徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

C85三日目

 先程C85が終了しました。そして無事に宇都宮に帰ってきました。C85の三日目は同人ゲームと同人音楽の日、私としましては1年間のレビュアーとしての総括の日でもありました。という訳で今年最後の記事はC85三日目の感想を書こうと思います。

 今年の反省でも書きましたが、今年は全部で43本のビジュアルノベルをプレイしレビューを書くことが出来ました。これは去年までの私と比較しまして非常に多い本数であり、それだけ同人ゲームが持っている製作者とプレイヤーが直接話が出来る魅力に惹きつけられたという事かも知れません。そういう意味で今回のC85を始め各種即売会に参加するという事は、私としましては同人ゲームを購入するという事以上に意味を持っております。ましてやコミケは世界最大の即売会です。それだけに参加される同人ゲームサークルの数も最多であり、数多くの方と話が出来る絶好の機会であります。今回も事前にサークルチェックを行い、過去にプレイしたことのあるサークルさんには絶対に足を運ぼうと決め、そうでないサークルさんでも出来るだけ会話をして作品を購入しようと決めておりました。一年の最後の日に相応しい日になるよう、また後悔の無いように精一杯C85を楽しむ心意気で臨みました。

 それでは今日一日の行動を書こうと思います。

・5:00…起床
・5:55…寮出発
・6:26…宇都宮駅出発
・7:32…東京駅出発
・7:45…新木場駅出発
・7:52…国際展示場駅到着

 実は今回も知人のサークルである銀のサイコロさんがサークル参加しておりまして、ありがたい事にサークルチケットを頂くことが出来ました。冬コミは夏コミほど厳しい環境ではないのですが、やはり気温一桁の中で何時間も人がひしめき合う環境は決して日常味わう物ではありません。何よりも体調を崩したりインフルエンザなどのウィルスに感染するリスクが高まりますので、今回の様にサークルチケットで開場までの時間を室内で過ごせるというのはそれだけで意味を持っております。本当であれば企業ブースや壁サークルに行く方が持っている方が価値はあるのかも知れませんが、そういった早く入場できるという意味以上にチケット入場には意味があると思っております。チケットを分けて下さった銀のサイコロさんには毎回の事ではありますが感謝しても感謝しきれませんね。

・10:00~12:30…同人ゲームサークル巡り
 という訳で10:00調度から同人ゲームのサークルを回る事が出来ました。加えて今回は西ホールで同人ゲームと同人音楽の両方のブースでしたので、ホール間移動も無く時間を節約できる感じでした。基本的な動きとしましてはとにかく全ての同人ゲームサークルを順番に回るだけなのですが、過去にプレイした事のあるサークルさんがいればその作品の感想を話し、メールなどでやり取りをした事があるサークルさんには改めて名乗って作品の話をしようと努めました。一番嬉しかった事は、私が名乗る前に顔を見ただけで私の事を知っていてくれたサークルさんがいたという事です。これまでもコミケだけではなくCOMITIAなど幾つかの即売会に参加しその度に挨拶はしてきたのですが、基本的に1分も満たない時間しか話が出来ないので顔を覚えてくれる事は無いだろうと思っておりました。それでも私の顔を覚えていてくれる方がいたので大変嬉しかったです。レビュアーをしていて一番の喜びでした。そして「M.Mの部屋のM.Mです。」と名乗ると「ああ、あなたでしたか。」と応えてくれたサークルさんの数も結構増えた気がしました。これについてはあらかじめTwitterでサークルさんの情報をリツイートした事も意味があったのかも知れません。出来るだけ私の事を認知して頂けるよう多少なりとも努力した結果なのかなと思いました。後は名乗らないまでも過去にプレイした事のある作品を見かけたら「この作品面白かったです。」と感想を話すようにしました。そして新作があれば必ず買うようにしました。そんなこんなで気が付けば2時間半経過しており、軍資金である80,000円も半分を切っておりました。2時間半もぶっ通しでサークル巡りをしたのはかつて無かったと思いますし、それだけ夢中だったのだろうと思いました。

・13:15~15:15…同人音楽サークル巡り
 という訳でここで荷物整理と昼食をとる為に一旦西ホールを脱出し、国際展示場直下のファミマで休んでました。それでもコミケ終了は16:00という事であまり長く休めないと思い後半戦である同人音楽サークル巡りへ向かいました。同人音楽サークルにつきましては同人ゲームの様にレビューている訳ではありませんのでそこまで強い目的はありませんでした。それでも単純に音楽を聴くことは好きですしこれまで参加してきた即売会などで幾つか注目しているサークルさんはおりましたのでそんなサークルさんの作品は確実に入手するように努めました。合わせて気になったジャンルの曲については積極的に話をし視聴することで購入するよう努めました。全体を回って分かった事ですが、私が思っている以上に知っているサークルさんの数は増えておりました。これはサークルさんを知っているというよりは並べてあったCDのジャケットを知っていたという事かも知れません。「このCDのジャケット見た事ある」と思ってサークルさんの名前を確認しますとやはり知っているサークルさんであり、簡単にお話しすると共に改めて新作を購入することが出来ました。これこそが即売会の魅力であり、目的のサークルだけではなく全てのサークルを回る事の醍醐味だと思いました。

 という訳でこの段階で閉幕まで1時間を切っておりましたので、名残惜しいですがここで終了としました。最後に今回もサークルチケットを譲って下さった銀のサイコロさんに一言挨拶をしに行きました。銀のサイコロさんも知り合いのサークルさんと共に閉幕を待っている感じでした。どの程度売れたのかは分かりませんが、この後一緒にサークル参加された知り合いと打ち上げに行くそうです。銀のサイコロさんのように元々の知り合いと一緒にサークル参加するという事もまた即売会らしい楽しみなのだと思います。この日の為に何日も前から原稿を書いていた姿は多少なりとも知ってましたので、その喜びも一入だと思います。即売会は参加される方の数だけスタンスがあると思います。私はレビュアーとして多くの同人サークルの方と話をする、銀のサイコロさんとしては知り合いと同じ時間を共有し自分の表現したいものを多くの方に知ってもらうといった感じでしょうか。今日を含めた三日間、全ての参加者にとって満足のいくC85になって頂けれることが一番の成功なのだと思いました。

 という訳で最後の最後まで楽しむ事が出来たC85の三日目でした。自分の表現したいものを表現する場として発展し続けたコミケ、それは表現したい人とそれを受け取りたい人が相互に協力してこそ成り立ってきたものです。全ての方が参加者であり主役である事を忘れずに、これからもいい関係でこの場が続いていくことを祈りますね。そして私にとって当面の課題は、今回入手した作品に加え過去の即売会で入手した作品でまだプレイしていない作品をこなす事ですね。今回も本当に両手いっぱいの作品を入手出来ましたので、これまで以上のペースで消化しないと間違いなく積まれていってしまいます。昨年は25本だった消化数が今年は43本まで増やすことが出来ましたのでまだまだ頻度を上げる事が出来ると思っております。何よりもとにかく今足元にある作品をプレイしたくてたまりませんので、この気持ちのままに明日から早速プレイしていこうと思います。次の即売会は2月のCOMITIAでしょうか。まずはそこまで何本消化できるかが勝負ですね。まとまりませんが、今日はこのあたりで閉めようと思います。最後になりましたが、C85に関わった全ての皆様、お疲れさまでした。


C85で使った金額

【事前通販】
⇒26,160円

【1日目】
⇒12,000円

【3日目】
・1,000円×70→21枚
・500円×20→9枚
・100円×0→8枚
⇒53,700円

【合計】
⇒81,860円

…まあ、こんなもんだろ。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 21:29:47|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014抱負 | ホーム | C85一日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1255-685821fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する