徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

第16回饗宴

 先週金曜日に夜勤だった関係で今日はお休みでした。普段ならサウンドノベルの消化かDDRといったところでしょうが、今日は日中は東武宇都宮駅周辺に買い物に行ってお昼を食べ、寮に帰ってきてからはついついクロノトリガーニューゲームからプレイしてクリアしてしまいました。何という贅沢で無駄な時間の使い方。まあサウンドノベルをプレイする日常と実質大差ありませんので、たまにはこんな休日もアリなんでしょうかね。

 そして昨日は東京は文京区にあります文京シビックホールというところに行ってきました。目的はタイトルにあります通り、饗宴という演奏会に参加する為でした。饗宴とは"21世紀の吹奏楽"実行委員会という団体が運営している演奏会でして、日本の吹奏楽の発展の為に作曲者、演奏者、出版社の三者間での相互協力を目指して活動しております。饗宴の中で演奏される楽曲は全て法人作曲家の未発表作のみでして、"21世紀の吹奏楽"実行委員会に投稿された作品の中から審査を経て選ばれます。今回は18の作品を5団体が演奏するプログラムでして、ジャンルはマーチから和風の物まで多岐にわたっておりました。この饗宴に参加したのは今回で3回目でして、去年に引き続き2年連続で聞きに行く事が出来ました。吹奏楽の演奏会は様々な形式がありますがこの饗宴はやはり特別なものがあると思います。何しろ全ての作品が未発表作ですので聞きに来る人は作曲家のファンか出演団体のファンでもないと聞きに来ないのではないかと思います。とか言いながら私は実はどちらでもありません。私がこの饗宴に参加したいと思う理由は、吹奏楽だからこそ成し得る音楽が聞けると期待しているからです。吹奏楽はオーケストラほど固くもなければ軽音楽ほど砕けてもいません。見方によっては中途半端に感じる人もいるかも知れませんが、それが故に様々なジャンルの楽曲を演奏する事が出来ます。そして楽曲によっては編成人数や使用する楽器の種類も様々でして、これが吹奏楽というものの可能性の広さを示していると思うのです。饗宴に応募される作曲家が作る楽曲はどれもオーケストラや軽音楽では表現できないものばかりです。そんな吹奏楽だからこそ聞けるサウンドを求めて毎回参加しようと思っております。今回も様々なサウンドを聞き、是非自分でもやってみたい曲もありました。難易度としては難しめの物が多かったですが、いつかは演奏できたらいいなという想いを持ってまた来年を楽しみにしようと思います。

 ちなみに"21世紀の吹奏楽"実行委員会が主催しているという事もありロビーではこれまでの饗宴のCDや出演団体の定期演奏会の宣伝、今回演奏された曲のスコアの自由観覧なども行っておりました。ただの定期演奏会では行われないこういった風景もまた饗宴の魅力ですね。私も以前参加した饗宴のCDを買ってきました。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/11(月) 20:13:11|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹末 | ホーム | リトルボウルズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1142-0b13631f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する