徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

科学コミュニケーション-理科の<考え方>をひらく

 今日は何もない休み。平日の休みですのでDDRやってました。ちょっと極端な譜面傾向の曲をやってましたので既に筋肉痛の症状が出てますね。明日は夜勤ですけどちょっと大変そうです。

 最近読んだ本で面白かった一冊を紹介しようと思います。私のように学生時代に理系で生きてきた人間には是非読んでもらいたい一冊です。

科学コミュニケーション-理科の<考え方>をひらく - 岸田一隆
2011年に平凡社新書で発売された新書です。この本を読んだ理由は、自分の専門分野の話を専門外の人にどうやって伝える事が出来るかのヒントがあるかと思った事です。私は大学大学院と物理学を専攻しておりました。恐らく一般の人は物理学という言葉なんて聞くだけで毛嫌いするかと思います。それだけ取っ付きにくい学問ですし、何よりも数学の知識が高度ですので単純に理解が難しいのです。実際私が大学大学院で何をやってきたかなんて、家族にすらちゃんと説明出来てませんからね。ですが、私たちが生きているこの世界は物理法則で成り立っておりますしスマホやパソコンといった機器も全て物理学が元になって作られております。決して物理学とは無縁ではないんですね。この本はそんな理系の人間と文系の人間をどのように結びつけるか、もっと言えば相手が興味を持っていない事柄に対してどうやって興味を持ってもらうかについて書かれておりました。内容は幾つかの章に分かれているのですが、大別して「人間」について書かれている章と「科学」について書かれている章がありました。人間というものは共感性の強い動物であり、例え合理的では無くても社会のあり方を見てその都度自分が正しいと思った判断を下すものだそうです。それは数式で記述された科学のあり方とは明らかに違うものであり、そうした合理性の違いが科学との距離感に繋がっております。とまあこのようにそもそも何故科学を毛嫌いするかという点について人間学を交えて説明しておりますので凄く説得力があります。更に人間の進化論や欧米と日本の文化的違いにも触れており、科学の話というよりも人間の話が印象に残りました。では肝心のどうやって科学に興味を持っていない人に科学に触れてもらうかについてですが、これについては明確に「こうだ!」という答えはありませんでした。まだまだ科学によるコミュニケーションは現代社会の課題のようです。それでも意識として書いてあるのが、理系の人は文系の人間に対して「科学は面白い」という態度を取らない事、文系の人は科学に対して目を閉じない事でした。相手の立場に立って触れてみようという事ですね。科学にのみならず様々な分野に応用できそうな内容でした。

 私も時々Newtonという科学雑誌を買っておりますが、ビジュアルに特化しキャッチーな題材を扱っておりますので文系の方にもとっつき易い内容だと思っております。私は物理学専門であり他の分野に対しては文系のそれと同じですが、そんな私でも他の分野に楽しく触れることが出来ております。是非こちらも読んでみて欲しいですね。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 23:51:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼロの使い魔

 今日は何もない休み。割と何もしないでグダっと過ごしてしまった気がします。というよりも、タイトルにありますゼロの使い魔シリーズの最終巻である「ゼロの使い魔22 ゼロの神話」を読み終わって余韻に浸っていました。

----------------

ゼロの使い魔 - ヤマグチノボル

 私、ゼロの使い魔シリーズが大好きなんです。本当に好きなんです。初めてゼロの使い魔シリーズに出会ったのはアニメの第1期でした。異世界ファンタジーであり、メインヒロインであるルイズ典型的なツンデレ釘宮理恵のボイスは当時多くのファンを生み出しました。あの頃は本当に釘宮理恵が流行ってましたね。自分も大学生だった事もあり友達と一緒に文字通りアニメに釘付けだった記憶があります。その後間をおかず第2期が放送されたのですが、この頃からシナリオ展開が速くなり始め徐々に原作を読まなければ細部まで分からなくなっておりました。その為ようやく重い腰を上げ、ゼロの使い魔シリーズをライトノベルで読もうと決意したのです。

 ライトノベルを読み始めて気がつきました。ゼロの使い魔はルイズのツンデレなんてたった一つの要素でしかない、ハルケギニアを中心とするファンタジー世界の設定とそこで生きる登場人物たちのリアルで真剣な姿が魅力なんだと。ルイズや才人だけではなくどの人物にも好感が持てるのです。そして世界設定の拘りが大変細かいのです。ああこれが本当のゼロの使い魔なんだ。アニメはやっぱり上澄みだけだったんだと気がつきました。その後アニメも第3期第4期と放送されましたが、ライトノベルを知っていると本当にアッサリし過ぎてる事が分かるんですね。やっぱりライトノベルを読み出して良かったと心から思いました。

 そしていよいよクライマックスが近づいてきました。才人とルイズの物語は世界全体を巻き込み、どう終着するのか楽しみにしておりました。ですが皆さんもご存知かと思いますが、著者であるヤマグチノボル氏2013年4月4日にお亡くなりになりました。後に発売された「ゼロの使い魔21 六千年の真実」のあとがきの中で、ヤマグチノボル氏は闘病中もずっとゼロの使い魔の世界観やシナリオについて構想を広げていたと書いておりました。もちろんゼロの使い魔シリーズのみならず様々なシナリオのプロットを考えておりました。本当に残念でなりませんでした。ゼロの使い魔シリーズは完成しないんだなと思いました。ですがヤマグチノボル氏の残されたプロットを元に、昨年の2016年2月25日に5年振りの新刊が発売したのです。内容もこれまでのゼロの使い魔と何ら変わりないものでした。いつもの才人とルイズ、ハルケギニアの人々の姿があったのです。懐かしい気持ちになり、同時にワクワクする気持ちになりました。これまで読んできたゼロの使い魔の思い出が蘇ってきました。

 そして昨日の2016年2月24日についに最終巻である「ゼロの使い魔22 ゼロの神話」が発売されました。今日はずっとこれを読んでおり、合わせて既刊を振り返ってました。最後の最後までワクワクが詰め込まれておりました。それもついに終わってしまいました。一言で言ってすごく楽しかったです。ファンタジーは世界設定の綿密さが面白さを決める、それをゼロの使い魔から教えて頂きました。これで才人とルイズの物語は幕を閉じました。ヤマグチノボル氏が亡き今、こうして物語を終わらせてくれたMF文庫J編集部の皆さんに感謝申し上げます。物語が終わってしまうのはとても寂しいですけど、それを見届けられて本当に良かったです。素敵な物語をありがとうございました。

----------------

 私もそんなにライトノベルは読まない人間ですが、ゼロの使い魔は本当にファンタジーというもののお手本のような作品だと思っております。現実ではない異世界ですので、どれだけ丁寧に描いても不足する事はないんですね。世界観、国、季節、人物、文化、宗教、食事、魔法、その全てがエッセンスでありゼロの使い魔の魅力でした。
  1. 2017/02/25(土) 18:56:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DECORATORZ、HAPPYNATION #04

 今日は夜勤明け。お昼に緊急対応があった関係で夜まで残業してました。世の中はプレミアムフライデーなんて騒いでるみたいですけど、うちの会社にはあんまり関係なさそうですね。

 今回もC91で入手したCDの紹介をします。今回紹介するCDはpichnopopさんの新作であるDECORATORZHAPPYNATION #04の2枚です。

DECORATORZ - pichnopop
HAPPYNATION #04 - pichnopop
pichnopopさんはコンポーザでありDJでもあるP*Light氏の個人サークルです。P*Light氏の特徴といえばなんと言ってもハッピーハードコアですね。ハッピーハードコアとは主にBPM170以上の超高速で4つ打ちの分かりやすいテンポが特徴のハードコアです。コード進行も素直で、言ってしまえばアゲアゲになれればそれでハッピーハードコアです。ハッピーハードコアだけではなくUKハードコア等も得意であり、様々なボーカリストやアーティストとも共演しており活躍の場を広げております。最近ではBEMANIシリーズアーティストで構成されるレーベルであるbeatnation Recordsから派生したbeatnation RHYZEにも所属しており、これを皮切りに数多くの楽曲がBEMANIシリーズで聞かれるようになりました。C91では2枚のアルバムをだしておりまして、勿論どちらもハッピーハードコアが多数収録されております。DECORATORZはP*Light氏のソロアルバムであり、ハッピーハードコアだけではなくUKハードコア、ゴアテクノ、ユーロビートも収録されており様々な顔を見ることが出来ます。BEMANIなどで活躍しているボーカリストであるmow*2氏ななひら氏も参加しており、とても賑やかなアルバムになっております。2枚目のHAPPYNATION #04は完全にハッピーハードコアのみで構成されており、P*Light氏のみならず様々なアーティストが参加している合同アルバムです。純粋にハッピーハードコアを聞きたければこちらが最適ですね。ちょっとおどけた曲もあったりBPM200を超えた超超高速の曲もあったりと、ハッピーハードコアの中だけでも幅が広いことを感じる事が出来ます。どちらのアルバムも楽しさに溢れております。ハッピーの名前に相応しい作りになっておりますので、ハッピーハードコアって何?と思っている人ほど聞いて欲しいですね。

 私が初めてハッピーハードコアに触れたのはDancemaniaのサブシリーズの1つであるSPEEDでしたね。当時は高校生でして、あまりのテンションの高さにメチャメチャのめり込んだのが印象に残っております。今でも懐かしくてたまに引っ張り出して聞いてますね。
  1. 2017/02/24(金) 22:24:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S2TB Files6:teranoid、The Noise

 今日は休み。一昨日の夜勤から風邪を引いてしまったので昨日今日と大人しく家に引きこもってました。今は若干の咳が残りつつも熱やダルさは無くなったので安心してます。

 今回もC91で入手したCDの紹介をします。今回紹介するCDはS2TB Recordsというレーベルからの新作であるS2TB Files6:teranoidHommarjuというアーティストの新作であるThe Noiseです。

S2TB Files6:teranoid - S2TB Records
始めにS2TB Files6:teranoidです。S2TB Recordsはkors kというアーティストが立ち上げたレーベルです。kors k氏はDJ・ゲームミュージックの作曲家として活躍しており、KONAMIのBEMANIシリーズでは数多くの楽曲を提供しております。トランスハードコアといったジャンルの曲を得意としておりながら様々なジャンルの楽曲を制作しており、言ってしまえば何でも作れる人ですね。そんなkors k氏の別名義がアルバムのタイトルにもなっているteranoidでして、ハードコアでも特に重々しいサウンドに重点を置いた楽曲で使われております。今回のアルバムでは全部で6曲収録されておりますが、一曲目からgigadelic(参考動画はこちらからどうぞ)というteranoid躍進の切っ掛けにもなったゴアテクノのアレンジであり、その後も重低音が響くサウンドで構成されております。クセになるサウンドはを震わせ、kors k氏らしさに溢れております。

The Noise - Hommarju
次にThe Noiseです。Hommarju氏もまたBEMANIシリーズに楽曲を提供しており、上で書いたS2TB Recordsにも所属しているアーティストです。kors k氏と同様にトランスハードコアを得意としておりますが、ハードコアの中でもUKハードコアのテイストが強いかも知れません。特徴はとにかく様々な機械的な音源を詰め込んだ騒がしい作り込みです。アルバムのタイトルがThe Noiseとなっておりますが、まさにこのノイズというものこそHommarju氏らしさだと思っております。一定のパターンの中にノイズを混ぜ込んだり、逆にノイズのみて一定のパターンを作り込んだり、これまで聞くことが出来なかったサウンドを作ってくれます。特にお気に入りなのは最後に収録されているBe Aliveですね。トランス的な透明感のあるサウンドとボーカルの中に少しずつ組み込まれていくノイズ、気が付けばノイズがメロディに置き換わっております。それでも最後まで透明感は消えませんでした。Hommarju氏だからこそ作れる雰囲気だと思いました。

 今回も個人で活躍しつつBEMANIシリーズでも聞けるアーティストを紹介しました。今回はハードコアに特化したアーティストとしてkors k氏とHommarju氏をピックアップしましたが、この重いサウンドこそbeatmaniaの様な叩いて音が出るタイプのゲームと相性が良い気がします。
  1. 2017/02/20(月) 18:43:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Secretale、AngelFalse

 今日は夜勤明け。先週の4連休でひたすら外に遊びに出てた反動で今週は再び夜勤メインになっております。それでも気温はそこまで低くはなくなってきましたので春までの辛抱ですね。

 今回はC91で入手したCDの紹介をします。今回紹介するCDはConfettoというサークルの新作であるSecretalesakuzyoというコンポーザの新作であるAngelFalseです。

Secretale - Confetto
始めにSecretaleです。Confettoさんはボーカリストであるななひら氏の個人サークルでして、とにかく明るく快活な歌声が印象的です。最近はBEMANIシリーズでもよく名前を見るようになり、DDRでも専用の新曲が追加されて嬉しく思っております。これまでのアルバムや聴いた曲の殆どがいわゆる電波と呼ばれるジャンルでして、とにかくアゲアゲなテンションのイメージが強いです。ですが今回の新作は絵本をイメージした作りとなっており、様々なアーティストが作詞作曲を行いななひら氏の色々な表情を見せてくれます。個人的に一番お気に入りの曲はPetalsという曲ですね。重みがありながらどこか哀愁漂うメロディはそれだけで新鮮でしたが、その上で透き通るようにしっとりと歌い上げるななひら氏の歌声に驚きました。勿論いつもの電波なななひら氏の曲も満載です。様々な表情を見る事が出来ますので是非手に取ってみて欲しいです。

AngelFalse - sakuzyo
次にAngelFalseです。sakuzyo氏は同人音楽制作レーベルDiverse System(公式HPはこちらからどうぞ)に所属しているコンポーザであり、BMSを中心としてテクノやハードコアなど多彩なジャンルの楽曲を提供しております。最近はDeemoというスマホ向けの音楽ゲームでよく楽曲を見るようになり、DDRでもついに1曲収録されて嬉しく思っております。今回の新作で1曲目に収録されているアルバムと同名のAngelFalseという曲もまたDeemoに収録されている楽曲であり、様々な音源を組み合わせつつも高温のコーラスピアノによる透明感をベースとした作りは荘厳さすら感じます。このアルバムを代表する一曲だと思いますね。全体として天使の処女性とそれを汚そうとする悪魔的な存在感を匂わせる曲が多い印象でした。綺麗も汚いも様々含まれており、ただうるさいとかただ綺麗なだけの曲はありません。是非このアルバムでsakuzyo氏の世界観を感じて頂ければと思います。

 今回は個人で活躍しつつBEMANIシリーズでも聞けるアーティストを紹介しました。どちらのアルバムにも共通しているのは多彩な色を持っているという事です。これまでのイメージに縛られない新しい姿は可能性の広さを感じさせてくれます。
  1. 2017/02/16(木) 18:23:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA119

 今日も休みでした。木曜日からたまたま4連休取る事が出来まして、今日がその最終日になります。そしてタイトルにあります通りCOMITIA119というイベントに行ってきました。

 COMITIA(公式HPはこちらからどうぞ)について、もうこの日記の中で何度書いたか分かりませんね。自主制作オンリーの即売会です。二次創作は一切ありませんので、非常にレベルの高い即売会であり製作者のオリジナリティに溢れた作品に溢れております。そしてコミケと比較し全体的にマッタリとした雰囲気であり、ゆったりと歩き回る事が出来ます。今回のCOMITIAですが、正直欲しい作品としては片手で数える程しかありませんでした。そういう意味では無理に参加する程のものではありません。ですが私のお知り合いの方が何人も参加されるとの事で、旧交を温める為に参加する事にしました。むしろお知り合いが参加するとなればそれだけで十分に参加する理由になります。即売会は作品を売り買いする場であると同時に表現を通じて人と交流する場です。その醍醐味を味わう事が出来たと思っております。COMITIAは11:00に開場ですが、10:30くらいには到着しお知り合いとお茶しながら12:00前くらいにマッタリと入場しました。始めはその知り合いの方ゆかりのサークルさんのところに向かい、作品や表現について色々と雑談してました。私の知らなかったサークルさんという事もあり、また一つ新しい作品を手に取る事が出来ました。繋がりが続いていく事はすごく嬉しいです。その後は同人ノベルゲームを中心に全体を見て回り、別で来ていた同人ノベルゲームプレイヤーの方々と雑談してました。早速C91で入手した作品の感想や情報を交換し合ったり、今日のCOMITIAの中でのオススメ作品を教えて頂きました。皆さんお変わり無いようで安心しました。それぞれが自分の好きな作品をプレイしその情報を共有できる、これ程素晴らしい事はありませんね。最終的に14:30くらいまで会場にいました。10:30から14:30まで約4時間いましたが、買い物をしていた時間は30分もありませんでした。ですがこれこそが即売会。旧交を温めるという一番の目的が達成出来てすごく嬉しかったです。是非これからも出来るだけ時間を確保し参加していこうと思います。

 ちなみに作品もそれなりに手に入れる事が出来ました。知っているサークルさんともお話できましたしこちらも収穫十分でした。早速プレイしていかないとですね。忙しくなります。
  1. 2017/02/12(日) 17:57:40|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAEPO2017

 今日は休みでして、タイトルにあります通りJAEPO2017というイベントに行ってきました。毎年この時期の恒例のイベントでして、今回も大いに楽しませて頂きました。

 JAEPOとはジャパンアミューズメントエキスポの略で(公式HPはこちらからどうぞ)、アーケードゲームのゲームショウの様なものです。2010年のAOUの時代から毎回参加しておりまして、数えて今回で7回目になります。これも毎回書いておりますが、目的はKONAMIBEMANIステージを観戦することです。ここ最近のBEMANIステージではKONAMI Arcade Championship(以下KAC)というKONAMIのアーケードゲームのトップを決めるイベント(公式HPはこちらからどうぞ)の決勝ラウンドが行われておりまして、生でトップランカーのプレイを見る事が出来ます。そして私は趣味でDDR(公式HPはこちらからどうぞ)をやっておりまして、勿論DDRもKACにエントリーしてますので是非この眼でDDRの世界一が誰になるかを確認するべく見てきました。

 今回のDDR KACはこれまでと趣向が変わっており、日本・アジア・北米3地域に分けた予選を行いそこから上位2人ワイルドカード1人を加えた計7人による大会となりました。上で世界一と書いたのは比喩でもなんでもなく、本当に世界から参加者を募りその中で一番を決めるのです。他の種目を見てもここまでグローバルな規模のものはなく、全体としても注目度の高いものとなっておりました。実際予選ラウンドの中でも前回前々回と優勝した韓国のFEFEMZ氏や北米のCHRS4LFE氏・FUNGAH氏のスコアは日本勢の遥か上を行っており、誰が優勝しても不思議ではない状況でした。これまでのKACの中でも一番レベルの高い大会になる期待があり、とても楽しみにしておりました。

 毎回の事ですが、会場の熱気の高さは凄まじい物でした。何しろ周りにいる人全員がDDRプレイヤーでありファンですからね。MCの森一丁やBEMANIアーティストのTAG・U1や歌手の柊木りおが登場した時はとても大きな歓声があがりました。ですが個人的に一番嬉しかったのは、唯の歓声ではなく言葉の中に相手を気遣う物が多分に含まれていた事です。ファイナリストが登場すれば「頑張れ~!」「負けるな~!」って声が上がり、プレイ中も「繋げ~!」「そのまま行け~!」って応援したり、プレイ後も「ありがと~!」「頑張った!」って励ましたり、ファイナリストと観客の距離がとても近いのです。自分のための歓声ではないんですね。アーティストもファイナリストも観客も全員が同じDDRという物を共有しているんだ、壁なんてないんだ、一人でプレイしてるんじゃないんだという気概を感じました。

 私、毎回このDDR KACで泣いてしまうんですよね。それはファイナリストのプレイが凄まじい事も勿論ですが、観客が一体となった空気感がすごく嬉しいんですよね。共感ってやつです。同じDDRというゲームの前に日本もアジアもアメリカも関係ない、頑張った人には平等に全員に賛辞を送る、その温かさにいつも心を打たれるのです。結果としてCHRS4LFE氏が優勝という事で順位は付きますが、最後ファイナリストが全員で肩を組んで喜びを分かち合う姿はいつ見ても嬉しくなります。今年で何と19年を迎えるDDRですがまだまだ盛り上がってます。というよりもみんなで盛り上げていっております。私もまだまだ足は動きますのでこれからも時間を見つけてプレイしていきたいと強く思いました。今日KACに参加した全ての皆さん、ありがとうございました。

 ちなみにBEMANIステージの最後は恒例のBEMANIライブを行うのですが、まさかのEGOISM 440が流れました(参考動画はこちらからどうぞ)。今回のKACでも選曲され、全ての楽曲でも一二を争う高難易度の曲です。正直万人向けの曲ではありませんが、KACという舞台の締めにこれほど相応しい曲はありませんね。最高の選曲だと思いました。
  1. 2017/02/11(土) 19:45:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2236聖地巡礼3回目

 昨日今日と休みでしたので、タイトルにあります通り3回目の2236聖地巡礼に行ってきました。過去二回はでしたが今回はの妙高高原という事で、思いっきりスキーを楽しんできました。

 初めて2236の聖地巡礼に行ったのは一昨年の6月でした。元々2236が大変印象深い作品であった事に加え、Chloroさんの代表であるもきね氏とお話する中で是非舞台に行ってみたいと思ったのが切っ掛けでした。そして聖地巡礼を行っている中で、宿泊したモン・セルヴァンのマスターに妙高高原の魅力について色々と教えて頂きました。妙高高原は自然豊かな観光地で春夏秋冬で様々な顔を見せてくれます。2236の聖地巡礼をするという事は妙高高原の自然に触れるという事です。であるのならそれぞれの季節で妙高高原の自然を堪能しなければと決意しました。2回目の聖地巡礼は突発の日帰りでしたが、という季節を狙い出来るだけ風景を堪能するように努めました。そして3回目の聖地巡礼、選んだ季節はというわけです。

 そして同じくモン・セルヴァンのマスターから聞いたのですが、妙高は日本のスキー発祥の地なのだそうです。深田久弥の日本百名山の中でも同様の事柄が書かれておりました。であるのなら、冬の妙高高原に行く時は絶対にスキーをするぞと心に決めておりました。そういう意味で今回は1泊2日の日程を組み、その殆どの時間をスキーに費やしました。私自身生まれが山形県という事で、スキーは人並みには出来ます。ですが高校以降は全く触れる事なく社会人になっても年1回行くか行かないかの頻度でした。そういう意味で若干の不安はありましたが、まあ体が覚えているだろうと思いとりあえず致命的な怪我だけに気をつけて遊ぶ事にしました。

 2月の平日ですのでそんなに混んでないかなと思ったのですが、かなり盛況でした。そして客層の大半が大学生外国人でした。大学生は今が長期休みですのでサークル単位で遊びに来るのは分かるのですが、外国人が本当に多くでビックリしましたね。モン・セルヴァンでも私以外に3組の宿泊客がいましたけど、全員外国人でしたからね。なんでも妙高の様に豪雪地帯で且つ程よく水分を含んだ雪質のスキー場は珍しいとの事。わざわざこの時期を狙って多くの外国人がやってくるのだそうです。いや~流石はスキー発祥の地といった感じですね。今まで知らなかった妙高高原の顔が見れました。

 赤倉には沢山のスキー場がありまして、今回は1日目に赤倉観光リゾートスキー場、2日目に赤倉温泉スキー場に行ってきました。まずは肩慣らしのつもりで初級コースから滑るつもりでしたが、いきなりゴンドラに乗ってしまい中級コースを滑るハメになってました。それでも体は覚えていて普通に滑れましたね。まあ1日目の午前中はバランス崩した時にしょっちゅう足がつってましたけど。それでも午後くらいからはそれもなくなり、覚えたてのパラレルターンで全部のコースをなぞる様に滑ってました。個人的に長いコースを長時間滑るのが好きですのでスピードが出るゴンドラで一気に高い標高まで持って行ってくれる赤倉観光リゾートスキー場はお気に入りでした。赤倉温泉スキー場もまったりしていいんですけど、長いコースが無かったのでリフトに乗っている時間の方が長かったかも知れませんね。家族向けといったところでしょうか。スキー場でも個性がありますので色々試してみるのが良いですね。

 ちなみに自分はスキーやウェアを持ってませんので毎回フルでレンタルするのですが、今回モン・セルヴァンさんに宿泊の予約する時に相談したら色々と割引してもらいました。リフト券やスキー用具一式レンタルって割とお金掛かりますけど、それが何パーセントでもオフになるのは嬉しかったですね。やっぱりその土地のスキー場についてはその土地の宿に色々訊くのが一番ですね。コネ無しで行くのとでは全然違ってきます。皆さんも赤倉でスキーする時は是非モン・セルヴァンに宿泊するのが良いです。そもそもスキーに行くなら一泊ですら足りないくらいですからね。本当は最低二泊はしたいところです。そういう意味でも、是非その土地の宿に泊まるのが良いと思います。

 という訳で本当にスキー三昧の聖地巡礼でした。もはや2236も何も関係ありませんね。ですが上でも書きましたが2236の聖地巡礼をするという事は妙高高原の自然に触れるという事です。そして妙高高原の醍醐味として確実にスキーがありました。冬の妙高高原≒スキーという事で大変満足のいく巡礼となりました。本当夏や秋とは別の活気があるんですよね。人は沢山いますしどのお店も宿もスキー前提で準備してますし、これを知らないで妙高高原は語れませんね。是非毎年一度はスキーに行きたいと思いました。すごく楽しかったです。

 ちなみにちゃんと2236の聖地巡礼はやってきました。特に雪景色でないと合致しない背景はしっかりと抑えてきました。HPに公開するかは要検討ですが、これにて完全に終了です。特にこちらの景色については絶対に撮ろうと思ってました。
  1. 2017/02/10(金) 21:01:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

portal two、canoueIV~錆び往く禍の城~

 今日は夜勤。土曜に夜勤だった関係で前後の平日が休みでしたので割と長めの休みになってました。平日の休みは他の人と休みが合わないっていうデメリット以外は割とメリットしかないと思います。銀行や郵便局、役所も空いてますしどこか遊びに行ってもそんなに混んでませんからね。

 今回もC91で入手したCDを紹介しようと思います。今回紹介するCDはmy sound lifeというサークルの新作であるportal twocanoueという音楽制作ユニットの新作であるcanoueIV~錆び往く禍の城~です。

portal two - my sound life
始めにportal twoです。2つ前の記事でボーカリストの茶太についてのCDを紹介したのですけど、もう一枚あった事を忘れてました。my sound lifeさんは茶太iyuna(現solfa)というユニットの合同サークルです。solfaさん(公式HPはこちらからどうぞ)はiyunaという2人組のユニットを中心とした音楽制作集団でして、数多くのビジュアルノベルや有名アーティストの曲を担当しております。アップテンポなロックを得意としているようで、エレキがバリバリ効いた楽曲が多いです。my sound lifeさんはそんなiyunaと茶太の合同ユニットですので、ロックと茶太の融合といった感じですね。今回入手したportal twoもそんな2人の特性が活きた曲ばかりでした。マッタリとした茶太の歌声とロックの組み合わせは今まで殆ど聞いた事がなく、不思議な感覚でした。それでもノリの良いテンポ感の上にふわっと乗っている歌声の相性は聴けば聴くほどクセになり、回数を重ねるたびに好きになっていきます。一番好きな曲は交差という曲ですね。哀愁漂うメロディがドラムに乗せられ、さらにその上に茶太の歌声が乗るケーキのような曲だと思いました。

canoueIV~錆び往く禍の城~ - canoue
次にcanoueIV~錆び往く禍の城~です。canoue(読み方はカノエ)さんは霜月はるか・MANYO・日山尚のお三方による音楽制作ユニットです。もう知っている人であれば涙が出るくらい豪華なユニットですね。霜月はるか氏は10年以上前からビジュアルノベルやアニメなどで活躍しているボーカリスト、MANYO氏もまた数多くのビジュアルノベルに関わっている作編曲家、日山尚氏はビジュアルノベルに限らず一般ゲームなどでも名前を見ることが出来る作詞家です。canoueIV~錆び往く禍の城~はオリジナルファンタジーCDです。個人でも知名度のある3名の化学反応という事で、非常に幻想的な世界観を作っております。全6曲のうち2曲はMANYO氏によるインスト曲。残り4曲は作詞・作曲・編曲・歌唱をそれぞれ3人が担当しております。一番好きな曲はタイトルにもなっている錆び往く禍の城ですね。MANYO氏らしいスピード感あるパーカッションバイオリンを使ったメロディの上で、高低差の激しい旋律を霜月はるか氏が歌い上げております。日山尚氏の歌詞も聞き取りやすく、アルバムを代表する曲だと思いました。

 実際のところ、こうした有名アーティストは多方面で活躍しておりますので全ての楽曲を網羅するのは至難の業です。個人サークルのみチェックしていてはこうした合同サークルの情報はどうしても漏れてしまいます。それでも合同サークルだからこそ見える表情がありますので抜け落ちたくはないんですよね。
  1. 2017/02/07(火) 06:49:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本語練習帳

 今日は何もない休み。平日の休みなのでDDRやってきました。前にDDRやったのが調度1週間前なので良いペースですね。何もない平日の休みがあったら見逃さずDDRやるつもりです。

 最近読んだ本で1つとてもお気に入りのものがありましたので紹介します。私のようにレビューを書いている人物書きをしている人には是非読んで頂きたいと思う一冊です。

日本語練習帳 - 大野晋
1999年に岩波書店で発表された新書です。この本を読んだ理由は、単純にもっとレビューの質を上げたいと思ったからです。良い文章とは何か、正しい文章とは何か、そんな漠然とした悩みを解決するヒントがあるかと思い手に取ってみました。この本は文章に対してどのような姿勢で臨めば良いかについて端的に書いております。日本語学者である著者の研究の成果であり、その一貫した論理に思わず舌を巻きました。そしてタイトルに「練習帳」と書いてある通り、日本語のエッセンスについて「例題」を用いて紹介しております。例えば、

・「意味が通る」と「意味が通じる」の違いを説明して下さい。
・次の文章に出てくる「は」の結びは何か答えて下さい。
・次の1,400字の文章を400字に縮訳して下さい。
・一人称の代名詞として使われている言葉を10通り書いて下さい。


といった感じです。そしてこういった例題を踏まえて、単語の微妙なニュアンスの違い、助詞の役割と正しい使い方、文法の意味と読みやすい文章の書き方、といったものを解説しております。例題があるので読み手はどうしても頭を使わざるを得ず、必然的に内容の理解が深まります。平たく言えば、小中で学ぶべき国語の内容を凝縮したようなのです。実際に例題を全部解かなくてもすぐ次に解説がありますので読み物として読んでも問題ありません。ある程度物書きをしている人にとっては当たり前の事しか書いていないかも知れません。それでも自分のように国語が苦手だった人にとってはとても為になる本だと思います。自分の日本語は本当に正しいのか、是非そんな復習のつもりで読んでみては如何でしょうか。

 一口にいい文章といっても、小説、随筆、評論などで変わりますので一概には言えないと思います。ですが正しい日本語を使う事の大切さはどのジャンルでも共通です。そんな、文章を読み書きする基本を振り返る意味でもとても参考になる一冊でした。何度か繰り返して読んでみようと思います。
  1. 2017/02/03(金) 23:32:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する