徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

Tynwald music

 今日は夜勤明け。割とボリュームあった夜勤だった為か帰ってきてから15:00位まで寝ててそこからお昼食べてまた寝て20:00位に目が覚めてしまいました。という訳でビジュアルノベルもせずとりあえず凪のあすから第2話を見て1人で勝手に凹んでました。こりゃダメだ、明日仕事になりそうに無いな。

 再びC84で購入したCDの記事です。この日記の中でもたまに書いておりますが、私はコミケなどの即売会では基本的に同人音楽及び同人ゲームのサークルは全て巡ります。それでもかつてCDを購入したりビジュアルノベルをプレイしたサークルさんはチェックしており、挨拶したり新作を購入したりしております。それでも全てのサークルを回ることで新規に知るサークルさんが生まれたりサークルチェックで抜けていたサークルさんを確認出来たりしますので、全てのサークルを回すことは欠かせませんね。そして今回もサークルチェックで抜けていたサークルさんと出会うことが出来ました。それがタイトルにもありますTynwald music(読み方はティンウォルドミュージック)というサークルでして(公式HPはこちら)、主に美少女ゲームメーカーのlightぱれっとで楽曲を提供しているサークルです。私がこのTynwald musicを知ったのはlightの作品である僕と、僕らの夏をプレイしたことが切っ掛けでして(公式HPはこちら、感想はこちら)、ボーカル担当のWHITE-LIPSの透き通る声と透明感のあるサウンドに心引かれたことを覚えております。そしてこの僕と、僕らの夏のED曲が私にとって大変お気に入りでして(参考はこちら)、調べてみますとこのTynwald musicの作品であるWHITE-LIPS VOCAL COLLECTIONに収録されていることを突き止めました。ですが同人ショップなどを巡って探しているのですが全然見つからず、何かの機会で再販されないかと待っておりました。そんなTynwald musicを今回C84で偶然見つけてお品書きを見たのですが、残念ながら目的のCDはありませんでした。それでも続編であるWHITE-LIPS VOCAL COLLECTION 2は購入できましたのでとても嬉しかったですね。感想ですが、WHITE-LIPSの透き通るボーカルはさすがでしたがやはり注目するべきはその独特の透き通ったサウンドとどこかファンタジーを感じさせる雰囲気ですね。僕と、僕らの夏をプレイしたときも思ったのですが、リアルさというよりはファンタジーな雰囲気の夏ゲーでしてこれまでプレイしたどの作品にも当てはまらない雰囲気でした。これは恐らくBGMによる効果が大きかったのだと思いますし、これこそTynwald musicの魅力だと思っております。という訳で偶然会いたいサークルさんに出会えて感無量でした。これだから即売会は面白いですね。また偶然の出会いを求めて積極的に参加していこうと思いました。

 そんな私の課題はやはり購入したCDをちゃんと捌く事ですね。正直なとこと両手が折れそうな程のCDを毎回購入してしまうのでPCに入れるだけでとんでもない時間が掛かってしまい、1曲1曲を丁寧に聴くことが出来てない気がします(捌くとはこういう意味合いです)。購入したCDを全て覚えていて全てチェック出来ればいいのですが、どうしても印象に残った曲やサークルに目がいってしまうのが悩みですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/11(金) 23:58:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<solo | ホーム | 2013秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1225-0233e66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する