徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

妹の結婚式

 現在実家から戻る特急列車の中です。今回帰省した理由は、妹の結婚式に出席する為でした。

(以下続きを読む、反転でご覧ください。)


 今年の7月に結納が行われた時からこの日曜日に結婚式が行われる事は決まっておりました。結納で初めて新郎方の家族とお会いしましたが真面目で厳格な方々でしたので、素直で明るいけれど自由奔放な妹的に正直大丈夫なのだろうかと多少心配に思いました。まあそこは長い年月交際しておりますしお互いの家族と何度も会ってきておりますので私が心配することでは無いのでしょう。妹らしい明るくて楽しい家庭を作っていくのだと思っております。むしろ私が心配したのは実家の方です。妹は今回結婚するまでずっと実家で過ごしてきておりましたので、人生で初めて家族と離れて生活する事になります。私は大学が新潟でしたのでその時に初めて実家から離れ、大学院は仙台、就職は大宮で現在は宇都宮とかれこれ実家から離れて10年以上経過しております。後で父親から聞いたのですが、私が大学進学で実家から離れたその日の夜は母親が泣いてしょうがなかったそうです。私が実家から離れるだけでそうだったのですから、妹が結婚で嫁に行くとなれば私以上に寂しく思う事と思います。そして私は兄妹2人ですのでこれで両方とも実家から離れてしまったことになります。現在実家には両親と祖父母、そして今年で14歳になる老犬が住んでおりますのでやはりどこかのタイミングで実家に帰る事が必要なのかなと思い始めました。父親は「お前の人生だから好きなようにしろ」とは言っておりますが内心寂しいのだと思います。年3回くらいしか帰省しないのにいつも温かく迎えてくれた家族、結婚式でも珍しく妹が私にメッセージをくれました。本当は私が地元に就職しなかった事が少し寂しかったのだそうです。幸い私の仕事はフィールドが大きく地元でも職場はありますので戻る事は不可能ではありません。ですがしばらくはそれも叶いませんので、後5年10年経ち立場が変わった時に本当に自分の将来を決定しようと思います。その前にもやはり結婚についてですね。妹の結婚式という事で当然親戚の方も多く参加されたのですが、だれからも「次はお兄ちゃんの番だの」と言われました。結婚は自分自身の人生の為でもあり同時に家族の人生の為でもあります。そろそろ30歳も目前に近づいてきたので、身の振りを考える意味でも結婚については真面目に考えようと思いました。何れにしても終始楽しい結婚式でした。妹らしく明るくて賑やかな結婚式でしたし、小中高それぞれの同級生も多く参加して久しぶりの再会を楽しんでおりました。特に小学校の同級生は私も顔を知っておりましたので普通に思い出話をしてました。そんな意味でも楽しい結婚式でした。妹はきっと苦労しながらも幸せになると思いますので、後は私が両親を安心させる番だと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/28(月) 15:52:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マウス | ホーム | 私立BEMANI学園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1232-2615aa60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する