徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

煉獄庭園

 今日も夜勤明け。ですが宇都宮はあいにくの雨ですので特別出かけずに部屋にいました。実は明日から2泊3日で楽団の合宿が始まりますのでその準備をしていました。気温が一気に下がっているので寒さ対策が肝心ですね。

 宇都宮に来てからも地道にサウンドノベルはプレイしておりまして、一昨日までで2つ程終わらせました。海の彼方に在る世界 -The future beyond the sea-という作品(感想はこちら)とAkashic Records ~櫻の戦箱~という作品(感想はこちら)で、両方ともC82で入手した同人ゲームです。どちらも10時間かからない程度の短いサウンドノベルでして、登場人物の心理描写をうまく表現した良作でした。同人ゲームについては特に去年あたりから力を入れてプレイをしておりまして、同人サークルの方から私のレビューの感想を頂いたり即売会で感想を話したりと商業ゲームとはまた違った楽しさがあります。まあゲームそのものの派手さやクオリティの高さはもちろん商業ゲームの方が良いですが、基本的にサウンドノベルはシナリオと音楽さえ良ければいいと思っているのでクオリティの良し悪しはあまり私には関係してきません。むしろシナリオについては様々な人が表現しているものを低価格でたくさん入手できるのでむしろ同人ゲームの方が合っているのかも知れません。

 という訳で前置きが長くなってしまいましたが、今回書こうと思っているのは同人ゲームの音楽についてです。シナリオはもちろん同人ゲームの数だけ存在するわけですが、実は音楽については別のゲームでも被っていることが結構あります。やはり人数の少ない同人サークルでゲームを作るとなると音楽までオリジナルで制作するのは難しいみたいです。ではそういった同人サークルはどのように音楽を入手するのか、それはネット上に存在するフリー音楽素材を使うのです。ググれはそれこそ星の数ほどフリーの音楽素材を配信しているサイトが見つかりますし、そういった素材から自分のシナリオに会った音源を選んでいるようです。今回はそんなフリーの音楽素材を配信しているサイトの1つである煉獄庭園さんを紹介します。煉獄庭園さんは1,000以上のオリジナル楽曲を作曲されており、ジャンル別に整理されています。今回煉獄庭園さんを紹介しようと思ったのはずばり上で書いた2作品でも使用されていたからです。私がこのフリー音楽素材について感心している点は、自分が伝えたい事を完全に音楽だけで表現している点です。基本的にゲームの音楽となればシナリオや背景といったイメージがあらかじめ存在している訳で、そのイメージを表現するように音を組み合わせる事が出来ます。ですがフリーですとそういったイメージはありませんので全てオリジナルで作らなければいけません。そういう意味でこれだけジャンルに幅のある楽曲を作れる煉獄庭園さんは一種の天才なのではないかと思っています。まあコンポーザの気持ちは私にはわからないので実は息をするように作曲が出来るのかも知れませんしそうでは無いのかも知れません。それでも自分には出来ない事が出来る人達はやはり天才であり素晴らしいと思っています。これからも様々なジャンルの楽曲を世に送り出して頂ければと思っています。

 実は今回2つ終わらせたことでトータルのプレイ本数が99本になりました。次の1本が記念すべき100本目になり今年の目標である1年で20本の20本目になります。という訳で何をするか悩むところかも知れませんが、実は100本目は既に決まっています。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/18(木) 17:57:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新治2012 | ホーム | saucer>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1085-04292fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する