FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

DP七段

 今日は金曜日ですけど休み。代わりに明日土曜日が夜勤となっております。平日の休みの日は精力的にDDRを踏むようにしているのですが、今日はとびきり嬉しい事がありましたので日記に書いております。

 過去に日記でも書いておりますが、現在のDDRはDDR A2Oというバージョンが稼働しております(公式HPはこちらからどうぞ)。DDRの稼働20周年に相応しい煌びやかな筐体を始め、様々なモードやイベントが行われております。その中に段位認定というモードがあります。これは、予め決められた4つの曲を連続で踏むコースモードでして、段位によって明確にレベルが違っております。初段から皆伝まで全11コースあり、初段Lv10を基本としておりますが皆伝ともなれば全ての曲がLv19です。特にDOUBLEモードの皆伝ともなれば、世界中でも一桁しか合格していないのではないでしょうか(DOUBLEプレイ第一人者のTAKASKE氏によるDP皆伝プレイはこちら)。そして、本日のプレイで私はDP七段に合格する事が出来ました(参考動画はこちらからどうぞ)。先月DP六段に合格したのですが(スコアはこちらからどうぞ)、4曲目で足がつり呼吸もままならない感じでしたのでこれ以上の段位は危険だと思っておりました。ですが、DP七段の楽曲はとりあえず楽曲単体であれば全てクリア出来ます。これが連続になっているからしんどいんですよね。だからこそ、DP七段ではスコアを出す踏み方ではなくクリアする踏み方を研究しました。つまり、矢印を捨てるのです。例えば、16分の連打は半分踏まない、同時押しの連続は半分踏まない、遠い矢印は踏まない、スキップは同時押し気味に踏む、といった感じです。そうしないと最後まで体力も筋力も持たないからです。事実、DP七段プレイ中に何度も死にかけました。死にかける様に調整して踏んだというのが正しい言い方です。それでも、稼ぐところは稼いでゲージを回復させたりしました。そして何とか4曲目であるSUPER SAMURAIまでたどり着きました。幾つか矢印を捨てて体力と筋力を節約しても、この段階でかなり満身創痍でした。それでも4曲目までたどり着きましたので、もう意地でもクリアするしかないと思いました。そして、酷いスコアでしたが何とかクリア出来ました(スコアはこちらからどうぞ)。34歳になってもこれだけ頑張れるもんだなと自分に驚きました。本当に嬉しかったです。正直高難易度を責めるのに限界も感じてますけど、クリアする喜びはDDRの醍醐味ですので出来る限り頑張っていこうと思います。

 DP七段をクリアしましたので次はDP八段と行きたいところなのですけど、DP八段は今の自分には本当に無理です。何故なら4曲目のÆTHERという曲が通常プレイでもクリア出来ていないからです。何しろLv17ですからね。まずは個々の曲から攻略ですね。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/28(金) 17:58:44|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

 今日は普通の日勤。上手く行くと思っていた仕事が視点が抜けていて上手く行かない時、悔しいと思うと同時に新しい知見を得られて面白いとも思います。この組み合わせで仕事が進んだら楽しいですね。

 今回も最近読んだ本を紹介します。随分と時間を掛けて読んだ本ですが、それだけの価値のある内容でした。

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 - ユヴァル・ノア・ハラリ
2016年に河出書房新社で発売された本です。著者であるユヴァル・ノア・ハラリ氏の本では2016年に発売されたサピエンス全史がベストセラーとなり、私たちホモ・サピエンスが何故地球を制圧できたのかを鮮やかに書き記した内容でした。非常にボリュームのある内容であり読むまで1ヶ月以上掛かりましたが、最後までワクワクしながら読む事が出来たのも印象に残っております。そんなユヴァル・ノア・ハラリ氏の本ともなれば是非読んでみたい、そんな理由で今回このホモ・デウスを読んでおります。ボリュームはサピエンス全史と同様に非常に厚いものとなっております。上下巻合わせて600ページ程であり、一ページの文章量も一般的な新書の倍以上です。そして、ワクワク感も同様でしたので苦痛に思う事などなく読み切るのが楽しみでした。この本では、科学の発展によってホモ・サピエンスはどこに向かうのかを書いております。デウスとはラテン語でを意味します。ホモ・サピエンスは今後科学の発展によってホモ・デウスになる、しかしそこに待っているのは想像を絶する格差だというセンセーショナルな内容でした。ホモ・デウスの中で非常に大切になるのは人間至上主義という言葉です。かつてサピエンスは認知革命の後に神の存在を信じ神の言いつけの通りに生きてきました。全ての罪は神が定めた、それを誰も疑いもしなかったのです。しかし、現在そんな事を思ってい人は殆どいません。最も尊いのは人間の個性であり、一人ひとりがどう感じるかが全ての決定の中心となります。人が裁かれるのが可哀相な人がいるからであり、神の言葉があるからではないのです。しかし、科学の進歩によってそんな人間至上主義が崩れようとしております。本の中ではデータ至上主義と言っております。実際のところ、自分の事を100%理解している人はいないと思います。あの時自分はどう思ったのだろう、どうしてあんな行動を取ったのだろう、数日前のそれすらも曖昧だったりします。そうであるのなら、一日の動き、スマホでの検索単語、心拍数や会話など全ての行動をデータ化し、それをAIによって分析して貰えば如何でしょう?AIに「あの時あなたはこういう行動をしてそのときこういう心拍数になってこう思ったから今回はこうした方がいい」と言われたら、その言葉に従ってしまうのではないでしょうか。この瞬間、人間は死ぬのかも知れません。かつてニーチェが「神は死んだ」と言ったように、最も尊いはずの人間の個性がデータ化された瞬間に「人間は死んだ」と言われるのかも知れません。今行動している自分の意識はどうなりどこへ向かうのか、それを一生問うていかなければいけない時代が迫っております。この答えが出た時、ホモ・サピエンスはホモ・デウスになるのかも知れません。

 身近なところですと、記憶があると思います。自分の記憶ほど信じられるものはありません。だからこそメモを取るのだと思います。もし、記憶とメモが不一致だったらメモを選ぶでしょう。そんな行為の究極的な者が、ホモ・デウスなのでしょうか。
  1. 2019/06/26(水) 22:14:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

国立科学博物館

 今日は何もない休み。仕事の関係で来月に中国に行くのですが、今日はその準備を進めております。私、実は海外に行くの初めてですので何もかもが手探りです。とりあえず無事に帰って来れるよう頑張ります。

 昨日ですが、タイトルにあります通り上野にある国立科学博物館に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。その名の通り、自然科学に関する様々な歴史・資料・技術・知識が展示されている博物館です。私自身、国立科学博物館に来たのは今回が3回目でした。ですが過去2回来たのは、何れも特別展示を見たついででした。1回目は日本を変えた千の技術博2回目は大哺乳類展2です。そういう意味で、純粋に国立科学博物館を目当てとして来館したのは今回が初めてでした。私も大学院まで物理を専攻しておりましたので、物理については勿論ですがそれ以外の自然科学についてどのような展示がしてあるのか楽しみでした。国立科学博物館は、大きく2つの建物で構成されております。日本の自然や歴史を展示している日本館、地球の成り立ちや物理法則を展示している地球館です。とにかく圧倒的な数の展示物があり、そして初心者に分かり易い物からマニアックなものまで様々でした。今回来館したのは12:30位だったのですが、土曜日の閉館である20:00までいても全ての展示を見る事が出来ませんでした。展示物が多いのは勿論ですが、それ以上に頭がいっぱいになってしまったからだと思います。個人的には、やはり物理を専攻していた事もあり地球館のB3Fでテンションが上がってしまいました。MKSA単位系の根本的な説明があったり、素粒子や宇宙線を捕まえる技術があったり、あの難しい物理をこんな形で表現できるんだなと感心すら覚えました。そして、B3Fの入り口にはこれまでノーベル賞を受賞した全ての日本人の経歴や写真が紹介されておりました。知っている人は知っていると思いますが、ノーベル賞として表彰される研究は、実は表彰される何十年も前に発表したものが多かったりします。物理で言えば、南部陽一郎氏の「自発的対称性の破れ」は発表から48年も経過してようやくノーベル賞受賞となりました。日本人がノーベル賞を受賞したからと言ってその年現在の日本の科学技術が素晴らしいという事ではない、これは誰もが肝に銘じなければいけない事なのではないかと思っております。今の研究が遠い将来ノーベル賞に選ばれるのか、そんな事を思いました。何れにしても圧倒的な展示でした。全て見れませんでしたので、また来ようと思います。楽しい時間でした。

 自然科学はこれまで解明されてきた事がどんどん蓄積されていきますので、現代の技術が難しいのは必然です。だからこそ、それを分かり易く説明しようとする工夫が素晴らしいと思いました。学芸員の方々の仕事が光る展示ばかりでした。
  1. 2019/06/23(日) 12:04:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逆転人生

 今日は夜勤明け。前にいた部署と比較して今の部署では夜勤の数は圧倒的に減ったのですけど、その分1回1回の夜勤が身体に堪える様になった気がします。よくもまあ、月に10回以上も夜勤やってましたよ。慣れって大事ですね。

 先日ですがNHKのテレビ番組である逆転人生を見ました(公式HPはこちらからどうぞ)。私は現在テレビを持っておらず、NHKオンデマンドに登録していたのですがここ最近は殆ど番組も見る事が無くなったので脱会してました。ですが、今回この逆転人生を見る為に再び登録し直しました。理由ですが、今回の逆転人生で取り上げていたのが私の地元にある加茂水族館だったからです(公式HPはこちらからどうぞ)。加茂水族館とは、山形県鶴岡市にある県内唯一の水族館です。私の生まれ育った地区にあるという事で、ずっと身近な存在で遊び場として当たり前の様に存在してました。そんな加茂水族館も、現在はクラゲの水族館と呼ばれる程有名になり多くの入館者が日々訪れる場所となっております。それでも、小学校の時はお客さんの数は少なくメインのアシカショーも3~4人で見る事が出来る程でした。逆転人生では、そんな加茂水族館の歴史を名誉館長である村上龍男氏と共にコミカルな雰囲気で振り返っておりました。レジャーの多様化によって減っていく入館者、様々な手を打つもどれも効果がなくいよいよ閉館に追い込まれていく様子、クラゲと出会いクラゲに賭けていこうという決意、周りではやっていない独自のアイディアを詰め込んだ展示、そんな奇想天外な歴史を見る事が出来ました。当時私が小中高と当たり前に生活していた裏で、このような逆転ドラマがあった事なんて知りませんでしたね。加茂水族館の人気の理由は勿論クラゲの展示ですが、この山形県の片田舎で奮闘した歴史もあるのだと思います。私も帰省する度に加茂水族館に足を運ぶのは、そんな加茂水族館の歴史を感じていたいからかも知れません。何れにしても非常に個性的で楽しい展示の水族館です。逆転人生は再放送も行われるみたいですしNHKオンデマンドでも見る事が出来ます。是非遊びに行ってみては如何でしょうか。

 一昨日山形県沖で地震が発生しましたが。加茂水族館は平常営業しているみたいです(公式のお知らせはこちらからどうぞ)。それ程大きな損害も出ずに安心しましたね。
  1. 2019/06/20(木) 18:24:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DanceDanceRevolution A Original Soundtrack、DanceDanceRevolution 20th Anniversary Non Stop Mix Mixed by DJ KOO

 今日は夜勤明け。夜勤明けはその後どれだけ仮眠取っても普通に寝て起きたテンションには戻らないんですよね。こういうアンニュイな時はアンニュイらしいテンションで過ごすしかないですね。

 そういえばだいぶ前に購入したこのCDを紹介しておりませんでした。DDR好きの自分にとってこれ程待ちわびたCDもありません。全世界のDDRファンもまた待ちわびた事と思います。

・DanceDanceRevolution A Original Soundtrack
・DanceDanceRevolution 20th Anniversary Non Stop Mix Mixed by DJ KOO
過去に日記でも書いておりますが、2018年9月26日を持ってDanceDanceRevolutionは稼働して20年を迎えました特設ページはこちらからどうぞ)。これを皮切りに、現在DDR界隈で様々なイベントを開催しておりファンを盛り上げております。その中の1つとして、20周年時に稼働していたDanceDanceRevolution A(以下DDR A)のサウンドトラックが発売される事、そしてDJ KOO氏によるノンストップメガミックスのCDが発売される事が挙げられました。DDR Aについては2016年3月30日に稼働開始しており3年近くも稼働している長いバージョンとなっております。その中で様々なイベントや新曲の発表があり、結構な曲数となっておりました。その為サウンドトラックも2枚組となっており、よくぞ全てを収録してくれたと思っております。実際、DDR Aになってから北米のプレイヤーが多く来日したり、ENDYMION等の超高難易度の楽曲が生まれたりと、確実に大きな変化を生んでおります。そんな多くの人にとって思い出深いDDR Aのサウンドトラックという事で、多くの人が楽しみにしていたのではないでしょうか。実際、The 8th KACでもDDR Aのサウンドトラックが発表された時の盛り上がりは凄く皆同じ気持ちだったんだなと安心しました。続いてノンストップメガミックスですが、こちらは本当にDDRの20年を振り返る事が出来るアルバムとなっております。昔からDDRをプレイしている人は知っていると思いますが、DDRはDancemaniaとタイアップして始まっております。そしてそのDancemaniaの特徴は全てのトラックに切れ目を入れずノンストップで流すノンストップメガミックスにあります。勿論当時のDDRのサウンドトラックもこの流れを組んでおり、1枚目は普通のサントラで2枚目はノンストップメガミックスという構成でした。そんな伝統を守った、DDRの20周年にふさわしいアルバムだと思いました。初代からの一番人気曲であるButterflyから始まり、ENDYMIONまで繋ぐという壮大なメドレーです。最後にはDJ KOO氏が所属しているTRFのEZ DO DANCEで閉めるという粋も込められておりました。是非全てのDDRファンの方に訊いて欲しいと思いますし、これ一枚聞けばDDRの歴史をなぞれますのでこれまで触れてこなかった方にも聞いて欲しいですね。

 現在最新バージョンであるDDR A2Oが稼働して大凡2ヶ月となっております。新曲や段位認定などの要素で未だに盛り上がりに底が見えません。多くのファンによって支えられてる作品だなと思っております。
  1. 2019/06/17(月) 19:42:44|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーキング、最後に語る 多宇宙をめぐる博士のメッセージ

 今日は夜勤明け。先週で色々とタスクが終わったと思ったのですけど、今週からまた新たなタスクが生まれました。それでも先週ほどの忙しさではありませんので、ある程度自分の時間は取れると思います。

 ここ最近本の記事を書いてませんでしたが、ストックは溜まっておりますので書ける時に書いてしまおうと思います。

ホーキング、最後に語る 多宇宙をめぐる博士のメッセージ - スティーヴン・W. ホーキング
2018年7月に発売された本です。著者であるスティーヴン・W・ホーキング氏は理論物理学者です。車椅子の物理学者と言えば皆さんお分かりかと思います。ホーキング氏は2018年3月14日に亡くなっておりますが、理論物理学者としての功績は非常に大きく、特に宇宙物理学においてホーキング氏の論文を欠くことは出来ません。そんなホーキング氏の最後の論文とされているのが「永久インフレーションからの滑らかな離脱?」であり、この本ではこの論文の解説とホーキング氏に馴染みのある佐藤勝彦氏のインタビューが収録されております。正直言って、内容は難解です。何しろ、これまで積み上げてきた宇宙物理学の知識がある事が大前提なのですから。宇宙は膨張する、ですがそれは永遠に続くものではない、ではそれを証明する理論は?簡単に言えばそういった大局的なアプローチの1つとしてこの論文があります。解説を読んだからと言って誰でもわかるものではありません。宇宙物理学を最低限学部4年レベルで理解している事が必須になると思います。ですけど、そんなホーキング氏の最終論文にこんなに簡単に触れる事が出来るのです。宇宙の深淵を探し続けたホーキング氏の最終論文、もはや学術的以上に読み物として触れる価値があると思いました。ページ数的には90ページとなっております。前半は佐藤勝彦氏とトマス・ハートッホ氏が語るホーキング氏との思い出、中半で白水徹也氏による最終論文の解説、後半でホーキング最終論文「永久インフレーションからの滑らかな離脱?」の翻訳という構成となっております。難しければ前半部分だけでも良いと思います。ホーキング氏がどれだけ宇宙物理学への功績残したのか、それを感じて頂ければと思います。

 生涯現役でい続ける、そしてその最後を多くの人が見届けてくれる、これ程幸せな人生もないと思いました。今後100年以上名前が残る人だと思います。
  1. 2019/06/13(木) 17:26:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018

 今日は久しぶりに何もない休み。この日記を更新したら何が何でもDDRをプレイしに行きます。DDRも2ヶ月程間が空いてしまいましたからね。足がすっかり訛ってますので取り戻します。

 そして昨日ですが、タイトルにあります通り同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018(以下どげざ2018)に参加してきました。どげざもこの日記ではすっかりお馴染みになっているかも知れません。おすすめ同人紹介公式HPはこちらからどうぞ)というサイトを運営しているみなみ氏が、2018年度にプレイした同人ゲームを勝手に表彰するイベントです。ここで書いている勝手というのは、言葉通りみなみ氏が一人で企画し一人で選考して一人で表彰しているという事です(勿論サークルさんの許可は取っております)。世の中にある同人ゲームを広めたい、もしくは同人ゲームを知る切っ掛けになって欲しい、その為にこれだけの企画を継続し続けております。そんなみなみ氏の熱意に惹きつけられ、私も今回で7回目の参加となります。今回も新しい同人ゲームに触れる為に、そしてそんな同人ゲームに惹きつけられら人達とお話する事を楽しみにしておりました。

 今年もみなみ氏の車で一緒に会場に向かいました。9:30に大宮で合流し、会場には10:30位に着きました。その後11:00で開場となり会場設営や機材準備などを行いました。どげざも回を重ねる毎に準備の手順などが洗練されていき、スムーズに配信の準備が完了しました。そうこうしているうちに次々と観覧者が集まり、最終的に40人近くとなりました。そんな感じで特にトラブルもなく14:00の開始を迎えました。今回も複数のタイトルに対して複数の部門で選考されており、このジャンルの幅の広さに驚かされます。私もレビューをしている中で思っている事ですが、レビューを書くという事は作品をプレイするだけではなくその作品について何か湧き出る物があるという事です。逆に言えば、湧き出るものが無ければレビューは書けないのです。そういう意味で、好きな物やお気に入りの物の方が湧き出るものが多いのは理解できると思います。何が言いたいのかといいますと、みなみ氏はあらゆるジャンルについて湧き出るものがありそれを文字だけではなくプレゼンとして表現しているという事です。このパッション、私も日々真似していきたいと思っております。そんな感じで発表会が終わり、その後の懇親会も含めて21:00に解散となりました。再びみなみ氏の車に揺られ、22:30過ぎに大宮に帰ってきました。沢山の人と会話をし、また新しい出会いもあり朝から夜まで同人ゲームに触れる事が出来た1日でした。

 どげざの記事の度に書いておりますが、どげざの意義は作品に優劣をつける事ではなく作品を知ってもらう事だと思っております。世の中にある無数の作品に対してノミネートされた作品はごく僅かですし、ましてや受賞した作品はほんの一握りです。だからと言って、多くの作品が劣っているのかと言えばそんな事はありません。何故なら、上でも書きましたがこれはみなみ氏が勝手に作品を選んで表彰しているだけだからです。大切なのは、賞を貰えた貰えなかったではなく沢山の作品を知る事が出来た出来なかっただと思っております。実際、みなみ氏のみならず他人と趣向が全て一致している事などまずありません。今回みなみ氏が紹介した作品の中に、何となく自分の琴線に触れる作品が見つかればそれで成功なのだと思います。そして、そんな作品から繋がって新しく別の作品を自分から発掘する事が出来れば万々歳です。どげざはあくまで切っ掛けであり、ここから是非自分だけの同人ゲームを見つけて頂ければと思っております。改めまして、今年もこのような企画をして頂いたみなみ氏に最大限の感謝を。そして今回どげざ2018に参加された全ての皆さん、ありがとうございました。

 後は、サークルさんの言葉が本当に優しかったのも印象的でした。「レビュー書いて頂いてありがとうございます」って言って頂いて、むしろ私にとっては「作品をプレイさせて頂きありがとうございます」ですからね。これからも自分らしいレビューが書ける様頑張ります。
  1. 2019/06/10(月) 08:05:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大哺乳類展2

 今日は社内の試験がありました。ここ最近は本来業務ではない謎の出張が多くて、加えて今日の試験に向けた勉強などもしてましたので本当に自分の時間がありませんでした。それもこれで終わりですので暫くは好きに生きます!

 前に砂糖菓子の白馬という個展を見に行ったという記事を書きましたが、その後は上野の国立科学博物館に行きました。目的は大哺乳類展2という特別展示を見る事でした(公式HPはこちらからどうぞ)。大哺乳類展2については、私が愛読しているNewtonという雑誌の広告から知りました。その名の通り、哺乳類という生き物の生態を言葉と剥製をふんだんに使用して紹介している展示でした。今回の展示には明確なコンセプトがありまして、それは「哺乳類が生き残る術」というものです。展示は全部で5つのセクションに分かれておりまして、それぞれロコモーションの基本・ロコモーション・哺乳類の分類と系統・食べる・産む育てるとなっております。それぞれのセクションで哺乳類がどのように生き残るかにフォーカスを当てて紹介しておりました。例えば、肉食動物と草食動物の追い追われる2者の骨格や走り方の解説、様々な哺乳類の歯の剥製の展示、異性を惹きつける方法や性器の形状、といった感じです。時に映像を使ったりと、とても丁寧に解説しておりました。国立科学博物館の展示は、本当視覚的に惹きつける術やポイントを理解して貰う術を熟知しているのが凄いと思いますね。子供や大人など、全然造詣が違う人たちでも楽しめる内容だと思いました。後は、やっぱり子供連れが多い印象でしたね。哺乳類を扱ってますがここは動物園ではありませんので、未就学児はちょっと退屈そうでした。少なくとも、学術的にとても意味のある展示でしたので、是非多くの方に見て頂きたいと思いました。楽しかったです。

 大哺乳類展2は6/16(日)までやっております。土日はかなり混雑しますので、行けるのであれば平日がおすすめです。
  1. 2019/06/08(土) 18:35:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平砂アートムーヴメント

 今日は普通の日勤。今週は仕事の山で、ちょっとビジュアルノベル読む暇もDDRする暇も無さそうです。その分、来週からは少し弾けるつもりです。ちょっと踏ん張ります。

 先日ZEYOというお店に行ったという記事を書いたのですが、その後真っ直ぐ帰るのではなく筑波大学内にある平砂学生宿舎に行ってきました。平砂学生宿舎とは、筑波大学に通う学生の為の宿舎です。大学時代に学生寮に通った事がある方であれば何となくイメージが湧くと思いますが、得てして学生寮という物は設備が古く良い住環境であるとは言い難いです。実際私が新潟大学時代東北大学院時代に住んでいた学生寮も中々のオンボロでした。今回行った筑波大学の平砂学生宿舎もまさに同様な感じで、昭和の香りが漂う雰囲気が哀愁漂います。この平砂学生宿舎ですが、建物の老朽化もあり宿舎としての利用が停止になったとの事です。そして、この宿舎を利用してアートを行おうという企画が行われました。それがタイトルにあります平砂アートムーヴメントです(公式HPはこちらからどうぞ)。これは、筑波大学生を中心とした55名の方が自身のアート作品をこの平砂学生宿舎に展示する試みです。宿舎として使われなくなった場所をアートとして再利用するという試みと、ボロボロの建物という題材を好きに使って良いという魅力が素晴らしいと思いました。展示は、宿舎内の各部屋やトイレなどの部屋で行われました。それぞれの部屋には当然ドアがあるのですが、入口に作品のタイトルと作者の名前があり、扉を開ければそこにアートが広がるのです。この想像する楽しみもまた魅力だと思いました。今回私は筑波大学出身である職場の後輩と来たのですが、部屋に入る前にどんな展示なのがお互い予想しながら入りました。インスピレーション溢れる作品ばかりですので当然予想など当たりません。だからこそ、扉を開くまでのワクワク感が楽しかったです。展示も、学生らしい真っ直ぐなものばかりでした。視覚に訴える物、音を使用した物、謎解きがある物、全く意味が分からない物、とにかく様々でした。どの展示もちょっと見て理解できるものではなく、部屋の隅から隅まで味わい尽くしたいと思わせる物でした。正味1時間30分くらい見て回っていた気がします。本当、学生宿舎というセットとアートの組み合わせが最高でしたね。ここから新たな才能が旅立っていくのかと思うと本当楽しみです。良い展示会でした。

 ちなみに一緒に回った筑波大学出身である職場の後輩もまた、この平砂学生宿舎の出身でした。部屋の間取りや炊事場なども紹介してもらいました。学生宿舎の不便さは、やっぱりどこも共通なんですね。
  1. 2019/06/04(火) 21:12:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZEYO

 今日は何もない休み。今週は出張とそれに伴う飲み会が多い週でした。来週もちょっとその傾向が残りそうですので、暫くはじっくりビジュアルノベルを読む時間は取れなさそうです。時間あるときに集中するようにしないとですね。

 そして今日のお昼ですが、タイトルにあります通りZEYOというお店に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。ZEYOとは筑波大学傍にある茨城県唯一のカレーうどん専門店です。今回このZEYOに行った理由ですが、過去にRanRanというお店に行った事と同じです。4th clusterさん(公式HPはこちらからどうぞ)というサークルさんの作品にCampus Notesシリーズ公式HPはこちらからどうぞ)という物があります。筑波大学を舞台としたビジュアルノベルであり、実際の筑波大学を舞台とした設定はそれだけで筑波大学の魅力を伝えるものです。そんなCampus Notesシリーズの外伝であるBill of Fare公式HPはこちらからどうぞ)では、筑波大学に馴染みのある食事処を紹介しております。そこで紹介されているお店がRanRanでありZEYOであるという事です。今回も前回と同様に筑波大学出身である職場の後輩と一緒に行ってきました。ZEYOの特徴、それは徹底的に学生に対して安くメニューを提供する精神です。カレーうどんそのものの値段は元から据え置きなのですが、これに各種コロッケや天ぷらや卵やご飯などのトッピングが追加できます。普通であれば100円~200円程度の提供ですが、学生さんの場合は10円とか30円とかになります。そして、ボリュームはかなりあります。普通サイズでも割とタップリなうどんの量という印象でした。加えて、今回私はチャレンジ1kgのメガ盛りに挑戦しました。折角のZEYOですからね、普通に食べて終わるのは勿体ないという物です。基本メニューはカレーうどん・クリーミーカレーうどんというカレーうどんをマイルドにしたものであり、それにトッピングを加えたり量を増やしたりする感じです。開店の11:30を狙って行ったのですが、瞬く間に満席になり行列が出来てました。長居する訳にはいかず、チャレンジ1kgを約9分で食べきって出ました。このカレーうどん、ご飯との相性も抜群でした。スルスル食べれましたので正直負担では無かったですね。そんな感じでZEYOを楽しませて頂きました。こんな良心的な食事処があるなんて、本当筑波大学生は恵まれてますね。また別の食事処を求めて来ようと思います。

 これにてBill of Fareで紹介しているお店も残り1つです。ですが、後輩から教えて貰ったいわゆる三大重食と呼ばれるお店も2つ控えております。まだまだ筑波大学に行く日は出来そうです。また、Bill of Fareについてはノベルスフィアさんで配信しておりますのでこちらから直ぐにプレイできます
  1. 2019/06/01(土) 20:40:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する