徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

LRFF13

 昨日から地味に3連休になっているM.Mです。一昨日は夜勤明けだったのですがかなり大規模なトラブルに見舞われた為、夜勤終了がお昼近くにまでなってしまいました。そんな事もあり昨日は殆ど寝てましたので、本格的に活動している休日は今日からとなっております。

 つまり私がLIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIIIをまともにプレイ開始したのは今日からという事です。一昨日の夜勤明けにとりあえず購入だけはしたのですが、1時間程度プレイしてもう眠くなってしまい中断して、昨日は何だかんだで2時間程度しかプレイしてませんでした。今日はその遅れを取り戻す意味でも朝からプレイしており、ようやく進め方といいますか感覚が分かって来た気がします。という訳で紹介が遅れましたが11/21にFFXIIIシリーズの最新作であるLIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIII(以下LRFF13)が発売されました(公式HPはこちら)。FFXIIIシリーズは2009年にFFXIIIが発売され、その2年後に続編であるFFXIII-2が発売されております。ハードがPS3になった事もありこれまでに無かった映像の綺麗さと細かさ、そして戦闘のリアルタイムさで多くのプレイヤーの心を掴んだのではないでしょうか。今回発売されたLRFF13はFFXIII-2の更なる続編にあたり、FFXIIIとFFXIII-2の両方をプレイしている人でないと恐らく内容が分からないと思います。まあそもそもLRFF13に手を出す人は基本的にFFXIII-2までプレイ済みでしょうし、FFXIII-2であんなEDを見せられたら何が何でもLRFF13をプレイしなければいけなくなるでしょうね。という訳で現在プレイ時間13時間程度ですが、個別に感想を書いてみようと思います。

・戦闘システム
今作はこれまでのパラダイムシフトとは違いライトニングさん1人で戦います。そして1人という事で全然システムは違うのですがリアルなATBであることは変わりません。戦闘の基本的な流れは、あらかじめドレスを複数登録しておきそのドレスを切り替えながら敵にダメージを与えていきます。ドレスはそれぞれ武器・防具・アクセサリー・アビリティなどを登録しておき、自由にカスタマイズできます。このドレスの切り替えのタイミングやバランスを駆使することでたたかう一辺倒では到底倒せないような難敵を討ち取っていきます。始めはもちろん慣れないと思いますが、ドレスの数が増えアビリティが増えていくあたりから本当の面白さを体感できると思います。

・世界余命
LRFF13の世界は何と13日後に終焉を迎えてしまう世界です。そんな破滅に向かう世界の中で、人々を救済していくのがライトニングさんの役割です。そんな世界余命13日の世界ですが、フィールドを歩いているとリアルタイムで時間が経過していきます。何が言いたいのかといいますと、のんびりと風景を楽しんだり無駄足をしているとあっという間に1日が終わってしまいGame Overに近づいてしまうという事です。以下に効率よく人々を救えるのか、失敗しない為にはどうすればいいかを比較的速く決断しながら進めなければいけませんので、正直難易度はかなり高いと思います。限られた時間で何が出来るのかを精一杯考え、無駄の無い行動をする事がクリアの前提になると思います

・アウトワールドコミュニケーション
LRFF13はオンラインで実際にプレイしている人たちと交流できるシステムがありまして、その総称がアウトワールドコミュニケーションです・具体的には自分のプレイ画面を記録しTwitterに投稿できたり、日々更新されるDLCをインストールしたり、他のプレイヤーに対してお土産を渡したりといった感じです。これもリアルに時間が経過する世界観においてやはりリアルタイムで更新されていきますので不思議な臨場感を感じることが出来ます。これまでのRPGと比較して1歩先に進んだRPGと言うことが出来ると思います。

 他にも色々と言いたい事はあるのですが特徴的な要素のみ抜粋で書かせていただきました。とりあえずハッキリ言える事は、FFXIIIを好きな人であれば基本的にどっぷりはまる事が出来るシステムである事、そして難易度は間違いなく高いということです。上でも書きましたが、世界余命が決まっておりますので何もしないとそれだけでGame Overになってしまいますからね。如何に情報を入手し効率よく動けるか、何よりも時間を無駄にしないで動けるかが大事になってきますので、出来るだけ早くシステムになれる必要がありますね。私も10時間くらいプレイしてようやくコツを掴んできましたので、ようやく本当の意味でLRFF13を楽しめそうです。という訳で暫くは引き篭もってプレイすると思います。何とか今年中には極めたいところですね。かなりやりこみ要素が強いですので、辛抱強く喰らいついてプレイしていこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 20:49:59|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<特産品の正しい楽しみ方 | ホーム | DDRのプレイスタイル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1242-84cb7e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する