徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

Longing for

 今日は何もない休み。今週は土曜に夜勤があったりと変則的な日程でしたので、こんな平日のど真ん中に休みが入ったりしております。折角の休みですのでどこか出かけるのもビジュアルノベル漬けになるものありですね。

 今回はC93の新作音楽CDを紹介します。そろそろM3-2018春が近づいてまいりましたので(公式HPはこちらからどうぞ)、まだ紹介していないものを紹介してしまおうと思います。

Longing for - 7uta.com
 7uta.comさんはボーカリストであるnayuta氏を中心とした音楽制作サークルです。7utaはなゆたと読みますか、これはnayuta氏の名前と7つの歌という意味を掛け合わせているとの事です。私が7utaさんの作品を手にとったのは今回が初めてでして、切っ掛けは今回の新作がボーカリストである茶太氏とのコラボレーションだったからです。茶太氏については昔から存じており、これまでも様々な作品を手に取らせて頂いております。その流れで今回の作品に出会ったのですが、nayuta氏もまた茶太氏とは違った色の透明感のあるボーカルで耳に残りました。今回の新作であるLonging forはそんなnayuta氏と茶太氏がボーカルを務める7つの歌が収録されております。この7曲収録されている様子もまたサークルさんらしさですね。楽曲はnayuta氏単独ボーカル曲が3曲、茶太氏単独ボーカル曲が1曲、そしてnayuta氏と茶太氏のツインボーカル曲が3曲という構成でした。ジャンルはアップテンポのポップスからしっとりくるバラード児童曲の様な可愛い曲まで様々でした。とにかく癒されます。ゆるーい気持ちになる事が出来ます。何か難しい事を考えている時に聞くと、気持ちが楽になって悩みも悩みでなくなるような気持ちにしてくれます。仕事に行く直前とか、逆に仕事で疲れて帰ってきた時に聞くのが良いかも知れません。一番のお気に入り曲は1曲目のお茶ガールという曲ですね。2人の追いかけるような掛け合いが清々しいです。是非過去の7uta.comさんの曲も聞いてみたいと思いました。是非多くの人に聞いて頂きたいです。

 私もそれなりの期間同人音楽に関わってきましたが、未だに知らないサークルさんがありますからね。それでも全てのサークルさんを網羅するなどとても出来ませんので、知っているサークルさんから足を広げていくのが良いですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/18(水) 09:27:51|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知的戦闘力を高める独学の技法

 今日は夜勤明け。いつもよりちょっと忙しい夜勤で仮眠の時間が殆どなかったので、帰ってきてから夕方くらいまで寝たり起きたりしてました。前職場であれだけ夜勤やってたのに、暫く夜勤から離れるだけでこれだけ辛くなるんですね。

 今日もここ最近読んだ本を紹介します。これは本屋の新刊コーナーで見かけた一冊です。普通のビジネス書と思っていたのですが、むしろここから先に繋がる実りがある一冊でした。

知的戦闘力を高める独学の技法 - 山口 周
 2017年にダイヤモンド社で発行された本です。著者である山口周氏は、外資系コンサルタントを行っておりますがそれに対する専門的な教育を受けた訳ではありません。では何故氏が外資系コンサルタントになれたのか、それがこの本のタイトルになっている通りで独学によって知識戦闘力を高めたからです。知識戦闘力とは何でしょうか?この本では、実用的に使える知識として定義しております。例えば、現在世の中には様々なビジネス書が溢れておりそれらを一心不乱に読んでいる人も多いのではないかと思います。ですが、氏曰くただ闇雲に知識を集めるだけでは十分ではないそうです。知識の中には必要な物もあればゴミもある、自分の戦略に対して応えられる知識が大切である、得た知識を抽象化して応用を効かせる、そういった工夫を繰り返すことでで実用的な知識=知識戦闘力に繋がるのだそうです。これにた私も反省するべき点が多くありました。私もまた、闇雲に読書に走りとりあえずインプットしていた時期がありました。ですが、これもある程度繰り返すとだんだん同じ事柄を言っている事に気づくんですよね。こうなってくると、少しずつ必要な知識とゴミの区別が付いてきたのかなと思っております。そして、この本の特徴としてはところどころにいわゆる名著と呼ばれる本のフレーズを引用している点があります。各々のフレーズが何を意味しているのか、それが氏の言葉で分かりやすく解説しているのです。これが知識戦闘力を高めた人の言葉なのかと感心してしまいました。言葉の節々に教養の高さが伺えるんですよね。最後の章では氏がオススメする各分野における知識戦闘力を高める本を紹介しております。まずはこれらの本を手に取り、気になった点はアンダーラインを引きながら読んでみようと思います(この手法もまたこの本の中でするべしと言われていた事です)。同時に、過去に読んだ本も改めて読んでみて、大切なところをピックアップしてみるのも良いと思いました。そして、知識がクロスオーバーしたある日突然の閃きが生まれる喜びに出会えたらと思っております。

 そしてこの本の中で印象的だった言葉に「あらゆる本は過去の名著に由来する」がありました。あらゆる学びの先に本が生まれるのであれば、その原点を探っていくと過去の名著にぶつかるのでしょうね。これからどの本を読むかの参考になります。
  1. 2018/04/15(日) 20:27:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

私は障害者向けのデリヘル嬢

 今日は普通の日勤。ここ最近はまた一気に気温が上がって、私が住んでいるさいたま市も夏日になったみたいです。実際のところ、風向きで気温は劇的に変わりますからね。暫くは安定しない日々が続きそうです。

 ここ最近読んだ本を紹介します。これも人からオススメされた本ですね。タイトルを見て、一瞬で惹かれてしまいましたので直ぐに注文して読んでみました。

私は障害者向けのデリヘル嬢 - 大森 みゆき
 2005年にブックマン社で発行されたノンフィクションです。この本を読んだ切っ掛けですが、ビジュアルノベルを制作しているサークルである活動漫画屋さん(公式HPはこちらからどうぞ)と大晦日にお話しした時にオススメされた事です。活動漫画屋さんの作品に「片輪車と雪女」という作品があります(レビューはこちらからどうぞ)。この作品の中に、まさに「障害者向けのデリヘル嬢」が登場するのです。活動漫画屋さんのオススメという事、そして「障害者向けのデリヘル嬢」とはどのような仕事なのか、純粋に興味を惹かれましたので読んでみました。内容は、大森みゆき氏(源氏名)が6ヶ月間障害者向けのデリヘル嬢として仕事をした経験を赤裸々に語ったものでした。そして、障害者と触れ合う中で自分の気持ちがどう変わっていったかを書いておりました。障害者と言っても勿論様々な方がいます。歩けない方、目の見えない方、寝たきりの方、言葉を出せない方、割と動ける方、家族に隠したい方、そんなどんなお客さまに対してでも、みゆき氏はプロ意識を持って接している様子が伺えました。実際のところ、みゆき氏が勤めていた会社は教育体制やバックアップ体制が不十分だったようです。加えてみゆき氏はヘルパーの経験がある訳ではありません。ですが、そんな事はお客さまには関係ない。今、目の前で接しているのは自分なんだ。という意識が凄いと思いました。そして、性欲というものは食欲・睡眠欲と同じ人間の基本的な欲求です。それを自由に発散できないもどかしさは単純に辛いと思いますし、だからこそこういったサービスが必要だと強く思いました。最後にみゆき氏は障害者という差別についても語ってました。実際のところ、みゆき氏もお客さまから「どうしてこんな仕事をしてるの?」と訊かれるのだそうです。そして、それがとても悲しいのだそうです。何故なら、その質問が自ら健常者と障害者を明確に区別しているからです。性欲を発散させるのも、恋をするのも、結婚するのも、そのどれも健常者と障害者で違わないのです。合わない人は合わないし合う人は合う、それだけの話です。綺麗事だという人もいたみたいです。それでも、この6ヶ月の経験で見て見ぬ振りは出来ないと感じたそうです。私も、この本を読みましたので見て見ぬ振りは出来ませんね。また知らない現実を知る事が出来ました。

 本当、本は良いですよ。著者が長い年月と思考を経てまとめた内容に気軽に触れる事が出来るのですから。これ程お得な趣味は無いです。ましてや、人に勧められるという事は本そのものとそれを勧めた人についても知る事が出来ますからね。
  1. 2018/04/12(木) 20:25:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

DANCERUSH STARDOM

 今日は夜勤明け。最近花粉の種類が変わったのか、今まで鼻に来てた症状がにシフトしてる気がします。ここ数日はアイボンで定期的に洗眼してます。これでサッパリするって事は、間違いなく目の中に花粉が入ってるんですね。

 そして今日ですけど、平日の夜勤明けという事でいつものDDRとなる運びでした。ですが、今日はDDRだけではなくタイトルにあります通りDANCERUSH STARDOM公式HPはこちらからどうぞ)という新しいアーケードゲームで遊ぶ事がメインでした。DANCERUSH STARDOMとは、KONAMIで発表されたダンスシミュレーションゲームです。初めて私がDANCERUSH STARDOMに触れたのは今年のJAEPO2018に参加したときですね(記事はこちらからどうぞ)。自由度の高いフィールド様々なノーツに合わせて体を動かす仕様に素直に面白そうと思いました。JAEPO2018当日は待ち時間があまりにも長く諦めましたが、3/23という早い段階から順次全国のゲーセンで稼働を開始し始めました。私はDDRを趣味としているのですが、実はダンスゲームが好きだから始めたのではないのです。当時収録されていたDancemaniaシリーズの楽曲が好きだったからです。今となってはDDRそのものの面白さも加わって当たり前のように楽しんでますが、そういう意味でDANCERUSH STARDOMをプレイするかどうかは半分半分でした。ですが、絶対にDANCERUSH STARDOMをプレイしようと決めた切っ掛けがありました。それはBUTTERFLYという曲のkors kリミックスが収録される事が分かったからです。BUTTERFLYという曲は、きっと殆どの人が知っていると思います。曲名は知らなくても、曲を聞けば「ああ、この曲か」と思うと思います(参考動画はこちらからどうぞ)。正直な話、BUTTERFLYが無ければDDRをやってなかったと思います。それだけ思い入れの強い曲であり、再びゲーセンで聞けるのを楽しみにしておりました。そして実際にDANCERUSH STARDOMをプレイしての感想ですが、素直に面白かったです。右足と左足でステップを踏むノーツはDDR共通であり、それにスライドという動作が加わり実にダンスらしいと思いました。始めは戸惑いましたが、何回か練習したら割と様になってた気がします。他にも飛んだりしゃがんだりと上半身の動きも大きく、全身運動ですので譜面の難易度の割には結構体力を使う印象でした。レベルは現時点でLv1~Lv10まであるのですが、初めてプレイした私でもLv9までは難なくクリア出来ました。まだ稼働したてのタイトルですので敷居も低いと思います。まあ、そもそもダンスゲームって基本的に目立つんですけどね。けど、そんな事を気にしてはいけませんね。実際に遊んでみると本当に面白いですので、是非ゲーセンに行く機会がありましたら触れてみて下さい。私もDDRの準備運動として定期的にやっていこうと思います。

 ちなみにDANCERUSH STARDOMをプレイする切っ掛けになったBUTTERFLYのkors kリミックスですが、なんと最後の解禁曲になっていて今日は出来ませんでした。ズルいですよね、この曲を前面に出してきてすぐに出来ないんですもの。こうなったら解禁するまでプレイするしかありませんね。
  1. 2018/04/09(月) 20:00:36|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つくば

 今日は普通の日勤。今週は珍しく夜勤のない1週間でした。月曜日から金曜日まで毎日出勤するって、こんなにも長いんですね。たまに夜勤が欲しくなります。

 先週の土曜日ですが、同人ビジュアルノベル界隈の方々とお花見をしてきました。お花見開催の1週間前に黒柴亭というサークルさん(公式HPはこちらからどうぞ)の代表であるぢょほほん氏からお誘い頂きました。とりあえず決まっているのはつくばで行うという事のみでした。確かに私の知っている範囲でもつくばにはクリエイティブな方が沢山いる印象でしたので、どのようなメンバーでの開催になるか楽しみでした。蓋を開けたら全部で9人での開催となりました。そのうちつくばに居住している方は4人。今回はそんなつくば在住の方々に場所取りや段取りなどを主導して頂きました。本当私は上げ膳据え膳状態で、その心遣いがとても嬉しかったですね。お花見の会場はつくばエクスプレス研究学園駅から徒歩5分の公園でした。今回初めてつくばに降り立ったのですが、第一印象はとにかく綺麗で広いでした。道路は区画整備されており、そしれ車道も歩道もとても広く視界が広く感じました。そして街づくりが新しいので建物も公園もとても綺麗でした。これは住むにはとても良い環境だと思いましたね。なるほど、こういう環境でクリエイティブな事をしてるんだなと思いました。12:00に研究学園駅に到着し、12:10にはお花見会場で合流してました。そこからはもうザックバランと言いますか、割とハチャメチャな事しか話してませんでしたね。ぶっちゃけ人には聞かせられない話題ばかりで、まさに桜とお酒様様だなと思いました。最終的に16:30くらいまでお花見を楽しみ、片付けを終えてからお店に入ってもう少しお話ししてました。最終的につくばを離れたのは18:30、一日つくばを満喫する事が出来ました。作品を通して、こうしてリアルで普通に会えてお話しできる間柄は素直に嬉しいですね。またこういった企画には無用に首を突っ込んでみようと思います。声を掛けてくれたぢょほほん氏やつくば在住で準備をして頂いた方々を始め、参加した皆さんお疲れさまでした。

 思えば今シーズンちゃんと花見をしたのは後にも先にもこの1回だけでした。それが最高のシチュエーションで出来ましたので楽しかったですね。
  1. 2018/04/06(金) 19:41:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひなビタ♪ライブ2018 SWEET SMILE PARADE 待っててね、東京さんっ!

 今日は普通の日勤。4月に入って会社的に新しい1年の始まりですね。新社会人の皆さんはさぞ緊張している事だと思います。当時の自分を思い出します。

 今振り返っても感動が蘇りますね。先週の木金で両親と神奈川観光したという記事を書きましたが、その金曜日の夜にひなビタ♪ライブ2018 SWEET SMILE PARADE 待っててね、東京さんっ!というライブに参加してきました(公式HPはこちらからどうぞ)。とても心が温かくなる、尊いライブだったと思っております。

 ひなビタ♪とは、KONAMIと富士見書房とのコラボレーションで送っているWeb連動型音楽配信企画です(公式HPはこちらからどうぞ)。「商業施設の発展で寂れてしまった生まれ故郷の日向美商店街(ひなたびしょうてんがい)を盛り上げるべく5人の少女たちが町興しのためにバンド活動を始める」というバックストーリーの元、KONAMIの音楽ゲームブランドであるBEMANIを始めWebやラジオで音楽配信を行っております。最近は漫画や小説などのメディアミックスもよく行われており、ゲーセンやアニメイトなどに行けば目にする機会も割とあるのではないでしょうか。私が初めてひなビタ♪にちゃんと触れたのはDDRめうめうぺったんたんという曲が収録されてからでした(参考音源はこちらからどうぞ)。始めは「ノリの良い電波だな」くらいにしか思ってなかったのですが、その後jubeatREFLEC BEATにも収録されている事を知りました。そうしているうちにいつの間にかひなビタ♪の楽曲のみならずキャラクターにも注目するようになり、気が付けばアルバムも殆ど予約して買う程になりました。この日記を見ている方は気づいているかも知れませんが、私はひなビタ♪超好きです。アルバムもBITTER SWEET GIRLS!Chocolate Smile Girls!!シンクロノーツHome Sweet HomeバイナリスターSWEET SMILE HEROESと殆ど買ってますからね。ひなビタ♪の魅力は、登場人物のパーソナリティがしっかりしている事とそのパーソナリティに合った楽曲だと思っております。それがカッチリしているからこそキャラクターコンテンツとして確立しており、その上で定期的に楽曲を配信しておりますので後はファンが増えていくだけですね。BEMANIシリーズを嗜んでいる方はもちろん、楽曲やキャラクターそのものから入った方も数多くいるのではないでしょうか。

 そして、そんなひなビタ♪も活動して5年以上経過しております。そしてついに単独のライブイベントを開催する運びとなりました。それがタイトルにもなっている「ひなビタ♪ライブ2018 SWEET SMILE PARADE 待っててね、東京さんっ!」です。普段は倉野川で活動している日向美ビタースイーツがいよいよ東京でライブするというバックシナリオがあります。このライブの凄いところ、それは本当に日向美ビタースイーツのキャラクターがライブをしているところです。このライブを実現したもの、それはLive2Dというアニメーション技術、実際の生演奏を担当した演奏者たち、そしてひなビタ♪を愛している多くの方々の気持ちです。何も知らない人が見たら、ステージに移されている映像に声援を送っているだけの図に見えると思います。でも、そうじゃないんですね。本当に、目の前に日向美ビタースイーツがいるんです。だからみんな声を掛けるんです。「頑張れー!」「泣くなー!」「可愛いー!」って。私は思いました。これがライブの魅力なんだと。生身の人間が演奏するだけではないんだなと。大切なのはキャラクターを愛し大切に思う心なんだなと。よくよく考えてみて下さい。映像に対して本気で声援を送る行為って、凄く高尚な事だと思いませんか?私はとても尊いと思いました。不覚にも泣いてしまいました。確かに映像かも知れません、作り物かも知れません、それでもこれだけ多くの人を巻き込み魅了したのは事実です。好きなものは全力で好きになる、それを体現したようなライブでした。私もずっとひなビタ♪が好きで良かったと思いました。ひなビタ♪、これからも応援していきます。今回ライブに参加された全ての倉野川市民の皆様、お疲れさまでした。

 日向美ビタースイーツのメンバーである和泉一舞のデビュー曲であるイブの時代ッ!の中に「いつか東京でカリスマとよばれるわっ」っていう歌詞があるんですよね。やっとこの夢が叶ったんだなって、本当自分の事のように嬉しく思いました。とってもとっても、ありがとうございました。
  1. 2018/04/03(火) 20:48:51|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する