徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

2:5:3

 今日は楽団の練習日。木曜日は唐突に飲みに誘われ芋焼酎をあおり、金曜日は二日酔いで仕事してその後大宮で飲んで徹マンして、土曜日は午前中仮眠とってから午後再び大宮で用事があってまた飲んで、そして今日は楽団の練習という事でよくよく考えなくても全然休んでない数日間になってます。特に楽団は来月に定期演奏会がありますので今月は毎週練習があり、ひょっとしたら年末までにLRFF13終わらないかも知れないです。私的な用事的にも色々な意味で年末らしくなってきております。

 そんな飲み会続きな訳ですが、世の中のメディアは飲みにケーションと言って飲み会での会話が重要だとか言ってますけど大概はくだらない話ばかりで話をした当人も何を話したか覚えていないという事が日常茶飯事です。まあそんな風に気兼ねなく物事を話せる関係を作れている事実が大事なのだとは思いますね。ですが木曜日に職場の先輩方と飲んだ時に1つ教訓的な話を聞くことが出来ました。飲み会で出るくだらない話題の代表格は飲み会にいない人への愚痴だと思っております。一番共感しやすいですしアルコールが入ってないと話せないような話題ではありますからね。ですがそんな話をしている時に一緒に飲んでいたベテランの人がこんなことを言ったんです。

「組織に所属している人間が10人いたら大体2:5:3に分かれる。2がやる気のある人、5が普通の人、3がやる気の無い人、このバランスで構成されていると案外組織っていうものは上手く回るものだ」

色々と考えさせられる話でした。私なんて組織の人みんながやる気出して仕事をすればそれが理想だと思ってました。ですが、実際は全員が真面目だと同じような考えばかりになってしまって方向性を誤ってしまうのだそうです。色々な人がいて色々な考えがあるからこそ、やる気のある人の方向性がちょっとズレてしまっても修正してくれるのだそうです。まあだからと言ってやる気の無い人がそのままで良いという訳ではないのですけどね。ある意味そんなやる気の無い人を更生しようとしてやる気を出している人もいるのかもしれません。実際この2:5:3という関係はベテランの先輩の経験談ではあるのですけれど、何十年も仕事をやってきて人を見てきている方なので間違いなく真実なのだと思います。仕事を進めていくうえで何が大切なのか、会社の掲げる理想通りの職場なんて現実はどう考えても実現しな事は世の中の心理ですので、まずは人を知りそれぞれの役割を知る事も大切なのかなと思いました。そんな事を思った飲み会でした。

 まあ仕事に対する姿勢は人それぞれですし人それぞれであるべきですから、全員が真面目に仕事をするなんでそもそも前提から違っているのかもしれません。私も仕事をする位ならゲームしたりビジュアルノベル読んでいたいですし、私の周りに本当に存在する会社人間な人には共感できませんからね。まあ、やる気の無い人はこんな飲み会では一番の話題になりますのでそれだけで十分な存在感ですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/01(日) 08:49:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベーシックコース | ホーム | 特産品の正しい楽しみ方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1244-f09dfa24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する