徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

クロノトリガー

 今日は夜勤明け。寮に帰ってきて仮眠をとったら15:30とかになってましたので今日は部屋の掃除でもしてました。未だに私の隣にはC83のグッズを入れた紙袋が鎮座しておりますので無くさないといけないのですが、もはやグッズの置き場がない状況になりつつありますので本格的に捨てる事を考えないといけないのかも知れません。

 そして部屋の掃除に合わせてニコニコ動画でとあるゲームの動画を見てました。それがこちらのシリーズです(アカウント注意)。これは3日前に新潟に行ってサシで飲んだ大学の部活の友人に教えてもらった動画で、ずばりクロノトリガーの全てを遊びつくす最速動画です。クロノトリガーと聞けばもう20~30代の男性だったら9割以上は知っているRPGなのではないでしょうか。当時はまだSQUAREとENIXが別々の会社であった中、FFの坂口博信とDQの堀井雄二とDBの鳥山明が手を組んだドリームプロジェクトとして話題を呼びました。中身的にもドリームプロジェクトの名に恥じない出来でして、人によってはSFCの中で最高傑作になっているかと思います。私も小学校の時に買ってもらってかなりプレイした記憶があります。今でもたまにプレイし直して、単純な全クリ回数なら確実に20回は超えていると思いますね。ちなみに個人的にはクロノトリガーの中で知らない事は無いと思っております。全アイテムの所在や各モンスターのHPや盗めるもの、カプセルの在り処からマルチエンディングまでほぼ全ての情報が頭の中に入っている自信があります。それだけにこの動画ではどんなルートで全てのアイテムを入手するかが非常に楽しみでした。そしてクロノトリガーの最大の魅力はやはりその個性豊かな登場人物にあると思っております。もちろん戦闘システムや音楽、時代を又にかけたシナリオなど全ての要素が高レベルで魅力的です。ですが動画を見終わってどこか寂しい気持ちになったのですが、その理由を探ると登場人物たちにもう会えない事なのかなと思いました。1人1人に物語があり1人1人に信念があります。そしてそんなキャラクター達が全員力を合わせてラヴォスを倒し、自分達の時代を守るのです。大風呂敷になり畳むのが難しそうなシナリオをまとめたのは、やはり登場人物の絆にあるのかなと今さらながら思いました。最近はもっぱらRPGとは縁のない生活をしておりますが、たまにはクロノトリガーの様な優しい気持ちになれるRPGでもプレイしたくなりました。

 ちなみにクロノトリガーってPSDSに移植しているんですね。そしてそれに伴い追加シナリオもあるみたいです。クロノクロスとの絡みもあると聞いておりますし私はクロノクロスはプレイしてませんので、もしプレイ必須であればこちらもやった方が良いのかなと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 21:51:34|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<40年 | ホーム | 同期飲み ~新潟にて~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1138-abf185b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する