fc2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

2023年振り返り

 昨日から年末年始休みに突入しております。いよいよ今年も今日を入れて残り4日という事で、年の瀬が迫っております。年末最後の大仕事に向けて、準備を進めているところです。

 今回はタイトルにある通り2023年の振り返りを書こうと思います。新型コロナウィルスが5類に移行した事で世の中的にはコロナ禍前の様相になりつつありますが、自分としてはこれまでとあまり変わらない感覚で過ごした1年でした。

・結婚生活について

 2021年12月に結婚したという事で、結婚して丸2年となります。毎日何かしらイベントが発生する訳ではありませんが、振り返ってみたら何だかんだで今年も妻と色々な事をしていました。以下一部ですが列挙してみます。
呉羽梨
京都鉄道博物館
舞台「文豪とアルケミスト 戯作者ノ奏鳴曲(ソナタ)」
新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX
鉄板焼き
双眼鏡
Tea Stand...7、氷屋きみこ
SIXPAD Power Gun Pocket
GOLD'S GYM
カフェニワトコ
インターコンチネンタル東京ベイ
西町大喜 西町本店
ダブルツリーbyヒルトン富山
酒田
楽天モバイル
スカート
色々な物を食べに行ったり、旅行に行ったり、イベントに参加したりと色々やってました。またジム通いや携帯電話のキャリアを変えたりと私生活の変化もありました。良い意味で妻の影響を受けているなと思っております。こんな感じで、来年も色々な事が出来たらと思っております。

・仕事について

 今年は今行っているプロジェクトが山場を迎えるという事で、かなり忙しい一年でした。割と超過勤務が常態化していて、また仕事の進め方も考えさせられました(過去記事にまとめておりますのでこちらからどうぞ)。とりあえず山場は越えましたので今月から勤務は安定しておりますが、今回の経験を生かして次の山場はもっとスムーズに進めていきたいですね。

・吹奏楽について

 昨年新しい楽団に入ったという事で、引き続き二刀流での活動を続けております。ただ今年の新しい楽団で取り扱った楽曲が過去最高難易度という事で(過去記事はこちらからどうぞ)、かなり練習に力を入れた一年でした。基礎練習の方法を変えたり、新しいアプリや機材を入れたり(過去記事はこちらからどうぞ)、吹奏楽に対する触れ方を考えさせられる一年でした。また新しい楽団でアンサンブルが出来たのは良い経験でした(過去記事はこちらからどうぞ)。来年も難しい楽曲を行いますので、引き続き精進していこうと思います。

・DDRについて

 すっかりやらなくなったDDRですが、変わらず好きですし見る専としては続けております。今年はBPLが開催されたり(過去記事はこちらからどうぞ)、毎年恒例のKACが開催されたり(過去記事はこちらからどうぞ)、世の中的には変わらず盛り上がっている印象です。ただ現在稼働しているA3というバージョンの新曲は殆ど追えてないですし、一部楽曲は課金しないと解禁されない仕様になっていたりしますので、もしかしたらこの辺りもやらなくなった理由かもしれません。埼玉で一番お気に入りのゲームセンターも無くなってしまいましたし、恐らく本格的に再開する事は無いんだろうなと思います。来年も緩く付き合うのかなと思っております。

・ビジュアルノベル

 ビジュアルノベルについては、ここ数年は特に変わらず活動しております。今年もcrAsM.M ビジュアルノベルオンリーを2回開催する事ができました(第4回の記事はこちらからどうぞ第5回の記事はこちらからどうぞ)。また、今回初めてyoutube配信を行ってみました。来年も同様に続けていければと思います。またコミケなどの即売会には引き続き参加する事が叶いました。ただ今回は仕事関係や吹奏楽のイベントがもろ被りした為、毎回必ず行っていたコミティアM3に行けない時があったのは残念でした。来年も行ける範囲で行きたいと思っております。

・HPについて

 HPについては、4日に1度の日記更新は継続できました。またビジュアルノベルのレビューも更新できました。この辺りは昨年と変わらず安定して続けられたかなと思っております。新しい事は特にしませんでした。理由は上記の通り仕事と吹奏楽の比重が大きかったためです。まあ仕事はともかく吹奏楽は好きでやっているので、その年その年で比重が変わるのはそういう物なんだろうと思っております。来年も不自然にならない感じで運営していければと思っております。

 という訳で2022年の振り返りでした。結婚生活も3年目に突入し、仕事や私生活も少しずつ変化しております。日々この辺りを最適化して自分らしい時間を作っていきたいですね。来年もM.Mの部屋をよろしくお願いします。
スポンサーサイト



  1. 2023/12/28(木) 21:27:27|
  2. HP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘年会復活

 今日はクリスマスイブですが、同時に結婚記念日という事で妻と豪遊してました。結婚2周年、これからも末永くよろしくお願いします。

 2023年に入り新型コロナウィルスが5類に移行した事で、タイトルにある通り忘年会という文化がすっかり元に戻った印象です。私の場合ですが、ここ1ヶ月で合計7回の忘年会に参加してきました。そのうち4回は会社で、残り2回が所属している楽団2つでそれぞれ1回ずつ、残り1回がビジュアルノベル関係です。楽団やビジュアルノベルの忘年会はまあそんなもんだろうと思いますが、会社で4回の忘年会は流石に多かったですね。職場の同じグループでの忘年会、同じプロジェクトでの忘年会、同じ出身者での忘年会、同じ採用での忘年会、もうとにかく皆さん飲みたいんだなという事がよく分かりました。別に忘年会なんて業務ではありませんので断ってもいいんですけど、普段顔を合わせている人の内面を知るに忘年会はうってつけではありますので参加しました。私は普段お酒は飲みません。それこそ忘年会の様な誰かと集まる時くらいです。だからですかね、これだけ飲み会が続いたのが久し振りだった為か忘年会の会が重なれば重なるほど体調の回復が遅くなっている事を感じました。お酒に身体が適応する事は決してないと思ってますけど、やっぱり今までアルコールが入ってなかった身体に急にアルコールが入ってくればビックリしますよね。多かれ少なかれ慣れはあると思います。尤も飲むのに慣れてしまう用になってはおしまいですけどね。という訳でコロナ禍前の様な忘年会ラッシュの復活でした。まあそれも終わりましたので、後は年末に向けてギヤチェンジして頑張ります。

 世の中には飲む事を生き甲斐にしている人はいますからね。そういう人にとって、忘年会は大事な大事なイベントなんだろうと思います。そうした気持ちも分からない訳ではありませんので、まあ大事にしたいなとは思ってます。
  1. 2023/12/24(日) 20:56:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KAC2023

 今日は普通の日勤。いよいよ今年も残り10日に迫るという事で仕事納めのフェーズに入っております。何もトラブルなく年の瀬を迎えたいですね。

 先日、タイトルにあるKAC2023が開催されました(公式HPはこちらからどうぞ)。これはKONAMIが行っているアーケードゲームの世界一を決めるeスポーツ大会です。私はKONAMIが展開している音楽シミュレーションゲームシリーズBEMANIの機種であるDDRが好きで、もう20年以上の付き合いとなっております。長い歴史がありながら現在も続いており、またこうした大会を通して広まっている様子を嬉しく思っております。今年はBPLDDR部門も開催され(過去記事はこちらからどうぞ)、まだまだブームは続く予感がします。ただ、今回KAC2023を観戦して正直思ったことがあります。一言で言えば物足りなかったです。KACですので、どの選手も実力者揃いで白熱した大会が予想されました。そしてそれはLv18・19といった超高難易度を鮮やかにクリアする姿も期待しました。ですが、実際に選曲されたのはLv16・17の楽曲のみでした。この辺りのレベル帯でも十分難しいのですが、普段個人配信などで何度もLv18・19をクリアしている様子を見ていましたので拍子抜けでした。解説を聞く限り、総じて勝つための戦略であると理解しました。Lv19はみんな対策しているから、敢えてそこを外すという事です。確かに勝ち負けがありますので、様々な作戦がある事は納得ですし尊重されるべきだと思います。ですけど、同時にそれで良いの?って思ってしまいました。過去記事で相撲道に例えましたが、真の強者は相手のどんな立会いにも真っ向から迎え撃ち跳ね返す物だと思っております。今回そうしたぶつかり合いを避ける戦術を選んだ訳ですが、それで勝てたとしてもまあそんなものかなという印象しか残りませんでした。相手の選曲や好みを研究し試合で勝てる曲を考えるくらいなら、その時間でもっと超高難易度の曲を磨いて欲しかったです。まあそういう意味で、他者の選曲をもぎ取り1位を獲得し優勝したHIBIKI氏はお見事でした。とまあ、そんな感じのLv18・19などクリアすら出来ない見る専な戯言でした。

 逆に女性部門の方は指定された最高難易度をぶつけ合う展開でテンション上がりました。結局のところ、難しい楽曲を見たいだけだったのかも知れません。
  1. 2023/12/19(火) 22:19:20|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白石温麺

 今日は普通の日勤。先日仕事が一区切りつきましたが新しいフェーズに入りましたので再び忙しさが顔を滲ませております。超勤がかさむ事が無い様に今から計画的に進めたいです。

 先日ですが、楽団の用事で仙台に行ってきました。仙台なので一般的には泊まるのでしょうが、Tubaがあらゆる邪魔をするのと前後日に用事があったので日帰りでした。その為帰りの新幹線の時間までかなり厳しく、お土産を吟味する暇が無い程でした。半ばあきらめていたのですが新幹線改札内のNewdaysに入って、タイトルにある白石温麺(しろいしうーめん)を見つけ懐かしくなったので買いました。白石温麺とは、宮城県白石市にルーツを持つ麺です。見た目はそうめんに似てますが、食用油を使わずでんぷんを使って延ばしております。また麺の長さが9cmと短いのも特徴です。とてもサッパリしていて喉越しが良く、大学院時代にちょくちょく食べていたのを思い出しました。ぜひ妻にも食べてもらいたいと思い買うことにしました。久し振りの白石温麺ですが、やはりサッパリしてツルッとした喉越しは唯一無二ですね。今回はごまだれにしたのですが、ごまの香りと相性が良くあっという間に食べてしまいました。また茹で時間も短く、簡単に調理する事が出来ます。妻にも好評で、買って良かったと思いました。調度2人前で400円と手頃な価格ですので、もし仙台に行く機会があったら買ってみては如何でしょうか。ごまだれ以外にも、仙台味噌を使用した味噌だれなど各種あります。今度は違う味の白石温麺を買ってみようと思いました。

 そういえば最近我が家の食卓の麵率が高い気がします。白石温麺からパスタまで、バラエティに富んでおり楽しんでおります。
  1. 2023/12/15(金) 22:28:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

世界史を大きく動かした植物

 今日まで3日間研修で関東を離れてました。普段顔を合わせない人たちとのコミュニケーションは、緊張もありますが新しい発見もあり有意義でした。明日から通常業務に戻ります。

 今回は最近読んだ本を紹介します。たまたま目にしたのですが、見つけられて良かったです。

・世界史を大きく動かした植物(紙の本電子書籍) - 稲垣栄洋
 2018年6月に発売された本です。読んだ切っ掛けは、Prime Readingに出てきた事です。人間を始め、動物は植物を無くしては生きてはいけません。その為、植物が歴史を作っているという触れ込みはとても納得出来るものでした。本書では様々な植物にスポットを当ててその性質や歴史を紹介しておりますので、植物と共に世界史を学んでみようという気持ちで読み始めました。内容ですが、全部で14の章に分かれておりそれぞれでテーマとする植物を取り上げております。どの章でも、その植物に対する一般的な印象を紹介し読者の心を惹きつけます。その後その植物の起源世界への広まり方栄養価文学的なエピソードなど様々な視点で紹介しております。とても読みやすいテキストで、すっと頭に内容が入ってきました。そして、本書で扱っている植物のジャンルは思ったより多種多様でした。小麦や稲といった主食としている植物は勿論ですが、胡椒や唐辛子といった調味料、茶やサトウキビといった嗜好品、そしてチューリップやサクラといった鑑賞する花にまで広く扱っております。どの植物も人間を魅了し、人間と共存する事で現代まで生き長らえている事を知りました。スーパーに行けば当たり前に存在する植物は、かつては手に入れることすら大変だった時代がありました。その歴史の重みを感じる事で、今まで以上に植物を大事に出来そうです。とても楽しい内容でした。オススメです。

 最近NHKスペシャルでも植物に関するテーマを取り上げておりましたが、もしかしたら人間以上に生き残るための戦略を企てているのかも知れませんね。物言わないだけで、実は高度な知能があるのかも知れないです。
  1. 2023/12/12(火) 21:36:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

eufonius

 今日は出張でした。出張が終わって一緒にいたメンバーの多くは飲み会になだれ込んだみたいです。この辺は、本当にコロナ禍の前みたいですね。

 先日Xでこんなポストが流れてきました。音楽ユニットであるeufonius菊地創氏が亡くなったそうです。私にとって非常に衝撃的な出来事であり、ここ暫くはずっとeufoniusの楽曲を聴いて過ごしていました。eufoniusは、私が本格的に同人音楽に触れる切っ掛けになったアーティストです。初めて知ったのはステージ☆ななという同人ゲームサークルの作品であるナルキッソス2主題歌でした。歌手のriya氏CLANNAD最終試験くじらというビジュアルノベルで知っていたのですが、eufoniusを意識したのはナルキッソス2でした。その後Σというアルバムを買って(過去記事はこちらからどうぞ)、すっかりeufoniusのファンになってしまいました。これが初めて買ったeufoniusのアルバムでした。riya氏の透き通りながらもくぐもった声は聞き取りやすく、そして拍子や調がコロコロ変わるサウンドは飽きさせず、不思議なサウンドながらどんどん惹かれていきました。私の日記の中でeufoniusで検索したら、かなりの記事数になっていて驚きました(検索結果はこちらからどうぞ)。それだけ好きだったんだなと思っております。過去のアルバムを聴いて、曲の良さもそうですが当時の思い出も蘇りましたね。Σを買った時は大学院生で、厳しい研究生活の支えになってくれました。もう新しいeufoniusの楽曲を聴けないのは寂しいですが、これまで世の中に出された楽曲は聴けますし皆さんの心のなかに残り続けると思います。是非1曲聴いてみて下さい。そしてeufoniusを好きになって欲しいです。

 同人に限らす何でもそうですが、推しは推せる時に推した方が良いです。いつどのタイミングでいなくなるかも知れませんからね。
  1. 2023/12/08(金) 21:38:13|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体感!迫力のマルチ画面 ~華麗なる吹奏楽の世界~

 今日は普通の日勤。仕事の方は安定期に入っており、残業も殆ど行わなくて大丈夫となっております。このままトラブルなく年末を迎えたいです。

 先日ですが、タイトルにある体感!迫力のマルチ画面 ~華麗なる吹奏楽の世界~というNHKの番組を見ました(公式HPはこちらからどうぞ)。これは、日本を代表する吹奏楽団である東京佼成ウインドオーケストラ公式HPはこちらからどうぞ)の演奏に、なんと40台もの高精細カメラを配置し収録した様子を送るコンサート番組です。東京佼成ウインドオーケストラは、私の中では吹奏楽コンクールの課題曲にて参考演奏を行う事で有名です。それだけ指折りの実力であり、その演奏を聴けるだけでワクワクします。そこに、40台のカメラが配置されるわけです。ほぼ全てのプレイヤーの間近にあり、表情や息遣いや動作が克明に映し出されました。演奏会は全部で1時間半程度で、アルヴァマー序曲宇宙の音楽といった吹奏楽ファンなら誰もが知っている有名クラシック、ジブリディズニーといったアニメ曲や野球応援でよく使用されるエル・クンバンチェロといったポップス曲とバラエティに富んでおりました。見てみての感想ですが、曲の適切な場面で映す楽器を選定しておりますのでどの楽器が主役なのか誰でも分かります。演奏会って不思議なもので、例えばトランペット奏者が起立すると自然とトランペットの音が聴こえるんですよね。それと同じ効果で、映し出される楽器の音がよりハッキリと聴こえる感覚でした。実際、自分も奏者ですが全ての楽器の音を聴き分けて吹けているわけではありません。そういう意味で、カメラを切り替えながらピックアップしてくれるのは演奏を聴く手助けになります。後は、単純に上手でした。そして、その理由が何となく分かった気がしました。一人ひとりが呼吸を整えタイミングを見計らって吹く、その当たり前をちゃんと行ってるんだなという事が映像から分かりました。自分はどんな表情で演奏してるのでしょうかね、そんな事も気になりました。いずれにしても素晴らしい番組でした。また同じ様な企画をして欲しいと思いました。楽しかったです。

 今回改めて一人ひとりプレイヤーの表情を見る事の大切さが分かりました。呼吸や表情だけでも学ぶものが沢山ありますので、自分のレベルアップに役立つと思いました。
  1. 2023/12/04(月) 20:36:34|
  2. 吹奏楽、管弦楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する