徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

C82二日目

 …疲れました。ですがそれ以上に満足した一日でした。この日のために準備し続けてきた8ヶ月間、その成果が十二分に発揮できたと思います。これで私にとってのC82が終わる訳ですが、何とも物寂しくなってしまいますね。

 という訳で2012年夏コミ(C82)の二日目です。二日目は主に東方プロジェクトと同人音楽・同人ゲームの日です。もう完全に私の為の様な日程でして、同時にこの日のために全ての準備をしてきた訳です。冒頭でこの日の為に8ヶ月間準備をしてきたと書きましたが、実際これは誇張表現でもなく本当に8ヶ月間準備をしてきたんです。前回のコミケで思ったことなのですが、その時の私は島サークルの同人ゲームを漁るばかりで実際は殆どプレイしてませんでした。ですがその中でプレイした数少ないサークルの方から私のレビューを紹介して頂いただいたりと嬉しい出来事がありました。それを直接肌で感じまして1つ決心したことが今回のコミケまで出来るだけ多くの同人ゲームをプレイして多くのサークルと触れ合うという事でした。今年の抱負でも積みゲーの消化と書きましたが、これはレビュアーとしての本分を取り戻すという意味に加えて多くのサークルと触れ合うという目的もあったんです。そういう意味でも8ヶ月の準備でした。実際今年プレイした同人ゲームの本数は10本。全然少ないですが去年一昨年と比較すれば3倍以上になりました。まだまだ多くの積みゲーがありますし数多くの作品やサークルと触れたいので、これからもレビュアーとして頑張っていこうと思います。

 それでは今日一日の行動を書こうと思います。

・2:50…起床
・3:45…寮出発
・4:25…与野駅到着
・4:34…与野駅出発
・5:19…有楽町駅到着
・5:29…地下鉄有楽町線出発
・5:37…豊洲駅到着
・5:47…ゆりかもめ出発
・5:53…有明駅到着
・6:06…待機列確定

ここはもう変化なしですね。全て昨日のゲネプロの通りです。まあ最後のゆりかもめで乗る号車が1つズレたのがミスでしたけど、その程度で済ます事が出来ました。

 朝の天気予報によりますと今日は一日の予報でしたので、待機列対策も必然的に雨対策重視に切り替えました。一日目は完全に熱中症対策だけ考えていればよかったのですが、雨対策を加えるともう持ちきれないくらいの物量になるのでバランスが必要でした。そこで私は雨が降るという事は一日目よりは日差しや気温が厳しくないはずだ、だから昨日の熱中症対策で使わなかったものは全て排除しようと思い切った判断を下しました。実際に8:00位までは成功かなと思ったのですが、幸か不幸か雨なんて一滴も降らず代わりに太陽の日差しが降ってました。完全に裏目に出ました。まあ悔やんでもしょうがないのでなけなしのタオルで体を覆い、何とか体力の消耗を防いでいました(これがコミケの力か…)。

・9:25…列移動開始
・10:09…西ホール到着

この日は東方プロジェクト関係が東で同人音楽・同人ゲームは西でしたので綺麗に人数が分散した感じでした。一日目は企業ブースがメッチャ混むのに対して二日目から激減するので、トータル的に一日目より早く西ホールに到着する事が出来ました(あ、書いてませんでしたが東方プロジェクトは全部切ってます)。それではまずは絶対回りたいサークルから書こうと思います。

10:09~10:40

 1)APPLE project
 一番に向かったのはAPPLE projectというサークルです。初めて行ったのはC80の時だったのですが、私の大好きな月陽炎というギャルゲーを作り現在のALcotのメインスタッフである方々のサークルです。この時は陽炎雪歌という制作中のサウンドノベルのプロローグ版が目的でしていよいよ今回発表になるかと思っていたのですがまだまだ先のようです。今回は昔のCDをたくさん持ってきてくれたのでそれら全てを買いました。

 2)S2TB Recording
 次に向かったのはS2TB Recordingというサークルでして、BEMANIアーティストであるKors kの個人サークルでして、いよいよコミケに登場です。Kors kも様BEMANI界では様々な顔を持ってますが、それらを一度に楽しめるCDが登場しました。まだ戦利品の整理が終わってないので聞いていないのですが、トラックを見る限りKors kの魅力を堪能できる内容になってそうで楽しみです。

 3)ステージ☆なな
 次に向かったのはステージ☆ななというサークルで、私の大好きなねこねこソフトでシナリオライターを行っている片岡ともの個人サークルです。ここ最近片手間で作ったような小物しか出してなかったのですが、珍しく夏コミセットが出たという事でかなりの行列でしたね。中身はステージ☆ななの代表作であるナルキッソスの小説、そして水のマージナルの告知でした。ナルキッソスはもう何度も触れてますが水のマージナルは楽しみですね。早く小説化して欲しいです。

とまあここまでが欲しいものがあったサークルでして、ここからが本番です。

 4)Circletempo
 次に向かったのはCircletempoというサークルです。初めて触れたのはC81の時であり、この時に買った少年オロカと不思議の森というサウンドノベルが非常に楽しかったのを覚えています。ですがこのサークルに顔を出そうと思ったことはこれだけが理由ではなく、何と私のレビューを読んで下さりその感想を頂く事が出来たんです。その後何度かメールのやり取りを行い、次回イベント等でお会いする機会が出来たら絶対挨拶をしようと決めていました。今回のコミケで一番行きたかったサークルです。実際直接お会いしてみてメールでのやり取りがやっとリアルに感じる事が出来た気がしました。レビュアーとして最高の喜びですね。今回は上で書いた少年オロカと不思議の森のサントラを買いましたが、新作が出来れば絶対プレイしようと思っています。

 5)ひがしのてらこや。
 次に向かったのはひがしのてらこや。というサークルです。ここも初めて触れたのはC81の時であり、この時買ったアナテマ・フィジクスという作品が短いながらも引き込まれる作品だったのを覚えています。今回はこれのサントラが出るという事でそれが目的でした。合わせて少しお話もしたかったというのもありまして、少しだけ会話をすることも出来ました。今回は次回作はありませんでしたが、注目して機会を逃さないようにしたいですね。

 6)はいぺりよん
 次に向かったのははいぺりよんというサークルです。ここも初めて触れたのはC81の時であり、この時買ったArpeggioという作品の続編が出ていないか伺う事が目的でした。Arpeggioという作品はまだ1ルートのみの公開で、今後その他のヒロインのルートが公開される流れのようです。同人サークルでは当たり前の光景ですね。今回は別の新作ということでそちらを買いました。Arpeggioも新ルートが公開されたら絶対買おうと思っています。

 7)たまごちゃんねる
 次に向かったのはたまごちゃんねるというサークルです。初めて触れたのはSC56の時であり、この時買ったマッドティーパーティーにようこそ!という作品の続編が出ていないか伺う事が目的でした。実際続編はまだ完成しておりませんでしたが、プレイしての感想を聞かれましたので色々と情報交換する事が出来ました。この作品もまだ途中でして今後続きのシナリオが出るそうなので、その時は是非買おうと思っています。

 8)Timid Limit
 次に向かったのはTimid Limitというサークルです。初めて触れたのはSC56の時であり、この時買ったTearDropという作品の修正版が出たという事で買いに行きました。実は私、まだこの作品をプレイしてないので恐縮だったのですが、その事を話したら何と無料で修正版をくださいました。これは嬉しかったですね。これで何としてもクリアするしかありませんね。

 9)Eryps
 次に向かったのはErypsというサークルです。ここも初めて触れたのはSC56の時であり、良質なボーカル曲を制作するサークルとして覚えていました。今回は茶太をボーカルとして起用した新作が出るという事で向かいました。こちらもまだCDの整理が終わってませんので聞くのが楽しみですね。

という訳で今回は欲しいものがあるサークル会いたいサークルと合わせて9つのサークルが絶対行きたかったサークルでした。特に会いたいサークルはレビュアーとしては絶対触れたいところでして、今回を逃すと次はいつお会いできるか分からなかったので機会があれば絶対触れるつもりでした。実際今年プレイした同人ゲームのサークルでも幾つかは参加していなかったり参加したくても落選していたりとありましたので、一期一会の精神でお会いできる機会を無駄にしないよう今後も務めていこうと思います。

10:30~11:30

 その後はいつもの通り西ホールの島を舐めるように回ってました。今年プレイした同人ゲームのうち6作品はこうした島サークル巡りで出会った作品でして、本当に偶然のめぐり合わせて出会う事が出来たんだと思っています。特に今回のコミケは二日目が最後の気持ちでしたし財布には¥150,000用意していましたので、最大限に財布の紐を緩めて回ってました。ですが財布の紐を緩めすぎるとそれに伴う副作用が生じまして、ぶっちゃけ買い過ぎて紙袋を持てなくなるレベルになったんです。まあ実際持てなくなったわけではないんですけど、ディスクでもつもりに積もると重くなるんだな~と思ってしまいました。という訳で全体の1/3も回ってませんでしたが、何だか西ホール全体も騒がしくなってきましたのでちょっと休憩をとる事にしました。

12:30~13:30

 という訳でその後1時間の休憩をはさんで最後の力を振り絞り、残りのサークルめぐりを行いました。今回はサークル巡りをする上で1つのルールを設けました。それは体験版は買わないという事です。これは体験版を軽く見ている訳ではありません。単純に体験版をプレイする時間がないからです。もちろん体験版でも私の琴線に触れる作品があるかも知れません。ですがそれ以上に完成版を作り上げたサークルの方を尊重したいという事があります。表現したいものを表現するって、非常に難しいと思います。私も昔音楽を作ろうと奮起したことがあったのですが、自分のイメージを形にする難しさに直面してあきらめた経緯があるんです。そういう意味で表現したいものを表現できる人は須らく尊敬の対象ですし、ましてやそれを完成させた人たちは尊重せざるを得ません。そういう意味で今回は完成版のみをターゲットにして回りました。そしてそうでありながら紙袋が破けるんじゃないかという収穫でしたからすごいですね。今回買ったサウンドノベル、恐らく冬コミまで全てプレイすることは出来ないと思います。ですが出来るだけ消化し、その感想をサークルに届けたいと思っております。またレビュアーとしての日々が始まります。

 という訳でこの辺りで今回のコミケを閉める事にしました。終わってみて思う事は、やっぱり同人は最高であるという事ですね。表現したいものを表現できる場は非常に貴重でありますし、そんな貴重な機会で精一杯自分の作品を主張する姿はカッコいい以外の何物でもありません。そして私は作る側ではなくプレイする側ではありますが、それでも作る側にアクションを加える事が出来るという事を知っていました。今回の場合はCircletempoさんとの出会いがそうですね。レビューを書くという自己満足の行為でも僅かではありますが世の中と繋がる事が出来る、そしてそれを見てくれる人がいるというのは喜びです。後はあれですね。やっぱり私はサウンドノベルが好きなんですね。レビュアーを行っているのはサークルさんと会話をする為というよりも自分が楽しみたいからというのが一番ですね。自分が楽しんでレビューを書いて、結果として見ている人から感想を頂いたという事ですね。だから喜びなんですねきっと。今回それがハッキリわかった気がします。そんな感じで、間違いなくこれからもコミケには参加するでしょうしゲームもするのでしょう。とにかくとても楽しい1日でした。コミケ最高、同人活動最高です。コミケに関わった多くの皆様、お疲れさまでした。

 ちなみに今回財布には¥150,000忍ばせたのですが、最終的に残ったのは¥78,000でした。やっぱり前回は3日間参加したという事で¥100,000超えたんですね。流石に2日間では¥100,000は超えませんね。まあ、それを加味しても2日間で¥72,000というのは、世間的にはやっぱり使いすぎなんでしょうねきっと。最後に昨日と同じように自分用として今日持って行ったものを続きを読むにリストアップしておきます。この雨対策が、次回に生きます様に。


・フェイスタオル×3(汗用、冷却用etc)
・ポンチョ型カッパ(雨対策)
・折り畳み傘(帰り用)
・Tシャツ(着替え用)
・水1㍑(水筒補充用)
・¥100椅子(待機列対策)
・ビニール袋×3(リュック、紙袋包み用)
・携帯電話
・腕時計
・財布(¥150,000)
・Suica
・カタログ
・ライトノベル(暇つぶし)
・手帳
・ポケットティッシュ×2
・無地紙袋(脱出用)
スポンサーサイト
  1. 2012/08/11(土) 20:46:45|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<APPLE Tree | ホーム | C82一日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1059-8848ce96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する