徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

M3-2016秋

 今日は夜勤明け。いやいやついにアノラックを出してしまいましたよ。昨日の夜勤はまるで冬みたいな寒さでしたね。まあ10月も終わりですのでこの位の気温が正規なんですけどね。

 そして昨日ですが、タイトルにあります通りM3-2016秋に参加してきました。M3(公式HPはこちらからどうぞ)についてはもはやこの日記の中では説明不要な気がします。いわゆる音系オンリーの即売会でして、毎年春と秋の2回開催されております。私が即売会で求めているのは同人ノベルゲーム同人音楽ですので、まさに私の為にあるような即売会です。初めて参加してからもうかれこれ9回目の参加という事で随分な年数が経ったものです。会場の雰囲気にもすっかり慣れ、最低限のサークルチェック自分の触覚だけを頼りに充分楽しませて頂きました。当日は午前中に楽団の演奏会があった関係で12:00に会場である東京流通センターに到着しました。開場は11:00ですのでまだまだ参加者が多く、即売会らしい賑わいを見せておりました。とりあえずはチェックしたサークルを手短に回りました。一部の壁サークルは流石と言いますか既に売り切れのところもあり、その点は残念でした。それでも殆どのサークルさんで新作を手に入れる事が出来てとりあえず一安心でした。その後は別口で参加していた同人ゲームを見せ合う会のメンバーと旧交を温めてました。前回お会いしたのがC90COMITIA117でしたので、調度2ヶ月振りとなります。私自身ここ1ヶ月はHPの更新が出来なかった事もあり、夏の新作情報を交換するのはとても有意義でした。合わせてそれぞれがM3での注目しているサークルさんの事も知れて嬉しかったです。COMITIA118の時も思いましたけど、即売会って自分以外の誰かと一緒に回るとそれだけで景色が違って見えます。自分が注目していないサークルさんに隣の人が注目している、それだけで新しい発見です。その後は一通り全てのサークルを回ってました。冒頭自分の触覚を頼りにと書きましたが、同人ノベルゲームと同人音楽を買うときに一番信頼しているのは直感です。その為出来るだけゆっくりと歩きお品書きやPOPなどがあればよく見るようにしております。ですがこれがかなり体力使うんですよね。15:00には流石に疲れたのか触覚が働かなくなってきましたのでこのタイミングでサークル巡りも終えました。途中見知ったサークルさんともお話出来ましたし十分にM3を堪能させて頂きました。調度お札も無くなってましたのでいいタイミングでした。もう何回も同じ事を書いておりますが、即売会の魅力は製作者と距離が近い事同じ趣味を持った方が集う事です。ただ作品を手に入れるだけではなく人と会話して自分が知らない世界を知るようにしていきたいと思いました。

 そしてM3が終わって夜勤終えて帰ってきたら予め通販で頼んでいたCD達が届き始めていました。厳密には数えていませんが、通販と当日を含め全部で40,000円くらいは使ったのかも知れません。即売会はどうしても財布の紐が緩くなるのが玉に瑕ですね。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/31(月) 23:27:53|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Come to Life

 今日は夜勤明け。気が付けばもう10月も終わりなんですね。仕事は夜勤メインで休日は楽団が多くなってくると本当あっという間に時間が過ぎていきます。それでも世の中は間違いなく同じだけ時間が経過しており、その分各種コンテンツが生まれ消化されておりますのでどこか取り残された感覚になります。

 今日はどうしてもこの記事を書きたかったので書きます。前回日記でBEMANIの新しいイベントについて書いたのですが、この日のDDRで初めてプレイしたとある一曲が非常に気に入ってしまいました。それがタイトルにありますCome to Lifeという曲です(参考音源はこちらからどうぞ)。2016年6月13日に追加された楽曲であり、作曲者はARMという方です。ARM氏の事はニコニコ動画BEMANIに詳しい方であればほぼ間違いなく知っていると思います。IOSYSに所属しており、ニコニコ動画での代表曲は魔理沙は大変なものを盗んでいきましたチルノのパーフェクトさんすう教室、BRMANIでの代表曲は突撃!ガラスのニーソ姫!めうめうぺったんたん!!と大変有名な電波曲の作曲者であります。特徴としては高いBPMでのノリの良いEDMであり、テンションが上がる事は間違いありません、そんなARM氏のDDRへの新曲がCome to Lifeであり、どんな電波曲が来るのかと楽しみにしておりました。ですが初めてプレイして曲を聴いた時に非常に驚きました。何故ならCome to Lifeは電波曲などではなく正統派のUKハードコアであり、伸びのある女性ボーカルと哀愁漂うメロディが特徴だったからです。ARM氏の事をよく知っている方ほど驚くでしょうね。どれだけマルチな才能があるのかとすら思いました。ですが考えてみれば元々高いBPMのEDMが特徴でしたので、そういう意味では全然違う方向性という訳でもありません。ネタに走らず正当に作ってみたらこうなったという事なのかも知れません。いずれにしても私にとって非常に好物な楽曲であり、6月13日に追加された当初から何故プレイしなかったのかと悔やんでおります。Come to LifeはDDRのイベントであるEXTRA EXCLUSIVEの専用楽曲であり、いわゆるボス曲の扱いです。そのためちょっと尻込みしていた部分もあったんですよね。今後毎回のプレイで踏んでいく事になると思います。最高難易度はLv16であり(参考動画はこちらからどうぞ)今の私ではクリア出来るか出来ないかというレベルですが、これもやる気を出してプレイしてみたいですね。

 明日はM3という音系オンリーの即売会(公式HPはこちらからどうぞ)ですが勿論ARM氏も参加します。今回は今までとは違う心持ちでサークルスペースに立ち寄る事になりそうです。
  1. 2016/10/29(土) 22:47:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW Generation 流星拡散フェスタ2016

 今日は久しぶりに何もない休み。先週とある国家資格の2次試験が終わってやっとまともに何もない休みを迎える事が出来ましたので超久しぶりにビジュアルノベル読みました。でもまた明日から夜勤夜勤ですので、次の休みまでの辛抱ですね。

 とまあそんな事を書いていながら日中はDDRやってたんですけどね。私は基本平日の休みの日はDDRをやるようにしてます。平日の方が圧倒的にゲーセンが空いてますからね。ですが流石に今日はDDRしないでビジュアルノベルしようかとも思いました。ですがどうしても今日のうちにDDRやっておきたい理由がありました。それがタイトルにありますNEW Generation 流星拡散フェスタ2016というイベントです(公式HPはこちらからどうぞ)。このイベントは夏に行われたNEW Generation 夏の流星フェスタ2016(公式HPはこちらからどうぞ)の続きでして、この時発表された6つの新曲がDDRでもプレイ出来るようになります。この新曲の解禁だけであればいつでも好きな時にのんびり解禁しようと思ったのですが、11/6までに解禁する事で期間限定コラボキャラが貰えるのです。これがどうしても欲しくて今日はDDRやってました。勿論コラボキャラが欲しいからだけではなく普通にどの曲も勢いのある素敵な曲ばかりです。個人的に驚いたのはxi氏削除氏といったBMSのアーティストが参加していた事ですね。私はよく同人音楽を聴いておりまして、コミケM3といったイベントに参加しております。そしてそこで決まって購入するサークルさんにDiverse Systemがあります(公式HPはこちらからどうぞ)。Diverse SystemはYsK439氏が立ち上げたレーベルでして、ハードコアなどを中心として数多くの楽曲が生まれております。そんなDiverse Systemの中でよく見るアーティストの中にxi氏や削除氏がおりまして、絶対にBEMANIと親和性が良いよなと常々思ってました。今回そんなxi氏削除氏の楽曲がプレイ出来るということで、今日は半分以上はこのイベント曲をプレイしてました。個人的にお気に入りの曲は削除氏のStrayedCatz(参考音源はこちらからどうぞ)とTAGのZEPHYRANTHES(参考音源はこちらからどうぞ)ですね。お気に入りと言いますか、ここ数日はPCでこの2曲を交互に垂れ流ししてました。どちらもEXPERTそれなりの難易度ですのでBASICを何度もプレイしてましたね。とりあえず今日中全ての楽曲全ての難易度を解禁出来ましたので目標達成です。後はまた時間を見つけてのんびりとスコアを詰めていこうと思います。

 ただ、予定ですと次の平日の休みが11/15になりそうなんですよね。3週間も空いてしまうので感覚忘れそうです。今日どうしてもDDRしたかった理由はこんなところにもあったりします。
  1. 2016/10/25(火) 22:38:26|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA118

 今日は夜勤。日曜日は割と夜勤の割合が多いのですが、折角の日曜日ですので日中は普通に自分の時間を過ごして夜だけ行くようにしています。そして今日はタイトルにあります通りCOMITIA118の日という事で勿論参加してきました。

 COMITIA(公式HPはこちらからどうぞ)についてはもうこの日記の中で何度書いた事でしょうか。自主制作オンリーの即売会でして、二次創作は一切ありません。その為非常にレベルの高い即売会であり、製作者のオリジナリティに溢れた作品ばかりであります。私が即売会に行く目的は同人ノベルゲーム同人音楽ですのでまさにうってつけの即売会です。そして二次創作が無いという事でコミケと比較してサークル数に対する来場者の数も小さいです。全体的に非常にマッタリとした雰囲気であり、ゆったりと歩き回る事が出来ます。実は、今回COMITIA118に参加するかはギリギリまで悩んでました。理由は私のHPの更新が1ヶ月も止まってしまったからです。夜勤が連続したり国家資格の2次試験があったり楽団の演奏会があったりで暫くビジュアルノベルがプレイ出来ていなかったので、即売会に参加するよりも作品をプレイした方が良いんじゃないかとさえ思いました。ですが私が即売会に参加する目的、それは作品を入手する事だけではなくサークルさんとお話する事です。その事を考えたとき、やはり行くべきだと思いました。そして今回はC90でお知り合いになった同人サークルの方と一緒に回ってました。自分1人だけですと自ずと視野も限定されてしまいますので、自分以外の方がどんな作品に興味を持っていて手に取っているかを知るのはとても刺激になりました。開催前に早めに合流して色々と雑談しながら、そして会場内でも会話しながら回る即売会はそれだけてとても楽しくて、あっという間に時間が過ぎていきました。今回入手した作品はほとんどありませんが、代わりに自分が知らなかったサークルさんの作品を手に取れましたのでじっくり読んでみようと思います。という訳で10:00くらいに国際展示場駅に到着して最終的に14:30くらいまでいました。1人ですと正味30分程度で終わってしまうCOMITIAなだけに全く別物の新しいイベントに見えましたね。即売会の良いところはサークルさんとの距離が近いところ、そしてそういった作品を求める人が集うところだと思います。これからも目当てのサークルが有る無しに関わらず積極的に参加してみようと思いました。

 そして来週にはM3、そしてC91まで大よそ2ヶ月なんですよね。うかうかしていたらまた作品が溜まってしまいますね。夜勤の数も楽団のイベントもまだ続きますのでどうしても本数に限界はありますが、出来るだけ空いた時間を見つけてプレイしていければと思います。
  1. 2016/10/23(日) 16:46:26|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいメガネ

 今日も夜勤明け。今週は月曜日と水曜日に夜勤でして、加えて夜勤が終わってからも仕事してましたのであっという間に木曜日ですよ。そして明日で今週も終わり、夜勤中心の生活ですと本当に一週間があっという間に過ぎていきます。

 2週間前くらいにメガネが壊れてしまったんですけど、今日ようやく新しいメガネを受け取る事が出来ました。私はおおよそ2~3年周期でメガネを買い換えます。年齢とともに視力や両目のバランスが崩れるのが一番の理由なのですけど、たまにイメージを変えてみようかみたいな側面もあります。今回は壊れてしまったので買い換えるのは必須だったのですけど、前に購入したのが2年前だったという事で調度良い時期でした。今回は最寄りのメガネスーパーでサクッと選んできました。メガネは体の一部ですので、実際のところ躊躇している暇なんてないんですよね。それでも折角買うのでデザインとかは拘ってみたいところですけど、これも店員さんのオススメに任せます。メガネの流行り廃りなんて正直分かりませんし、私の場合は人に決めてもらった方が安心できます。今回買ったメガネですが、非常に軽くて自然と耳にフィットするフレームにしました。何度も書きますけどメガネは体の一部ですので普段ずっとかけていると重さ軽さなんて感じなくなるのですけど、改めて軽いと思ったのは新鮮でした。逆に今までのメガネが重かったのかと思うと不思議な感じです。こういう部分も少しずつ披露やストレスに繋がるのかも知れません。そして今回はメガネに初めてブルーライトカットをオプションで加えてみました。私もPCに向かう機会が非常に多い生活ですので、果たして本当に効果があるのか試してみたい気持ちがありました。今のところよく分かりませんけど、それこそ長い目で確認してみようと思います。という訳で左右のバランスが調整されより遠くが見えるようになりました。メガネもレンズの度数が上がると結構いい値段しますので高い買い物だと思います。今度は壊れないよう日頃から気をつけたいですね。

 前のメガネの壊れ方ですと修理に10,000円くらい掛かるらしいです。まあこれが新しく買う決め手になったとも言えます。10,000円掛かるなら、殆どの人は買い換えるんじゃないでしょうか。
  1. 2016/10/20(木) 22:18:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンクロノーツ

 今日は夜勤明け。先週の日曜日にようやく取ろうと思っている国家資格の2次試験が終わりました。ここ1ヶ月くらいビジュアルノベルを封印していましたので(その割には楽団とかDDRとか聖地巡礼とかしてましたが)、やっとプレイ出来る!と思っているのですけど、ご覧の通りまた夜勤の連続でしかも楽団のイベントも続きますので暫く時間取れなさそうです。

 ここ最近はずっとこのCDを聞いている気がします。タイトルにありますシンクロノーツというCDでして、これはKONAMIと富士見書房とのコラボレーションで送るWeb連動型音楽配信企画であるひなビタ♪(公式HPはこちらからどうぞ)の中のアルバムです。

商業施設の発展で寂れてしまった生まれ故郷の日向美商店街(ひなたびしょうてんがい)を盛り上げるべく5人の少女たちが町興しのためにバンド活動を始める

というバックストーリーの元、KONAMIの音楽ゲームブランドであるBEMANIを始めWebラジオで音楽配信を行っております。最近は漫画小説などのメディアミックスもよく行われており、ゲーセンやアニメイトなどに行けば目にする機会も割とあるのではないでしょうか。このひなビタ♪も企画が始まってから4年になろうとしており、当初のメンバーであった日向美ビタースイーツ♪の5人だけではなくそのライバルユニットとしてここなつという2人組のユニットも登場しております(公式HPはこちらからどうぞ)。今回記事にしているシンクロノーツはそんなここなつの2枚目のアルバムであり、全部で15曲収録されております。実は私、初期の日向美ビタースイーツ♪も好きですけどどちらかと言えばこのここなつの方が好きです。快活でよく通る歌声の東雲夏陽(CV日南結里)と控えめで優しい歌声の東雲心菜(CV小澤亜李)の対比がとてもバランスよく、どの曲も彼女ららしい元気がにじみ出るもので楽しい気分になれます。まあ、ぶっちゃけ東雲夏陽が一番好きなだけなんですけどね。そういう意味もあり一番のお気に入りの曲は東雲夏陽のソロ曲であるツーマンライフですね。ノスタルジィ溢れる泣きのメロディに込めた想いが心に染み渡ります。勿論その他の曲も好きであり、全15曲で多彩なジャンルの楽曲が揃っております。テクノ、和風、ゴシック、中華、EDM、電波、ロックと本当に様々です。ひなビタ♪を知っている方は勿論、そうではない方でも是非手に取って聞いてみて下さい。ひなビタ♪は音楽配信企画ですので一番の魅力は勿論音楽です。キャラに合わせてまずは曲から好きになって欲しいですね。

 ひなビタ♪も気が付けば相当の曲数になっております。どの曲もキャラクターをイメージしたものになってますので一曲一曲が話題になりますね。全部のCDを買っている訳ではありませんが、アルバムくらいは追いかけたいですね。
  1. 2016/10/18(火) 21:21:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2236聖地巡礼2回目

 今日は何もない休み。そしてタイトルにあります通り2回目の2236聖地巡礼に行ってきました。突発的で且つ日帰り強行な聖地巡礼でしたけど、非常に充実して中身の濃い1日を送る事が出来ました。

 初めての2236聖地巡礼去年の6月だったのですが、実はこの時に見つけられなかったスポットがありましたのでいつかやり直そうとは思ってました。加えて10月7日長野市にメロンブックスがオープンするという事ですので、折角なので聖地巡礼も抱き合わせで行う事にしました。大宮から長野は実は意外と近くて、北陸新幹線で70分程度で行くことが出来ます。そして長野から2236の聖地である妙高高原までは40分程度で行けます。つまり接続さえ良ければ大宮から妙高高原まで2時間で行くことが出来るのです。そして前回の聖地巡礼で見つけられなかったスポットは予め当たりを付けていましたので後は現地に行くだけでした。という訳で行こうと決めたのは昨日でしたが、既にいつでも聖地巡礼出来る準備は整えておいたのです。という訳で日帰りという強行ではありましたが足ロスもなく予定通りスムーズに回る事が出来ました。そして前回は曇や雨の天気で余り風光明媚な姿は見えなかったのですが、今回は偶然にも快晴妙高山の美しく雄大な姿を拝む事が出来ました。正直これが一番嬉しかったですね。妙高高原の真の魅力は妙高山の姿無しに語れません。やっと本当の2236聖地巡礼が出来た気がしました。という訳で本来は前回見つけられなかったスポットを確認したらすぐ帰る予定でしたが、こんな天気の良いタイミングはないという事で赤倉の方にも足を運び大よそのスポットをなぞる事にしました。1年半経過していたという事で微妙な違いはありましたが、殆どのスポットは健在で懐かしい気持ちになりましたね。そしての妙高高原は前回の初夏とは違った印象があり、新しい顔を見る事が出来ました。正直な話、妙高高原は春夏秋冬で計4回行かないとダメなんじゃないかと思ってます。初夏は微妙な季節ですので、改めて春夏冬に行ってみたいですね。その後は再び長野に戻り、長野に住んでいる同人ノベルゲームサークルのArkRiotさん(公式HPはこちらからどうぞ)とずっとお茶してました。折角遠出した訳ですし、そこに知り合いが居るのなら会わなきゃですからね。久しぶりに同人ノベルゲームの話で盛り上がれて凄く楽しかったです。という訳で、朝の6:30に出発して帰ってきたのが21:30と本当に一日丸々使った聖地巡礼でした。分かった事は、2236の聖地巡礼は日帰りでも不可能じゃないという事ですね。ですけど流石に駆け足でしたので、せめて1泊はしてのんびりと回りたいですね。思い入れの深い作品だけに、これからも末永く愛していければと思っております。楽しかったです。

 唯一残念だったのはメロンブックスのご当地キーホルダーがなかった事ですね。たまたま品切れなのか生産が追いついていないのか、それとももう生産しないのか分かりませんが是非復活して欲しいと思いました。これでも私、全国のメロンブックスに足を運んでますからね。
  1. 2016/10/14(金) 23:37:52|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客さん

 今日は何もない休み。先週末は夜勤と楽団のイベントが連続してて、かなり体力的に厳しかったですね。それもとりあえず一区切りで後は今週末の国家資格の2次試験だけです。

 先週末の3連休は本当に全部楽団のイベントばかりでして、8日に本番、9日に練習、10日にまた本番といったスケジュールでした。加えて7日と9日は夜勤でしたので8日と10日の本番は夜勤明けというコンディションで正直しんどかったです。それでもとりあえず無事に本番を終える事が出来て良かったです。実際本番の出来栄えですが、正直練習通りに吹けたかと言ったらそうではなく大事な音を外したり低い音を鳴らしきれなかったりで不満は残りました。本番はスケジュールの関係で十分な音だしが出来ない事もあり当然練習通りの成果を出す事は出来ません。それでも何度も何度も繰り返し練習したりシミュレートしたところは割と成功率は高かったりします。ですけど、本番の醍醐味は練習通り吹けたとかあの音が出せたとかそんな事ではありません。目の前にお客さんがいるという事です。本番と書きましたがどこかホールを借りたわけではなく、屋外のステージでゲリラ的に演奏しただけですので道行く人が立ち止まってくれる事が大切になります。そして、始めは少なかったお客さんも演奏が始まりその音を聞きつけて集まってくれるんですね。そして、演奏者にとってお客さんがいてくれる事ほど嬉しい事はありません。時には手拍子を打ってくれたり、子供が指差して喜んでくれたりすると本当に嬉しいです。そしてそれは音にも反映されます。10日は2回演奏したのですけど、2回目の演奏は中々良い出来栄えでした。それは楽器に息を入れた事もありますけど純粋に演奏を楽しみ音楽を楽しんだ事があると思います。吹奏楽は楽器に息を吹き込み鳴らす事やメンバー全員の息を合わせる事が大切ですが、一番はやはりお客さんと一緒に音楽を楽しむ事です。そんな吹奏楽の原点を思い出させてくれた本番でした。

 私の場合、もしかしたら夜勤明けくらいのテンションの方が調度良いのかも知れません。頭が働いていないので小難しい事を考える余裕がありませんので、その分素直に曲に向き合えた気がします。もちろん体力的に厳しかったので、普段からこのテンションをイメージ出来たら良いですね。
  1. 2016/10/12(水) 23:45:07|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

響け!ユーフォニアム2

 今日は夜勤明け。明日でもう週末とか、夜勤が続くと時間の進みが凄く早く感じます。まあ朝出社して夜勤して次の日残業して夜帰ってくるので普通の人と比べて基本家にいる時間が半分ですからね。その分キッチリ稼いでおかないと!

 10月に入ったという事で今期見ようと思っているアニメについて書こうと思います。今期も1本のみです。そして私の事を知っている人であればもうどのアニメを見るのかバレバレかと思います。

響け!ユーフォニアム2
私の趣味はビジュアルノベルDDR、そして吹奏楽です。そして吹奏楽で担当している楽器は低音楽器のTubaです。そんな私が響け!ユーフォニアムシリーズを見ないはずがありませんね。タイトルに「2」とあります通り、2015年の春に1期が放送されてその続編となります。このシリーズを知ったのはアニメからなのですが、その後原作のライトノベルも全部読ませて頂きました。響け!ユーフォニアムはユーフォニアムを吹く主人公黄前久美子を中心とした、とある弱小高校が全国大会を目指すガチな吹奏楽部ドキュメンタリーアニメです。そこで描かれる人物は本当に等身大、吹奏楽部であった人であれば誰もがあるあると頷けるものだと思います。現在原作のライトノベルは本編が3巻番外編が2巻、そしてスピンオフである立華高校マーチングバンドへようこそが2巻となっております。そのどれもが苦悩しながらも自分自身や楽器・音楽と向き合い本気の青春を送る非常に輝かしいものです。正直私には眩しすぎる姿で、興奮と若干の嫉妬を覚えながら読み切りました。アニメ制作はシリーズの舞台に本社のある京都アニメーションが制作しており、非常に美しい人物描写と背景でリアルな世界を演出しております。内容は小説の本編2巻からとなっており、このまま原作をなぞるようにシナリオ展開されていきそうです。そしてアニメの中で流れる吹奏楽曲は全て生演奏であり、非常に強い拘りを感じます。吹奏楽部であった方であれば自身の懐かしい思い出を、そうではない方は吹奏楽部とはどういうものかを是非感じて頂ければと思います。体育会系以上に体育会系な文化部と言われる所以がきっと分かると思います。毎週楽しみに、そして自分の気持ちにモヤモヤとしながら見ていこうと思います。

 前に書いた1期の感想の中にも少しありますし上でも書いてますけど、私はガチ勢ではなくエンジョイ勢ですので彼女らの一生懸命さは本当に眩し過ぎるんですよね。きっとその同じ好きでも好きのレベルに差がある事にモヤモヤするのだと思います。どこの楽団でもある事ですね。好きの度合いが違う人達が足並みを揃える事の、何と難しい事でしょう。
  1. 2016/10/06(木) 23:44:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

基礎研究

 今日は何もない休み。平日の休みですので普段でしたらDDRでもやってるんでしょうけど、今日は一日部屋に引き篭って10月半ばに行われるとある国家資格の二次試験の勉強をしてました。夜勤明けとかですとどうしても効率が落ちますので、こういう何もない休みの日が貴重ですね。

 ニュース等で大きく取り上げられておりますので多くの方が存じていると思いますが、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に細胞が不要になったたんぱく質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏が選ばれました。日本人がノーベル賞を受賞するのはこれで3年連続であり、加えて医学・生理学賞を単独受賞するのは29年振りだそうです。純粋に凄い事だと思いましたし、日本人がこうした賞を受賞した事に誇りを覚えます。そんな大隅良典氏のコメントの中で幾つか印象的なものがありました。

「基礎的な研究で受賞できたのはこの上もなく幸せなこと。」
「本当に役立つのは10年後、20年後、100年後かもしれない。」
「将来を見据え、科学を一つの文化として認めてくれる社会を願っている。」


私も大学大学院時代は物理を学んでおりましたし、理系の中でも取り分け理学部に所属している人であれば何となく分かる話だと思うのですけど、基礎研究というものは人間の生活を豊かにしたり地球環境を変えたりするといった直接的な利益を想定していません。あくまで自然の仕組みについて「なぜ?」と思った事を解明する事、これが全てです。その結果がすぐに役に立つなどという事は有り得ません。その為人によっては「結局、その研究は何の為になるの?」と疑問に思うかも知れません。ですが、現代の生活の中のあらゆる文明は全てこうした基礎研究が元になっております。熱力学がなければエアコンは作れませんし、相対性理論がなければカーナビは作れません。そして当時の科学者は、別にエアコンを作りたいから熱力学を研究した訳ではないですしカーナビを作りたいから相対性理論を導き出したのではないのです。大切なのはその基礎研究が役に立つかどうかという視点を捨てるという事です。まさに大隅良典氏の言葉通りで、理科を文化と捉え利益を想定せず恒久的に支えてくれる社会が大切なのだと思います。どれだけ研究しても何も答えが分からないかも知れません。費やした時間とお金で有益な結果は出ないかも知れません。たとえ結果が出ても人間生活に応用出来ないかも知れません。それでも基礎研究を行える文化、それが長い目での文明の発展に繋がるのだと思っております。

 企業などでは到底難しい分野だと思います。利益が出るかどうか分からないものにずっと投資してたら会社が潰れてしまいますからね。だからこそ人々の理解と国の支援が必要なのだと思います。将来の天才達が潤沢な環境で研究できる社会になる事を祈りますね。
  1. 2016/10/04(火) 21:12:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する