徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ARSENAL

 今日は楽団でとあるイベントでの演奏会がありましたので早朝から上野に出てました。演奏会は午前中に終わり、それからは打ち上げも兼ねて15:00位まで上野で飲んでました。やっぱり昼間から飲むお酒は格別ですね。生と焼酎をかなり飲んでまして気分はもう夜中なのですが、飲み屋から出てからの突き刺すような直射日光が嫌でも今が日中である事をを思い出させましたね。

 今回の演奏会では私にとって非常に思い出深い曲を吹く事が出来ました。それがタイトルにありますARSENAL(読み方はアルセナール)という曲でして、中学校や高校で吹奏楽をやっていた方であればほとんどの方が知っている曲であると思います。ベルギーの作曲家であるJan Van der Roost(読み方はヤン・ヴァン・デル・ロースト)の作品でして、コンサートマーチとして非常に軽快でありながら重厚なサウンドで多くの方に支持されております。前にMercury(読み方はマーキュリー)という曲について記事を書いたのですが、これの作曲者もJan Van der RoostでありARSENAL同様非常に格式の高いコンサートマーチであります。実は私、このARSENALについては曲の存在については知っていたのですが吹いたことは一度もありませんでした。恐らくは中学高校で誰もが一度は吹いたことがある曲であると思いますし、そのタイミングで吹く機会が無かったので大学以降で改めて吹くという機会に巡り会えなかったという事なのだろうと思います。何れにしても吹きたかった曲がまた1つ吹けて感無量です。一般的にマーチにおけるTubaの位置付けは伴奏であり割と単調な譜面が多いのが現実ですが、このARSENALの譜面は結構難易度が高かったですね。普通に対旋律がありメロディもあり、音域も広かったのでちゃんと練習しないと吹けない曲でした。それでもアンサンブルでの伴奏としての役割は変わらず、加えて要所要所にあるメロディで存在感を出さなければいけないので息と同時に頭も使って吹きましたね。逆にこういう譜面だからこそやる気も上がるというものですし、元々好きな曲であったという事も相まって演奏中は非常にテンションが上がりましたね。今回の演奏では個人的に結構うまく吹けたと思っておりますし、改めてアンサンブルの中でのTubaの役割というものを考えさせられました。中学高校向けという声も良く聞きますが、普通に一般バンドで吹くべき深みのあるコンサートマーチだと思います。また機会があれば是非是非吹きたいですね。参考音源はこちらからどうぞ(ニコニコ動画につきアカウント注意)。
 
 ちなみに15:00で解散になり私は新幹線で宇都宮に向かっていたのですが、気が付けば那須塩原を通過してました。という訳で郡山駅で降りて宇都宮にUターンして帰りました。普段だと絶対乗り過ごすなんて無いんですけどね。知らず知らずの内に飲み過ぎたみたいです。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/28(日) 19:12:43|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美幸 | ホーム | Sho & Hoshiko>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1197-37244ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する