徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

物語の中の物語

 今日は夜勤明け。夜勤が終わってさあ帰ろうと思った時にちょっとトラブルがありましたので寮に帰ってきたのが9:30。それから仮眠をとって起きたのが14:30と非常に中途半端でしたのでずっと部屋でダラダラ過ごしてました。それでもM3で購入した全てのCDをPCに入れましたので整理を進めているところです。

 そのM3で買ったCDその4です。最近はDTM(デスクトップミュージックの事)の普及で作曲というものの敷居が低くなっている気がします。PCの性能向上や作成ツールの高度化などがその要因だとは思いますが、それが故にDTMでの作曲サークルの数も増えて今や結構な激戦区になっている状況です。それでもコンピュータの音ではなくやはり生の音に拘りを持つサークルは非常に根強く、吹奏楽団で楽器を吹いている私としても実録音源の曲などは好んで購入しております。今回はそんな実録音源の曲を制作されているサークルからMusic Pandora(公式HPはこちら)というサークルの物語の中の物語というCDを紹介します。このサークルはフリーの作曲家である光田晋哉氏のサークルでして、ゲーム音楽やピアノ音楽を始め吹奏楽の楽曲等も作曲されております。今回私が購入したこの物語の中の物語というCDも実録音源のCDでして、メインを担当している楽器は何とリコーダーです。リコーダーと言えば小学校の時に誰もが触れるであろう楽器ですね。そういう意味で高級感は無いかも知れませんが非常に身近に感じる楽器だと思います。そしてこの物語の中の物語に収録されている楽曲のどれもがどこか子供の時に何も考えずに走り回った時の記憶を呼び覚ますかのような曲ばかりです。一言で言えばノスタルジィにあふれた曲ですね。万人が絶賛するような曲ではないかも知れませんがそっと胸の中にしまっておきたい、そんな印象を持つ楽曲ばかりです。それが故に作業用BGMとして非常に適しており、何かものを書いたり落ち着いて勉強したりする時に聴こうと思います。リコーダーであれば比較的安価ですし敷居も低いですので実録しやすいのかも知れませんね。こんなCDが入手できるのもまたM3の魅力です。今後も様々なジャンルの曲に触れ、まだまだ知らない世界を見てみたいですね。

 ちなみに収録されている楽曲の大半は4~5人の少人数編成で演奏されている曲ばかりでした。いわゆるアンサンブルと呼ばれている形式ですね。私は普段は50人位のメンバーで合奏をしておりますがたまに適当に集まった人で適当な曲を吹くとまた違った面白味があります。吹奏楽の楽しみ方、ひいては音楽の楽しみ方は無限にあると思いますね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 19:24:16|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PAVANE | ホーム | GA-HI-Project>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1171-db5b9f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する