FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

スラップ訴訟とは何か 裁判制度の悪用から言論の自由を守る

 今日は久しぶりに何もない休み。ここ一ヶ月半は楽団の練習や演奏会まいてつ聖地巡礼COMITIAなどの即売会、等々何だかんだで外に出る用事がありました。今日みたいな日こそ、一気にビジュアルノベル読むチャンスですね。

 今日も最近読んだ本を紹介します。私は本を読むときはとにかくジャンルを違えるように読んでおります。ビジネス書を読んだら、次は雑学だったり、若しくはエッセイだったり、といった感じですね。今回は裁判の本です。

スラップ訴訟とは何か 裁判制度の悪用から言論の自由を守る - 烏賀陽 弘道
2015年に現代人文社から出された本です。烏賀陽弘道氏の本を読むのはフェイクニュースの見分け方福島第一原発メルトダウンまでの50年 事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題に続いて3冊目となります。非常に丁寧な取材と引き込むような文章が大変お気に入りで、この人の文章なら信じられると個人的にも好きな記者であります。そんな烏賀陽氏が今回テーマにしたのがスラップ訴訟というものです。皆さんはスラップ訴訟というものを知っているでしょうか?あまり聞きなじみが無いと思います。それもそのはずです。何故なら、日本の法律ではスラップ訴訟というものは存在しないからです。ですが、スラップ訴訟と同様の訴訟は幾つも起こされております。スラップ訴訟とは、憲法で保障されている権利を行使した人に対する民事訴訟の事です。これだけ言うとよく分かりませんが、簡単に言えば憲法上何も悪い事をしていないのにある日突然全く関係ない角度から訴えられるようなものです。例えば、マンションの建設に反対運動をしている住民に対して、通行妨害という名状で訴える事例がありました。この訴えに対して裁判所で何かしらの判決を出す訳ですが、この判決がマンション建設について何の解決にもならないのです。それでも、通行妨害という訴えを起こされたという事実は、マンション建設の反対運動を委縮させるのに十分な効力があります。このように、本題と関係ない訴訟を起こして相手に精神的苦痛を与えるのがスラップ訴訟の典型です。本の中では、日本における民事訴訟制度の不公平感についても触れておりました。日本は、言ってしまえば訴えたもの勝ちなのだそうです。訴えるのは非常に簡単、名状も要求する金額も自由に決めれます。そして、訴えられた人が自分の無罪を証明しなければいけないのです。訴えただけで簡単に相手に苦痛を与える事が出来る、これがアメリカに行けばスラップ訴訟という名前で守られます。皆さんも、もしかしたら明日突然誰かに訴えられるかもしれません。その時どのようにすればいいのか、一度スラップ訴訟について考えてみては如何でしょうか。非常におススメの一冊です。

 現代はSNSが発達してますので、本当突然どこから裁判を吹っ掛けられるか分からないとも言えると思います。たとえ貴方が余計な事を言わない様に意識していても、訴える側が難癖付ければそれが通るのが恐ろしいですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/08(土) 20:42:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヒキコモリ漂流記

 今日は夜勤明け。そして実に1ヶ月半ぶりのDDRをやってきました。久しぶり過ぎて踏めないんじゃないかって思ったんですけど、思ったよりも足が動いてくれて良かったです。何よりも、解禁情報知ってからずっと踏みたかったMAX 360参考動画はこちらからどうぞ)とシュレーディンガーの猫参考動画はこちらからどうぞ)が踏めたのが嬉しかったです。

 今日も最近読んだ本を紹介します。本屋の新刊コーナーで見つけて、衝動的に買ってしまった本です。何故か読まなければいけない、そんな予感を不思議と感じておりました。

ヒキコモリ漂流記 - 山田ルイ53世
2018年8月に発売された本です。正直な話、タイトルを見て嫌な予感がしました。自分の見たくない何かを見せてくれるのではないかと。そして、その予感は当たりました。この本は、髭男爵の名前で知られている芸人山田ルイ53世が自分の半生を振り返り書いたものです。タイトルにあります通り、著者は青年期の殆どを引き篭もって過ごしております。正直驚きました。芸人という人と触れ合い人を笑わせる仕事をしている人が、まさか引き篭もっていたとは思いませんでした。ですが、その半生を読んでみて何となくその理由が分かったと同時に、何かむずがゆい気持ちになってしまいました。著者が引き篭もってい理由、その殆どが自分への認識の勘違いありもしない世間体を気にしすぎた為でした。自分の事を神童だと思っていた著者、それは別に構わないと思います。ですけど、相手の気持ちを勝手に推し量ってしまったんですね。むしろ、相手の気持ちを確認する事を恐れていたのだと思います。人って、自分の中だけで答えのない思考を回転させると大体ネガティブに向かってしまいます。著者も家族に相談出来ず信頼も出来ず、自分一人で考えてしまってました。そして、この本を一躍有名にした言葉が「何も取り得が無い人間がただ生きていても、責められない社会」です。実際、自分がどんな生き方をしていても言う程周りは気にしていません。ですけど、周りは何も悪気はなく物を言うんですよね。噂、SNS、その場は現在多岐にわたっております。その軽口一つ一つに何も重みなどありはしないのに。それでも言われた本人は決して忘れる事はありません。自分も皆さんも、言葉に少し気を付ければそれで良いんだと思います。それが、責められない社会の実現に大切なのかなと思いました。全体的に暗いテンションでした。ですが、そんな人生も良いんじゃないかと思わせる内容でした。今は、読んで良かったと思っております。

 世間体というものは本当に厄介だと思います。誰かが明確に定義しているものではないのに、何となくこうしなければいけないと思わせてしまうのです。そんなありもしないルールに、どれだけの人が苦しんでいるのでしょうね。
  1. 2018/12/05(水) 20:53:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

フォロワーの方主催の忘年会

 今日は楽団の練習日。気が付けば12月に入り、あっという間に年の瀬が迫ってきております。まだまだやりたい作品を沢山積んでますので、少しペース上げて消化していきます。

 昨日ですけど、私のフォロワーさんが主催した忘年会に参加してきました。この会は定期的に主催の方が開催しておりまして、何年も継続しているイベントになっております。私も今回参加させて頂いたのですが、初めてでした。それでも参加したいと思った理由は、主催の方とはTwitter上では知っているのに実際に合った事が無かった事、主催の方以外にも普段Twitter上で絡みがあるにも関わらず実際に合った事が無い方がいた事、何人か直接顔を合わせた事がある方参加していた事です。元々緩い雰囲気の忘年会という事ですので、まあ行けば行ったなりに楽しいだろうというスタンスで参加してみました。場所は秋葉原で、15:00集合でした。夜ではなくから集合して、時間を気にせず飲めるスタンスも良いですね。当日は全部で15人の方が集まりました。ビジュアルノベルを制作されている方、イラストを描いている方、3DCGを作られている方、小説を書いている方、同人誌を書いている方、とにかく様々な方が参加しておりました。それでも共通していたのは、とりあえず楽しく話せればそれで良いという雰囲気でした。実際、それぞれの趣味の話は勿論ですが、案外年代が近い事もあり昔好きだったアニメとか漫画とかゲームの話が普通に通じるのが面白かったです。色々な人の色々な話が聴けて、また自分も今年あった事とかビジュアルノベルの話とかも出来て嬉しかったです。1次回は19:00までで、そこから2次回はカラオケに行きました。皆さんの個性が出る選曲ばかりで聞いているだけで楽しかったです。そんな感じで22:30くらいまで秋葉原にいました。去り際は割とあっさりと「良いお年を!」的な感じ別れました。ですけど、会おうと思えばTwitter上でもリアルでも会えますのでこの位のテンションが調度良かったのかも知れません。また次回も主催されるとの事ですので、タイミング合ったら是非参加したいと思いました。楽しかったです。お会いした皆さん、ありがとうございました。

 本当面白かったのが、元々想定していたお知り合いの方だけではなく実は過去のイベントでお会いしていた方もいたという事です。この業界にいると、何だかんだでどこかで繋がってるんだなと思いました。不思議でしたけど嬉しかったです。
  1. 2018/12/02(日) 08:40:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する