徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

2013夏感想

 いよいよ10月に入ったということで、私が宇都宮に異動してから1年経過しました。正直あっという間に過ぎた1年という印象ですね。まだまだ覚えるものが多くてとても慣れたとは言えないのですが、これまで学んだ事は活かしてそれを踏まえてもっと技術と知識を身につけることが出来る1年にしたいと思っております。

 そして10月に入ったという事は新しいアニメが始まる時期ということです。という訳で今回はいつもの通り夏のシーズンに見ていたアニメの感想でも書こうと思います。アニメは原作を知っているかP.A.WORKSが作っているか位しか本当に判断材料になってませんね。私にとっては完全に気分転換の為の存在です。まあそれで今はバランスが取れていますので調度良いのだと思います。それでは以下からどうぞ。

ローゼンメイデン★★★☆☆
その昔数多くのヲタクを生み出したあのローゼンメイデンの久しぶりのアニメ化という事でしたが、完全にヤングジャンプ版のローゼンメイデンの再現という感じでした。実は私、このアニメを切欠にローゼンメイデンの漫画全巻を大人買いしましたので全ての内容は先読みしております。内容が結構シリアスですので昔ほどの破壊力は無いかもしれませんが、往年のファンにとっては懐かしい気持ちになることが出来たのでしょうか。そういう意味で新しくローゼンメイデンを知った人にはとっつき難かったかも知れませんね。

有頂天家族★★★★
古来より人間と狸と天狗が深く結びついて反映してきた京都を舞台とした作品であり、P.A.WORKSらしい丁寧なロケハンと人物描写で実にアニメらしい作品だと思いました。1話1話毎に阿呆で面白可笑しな雰囲気に溢れており、大きな盛り上がりや盛り下がりはありませんでしたが和やかな雰囲気にさせてくれるアニメだと思いました。この阿呆で面白可笑しな雰囲気は最後の最後まで続き、いつまでもこの世界観に触れていたいと思わせるような内容でした。これまで見てきたP.A.WORKSの中でも異色な作品かもしれませんが、間違いなくP.A.WORKSの作品だと確信させる雰囲気は是非これからも続けて欲しいと思います。

 という訳で今期はこの2本でした。加えて<物語>シリーズ セカンドシーズンもあるのですがこちらは秋も継続ですので感想はそのときに書こうと思います。今期は久しぶりにアニメを見たな~と思いました。これはローゼンメイデンも有頂天家族もアニメだからこそ出せる雰囲気を感じることが出来たからです。アニメオリジナルであればともかくメディアミックスであれば原作をどのように表現するかというところが問われると思うのですが、今期の2本はどちらも原作の雰囲気を良く表現していたのではないかと思いました。来期も今期のようなアニメに出会えれば幸いですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/02(水) 20:52:48|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノートパソコン | ホーム | デスサイズ・ストックウォーズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1222-54929a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する