでそのとき発生する余分なエネルギーがこの重厚感を生み出しているのだと思います。そして外にむき出しになっている車輪や各機関を繋いでいる金属にもロマンを感じるのでしょうね。SLが好きでなくても誰もが足を止めマジマジと見てしまうと思います。最後に上野駅から引き上げるときに汽笛を鳴らしたのですが、もの凄い音圧でした。近くにいた人であればもう鼓膜が破れるのではないかと思うほどです。この汽笛は実際に聴かないとその迫力は分かりませんね。かつての日本で確かに走っていたSL、それは鉄道ファンでなくても何らかの形で人々の心に残っているものなのかも知れません。そんな事を思った一幕でした。

 という事はもしかしなくても宇都宮駅でもSLは見れたのでしょうか?それとも途中までは電車で走ってSLは最初と最後だけなのでしょうか?今となっては確認しようがありませんが、釜石駅から上野駅までSLで走っていたとすれば、沿線にはさぞ大勢の鉄道ファンがカメラを構えていたのでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/09(日) 17:40:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<単位 | ホーム | 福島原発1000日ドキュメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1279-0c3f645a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する