FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

妖華語り、SnoW/PrunuS

 今日は普通の日勤。いよいよ11月も終わりに差し掛かり今年もあと1ヶ月ですね。つまりC93までもあと1ヶ月という事です。サークル参加される方は是非頑張ってください。私も楽しみにしております。

 今回もM3-2017秋で入手した音楽CDを紹介していきます。女性ボーカルを中心に、お気に入りのアーティストからやや駆け足でまとめていこうと思います。

妖華語り - 葉月ゆら
 葉月ゆら氏の記事もなかなかの数になってきました。それだけ葉月ゆらのCDを手にしているという事ですね。ダークメルヘンの女王と呼ばれ、甘ったるい声で彼女だけしか作れない世界観をいつも届けてくれます。ですが今回の新作はダークメルヘンではなく何と和モノでした。正直びっくりしました。この人が和モノを歌うのかと驚きました。それだけメルヘンのイメージが強く、ハマっていたからです。ですが、いざ聞いてみていつもの葉月ゆらっぽさは変わらずでした。きっとこの人はファンタジーなら何でもハマるんだなと思いました。和モノでありメルヘンではありませんが、おとぎ話である事は共通でした。妖しというものを扱っており、十分葉月ゆら氏のテリトリーなんだなと思いました。それでもゴシックな曲調のものもあり、全てが和モノという事でもありませんでした。いずれにしても葉月ゆら氏のいつもの雰囲気が味わえて良かったです。M3ごとに新作を出しておりますし、相変わらずのハイペースに驚かされます。

SnoW/PrunuS - ALVINE
 ALVINEさんは琉姫アルナ氏が代表を勤める総合音楽制作団体です。シンセサイザーを得意としており、複数のボーカリストが在籍していて非常に更新の頻度が高いサークルさんだと思っております。同人商業問わず活動しており、アニメでも名前を見ますので意外と知っている人は多いのではないかと思っております。今回はボーカリストの1人である冬乃桜氏をフィーチャーしたアルバムとなっております。ALVINEさんらしいデジタルなサウンドそのままに、ハッキリしながらも可愛らしさを感じる歌声がお気に入りです。そして、個人的に華麗度スコープという曲がかなりハマりました。と言うよりも、音楽ゲームが好きな方でこの曲を嫌いになる人はいないと思っております。トランス風味のシンセサイザーの音にピッタリハマるドラム、そして遊びの効いた効果音、全ての要素が音ゲーに相応しいです。この曲に出会えただけでもこのアルバムを買った価値があったと思っております。

 どちらのサークルさんもとにかくハイペースで作品を世に送り出しております。継続するだけでも凄いのにペースが落ちないのです。このモチベーションは自分も見習いたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/29(水) 20:51:39|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島第一原発メルトダウンまでの50年 事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題

 今日は休み。いよいよ11月も終わりが近づいております。つまり今年もあと1ヶ月ちょいで終わりなんですね。もしやり残していることがある人は、後悔する前に終わらせた方がいいですね。

 前にフェイクニュースの見分け方という本を読んだのですが、その著者が書かれた本も読んでみたいと思いこちらを読んでみました。

福島第一原発メルトダウンまでの50年 事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題 - 烏賀陽弘道
 2016年に明石書店で出された一冊です。内容はタイトルの通り、福島第一原子力発電所事故について著者が独自に取材し調査し書き上げたものです。福島第一原子力発電所事故については恐らく数え切れないくらいの著書が出ていると思います。それでも私がこの本を選んだ理由は、上で書いたフェイクニュースの見分け方という本の中で著者のジャーナリズムが信頼できるものだと確信したからです。本というものは事実だけではなく著者の思惑や想いが必ず込められております。それでも事実にはしっかりと根拠を付ける、人から聞いた話はその実名を公表する、ネットで調べたのであればそのURLを公表する、そういった最低限の事をこなしている本は意外と少ないようです。本書もまたそういった事実関係の裏付けを取るのに大変苦労された経緯が書かれておりました。実際に事故が起きてから発行されるまで5年も掛かっております。本を出すという事はそういうものなんだろうと思いますね。そしてタイトルに50年と書かれておりますが、これは取材を続けていって福島第一原子力発電所事故が発生した原因が50年前から積み重なっているという事を意味しております。東日本大震災が起きた時に政府はどのような対応をしていたのが、その対応の悪い点は何か、何故そういう対応になったのか、そのように一歩一歩深堀していくと50年前から続いている慣例にたどり着きました。読んでいって、まるでサスペンスを読んでいるかのような気持ちになりました。これが本当に事実なのかと疑いたくもなりました。ですがここに書かれている事は全て真実です。それは著者が5年もの歳月をかけて調べ上げた結果です。この本でも、本当の原因はまだ調査しきっておりません。何故なら著者が東京電力や当時の政府関係者に送った質問に対して明確な回答を貰ってないからです。ここから先は本当に映画の世界の様です。それでも、物事の真実を見つけるという事はこういう事なんだなということを感じました。同時に日本では原子力発電は不可能なんだなという事も感じました。是非多くの人に読んで頂きたいです。そして、日本の民主主義というものについて、ジャーナリズムについて、原子力発電について考えてみて欲しいです。オススメです。

 真実へと至る道、それは本当に茨の道です。ですがそれでも暗中模索してたどり着いた結論は何者にも変えがたい成果です。それを地で進む精神こそジャーナリズムだと思いました。
  1. 2017/11/26(日) 09:15:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

COMITIA122

 今日は休み。10月から今の職場に異動して、夜勤を交えつつも比較的カレンダー通りの生活が出来ている気がします。今日は勤労感謝の日のですので無事休みになってます。

 そしてタイトルにあります通りCOMITIA122に行ってきました。COMITIA公式HPはこちらからどうそ)とは同人誌即売会の1つでして、創作オンリーとなっております。年4回開催されており、回数としては100回を超えもう30年以上にもなる非常に息の長い即売会です。COMITIAは創作オンリーですので二次創作は一切ありません。全てが製作者さんのオリジナルであり、自分が伝えたいものをストレートに感じる事が出来る作品ばかりです。来場者数もコミケと比べて少ないですので、会場は穏やかで大変歩きやすく非常にお気に入りの即売会となっております。今回もお知り合いのサークルさんがおりましたのでご挨拶を兼ねて参加したいと思ってました。合わせて前日からノベルゲームプレイヤーの方と連絡を取り、色々とお話しようと約束しておりました。今日は午前を中心に雨の予報でしたので、12:30くらいにビッグサイトに到着しました。COMITIAは元々私のメインである同人ゲームや同人音楽のサークルさんが少ないので、見る時間としては1時間も無かったと思います。それでも気になった作品を手に取ることが出来ましたし、お知り合いの方とも結構長い時間お話させて頂いてすごく元気を貰いました。その後知り合いのノベルゲームプレイヤーの方と合流し、一緒にCOMITIAを回りその後お昼を食べてました。ノベルゲームプレイヤー界隈の方とは何だかんだで定期的に会う機会に恵まれているのですが、毎回お祭り気分でしたのでじっくりと腰を据えて話す機会としては貴重でした。14:00前くらいにお店に入って16:00くらいまで2時間くらいでしたが、この2時間ずっとノベルゲーム界隈中心にサシでお話できてとても有意義でした。オススメの作品、冬に向けて、ノベルゲームプレイヤーの発掘、商業ゲームの推移など何でも話していた気がします。始めから終わりまでずっと大好きな事で話ができて、本当に楽しい1日でした。即売会は作品を手に入れる場であると同時に人とお話する場である。それを実践できて嬉しかったです。

 そしていよいよC93までもう1ヶ月ちょっとしかないんですよね。1ヶ月なんて、本当にあっという間に過ぎてしまいます。今は楽団も少し落ち着きましたので、ここから気合入れて作品をプレイしていかないとですね。頑張ります。
  1. 2017/11/23(木) 18:15:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンサンブルコンテスト

 今日は普通の日勤。一気に寒くなって、もう冬の格好でないと外を出歩けないですね。東北でも雪が降ってるみたいですし、年の瀬が近づいていると感じます。

 昨日ですが、タイトルにあります通りアンサンブルコンテスト(以下アンコン)に出場してきました。アンコンとは3~8人の小編成での演奏によるコンテストです。指揮者がおらずお互いの呼吸のみで合わせますので、通常の大人数での合奏と比べてよりお互いの音楽を聴き合う事が大切になります。それはたった1人欠けるだけで曲が崩壊する程です。そして、そんな編成が故にお互いの音楽性や性格が如実に表れてきます。良いも悪いも全部ぶつかるんですね。この緊張感とドロドロ感、それもまたアンコンの魅力だと思っております。社会人になってアンコンに出場するのは今年で2回目でした。昨年初めて出場したときもそれなりに練習しましたが、中々人が揃わずどこか不完全燃焼でした。そしてそれは結果としてハッキリと現れてしまいました。だからこそ今年は昨年よりも人数を減らし、加えて早めに結成して練習を積んできました。

 練習は週1回くらいの頻度で行ってきました。楽曲は昨年よりもグレードの高い曲を選びました。始めは譜読みすらまともにできず、曲が通る事すらありませんでした。それでも個人練習を積み、少しずつ曲らしいものが出来上がってきました。ですが、ここで終われば昨年と同じです。せめて昨年よりは良い結果を残したい、それは全員の願いでした。そして曲が通り始めてからが本当のアンコンへ向けての練習でした。練習日程が中々合わなくて不満が出る事もありました。同じ場所が何度も成功せず苛立つこともありました。何よりも成果が目に見えない状況に少しずつ暗澹たる空気が包んで行きました。3月後半から練習を始め、5月くらいまではそれなりに盛り上がっていたのに、8月くらいはかなり沈んだ感じでしたからね。今思えば、あの時は誰も楽しんで吹いてなかったんじゃないかって思います。ですが、それを支えてくれたのはアンコンメンバー以外の同じ楽団のメンバーでした。練習後にアンサンブルを聞いてくれたり、アドバイスをくれたり、応援してくれたりしました。アンコンはアンコンメンバーだけで行っているのではない。そう思ったとき、もっとメンバーと曲に寄り添わなければと思いました。

 特に本番2週間前は平日も含めてガッツリ練習しました。それはそれまでの練習以上に意見をぶつけ合い、日に日に曲に色がついていくのが分かりました。やっと、アンサンブルが楽しいと思えてきました。それでもアンコンはコンテストですので成績が付きます。自分たちが楽しければいいのであればアンコンに出る必要はありません。出る以上は良い成績を取りたい、その為の練習は継続しました。細かい音がズレる、リズムが安定しない、ハーモニーが濁る、結局のところ最後の最後まで完璧な演奏は出来なかったと思っております。それでも、何度も何度も合わせてきた中で個々に成功したタイミングは確かにありました。そうであるのなら、その個々に成功したタイミングを全て繋げ合わせればいい。そんな前向きな気持ちで本番に臨みました。

 本番当日は昼くらいに集まって最後の調整を行いました。アンコンの会場についたのは本番の1時間前で、少し他団体の演奏を聞いてホールの感覚を感じてました。ちなみにアンコンは1日で80前後の団体が演奏します。本番の時間は勿論、チューニングの時間や舞台袖待機の時間も厳格に決まっております。その為、一度チューニングが始まったらもうそこから本番までは流れるように進んでしまい、正直緊張する間もなくステージに上ってました。それでも、演奏中はこれまでの練習の様子やメンバーとの葛藤が走馬灯の様に思い出されましたね。そしてそれは楽譜にビッシリ書かれたメモにも如実に表れておりました。ここは息を伸ばして、ここは音量をキープして、ここはハッキリ鳴らして、そんな指示など今更見なくても覚えているのですが、このメモの積み重ねがあってそれを全て発揮しての5分間でした。気が付けば演奏は終わってました。今までで一番の演奏だったと思っております。中々仕事や趣味との両立で悩む事もありましたが、最後まで妥協しないでやりきって良かったと思いました。メンバーの皆さんに改めて感謝すると共に、応援してくれた楽団のメンバーやそれ以外のTwitterの皆さんにも感謝申し上げます。ありがとうございました。
[アンサンブルコンテスト]の続きを読む
  1. 2017/11/20(月) 22:48:33|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Another Flower Special Live 2017「Cross bouquet」LIVE CD

 今日は平日ですけど休みにしました。明日明後日と楽団で大事な演奏会がありますので、その準備の為です。これが終われば一区切り付きますので、まずは頑張ってきます。

 今回もM3-2017秋で入手した音楽CDを紹介していきます。前回ABSOLUTE CASTAWAYさんのCDを紹介しましたが、今回もABSOLUTE CASTAWAYさんです。というよりも、753×ABSOLUTE CASTAWAYさんです。

Another Flower Special Live 2017「Cross bouquet」LIVE CD - 753×ABSOLUTE CASTAWAY
 ABSOLUTE CASTAWAYさんについては前回の記事をご覧になって頂ければ良いと思います。753さんはボーカリストである霜月はるか氏と作詞家である日山尚氏の2人組のユニットです。霜月はるか氏と言えば、私の中では完全にファンタジーのイメージですね。高温で透き通った声でありながら発音がよく、ちゃんと歌詞を聞き取る事が出来ます。日山尚氏の歌詞と作り上げる独特の世界感、それが753さんの魅力だと思っております。ここ最近のM3でですが、このABSOLUTE CASTAWAYさんと753さんのコラボであるAnother Flowerという企画が行われております。お互いに既に有名であり実力があるアーティストでありながら、和物を得しとしたABSOLUTE CASTAWAYさんとファンタジーを得意とした753さんのコラボはある意味とても驚きました。勿論アルバムの完成度は高く、普通に商業のアルバム並みの値段でしたが気にする事なく買ってましたね。今回の新作は、そんなAnother FlowerによるライブイベントであるCross bouquetの音源CDでした。元々同名のアルバムCross bouquetも出ておりまして、それに収録されている楽曲を中心に構成されておりました。音源だけでしたが過去のアルバムを聞けば十分ですが、やはりライブ音源という事で楽しげな雰囲気が伝わりましたね。MCも全て収録しておりましたし、正直聴きに行けば良かったと割とマジで後悔しております。どの曲も好きですのでお気に入りの一曲は選べませんでした。是非全部流して聞いてみてください。そして今度こそライブに行ってみようと思いました。最後には新曲である祭果ての花という曲も収録されております。それもそれぞれのソロバージョンとツインボーカルバーションの計3曲です。この曲が生で聴ける時が来れば良いですね。オススメの1枚です。

 こうしたコラボ企画が比較的簡単にできるのも同人の良いところだと思います。ジャンルは違いますが、同人ビジュアルノベルでもよくコラボ企画は見かけますからね。同じ稼業を生業としていてその人たちがコラボする、これ程楽しい事もありませんね。
  1. 2017/11/17(金) 08:12:59|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジゲー博2017

 今日は夜勤。最近一気に寒くなってそろそろコートを着ようかと思っております。私の周りでも結構風邪をひいている方が増えておりますので、本当体調管理は大切ですね。

 先日ですが、タイトルにありますデジゲー博公式HPはこちらからどうぞ)というイベントに行ってきました。デジゲー博とは、その名の通り同人ゲーム、インディーゲームオンリーの展示・頒布のイベントとなっております。私が同人ビジュアルノベルを好むという事でまさに私のためにあるようなイベントですね。今回で5回目の開催という事ですが、中々日程が合わず参加する事が出来ませんでした。今回ようやく参加できるという事でじっくりと回ろうと思っておりました。会場は秋葉原UDX2階 アキバ・スクエア&4階 UDXギャラリーです。秋葉原のど真ん中での開催で華やかですね。会場には全部で100以上のサークルさんがおり、それぞれの自慢のゲームを紹介しておりました。ジャンルはアクション・シューティング・パズル・格闘など様々で、これだけのクオリティのものを同人で作れるという事に今更ながら驚きました。何よりも殆どのサークルさんが試遊を用意していたんですね。やはりゲームは遊んでみなければ面白さが分かりません。そして、スマホVRなどを扱ったサークルさんの数もかなり多かったのが驚きでした。流石ゲームサークルさんです。新しいプラットフォームや素材を使ってみる事が得意なのかも知れません。いつまでいても飽きない雰囲気でした。ビジュアルノベルのサークルさんは10サークル前後でした。全体と比べてばややマイナーなジャンルになるのでしょうか。それでも知っているサークルさんも参加していて懐かしさに少し雑談してました。今まで知らなかった作品も手に入れる事が出来ましたので早速プレイしていかなければと思いました。という訳で11:00に会場について12:00まで約1時間楽しませて頂きました。この位の規模のイベントであれば全部回れますので調度良いかも知れません。ゲームが好きな方であれば誰でも参加して欲しいですね。楽しかったです。

 オンリーイベントの良いところは、本当にそのジャンルが好きな方ばかり集まりますので密度が濃いところですね。今回のデジゲー博に来た事で、自分が好きなジャンルのオンリーイベントの優先順位が高まった気がします。
  1. 2017/11/14(火) 06:47:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェイクニュースの見分け方

 今日は普通の休み。午前中はデジゲー博公式HPはこちらからどうぞ)というイベントに行ってきます。初めていきますのでどんな雰囲気なのか楽しみです。午後は楽団の練習ですので長居は出来ないですけどね。

 最近また興味をそそられた本がありましたので読んでみました。今自分が欲しいと思っているもの、そこにまさにドンピシャにはまった一冊となっておりました。

フェイクニュースの見分け方 - 烏賀陽弘道
 2017年に新潮新書で出された一冊です。著者である烏賀陽弘道氏は30年以上のキャリアを持つジャーナリストです。そしてこの本では著者のジャーナリスト人生の中で培った情報をどのように入手するか・入手した情報をどのように精査するか・精査した情報をどのように検証するかといった技術を非常に丁寧に説明しております。フェイクニュース…SNSが発達した現代では本当に多くなっていると思います。Twitter上に公開される一枚の写真、それが何千何万もの人によってリツイートされ拡散されます。更にその写真をネット記者やマスコミが取り合えげ、インターネットやテレビを通して全国へと伝わっていくのです。ですが、そうした情報の殆どがフェイクであり信用出来ないと言っております。これは写真が嘘であるという意味も勿論ありますが、広めている人達がちゃんと検証しないからという事の方が大きいとの事です。この本では、まずは世の中に溢れている文章について注意して読むべき点を教えてくれます。それはその文章が事実に基づいているのか、それとも記者の主観なのか、事実であればソースは書いてあるのか、それとも書いてないのか、などといった点です。大切なのは、文章を読んだ誰もが自分の力で文章の真偽を確かめられるという事です。言ってしまえば、「~のように思う」という言い回しの文章は全て疑っていいし、ソースの無い文章は読まなくてもいいという事です。代わりに、世の中の文章の真偽を確かめるにはとても長い時間が掛かります。ソースを追う為にはその人に連絡を取らなければいけませんし、時には自分の足で現地へ向かい取材したり人に会ってインタビューしなければいけないかも知れません。ですが、本来ニュースとはそういう物だそうです。決して、ネットやSNSの記事を鵜呑みにしてそれをまとめて最もらしいまとめをすればはい終わり!では無いのです。他にも、速報についてはその他の情報が出るまで待ってみる、感情的な文章は疑ってみる、当事者の文章や本は大切にする、など著者が経験的に信じられる様々な視点が紹介されておりました。ここで「この著者は信頼出来るの?」と思った方がいたら、是非著者に連絡を取ってみて下さい。この手順がフェイクニュースかそうでないかを検証するという事です。ニュースを精査するという事はとても時間と手間が掛かるという事です。そしてその分非常に精度の良い情報が得られるという事です。SNSの投稿やネットの流行りに流される事なく、自分の力で正しい情報を掴み取る事がこれからの時代でより求められる気がします。

 私も日記やレビューを書くときは、基本公式HPの情報しか参考にしません。人が書いた文章は絶対に当てにしません(勿論ソースが書かれている場合は別です)。そして自分の日記やレビューでは必ずソースへのリンクを貼っております。疑わしければ、そのリンク先を検証してみて下さい。そして私の記事の真偽を確かめてみて下さい。
  1. 2017/11/12(日) 08:36:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

刀心幻戯 憶

 今日は普通の日勤。11月に入って昼でも冷たい風が吹くようになってきました。私の周りでも体調崩している方が増えてますので皆さんも是非ご自愛下さい。

 そろそろM3-2017秋で入手した音楽CDを紹介していきます。1つ目に紹介するCDは買う前からこれと決めておりました。ABSOLUTE CASTAWAYさんの刀心幻戯 憶です。

刀心幻戯 憶 - ABSOLUTE CASTAWAY
 ABSOLUTE CASTAWAYさんは中恵光城氏という女性ボーカリストの個人サークルです。同人商業問わず様々な場面で活動しております。中恵光城氏を知った切っ掛けですが、これはここ最近の過去記事をご覧になれば書いておりますのでお暇があれば読んでみて下さい。今回紹介している刀心幻戯 憶は、ABSOLUTE CASTAWAYさんが最近展開している和風ファンタジーシリーズです。過去に刀心幻戯 序刀心幻戯という2枚のCDを出しているのですが、今作はそれを包括する内容であり過去作が気に入っているからにとって必需品と呼べるものでした。この刀心幻戯シリーズにはバックシナリオがあります。

 常人の目には見えない"穢れ"を 斬り祓う役目を担う少女"千代"と、幼き頃に千代が助けた狐"ヒコ"。
 一人と一匹は日々街の穢れを斬り祓い、人知れず街の安寧の為に暗躍していた。


こういったバックシナリオがある音楽CDを制作されるサークルさんは少なからずあるのですが、この刀心幻戯シリーズはより一層そういった背景をボーカル曲に込めている気がしました。言ってしまえば、ボーカル曲を聴いただけで本当に彼女らの姿が頭の中に浮かぶのです。曲そのものも好みですがそれ以上にバックシナリオが気に入ってしまいすっかりファンになってしまいました。そして今回の新作である刀心幻戯 憶は、何とボイスドラマ付きです!設定だけの存在だった千代やヒコに声がついたのです!これだけでテンション上がってしまいましたね。加えて千代は中恵光城氏本人でした。ヒコもショタボイスがハマる桑原由気氏でイメージ通りでした。他には刀心幻戯 序・刀心幻戯に収録されている全楽曲のピアノアレンジが収録されておりました。全ての曲にテーマと設定があるわけですが、ボイスドラマとピアノアレンジのトラックリストも全て計算されております。ちゃんと千代をテーマにした楽曲、ヒコをテーマにした楽曲などを区別しているのです。そして最後には次回作に繋がる新曲桜花演武が収録されておりました。刀心幻戯 憶はその全てのトラックでバックシナリオを再現しており、刀心幻戯 序・刀心幻戯を包括するものでした。刀心幻戯 序・刀心幻戯を買っている方は絶対に、そうでない方はまずは刀心幻戯 序・刀心幻戯を買っていただきそこから刀心幻戯 憶を買って欲しいですね。超オススメです。

 真面目な話、ビジュアルノベル化して欲しいとすら思ってますからね。そしたらいの一番にプレイします。プレイ中ずっとアドレナリンが出っぱなしになる気がしますね。それだけ素敵な世界感の作品でした。
  1. 2017/11/09(木) 07:19:54|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

reAdvent、Crimson Raincoat

 今日は楽団の練習日。世の中的には3連休でしたが私は全然連休らしくない3日間を送っております。1日目は普通に仕事、2日目は引きこもってビジュアルノベルと物書き、3日目は楽団の練習と点で動いてます。まあ、連休らしくないというだけで充実はしているので良いんですけどね。

 先日M3-2017秋に行ってきたという事で早速入手したCDを紹介していこうと思っているのですが、C92で入手したCDでどうしてもあと2つ紹介したいものがありますので書こうと思います。どちらもインストゥルメンタルです。

reAdvent - sakuzyo
sakuzyo氏は同人音楽制作レーベルDiverse System公式HPはこちらからどうぞ)に所属しているコンポーザです。BMSを中心としてテクノやハードコアなど多彩なジャンルの楽曲を提供しております。最近は色々な音楽ゲームでよく楽曲を見るようになり、DDRにも1曲収録されて嬉しく思っております。sakuzyo氏も様々なジャンルの楽曲を作られますが、最近はピアノやストリングスを中心としたクラシカルにEDMをミックスさせたような雰囲気の楽曲をよく見かける気がします。今回の新作であるreAdventも同様でして、全10曲のうち殆どにその傾向が見られました。どの曲も好きなのですが、とりわけお気に入りなのが2曲目のMonolith of Monologueという曲と9曲目のTrinityという曲ですね。どちらもBPM高めでスピード感がありながら、Monolith of Monologueはストリングス、Trinityはブラスを中心とした楽曲を使用しております。まさにsakuzyo氏お得意という感じでした。

Crimson Raincoat - RaqesQue
RaqesQue(読み方はラクエスク)さんはるーく氏とナツメサク氏という2人による創作サークルです。私は今回初めてRaqesQueさんの作品を手にとったのですが、切っ掛けはハードコア関係の楽曲を多く取り扱っているレーベルHARDCORE TANO*C公式HPはこちらからどうぞ)のストアにあった事でした。始めは本当にハードコアなのか分からない程穏やかな雰囲気でしたが、全体を聞いていくうちに繰り返されるビートが確かにハードコアだなと思わせました。私がハードコアだと最初思えなかった理由、それは雨を連想させる透明感のある短調な曲が多かったからです。タイトルにあります通り、この作品のテーマはです。全部で10曲収録されておりますが、素直に明るい曲はなく不安や哀愁を感じさせる曲を中心に構成されております。個人的に好きな曲は9曲目の夕立と嘘と10曲目のRainy Days Never Stayですね。アルバムの最後2曲という事もあり、穏やかながらも未来への希望のようなものを感じ良い締めくくりに思えました。

 上でも少し触れてますが、私は即売会では毎回ハードコア関連の楽曲は一定数購入しております。元々DDRをやっていた事もありそういった電子音楽に馴染みがあり、今でも勢いが続いていて嬉しいですね。そしてそこから今回紹介した2サークルの様に個性が滲み出るインストに派生して楽しいです。
  1. 2017/11/05(日) 10:24:22|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢は叶う 哀しみを携えている人への贈り物

 今日は普通の日勤。新しい職場に異動して1ヶ月となりました。仕事にはまだまだ慣れませんが職場の雰囲気には慣れた気がします。ここからは自分のペースで仕事ができそうです。

 少し前ですが知り合いからオススメされた本を読んでみました。今までの私ならあまり読まないジャンルの本であり、だからこそ何度も何度も繰り返して読んでみました。

夢は叶う 哀しみを携えている人への贈り物 - 上原 文雄
 2010年にブイツーソリューションで出された一冊です。この本は著者である上原文雄氏がこれまで生きてきた人生を、100篇の詩で表現した内容となっております。正直な話、私はこれまで詩というものを殆ど読んできませんでした。抽象的な表現ばかりで取っつきにくいというイメージを持っておりました。それこそ始めは「折角知り合いが良いとおススメしてくれてるのだからまあとりあえず読んでみるか~」くらいの感覚でした。ですが、最後まで読んでみてこの感覚は180度変わりました。この本の特徴として、詩の後に必ず著者による解説が付いている点が挙げられます。自分がどんな心境で書いたのか、いつ書いたのが、悲しいのか楽しいのか、そういった人生の様々なシーンで感じた事を詩で表現しているのです。そして、その詩の一つ一つが様々な文体で書かれており、純粋に読んでいて面白いのです。ホント解説があったのが良かったですね。詩を読んで、解説を読んで、また詩を読み返すと違った味わいがあります。そして、著者の人生の様々なシーンを隠すことなく素直に表現しているのです。自分が行った失敗、旅先での不安、家族への感謝の気持ち、誰もが通るであろう人生の様々なシーンでの気持ちをありのままに表現しております。そしてそれは同時に読者に対するエールになっているのです。悩んでいるのは自分だけではなく著者も同様に悩んでいたんだな、と思うだけで随分と気持ちが楽になります。生きていて何か嫌な気持ちになったり辛い状況になったりしたら、是非この本を開いてみて下さい。必ずや今の自分を励ましてくれる詩が見つかるはずです。何度読み返しても良いと思います。自分が悩んだり迷ったりした時の数だけ読み返せば良いと思います。そんな風に、詩というものは読者に染み渡っているのだなと思いました。

 詩って、その意味を考えそして理解した時にホント色鮮やかになるんですね。今回は必ず解説が付いておりましたので良かったですが、是非次は解説の無い詩にも挑戦してみたいと思いました。その時は、もっともっとじっくりと読み進めて行きたいですね。
  1. 2017/11/03(金) 22:18:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する