徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

五月の風

 今日は夜勤明け。実は昨日まで食あたりでずっと体調不良が続いていました。食事もろくに取れなかったのに加えて胃から何かがせり上がる感覚が何とも気持ち悪く、応急処置で正露丸を飲んで様子を見ていました。とりあえず今のところ安定しておりますので、完全復活まで暫くは暴飲暴食やアルコールは控えようと思います。

 最近楽団で練習している曲に五月の風という曲があります(参考音源はこちら)。この曲は1997年全日本吹奏楽コンクールの課題曲の1つでして、私が初めて吹奏楽に触れた中1の時の課題曲でもあります。当時の課題曲の中では抜群に人気があったようで、全国大会に出場した団体の多くがこの曲を選択しておりました。当時の私にとってはあまりに難しすぎる曲であり、いつか演奏できたらと心の中に思っておりました。大学の時にその夢はかなったのですが、社会人になってもまたこの曲が演奏できる機会に恵まれ非常に嬉しく思っております。この曲の魅力はやはり何と言っても軽快でありながら5月らしい非常に優雅な曲調にあると思っております。そしてそんな優雅な雰囲気を実現出来たのは、6/8のリズムである事や作曲者である真島俊夫らしい和音の作り方1,2,1,2で歩けるテンポである事が理由だと思っております。特に歩けるテンポであるなんて一見当たり前の事を言っているようですが、吹奏楽コンクールの課題曲において実は歩けるマーチというものは結構少なかったりします。1,2,3,4とテンポを刻むいわゆるコンサートマーチと呼ばれるものですが(有名どころではこんな曲)、確かに中学生や高校生が演奏する事を考えると1,2,3,4でテンポを刻むマーチの必要性というものもあったのかも知れません。ですが、マーチは日本語で行進曲です。行進は左右の足で1,2,1,2と刻むものです。そういう意味で1,2,1,2の歩けるテンポを刻む曲こそマーチであり、それ以外の物はマーチっぽいものとして捉えております。当時はそんな事考えもしませんでしたが、ただ上を目指してがむしゃらに練習していた学生時代と時間に余裕のある今とでは同じ曲でも印象がまた変わってきますね。五月の風は当時学生だった方には是非もう一度吹いて頂きたいと思いますし、この曲を知らない学生の方にも是非知って頂きたい名曲だと思います。

 ちなみに私の所属している楽団の方の多くはこの曲を知っていました。中にはこの曲で全国大会に出た事がある方もいたみたいで、それぞれの方にそれぞれの思い入れがあったみたいです。やはり30前後の方であれば大概の人は知ってましたね。こんな形で思い出を共有出来る日が来るとは思ってもみませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/11(木) 20:31:54|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<circle of fifth | ホーム | 2013春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1154-3ecb4800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する