徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ばくだん屋

 今日は夜勤明け。基本的に日勤と夜勤の間には休憩時間がありそこで仮眠をとるのですが、ちょっと今回は仮眠をとる暇が無くて完徹で夜勤に突入しました。その為か夜勤中は何とかなったのですが終わってから完全に緊張の糸が切れてしまって、この時間まで寝てました。無理は良くないのですけど、そう上手くいかないのが仕事ですね。

 たまにはメシ系の記事でも。前に広島に行ったという記事を書きましたが、広島と聞いてパッと頭に浮かぶ名産や食べ物というものは結構あると思います。実際に今回広島に行ったときは夜は全員で広島風お好み焼きのお店に行き本場のお好み焼きを堪能しました。今回はそんな広島ならではの食べ物である廣島つけ麺のお店を紹介します。私の中で広島の食べ物と言えばお好み焼き・かき・もみじまんじゅうがパッと浮かぶのですが、廣島つけ麺というものは初めて聞きました。一緒に行ったメンバーの1人が広島に詳しい方で、今回行ったばくだん屋(公式HPはこちら)というお店は広島でも人気のつけ麺のお店だそうです。廣島つけ麺の特徴はストレートの細麺にたっぷりの野菜、そして和風ダレのスープと辛みだそうです。東京とかでよくある濃い味のつけ麺とは全然違う味付けで確かに広島らしい食べ物だと思いましたね。和風ダレということで非常にサッパリしており麺も冷たく細麺ですのでスルスルと食べる事が出来ました。加えて特性の辛みが良いアクセントとなっており、より食欲をかき立てられました。ばくだん屋にはお昼に行ったのですが、午前中は平和祈念式典に参加していたという事で実際のところ暑さに結構参っていた事もあり冷たいつけ麺は本来の味以上に絶品に思えたものです。もともと中国地方で暑い気候の土地柄もありますのでこのようなつけ麺が生まれたのかも知れません。このばくだん屋は広島のみならず関西を中心に店舗を展開しております。残念ながら関東には出店していない様ですが、大勝軒のようなつけ麺が蔓延している関東に出店すれば間違いなく人気のお店になると思います。広島を訪れた際には是非1度食べてみては如何でしょうか。備忘録はこちらからどうぞ。

 正直なところ今までつけ麺というものは大勝軒のような濃い味の濃厚なスープの物しか食べた事が無かったので、ブームの割にはどれも同じ味だなとか思ってました。ですが今回食べた廣島つけ麺のようなサッパリとしたつけ麺があるという事を知って、それなりに幅がある事が分かりました。つけ麺はまだまだ開拓の余地がある料理だと思いましたので、もっと色々なつけ麺が出ればいいと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/20(火) 17:26:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<エッセイ | ホーム | COMITIA105>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1205-d2ff13b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する