徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

2016冬アニメ感想

 今日は夜勤明け。相変わらず咳喘息が収まらないばかりか咳のし過ぎでもうが酷いことになってます。今日も医者に言って新しく薬を処方してもらいましたので、何とかこのまま治る方向に行って欲しいですね。

 3月ももう終わるという事で今期放送されているアニメも放送終了してきております。という訳で今回は今期見たアニメの感想でも書こうと思います。今期も2本だけ見ておりまして、それぞれ毛色の違う面白さがあったと思っております。

少女たちは荒野を目指す★★☆☆☆
シナリオに田中ロミオ、原画に松竜というCROSS†CHANNELを思い起こさせるメンバーがスタッフとして参加していたという事で見てみました。企画がみなとそふとのタカヒロという事で独特の軽いテンションはそのままでした。シナリオそのものは高校生たちが美少女ゲームを作るというプロットでまさにエロゲメーカーのスタッフお家芸と言えるものでしたが、実際深い描写はなくキャラクターの可愛さと勢いで押し切ったという感じでした。現在同名のゲームも発売しておりプレイする判断材料にする為に見ていたのですが、田中ロミオよりもタカヒロの色が圧倒的に濃いという事でプレイするのは見送ろうと思います。昨今の美少女ゲームはこういうノリが流行っているのでしょうか。

ハルチカ~ハルタとチカは青春する~★★★☆☆
私の大好きなP.A.WORKSが制作した吹奏楽・ミステリを題材としたアニメという事でしたが、実際のところ吹奏楽要素が強いわけでもなく、ミステリーも主人公ハルタの天才的な探偵力と1話完結のサクサク進むペースで視聴者も楽しめたかと言ったら必ずしもそうは言えない内容でした。ですがこの作品の一番の魅力は純粋に主人公であるハルタとチカという2人のキャラクターでした。ハルタの天才的な探偵力とチカの底なしの明るさがこの作品の全てであり、全体を引っ張っておりました。実に魅力的であり、内容が分からなくても吹奏楽の描写が少なくてもこの2人が元気であれば許されるような雰囲気でした。見る人が見れば中途半端な印象でしょうが、是非原作を読んで改めてシナリオを復習したいと思いました。

 という訳で今期はこの2本を見ておりました。世の中的にはおそ松さんなどが流行っていたみたいであまり話題になっていない印象でしたが、ハルチカなんかは後半になるにつれて少しずつ世の中の勢いも増してきた印象でした。アニメの人気も、最初と最後で全然変わってきますから油断できないですね。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/29(火) 20:08:37|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第10回同人ゲーム制作勉強会

 今日は休み。そしてタイトルにあります通り第10回同人ゲーム制作勉強会(公式HPはこちらからどうぞ)に参加してきました。私にとって初めてのイベントであり無事に成し遂げられるか心配でしたが、まずは無事に終える事が出来てホッとしております。

 同人ゲーム制作勉強会とは、同人ゲームサークルであるたんすかいさん(公式HPはこちらからどうぞ)の代表であるyosita氏が主催している勉強会です。名前の通り同人ゲームを制作する為の様々なのトピックや題材を取り扱い、広く情報共有するイベントです。大よそ年2回を平均に開催しており、今回で調度10回目の開催という事で非常に息の長い歴史のある勉強会になっていると思っております。そして今回その同人ゲーム制作勉強会ですが、なんと私に講師役として参加して欲しいとお話があり参加する運びとなりました。お話があったのはC89三日目の前日に行われたノベルゲーム部の前夜祭の時でして、この時に「プレイヤー視点での求めるシステム周り」について話して欲しいと依頼されたのがスタートでした。その後開催日や講演時間などを調整し、なんと1時間もの時間を頂ける事になりました。そこで私でもPowerPointの方を作成し、出来るだけ伝えたい事をまとめて話すようにしました。当日は全部で12人の参加者が集まりました。会場はとらのあな秋葉原店Cの4Fにあるイベントスペースでした。講義内で実際に様々なエンジンを動かしてみて実際に手触りを確かめたり魅力的なキャラクターのつくり方を実践するなど非常に本格的な内容でした。終わってから簡単に懇親会も開催されましたが、見知った方もいたり新しくお知り合いになる事が出来た方もいてとても有意義でした。私の講義も分かりやすかったと言って頂き嬉しかったですね。ノベルゲームはシナリオ、絵、音楽が組み合わさった非常に拡張性の高い表現手法だと思っております。中々各サークルさんで苦労されている現実も見えましたが、是非自分が作りたい同人ゲームを作って欲しいと切に願いました。最後になりましたが、今回講師役として私を抜擢して下さり貴重なお話を聞かせて頂いたyositaさん、そして私の講義を聴いてくださった全ての皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。

 勉強会で披露したPowerPointについては後日HPの方にアップロードしようと思います。端的に私がシステム周りに求めるものを書く事が出来たと思っておりますし、自分の考えを整理する意味でも有意義な依頼でした。楽しかったです。
  1. 2016/03/26(土) 23:08:13|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PEANUTS Cafe、GATSBY

 今日は休み。相変わらず咳喘息で調子が悪いですが、少しずつ咳の頻度は少なくなってきておりますのでこのまま消えて欲しいですね。今週末はいよいよ第10回同人ゲーム制作勉強会(公式HPはこちらからどうぞ)ですので、その頃には感知して欲しいです。

 前回前々回で両親が東京観光に来たという記事を書きましたが、今回も食べ物についての続きを紹介しようと思います。今回調べて行ったお店は銀座にある俺のフレンチ、渋谷にある肉寿司、中目黒にあるPEANUTS Cafe、恵比寿にあるGATSBYの計4店です。前回は俺のフレンチと肉寿司について書きましたので、今回は残り2つのPEANUTS CafeGATSBYについて書きます。始めにPEANUTS Cafe(公式HPはこちらからどうぞ)ですが、もはや世界で知らない人はいないと思われるあのスヌーピーが登場する漫画「ピーナッツ」をテーマにしたカフェです。母親が大のスヌーピー好きで、一度足を運んでみたいという事で行ってみました。場所は東急中目黒駅から徒歩10分位のところにあり、アメリカ西海岸を思わせる佇まいはカフェにぴったりです。中もスヌーピーグッズだらけで、夜9時にも関わらず満席でした。メニューもピーナッツバターを使用したアイスなどスヌーピーゆかりのものが多く、ファンであれば一度は行ってみて欲しいですね。次にGATSBY(公式HPはこちらからどうぞ)ですが、こちらは恵比寿にある牛タンカレーのお店です。過去にテレビで放送していたらしく、一度行ってみようということで足を運びました。JR恵比寿駅から歩いて10分程度のところですが、恵比寿は街全体がおしゃれでGATSBYに行く途中のお店の1つ1つが魅力的でしたね。そして牛タンカレーですが、牛タンに合う甘口のルーが新鮮で誰でも美味しく食べれる味でした。牛は宮崎県産黒毛和牛の高級ブランド「尾崎牛」を使用しており、とても柔らかかったですね。備忘録はこちらからどうぞ。

 中目黒恵比寿も最近注目されている都内の高級住宅街ですので、街全体の雰囲気といいますか空気が違って見えました。こういうところに憧れて住みたいという気持ち、良く分かりますね。一人でなどとても足を運べない街です。
  1. 2016/03/22(火) 20:43:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

俺のフレンチ、肉寿司

 最近ちょっと嫌な感じのが続いていて、風邪の感じではなかったので医者に行ってきました。言われたのは咳喘息というもので、季節の変わり目にかかる人が多い症状みたいです。とりあえず薬を処方してもらったのでこれで治りたいですね。

 前回両親が東京観光に来たという記事を書きましたが、今回はその中の食べ物についてまとめて紹介しようと思います。観光の半分以上は食べる事にあると勝手に思っております。加えて東京は最も人口の多い街ですので様々な食文化が流れてきます。テレビなどでも様々なお店が紹介されますし、そんな有名店を両親が調べて回ろうというのも東京観光の1つの流れになっております。今回調べて行ったお店は銀座にある俺のフレンチ、渋谷にある肉寿司、中目黒にあるPEANUTS Cafe、恵比寿にあるGATSBYの計4店です。数が多いので今回は俺のフレンチと肉寿司について書きます。始めに俺のフレンチですが、株式会社俺の株式会社(公式HPはこちらからどうぞ)が展開しているフランス料理店です。レストランで高級店の1/3の値段で料理を提供する、顧客を1日3回転以上させる事を柱にしており、その名の通りリーズナブルな値段でフランス料理を楽しむ事が出来ます。私もフランス料理というものを食べた事がなかったのですが、フォアグラやオマール海老などの高級食材を比較的安価で食べれたのは良かったです。特にフォアグラを食べたのは本当に初めてで、あれだけ濃厚な食べ物だとは思いませんでしたね。次に肉寿司ですが、これは渋谷センター街にある肉横丁(公式HPはこちらからどうぞ)と呼ばれる名前の通り肉だけを提供するお店が20以上連なっているフードコートの一店です。肉寿司というだけあってメニューには馬肉の握りなど肉好きにはたまらないメニューばかりです。メインはサシトロという牛肉のリブをバーナーで煽ったもので、皿いっぱいに豪快に広げられたお肉をわさびでさっぱりと食べるのは最高の贅沢でした。備忘録はこちらからどうぞ。

 俺のフレンチも肉寿司も一般の人をターゲットにしており非常に入りやすかったですね。特に肉寿司は肉がメインでありながら女性客の割合が多いことに驚きました。肉横丁は基本飲み屋街ですので、今度は普通に知り合いと飲むためだけに行ってみたいと思いました。
  1. 2016/03/19(土) 23:39:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

外国人観光客

 昨日今日は休みで、両親が田舎から東京観光でやってきたのでその付き添いで一緒に観光してました。両親が東京に観光に来るのはこの時期の恒例行事でして、行く場所や食べるところも全てあらかじめ決めてきますので後は私がナビするだけというスタンスです。

 去年は高尾山がメインでしたが、今回の両親の目的は私が大宮に引っ越したという事で新しい住まいを見に行くという事と明治神宮にお参りする事でした。今私が住んでいるのは大宮駅から徒歩15分程度のところですので、新幹線で大宮駅に降り立てば簡単に行くことが出来ます。実家が山形県の海沿いという事で東京に出るには新潟まで特急に乗りそこから上越新幹線で向かいます。実は実家から宇都宮に行くのは結構時間が掛かるので両親は一度も宇都宮での寮を見ていないんですね。そういう意味で今住んでいるところに両親を迎えるのは北浦和に住んでいた時以来でした。その為実は昨日は無数にある同人ビジュアルノベルやサクラノ詩の超特大ブランケットを隠す作業をしてたりしました。そしてその後はお昼を食べ明治神宮へ向かいました。明治神宮にお参りするのはここ最近毎年の事ですね。パワースポットである清正井に行き本殿にお参りします。驚いたのが観光客の8割9割が外国人だったという事です。パッと見て日本人でないとわかる人もいれば日本人かと思ったら中国人だったり韓国人だったりして、気が付けば日本人は殆どいませんでした。周りの会話を聞いてると日本語が殆ど聞こえないんですね。これには本当に驚きました。こんなに外国人観光客が多くなっているとは思いませんでした。平日ということもあるのでしょうが、これは確かに外国人観光客の力に期待する流れも分かる気がしました。その後は原宿で買い物をして夕飯を食べてホテルにチェックインしました。今回泊まったホテルはお台場にあるGrand Pacific Le Daibaというところで、レインボーブリッジと東京タワーが一望できる夜景は唯々素晴らしかったですね。朝食バイキングも最上階ででしたし、景色こそ最大の目玉という感じでした。その後は上野でお土産を買って昼食をとって14:00過ぎの新幹線で帰りました。振り返ればあっという間の一泊二日でしたがその分また知らない東京を見れた気がしました。また来年来ると思いますので、その時までに自分も行きたいところを考えてみようと思いました。

 ちなみに一日目の夕食と二日目の昼食はあらかじめ両親が食べたい店を決めてました。実際のところ観光の半分以上は食べ物にあると思っております。これについては次回以降書こうと思います。
  1. 2016/03/16(水) 23:08:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第19回饗宴

 今日は夜勤明け。雨の降る冷たい日々が続いてますが明日はようやく晴れるみたいです。それでも気温は低そうですのでこういう時に風邪を引かないようにしたいですね。

 昨日ですが、毎年楽しみにしている演奏会に行ってきました。その名も饗宴と言いまして、21世紀の吹奏楽実行委員会という団体が運営している演奏会です(公式HPはこちらからどうぞ)。昨年は別件があって行けませんでしたので2年振りになります。この演奏会は他の演奏会にはない特徴があります。1つは演奏される曲が日本人作曲家の未発表曲という事です。毎年この饗宴に対して広く作品を公募するのですが、その全てが新曲でありそこから選ばれた15曲ほどが演奏されます。真島俊夫小長谷宗一など有名な作曲家の曲もあれば私よりも若い方の曲もあり、非常にバリエーションに富んでおります。もう1つの特徴として、この演奏会が唯の新曲発表会という事ではなく広く吹奏楽に関わっている人に吹いてもらいたいという趣旨に基づいているという事です。プログラムには全ての曲について求められる編成が細かく書いており、大編成か小編成か、必要な楽器はどれかなどがひと目で分かるようになっております。またロビーには全ての曲のスコアが置いてあり、自由に回覧できますので指導者の参考になります。そして基本的にテクニカルな曲が多い中でスクールバンドプロジェクトと題して少人数で比較的グレードの低い曲も何曲か演奏されました。近年の少子化に伴い吹奏楽部員の減少に対して取り入れられた取り組みで、長く吹奏楽が発展して欲しいという想いが込められております。そんなプロだけではなくむしろアマチュアの方向けの演奏会でありながらそのレベルは非常に高く、今年は埼玉栄高等学校川越奏和奏友会吹奏楽団NTT東日本東京吹奏楽団など全国コンクール常連の一流アマチュア団体が演奏を担当しテンションが上がりました。一流の演奏に新しい日本人の曲、多岐にわたるジャンルとアットホームな雰囲気は饗宴らしさであり、また来年も聞きに来ようと思いました。楽しかったです。

 ちなみに私は日本人の作曲家では福島弘和が好きで、ちょうどロビーで各CDメーカーがスコアやCDを販売してましたので福島弘和のものを買ってきました。勿論今回の饗宴でも曲を提供しておりまして、しかもスクールバンドプロジェクト向けの曲でした。これでしたらうちのバンドでも出来そうだなとちょっと思いました。
  1. 2016/03/14(月) 22:27:51|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kalafina LIVE TOUR 2014

 今日は休み。気が付けばまた一週間経ってました。3月も中旬に入ったのに冬の寒さが続いてしばれました。来週くらいには暖かくなって欲しいですね。

 もう1枚だけ最近購入したCDの紹介を。今回紹介するのはKalafinaというアーティスト(公式HPはこちらからどうぞ)のアルバムであるKalafina 8th Anniversary Special products The Live Album「Kalafina LIVE TOUR 2014」at 東京国際フォーラム ホールAです。Kalafinaも結成してもう8年になるんですね。1stシングルであるobliviousからずっと作品を購入してきました。Kalafinaは梶浦由記プロデュースによる日本の女性3人組ヴォーカルユニットです。梶浦由記らしい民族楽器を多用しておりながら力強いサウンドに、それ以上に声量があり力強いボーカルが特徴です。リリースする新曲は全てどこか神秘的な印象があり、キャッチーな派手さはないものの聴けば聴くほど味わい深いものになっております。今回の新アルバムはタイトルの通りライブアルバムとなっており、Kalafinaが結成して8年目を記念したライブイベントの内容を丸々収録した内容となっております。その為途中の観客の拍手MCなどもすべて収録されており、CDで聞いている人でもライブの感覚に近づく事が出来ます。驚いたのがライブでの歌声が音源と全く変わらないどころかより力強さが増している事ですね。音源用で収録される時は何度か取り直しを行い一番完成度の高いものを採用すると思うのですが、ライブは一発勝負ですので失敗もあり声が出なかったところもあったりしてそれもまた醍醐味になってたりします。ですが今回のアルバムではそんな様子は1つもなく、Kalafinaの完成度の高さが伺えました。私も生で歌声を聞いたことはなかったので是非一度は聞いてみたいですね。オススメの1枚です。

 Kalafinaに限らず梶浦由記は精力的にライブを行っている印象があります。梶浦由記自身もソロライブを行っておりますし、聞きに行こうと思えば必ず機会はあるはずですね。折角埼玉に住んでますので、行けるうちに行くのが大事ですね。
  1. 2016/03/12(土) 17:35:11|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GWAVE 2015 1st Colors

 今日は休み。先週は見事に夜勤が1日おきに入っていて完全な休みはありませんでしたので本当に久しぶりな印象です。夜勤が多いとあっという間に日々が過ぎていきますね。気が付けばもう3月ですからね。

 前回の記事でRyu☆のベストアルバムであるSTARLiGHT、MOONLiGHTの記事を書きましたが、この日は他にも買い損ねていたCDを合わせて買ってました。その中にはタイトルにもありますGWAVEの新作である2015 1st Colorsもありまして、毎回新作が出たら買うようにしております。GWAVEとは美少女ゲーム系の音楽CDを作るブランドでして(公式HPはこちらからどうぞ)、今回購入したタイトルは2015年の上半期にリリースされた作品から選んだ楽曲を収録したオムニバスCDです。半年に一度このような形でオムニバスCDを出してくれますのでその時にどんな楽曲がリリースされたか分かります。私も最近は殆ど同人ビジュアルノベルが中心ですので、商業でどのような楽曲が出ているのか把握していないので嬉しいですね。美少女ゲームはその性的な部分を対象としておりますのでどうしても世の中に大々的に宣伝することははばかられますが、音楽についてはオリジナル楽曲も数多くありとてもクオリティの高いものとなっております。今回購入した2015 1st Colorsは全部で16曲の楽曲が収録されているのですが、どれも快活でテンションがあがるものばかりなだけではなく音に厚みがありボーカルに力があります。一朝一夕で作れる出来栄えではありません。主題歌はその作品を象徴する大切な要素であり、そんな思い入れの強い楽曲が16曲も一気に聞けるのはとても贅沢ですね。主題歌を聴くだけならR-18ではありませんので是非多くの人に聞いて欲しいですね。

 ボーカリストも榊原ゆい、茶太、霜月はるか、真理絵など昔からの人が勢揃いで、未だに最前線で活躍していて嬉しく思います。割と固定化されている印象もありますが、それだけ絶対的な信頼があるのだと思ってますね。
  1. 2016/03/08(火) 11:02:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STARLiGHT、MOONLiGHT

 今日は楽団の練習日。前回の練習はJAEPO2016で行けなかったので1ヶ月振りです。そして練習が終わったら夜勤。またあっという間に過ぎていく1週間が始まるんですね。

 JAEPO2016の時に初めて知ったのですが、私の大好きなコンポーザであるRyu☆(公式HPはこちらからどうぞ)がベストアルバムをリリースしたという事で売り切れる前に買ってきました。その名も「STARLiGHT」と「MOONLiGHT」と言いまして、2作同時リリースでありながらそれぞれ2枚組という超大ボリュームとなっております。BEMANIシリーズのファンであればRyu☆を知らない人はいないと思います。トランス系のサウンドを中心に数多くの曲を提供しており、自身が所属するEXIT TUNES(公式HPはこちらからどうぞ)でもCDのリリーズやライブイベントなど精力的に活動しております。特徴はとにかくキャッチーで耳に残るサウンドです。同じフレーズを何度も繰り返す事で強く聞き手に印象に残り、どんどん音に厚みを持たせる構成がテンションも上げてくれます。またDJとしてだけではなくStarving Trancer森永真由美とユニットを組みボーカル曲なども数多く制作し、楽曲の幅の広さを示しております。STARLiGHTとMOONLiGHTは2枚で1つのベストアルバムなのですが、どちらかと言えばSTARLiGHTBEMANI寄りMOONLiGHTEXIT TUNES寄りな印象でした。そういう意味で私としてはSTARLiGHTの方が印象深かったですね。冒頭からMermaid girl、bass 2 bass、Din Don Danとバブルガムダンスで出迎え、その後もSecond Heaven、starmine、Sakura Reflection、I'm so Happyと象徴的な曲が続きます。これらの曲は他機種に移植されておりますのでBEMANIを知っている殆どの方が知っていると思いますね。そして最後には新曲であるSTARLiGHTMOONLiGHTが収録されております。STARLiGHTはスピードレイヴであり聞いた事のある声ネタはまるで今までのRyu☆の曲の全てを詰合せたようです。そしてMOONLiGHTもスピードレイヴでありながら哀愁溢れるサウンドで穏やかであり、まさに月の光のようです。トータルで80曲全5時間は本当に聴きごたえ抜群。是非ドライブをしながら聞いて疾走感を味わって欲しいですね。オススメです。

 また全ての曲がロングバージョンとなっており、ベストアルバム用にアレンジされております。これがまたオリジナルの良さを損なわないアレンジで原作が好きな方にも納得してもらえる出来栄えです。これまでの全てのアルバムを持っている方でも是非改めて全曲聴いて欲しいですね。
  1. 2016/03/06(日) 08:18:26|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第10回同人ゲーム制作勉強会に参加します

 今日は夜勤明け。最近は朝出社→そのまま夜勤→そのまま昼の仕事→夜帰宅の流れが当たり前になっている気がします。2日連続夜勤とかもありますし、もう半分以上は職場で泊まってますね。それでも来週になれば少し緩むのでまずはそこまでの辛抱ですね。

 タイトルにあります通り、第10回同人ゲーム制作勉強会に参加させて頂く事になりました。同人ゲーム制作勉強会とは、たんすかいという同人ゲームサークル(公式HPはこちらからどうぞ)の代表を務めているyosita氏が運営している同人ゲーム制作サポート(公式HPはこちらからどうぞ)の中の企画です。勉強会の名前の通り、同人ゲームを制作する上での有益な情報や技術的講演、シナリオ制作のポイントなどをyosita氏本人や様々なゲスト講師と共に意見交換する会です。yosita氏とは元々はノベルゲーム部などの活動で何度かお話させて頂きまして、たんすかいさんの作品である探偵のすすめ(公式HPはこちらからどうぞ)はコミカルなキャラクターによる本格的ミステリーが魅力的で楽しませて頂きました。今回同人ゲーム制作勉強会に参加させて頂くきっかけになったのはC89三日目の前日に開かれたノベルゲーム部のメンバーとの前夜祭でした。この時yosita氏を始め何人かの方と一緒に飲んでいたのですが、その時に勉強会の話を聞かせて頂き声を掛けて頂きました。私のHPにあるビジュアルノベルに求めるシステム周りを読んで下さり今回この内容をベースに是非講演して頂きたいという事。始めは自分に講師が務まるのかと恐縮でしたが、是非プレイヤーの視点からどのようなシステム周りが求められるか話して欲しいという事で参加を承諾しました。第10回同人ゲーム制作勉強会の開催日は3/26です、現在こちらのページで参加者を募集しておりますので是非興味のある方は参加してみてください。私も出来るだけ多くの事を話せるよう準備してまいります。どのような勉強会になるのかとても楽しみです。

 実際のところ私はノベルゲームエンジンにもプログラムにも詳しくありませんので技術的な講演は出来ません。ですがそれは逆にyosita氏のフィールドであり、私の講演と組み合わせて最適なシステム周りを整えて頂くのが一番良いのかなと思っております。現在PowerPointで話したい事をまとめております。勉強会終了後にはHPにもアップしようと思います。
  1. 2016/03/03(木) 21:36:41|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する