徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

水戸藩ラーメン

 今週は研修で一週間水戸の方に行ってました。実は私、人生で一度も水戸には行ったことなかったので研修もそうですが単純に水戸がどういう街なのかも楽しみにしておりました。結局は時間がなくて駅前を少しブラブラした程度でしたけど、地方都市の県庁所在地らしい賑わい方で住みやすそうな街だと思いました。

 それでも水戸らしい何かは味わいたいと思った訳で、事前に何もリサーチしていなかった私はとりあえず研修終了後のビジネスホテルで色々と検索してました。とりあえず鉄板なのはやはりラーメンかなということで調べてみましたところ、水戸藩ラーメンというご当地ラーメンがあることがわかりました。水戸藩ラーメンとは江戸時代に水戸藩主の徳川光圀(水戸黄門)が日本で最初に食べたといわれるラーメンを再現したもので、麺にレンコンが練り込まれている事と「五辛」(ニラ、ラッキョウ、ネギ、ニンニク、ショウガ)という薬味を添えている事が特徴です。文章を読んでいるだけですとどのようなラーメンか全然わかりませんね。という訳でJR水戸駅から徒歩15~20分のところにある石田屋という水戸藩ラーメンを提供するお店に行ってきました。今回は日中はずっと研修でどこか遠出するような時間はなかったので必然的にJR水戸駅周辺に限られました。それでも有名な水戸藩ラーメンのお店が検索できて運が良かったです。お店は住宅地の中に溶け込むように立地しているのですが、水戸藩ラーメンの幟が掲げられており一目で分かりました。そして感想ですが、正直味的には普通の醤油ラーメンで真新しさは感じませんでした。ですが上でも書いた五辛と呼ばれる薬味を入れることで一気に風味が増し、どこか高級感を感じる事ができるラーメンに変身しました。よくよく考えてみれば徳川光圀が食べたラーメンを再現しているわけですので二郎系のような奇抜なラーメンのはずはないんですね。味はシンプルであり且つ高級感があるという、ラーメンという料理の幅の広さを感じる事が出来るラーメンでした。ちなみに麺を食べ終わった後はお米を頂きおじやにして食べるのが石田屋さんらしさです。学生時代にカップラーメンを食べてから残ったスープにご飯を入れて食べた人もいたのではないでしょうか。ちょっと昔を懐かしく思った瞬間でした。という訳で実にご当地らしいラーメンで良い思い出になりました。濃い味やボリュームを求める人にとっては物足りないと思いますが、こんなラーメンもあるんだなと感じることが出来ると思いますので水戸に来た時は一度食べてみては如何でしょうか。備忘録はこちらからどうぞ。

 ちなみに石田屋さんのマスターの方と少し話をしたのですが、水戸にはもう1つご当地ラーメンがあるとの事です。その名もスタミナラーメンと言いまして、特徴はキャベツ・人参・かぼちゃ・味付けレバー(店によってはホルモン等)による具で構成された甘辛い餡だそうです。次回水戸に来る機会があったらこちらも食べてみようと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/24(金) 21:51:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<熱闘!BEMANIスタジアム | ホーム | 送別会にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1263-e57a0a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する