FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

M3-2019春

 今日は普通の休み。そしてタイトルにあります通りM3-2019春という即売会に行ってきました。毎年春と秋の年2回開催され、私にとっては欠く事が出来ないものとなっております。

 M3公式HPはこちらからどうぞ)についてはこの日記の中でもお馴染みの即売会になっております。いわゆる音系オンリーの即売会です。初めて参加したのはM3-2012秋でしたので、ついに7年目の付き合いになります。私がよく嗜んでいる同人音楽のサークルさんだけが集まる即売会ですので、毎回どんな新しい作品に出会えるか楽しみに参加しております。また、回を重ねるごとに顔なじみの方々も増えてきており、毎回旧交を温めさせて頂いております。作品に出会う事以上に人に出会える事が醍醐味な即売会になっておりますので、これからも目的の作品がある無しに関わらず参加していくのだと思います。今回は11:00調度に会場である東京流通センターに到着しました。M3も回を重ねるごとに参加者が増えていく印象ですが、今回もかなり人が多かった気がします。特に第一展示場の女性ボーカルさんのエリアは待機列も伸びており、それに伴い通路が制限される関係でかなりの混雑でした。そんな中を掻き分けながら、過去に作品を購入させて頂いたサークルさんを周って新作を手に取らせて頂き、お知り合いの方がいましたらご挨拶とお話をさせて頂きました。人によっては割と長時間話し込んでしまいましたが、それでも付き合ってくれて嬉しかったです。そんな感じで13:30には一通りやる事を終えて会場を後にしました。本当はもう少しじっくりと全てのサークルさんを周ってみたかったのですけど、実は用意した30,000円がいつの間には5,000円を切ってましたのでこれが引き際でした。同人音楽は、どうしてもCDの単価が高いですので思ったよりもお金がなくなってしまいますからね。まあ、その為に用意した資金ですので無くなって本望です。そんな感じでいつも通りの楽しいM3でした。次回は秋の開催ですので、またその時にお会いできるのを楽しみにしております。

 今日のM3を皮切りに5月の即売会がスタートする事になります。明日はCOMIC1☆15が行われますし、5/12はCOMITIA128です。気温の差も激しい季節ですので、体調に気をつけて満足のいく即売会にしていこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2019/04/28(日) 18:59:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂糖菓子の白馬

 今日は普通の日勤。すっかり忘れてましたが明後日からゴールデンウィークなんでした。私もそれなりにイベントを用意してますので忙しない感じになりそうです。

 前回並木藪蕎麦というお店に行ったという記事を書いたのですが、その後はタイトルにあります砂糖菓子の白馬という個展に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。これは、城咲ロンドン氏という絵描きさんによって4/19~4/24まで開催された個展です(当人のTwitterはこちらからどうぞ)。私は城咲ロンドン氏を知った切っ掛けは、お人形になりたい。公式HPはこちらからどうぞ)という同人音楽サークルさんのCDジャケットでした。お人形になりたい。さんは、ここ数年の中で一番私が好きな同人音楽サークルさんです。透き通るボーカリストの声ファンタジー色満載のサウンド、そんな世界観を彩る城咲ロンドン氏の可愛らしい女の子の絵柄が至高の雰囲気を作っております。そんな城咲ロンドン氏の個展ともあれば、行かない理由はありませんでした。場所は新宿眼科画廊でして、10畳程のスペースでの展示でした。その中に全部で30以上の作品が展示してあり、大小様々な作品がありました。作品はその殆どが原画でして、質感などを感じる事が出来ました。もうね、可愛いの一言ですね。常に10人以上の方が作品を見ており、誰もがうっとりしている様子でした。ゴシックな作風ですので、来場者はどことなくゴスロリな格好の方が多かった印象ですが、私の様に男性の方も普通にいらっしゃいました。あの可愛さですからね、性別など関係ありません。当日はグッズも売っておりましたので、私も画集を一冊買わせて頂きました。片隅には自由ノートがあったのですが、ファンの方の気持ちが伝わるコメントばかりで読んでいるだけで嬉しくなりました。皆さん字がとても綺麗なんですもの。そんな感じで素敵な時間を過ごす事が出来た個展でした。また開催されたら見に行こうと思いました。

 実は、城咲ロンドン氏の個展ですので割とフォーマルでちゃんとした服装でないと駄目かなと思いそれなりに整えて向かいました。実際は杞憂だったのですが、その位身の引き締まる想いはありましたね。
  1. 2019/04/25(木) 21:22:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

並木藪蕎麦

 今日は夜勤明け。やっとちゃんとした春が来たなと思ってたら、一気に初夏の陽気になってしまいました。もう上着を着るだけで汗ばんでしまいますね。

 先日ですが、浅草にある並木藪蕎麦というお店にお蕎麦を食べに行ってきました。今回この並木藪蕎麦に行ったのには理由があります。前に蕎麦屋の常識・非常識という本を読んだのですが、その中で紹介されていたお蕎麦屋さんの1つがこの並木藪蕎麦だったという事です。藪蕎麦とは、江戸時代に数多くのお蕎麦屋さんが乱立した中で二代目・三代目と生き残った老舗のお蕎麦屋さんの事を言います。その中でもこの並木藪蕎麦は、上記の作者である片山虎之介氏が「蕎麦屋の品格を感じたいならまずはこの並木藪蕎麦を尋ねると良い」と書いておりましたので、是非食べてみたいと思い今回足を運んでみました。場所は浅草駅から徒歩3分の立地にあります。お店に着いたのは調度12:00だったのですが、その時点で既にお店の前には長蛇の列でした。これは時間が掛かるなと思ったのですが、思いの外列のはけは速くすぐに入店する事が出来ました。店内は満席で、私も6人用のテーブルで相席となりました。メニューは壁に書かれている幾つかしかなく、シンプルにざるそばを注文しました。蕎麦屋の常識・非常識で「もりそばを売りにしている蕎麦屋が美味しい蕎麦屋」と言ってましたが、並木藪蕎麦のざるそばは所謂もりそばですので問題ありませんでした。出てきたのはシンプルに蕎麦とつゆとネギとワサビ、そして沢山の蕎麦湯でした。蕎麦は喉越しが良く、加えて香りが際立ってました。つゆをたっぷりつけるのは勿体ないと思いちょっとしかつけませんでしたね。あっという間に一枚食べましたのでお会計しようと思ったのですが、となりの相席の方から丁寧に声を掛けて頂きました。なる程、これが蕎麦屋の品格なんだなと思いました。とても気持ち良くお店を出ましたね。派手さはありませんし目立つものがある訳でもありません。だからこそ、蕎麦の醍醐味が味わえるんだなと思いました。是非どなたにも訪ねて欲しいお店だと思いました。場所はこちらになりますので是非訪ねてみて下さい

 今回この並木藪蕎麦に行った切っ掛けは蕎麦屋の常識・非常識という本でした。そしてこの本を読んだ切っ掛けは大阪に楽団の練習で行ったホテルで見たテレビでした。何と言いますか、こういう連鎖って続いて欲しいって思うんですよね。
  1. 2019/04/23(火) 14:37:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

とある魔術の禁書目録III 感想

 今日は楽団の練習日。ここ最近は通常の練習に加えてアンサンブルや他の演奏会に向けた練習も重複してますので、平日も含めて比較的楽器に触れる機会が多くなっております。忙しいですけど、人前で吹ける機会がある事は素直に嬉しい事ですね。

 今回はタイトルにあります通りアニメとある魔術の禁書目録IIIの感想です。2018年の秋から放送開始して2クールという事で約半年間楽しませて頂きました。

とある魔術の禁書目録III★★★★
とある魔術の禁書目録について、私は原作のライトノベルを読んでおりません。そういう意味で、学園都市・イギリス清教・ローマ清教・ロシア清教の組織構造や関係性について、とても全てを把握しているとは言えませんし理解しているとも言えません。それでも、非常に多くの登場人物が複数の場面で入り乱れ物語が進んでいく様子に素直に圧倒されました。特に、アクセラレータの打ち止めに対する決意を語る場面、上条当麻が自身の正体に迫る場面、浜面と滝壺が寄り添う場面は必見でした。今回のIIIをもってライトノベルの無印版が終わったとの事です。今後、連載が続いている新約がアニメ化されるのかは分かりませんが、是非再びこの雰囲気を楽しみたいと思いました。面白かったです。

 何度か呟いている気がしますけど、私はファンタジーをしっかり深く書いている作品が大好きです。やや設定に矛盾がある事など特に気にせず、その作品の中でクローズしている世界観をどれだけ綿密に書いているかが自分の中では大切ですね。
  1. 2019/04/20(土) 08:06:05|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

翔んで埼玉

 今日は普通の日勤。久しぶりに普通の時間に帰って来れた気がします。仕事をしたり楽器を吹いたりするのはそれで楽しいですけど、だからこそビジュアルノベルを読むのがもっと楽しくなるんですね。

 今回はタイトルにあります通り翔んで埼玉の感想を書こうと思います(公式HPはこちらからどうぞ)。空前絶後のディスりを売りにした本作ですけど、本当に笑いましたしご当地愛を感じました。ネタバレありですのでご覧になりたい方は続きを読むからどうぞ(反転です)。
 
[翔んで埼玉]の続きを読む
  1. 2019/04/17(水) 20:28:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DDR A2O

 今日は夜勤明け。そして、現在話題沸騰の翔んで埼玉を見てきました(公式HPはこちらからどうぞ)。私は埼玉県出身ではないですけど、そんな私ですら笑えましたので是非埼玉県出身の人は必ず見て欲しいですね。後ほど感想書きます。

 先日ですけど、タイトルにあります通りやっとDDRの最新作であるDDR A2O(読み方はエースツーオー)をプレイしてきました(公式HPはこちらからどうぞ)。過去の日記でも書いておりますが、DDRは2018年9月26日をもって稼働開始から20年を迎えました。稼働した1998年当時は大変な話題となり社会現象とも呼ばれたDDRですが、世の中の趣味の多様化などにより幾度も終了の危機を迎えました。それでも日本のみならず世界中のファンに支えられてここまで稼働し続ける事が出来ました。そんなDDRですので、20周年をお祝いする様々なイベントを開催しております。今回のアーケード新作であるA2Oはそんな20周年イベントの集大成であり、新たな歴史を紡ぐバージョンとなります。前作であるDDR Aからほぼ3年振りとなる新バージョンという事で、私もプレイ出来るのをとても楽しみにしておりました。今回は実際に筐体に触れてみての感想を書こうと思います。

・20th Anniversary Model
まずは何と言っても一新された筐体に惹かれます。Twitterでは#黄金のDDRというハッシュタグで宣伝していた程です。その名前に偽りなく。筐体全体が金色で統一されており、そこら中にLEDが散りばめられておりとっても華やかに仕上がっております。勿論それだけではなく、画面がこれまで以上に大きくなりそれに伴い譜面も大きく表示されるようになりました。あまりにも大きすぎるので、私がホームにしているSpica大宮南銀店ではステップと画面にかなりの距離を設けてました。それでも有り余るくらいの大きさでした。ステップも改良されている感じで、踏んだ時の沈み込みが殆どありませんでした。まあ単純に新しくなったという事かも知れませんけど、素直に踏みやすく足に馴染みました。1つだけ良いか悪いか判断が分かれるのが、画面の傾きが無くなって地面に対して垂直になった点です。そのおかげで矢印が近づいてくるように見えてしまいますので、ちょっと判定調整に時間が掛かりましたね。慣れの問題かも知れません。

・コースモードの追加
今作からコースモードが復活しました。コースモードとは、予め決められた4つの楽曲を連続して踏むモードです。連続しておりますので曲と曲の休憩が殆どなく、4曲連続で踏む体力が要求されます。そしてリザルトは通常の1曲の時と同じルールで出されます。AAAは999,000点以上ですし、PFCもMFCもあります。4曲連続になった事でより高スコアを取る事が難しくなっている印象でした。

・段位認定の追加
そして上で書いたコースモードの真骨頂が段位認定です。IIDXでずっと採用されているモードがDDRにもやって来ました。段位認定は、予め決められた4曲を連続で踏むのは同様ですが、段位によって曲のレベルが明確に違います。単純に低い段位はレベルが低く、高い段位はレベルが高いという事です。現在は初段から八段まで公開されており、八段の構成はLv16が3曲とLv17が1曲です。今の私では厳しいでしょうね。とりあえず今回は五段までクリアしてきました。もう少し上の段位まで行けそうですけど、初段から連続で踏んで疲れましたのでこの程度で。ちなみに、かつてDDRにもDance Drillという段位認定と同じモードがありました。一番の違いは、曲の途中でハイスピードが変更できる事ですね。分かる人には分かると思いますが。かつてのDance Drill Lv7はBPM65とBPM300が同じコースにありながらハイスピードが変更出来ませんでしたからね。だいぶやり易くなったなと思いました。

・DDR Aを踏襲
それ以外のシステムは、基本的にDDR Aを踏襲している感じでした。それでも、全体的に金色の背景や変わったシステムBGMが新しい雰囲気を感じさせてくれます。個人的に嬉しかったのは、DDR Aで出したリザルトを引き継いでくれた事ですね。これまでのDDRは、バージョンが変わると同時にスコアが全てリセットされて再びクリアしなければいけませんでした。まあ、DDRは体力が物を言うゲームですのでバージョンが変わったタイミングの年齢で再びスコアに挑戦するのはアリかなと思ってました。それでも、一度出したスコアが消えるのはやはり寂しかったので、今回残ってよかったと思っております。

 という訳で、ほぼほぼ前作のDDR Aを踏襲しつつ幾つかの追加要素を加えた感じの内容でした。とにかく筐体が目立ちますし画面が大きくなりましたのでそれだけで十分でした。後はA2Oの新曲もどことなく未来に向かっている雰囲気を感じました。これまでのコンセプトとは違った楽曲を揃えている印象ですね。まだまだ稼働したばかりですし、現時点で旧筐体でのバージョンアップは行われておりませんのでこれからどのように展開していくのか楽しみにプレイしていこうと思います。
  1. 2019/04/14(日) 20:55:41|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WARZ0NE

 今日は普通の日勤。ここ最近は楽団の練習や突発的な飲み会が多く、平日は殆どPCに向かってない(つまりビジュアルノベルを読んでない)気がします。忙しい事は嬉しい事なんですけど、やっぱり何事も偏るのは良くない気がします。少し積極的にPCに向かうようにします。

 今回はC95で購入したCDを紹介します。気が付けばM3-2019春まで3週間切ったという事実にちょっと驚いております。既に新年度がスタートして半ばに差し掛かってますので、紹介したいCDは早めに紹介してしまいます。

WARZ0NE - sakuzyo
sakuzyo氏は同人音楽制作レーベルDiverse System公式HPはこちらからどうぞ)に所属しているコンポーザです。BMSを中心としてテクノ・ハードコア・ピアノ・ストリングスなど多彩なジャンルの楽曲を製作しております。私のイメージはとにかく何でも描ける人という感じですね。最近はストリングスやピアノを使用した楽曲の印象が強いです。何れにしても、sakuzyo氏ならではのジャンルを限定しない独特の雰囲気がお気に入りです。今回紹介しているWARZ0NEは、文字通り戦争をイメージしたインストゥルメンタル集です。全部で9曲収録されており、戦闘をイメージさせる様々な楽曲が収録されております。戦闘のイメージと聴くと、一般的にはゴアテクノの様な重いサウンドを想像されると思います。ですがsakuzyo氏がイメージする戦闘のイメージはそれだけではありませんでした。戦いの最中を想像させるエレキギターバリバリのサウンドもあれば、戦い後の物静かな印象を想像されるストリングスなサウンドもあり、やはり幅の広さが際立つナンバーとなっております。戦闘も、街の中の銃撃戦もあれば森の中のゲリラ戦もあり、確かに一辺倒ではないよなと改めさせられました。何れにしても、インストゥルメンタルですので作業用BGMに最適です。メロディはそこまで主張しませんので何となく流しながら別の作業を行うのに調度良いと思いました。これまでのファンの方は勿論、初めての方にも是非sakuzyo氏のサウンドに触れて欲しいですね。

 インストゥルメンタルのCDはボーカルがありませんのでどうしても宣伝が難しい気がします。特定のジャンルに特化しているといった独自の要素を表に出さないとアピールし難いのが理由かと思います。そんな中でもsakuzyo氏のCDは毎回買ってますので、このまま是非付き合っていければと思っております。
  1. 2019/04/11(木) 20:50:58|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メモの魔力

 今日は楽団の練習日。新年度になり、仕事と楽団の両方で昨年度とはちょっと違った1年になりそうです。確実に言えるのは、どちらもそれなりに忙しくなるという事です。今までより更に無駄な時間を無くする努力が必要ですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。久しぶりにストレートに熱量を伝えてくれる本でした。自分の事を理解する事の大切さを伝えれくれる一冊です。

メモの魔力 - 前田裕二
2018年12月に発売された本です。私を含め、多くの社会人の方が「メモを取れ!」と言われたと思います。メモは大切である、その気持ちはとりあえず誰もが持っていると思います。私自身はここ何年かでメモに対する認識を大きく変えております。社会人になってから数年は毎日日記のようにメモを取ってました。ですが、それからまた数年はパッタリとメモを取る事を止めました過去に取ったメモを一切見返さない自分に気付いたからです。ですけど、ここ数年は逆にメモを取るようになりました。正確に言えば、思い立った事をすぐに文字に記録するようになりました。メモの幅が仕事だけではなく私生活に伸びたという事です。そんな感じで、恐らくは皆さん自己流のメモの取り方をお持ちなんだと思います。正しいメモの取り方なんてあるのだろうか、そんな事を漠然と思っていた時にこの本に出会いました。この本で伝えようとしているメモ、それは仕事の備忘録とかそんなスケールの小さな事ではありませんでした。メモを通して自分を知る、メモを通して想像力を広げる、そんな自分の人生に訴えかける為にメモは大切だと言っております。皆さんに認識を改めてもらいたい事、それはメモは記録の為ではなく知的財産の為に取るという事です。メモを事実の羅列だけで終わらせない、そんな活用術が記されております。例えば、街をふと歩いていて「あの人カッコいい(可愛い)」と思ったとします。そしたら、その思いをメモするのです。そしてそこから何故カッコいい(可愛い)と思ったのかを考えて抽象化してみるのです。スタイルが良いから?顔立ちが良いから?服が素敵だから?様々な理由が浮かぶと思います。そして、そこから更にどう応用できるかも考えるのです。自分も同じブランドの服を買おうとか、顔を上げて歩こうとか、そんな感じです。普段であれば中々メモしない一瞬の思考だと思います。ですが、そんな思考を忘れずメモに残す事で想像力を鍛えられます。そして、後半では自己分析の大切さを書いてました。著者は就活の時に、自己分析ノートを30冊も作成したそうです。とにかく徹底して、例えば好きな色は?と訊かれたらパターンによって3種類もスラスラ口から出てくるのだそうです。そして、そんな風に自分を理解していると自分の軸が見えてきて、自分の生き方が見えてくるのだそうです。世の中に蔓延している様々な同調圧力やマナーと呼ばれている物、そういったものからの解放も出来るかも知れません。そんな風に、非常に情熱的な内容が書かれておりました。始めはただメモのちょっとしたテクニックが書いてあると思いました。ですがそんな小さな視点では収まらない、考えさせられる事が満載でした。私も、今のメモのスタイルから少し進化させて自分を理解してみようと思いました。オススメです。

 自分自身を理解して想像力を持って生きる、これが出来る人は強いですね。生き方にブレがありませんので、思考と行動が一致するんですもの。
  1. 2019/04/07(日) 07:57:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

東京観光と横浜泊まり

 昨日今日と、田舎から私の両親が東京に観光で来てましたので付き合ってました。割とこの時期の恒例行事になってまして、都内の観光が出来るという事で密かに楽しみにしておりました。

 両親が東京に観光に来るスタンスですので、基本的には全てのプランを両親が決めてきます。行く観光地や食べる物、それを自分が案内するというスタンスです。ここ最近は横浜がブームになっているみたいでして、今回も観光こそ都内でしたがホテルはみなとみらいにある横浜ベイホテル東急にしてました。東京と横浜でしたら電車で30分で着きますので、全然遠くはありませんからね。まずは1日目ですが、都内の2大パワースポットと言われている明治神宮の清正井、そして日本橋にある小網神社に行きました。清正井は毎年恒例なのですが、小網神社は初めて行きましてビルに囲まれた中にひっそりと建っている様子が印象的でした。その後は大森にあるしながわ水族館に行ってきました。水族館については、うちも地元にニッチな水族館がありますので単純に水族館そのものに興味はありました。流石は都内の水族館という事で、魚の種類が多くショーのスケールも大きかったです。ちゃんとそれぞれの水族館の個性という物を感じる事が出来ました。その後横浜に戻り、馬車道にある焼き肉屋で美味しい肉を食べてからホテルでマッタリしました。2日目は上野公園の桜を見に行きました。地元はまだ桜どころか雪が降っているレベルですので、都内の有名な桜の名所を1つ見ておこうという感じです。平日にもかかわらず人でごった返してましたね。その後は浅草に行って浅草寺にお参りして、そうこうしているうちに帰りの新幹線が近づいてきましたので東京駅でお土産を買って別れました。本当、都内の観光スポットの数は多いですね。見ようと思えばどこもかしこも観光地ですからね。また来年、どこに遊びに行けるのか楽しみにしてます。

 最近思ったのですが、観光地や博物館やイベントは1人で行く時と2人で行く時で違った楽しみがあります。1人で行けば自分のペースで見れますし、2人で行けば感想を言い合えますし、同じスポットでもまた別の理由を付けて見て回りたいですね。
  1. 2019/04/04(木) 19:31:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城北中央公園

 今日は普通の日勤。エイプリルフールだったり新元号が発表されたりと、中々賑わいのある一日だったのではないでしょうか。良くも悪くも、新しい年度になったんだなと感じさせます。

 先日ですが、同人界隈でお世話になっているお知り合いの方々とお花見してきました。昨年もつくばでのお花見に声を掛けて頂き、今年も同じメンバーで開催できる事を嬉しく思っております。場所は東京都練馬区にある城北中央公園という場所で行いました。主宰された方の家が近いという事と、都内で人が集まりやすいという事で選ばれました。この日私は夜勤明けだったという事で、集合時間である12:00ギリギリに到着する感じでした。事前の手伝いは殆ど出来ませんでしたが、代わりに幾つかお酒を持参してきました。今回は全部で14人での開催でしたが、参加された方々に共通点が殆どないという面白い状況でした。音楽を生業にしている人、ビジュアルノベル制作を生業にしている人、筋トレが趣味の人、声の仕事をしている人、唯の飲み友達、と言った感じです。レビュー書いている人なんて私しかいませんでしたしね。そんなごった煮な感じのお花見でしたが、だからこそ様々なお話を訊く事が出来楽しい時間を過ごす事が出来ました。実際、ビジュアルノベルの話も出来ましたし、新しい作品を知る事も出来ましたしね。そんな感じで、おおよそ17:00位までダラダラとお酒を飲みつまみを食べながら過ごす事が出来ました。こんなにマッタリとしたのも久しぶりだったかも知れません。本名も知らず半分以上知らない人同士のお花見でしたが、是非また同じメンバーでこういった場で集まりたいと思いました。幹事の方を始め皆さんお疲れさまでした。そして声を掛けて頂きありがとうございました。

 お花見もタイミングですからね。今回も寒すぎず暑すぎず、天気にも恵まれて最高のお花見日和でした。桜の季節は短いので、みんなお花見するんですね。
  1. 2019/04/01(月) 20:32:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する