徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

C89一日目

 夕方くらいに大宮に帰ってきました。本日から皆さん待ちに待ったC89が開催されております。今年は例年のスケジュール通りの12/29~12/31の3日間で行われておりまして、私は1日目と3日目に参加の予定です。自由な表現の場としての世界最大のイベントであり、私にとっても起点となるイベントですので精一杯楽しもうと思っております。

 私もコミケに参加し始めてもう10年以上経過しております。初めて参加したのは2004年C66でして、あの時は東方永夜抄を買うためだけに友人と2人で西あ-53の上海アリス幻樂団に向かった事を覚えております。その後も毎年参加が叶いまして、学生から社会人となり趣味趣向が固定化されていく中で徐々にコミケに参加する目的が変化していきました。現在私がコミケに参加している一番の目的は同人ゲームを入手する事、そして同人ゲームを通じて知り合った方々とお会いする事です。初めて参加して数年は大手のサークルさんで長蛇の列に並ぶことがステータスだと思っていたのですが、その後大手ではない島中のサークルさんの作品1つ1つにも味わい深い作品があることを知り、現在では大手のサークルさんに足を運ぶことは殆どありません。そしてそのように島名のサークルさんを回っている中で徐々に顔なじみの方々が増え、掛け替えのない大切な縁が出来ていると思っております。コミケはそんな私にとっての大切な繋がりを作ってくれた場所でありますので、これからも変わりなく存在し続けて欲しいですね。

 それでは今日一日の行動を書こうと思います。

・3:00…起床
・4:00…寮出発
・4:30…大宮駅出発(京浜東北線)
・5:38…有楽町駅出発(有楽町線)
・5:56…豊洲駅出発(ゆりかもめ)
・6:03…国際展示場駅到着
・6:30…待機列確定

 C88までは宇都宮に住んでいたという事もありどんなに早く出発してもビッグサイト到着は7:30を超えておりましたが、12/1に大宮に引っ越したという事で前に浦和に住んでいた時と同様に京浜東北線の始発で向かうことが出来ております。そして当時一緒にコミケに行っていた友人と再び一緒に行くことが出来、3年半振りの雰囲気を懐かしんでおりました。実際のところ開場まで4時間程度寒空の下過ごさなければいけない状況において、知り合いが側にいる事程安心感がある事はありませんね。話し相手になりますし、何よりもスリや置き引きを防ぐ事が出来ます。今回も何人かの方が「バッグが見つからない!」と慌てておりました。こうなる事が一番悲しい事ですね。

 ちなみに待機列が確定してからトイレに向かったのですが、今回ふと思いついた事を実行してみました。それは敢えてりんかい線に乗り隣の東雲駅のトイレを使うという事です。始発組にとってトイレの問題は最重要課題です。10℃を下回る環境に何時間もじっとしていなければいけないのは非常に特殊であり、どんなに体調を整えてきても当日どうしようもなくなるのは仕方のない事です。ですが、何万人もの人が待機しておりますので当然各所のトイレは長蛇の列1時間以上の待ちも珍しくありません。仮設トイレも設置してあり回転は速いのですが、どうしても不衛生で使いたくないというのが本音だと思います。ならばビッグサイト周辺という枠組みに囚われず離れればいいのではないかと思ったわけです。実際東雲駅のトイレは誰もおらず待ち時間0分。電車も数分ヘッドで運行しておりますので足ロスも殆どありません。結果列を離れて30分で帰ってくる事ができました。今後もこの作戦は活用していこうと思います。

・9:15…列移動開始
・10:20…企業ブース到着

 これも毎回の事ですが1日目は企業ブースに向かいます。これはもはやコミケの定石と言えると思います。基本的に企業も十分なグッズを用意してはいるのですが、何しろ何万人も参加するイベントですので売れ行きの動向を図るのは大変難しく物によっては1日目で売り切れてしまう事も少なくありません。特にコミケはその場でしか入手できない限定グッズが多数あり、入手するために何時間も待つのはもはや当たり前です。その為目的のグッズがあるのであれば1日目の、しかも一番最初に向かうべきなのです。出し惜しみや変な予測は大概外れますからね。それでは今回私が行った企業について紹介します。

P.A.WORKS
私の大好きなP.A.WORKSが今年もコミケに出てくれました。そして目的はCharlotte (シャーロット) いいことある!グッズセット、SHIROBAKO アニメーション熱海受賞記念グッズセットの2つです。現在私が唯一見続けているアニメ会社であり、これからも楽しい作品を作って欲しいという想いを込めて毎回購入させて頂いております。グッズの中身で特に欲しかったのはCharlotteのミニファンブックとSHIROBAKOの原画集でした。どちらも非常にクオリティの高い作品でしたので、是非製作者サイドの声を聞いてみたく買ってみました。日記を書き終えてから早速読んでみようと思います。

Navel
次に向かったのは商業ゲームメーカーであるNavelです。Navelも現在私がデフォルトで作品をプレイしている数少ない企業ですね。今回は前にプレイした月に寄りそう乙女の作法2のサウンドトラックを入手するべく向かいました。ですが、私の確認不足だったのですが何と明日にならないと販売を行わないそうです。流石にショックを隠しきれませんでしたが、仕方がないのでその場を離れました。救いなのは、並んだ時間が15分と短かった事ですね。

5pb.
その後はVisualArt'sに向かい予定でしたが、何と別口で参加していた同人ゲームを見せ合う会のメンバーの方も並んでいて買って頂けるという事でお願いしました。代わりにその方が欲しかった5pb.の科学ADVセットを入手するべく並びました。現在5pb.が売り出しているのは最近発売したSTEINS;GATE 0ですね。その関連グッズという事ですが何とその中にサウンドトラックも入っておりました。私はまだ未プレイですが今後再販されるか分かりませんので念のため買っておきました。これも調査不足だったのですが思わぬ収穫でした。

 という訳で以上が1日目で向かったブースです。その後は一緒に並んだ友人と合流しお昼を食べ、その後無事VisualArt'sから帰還した見せ合う会のメンバーの方と物々交換を行い終了となりました。久しぶりに早朝から並んだ冬のコミケでしたが、2日前の電気外でリハーサルを行った事もあり寒さ対策については十分に出来ておりました。加えて友人と並び開場してからもこまめに見せ合う会のメンバーの方と連絡をとっていた事もあり退屈せずスムーズに物販を済ます事が出来ました。ここ最近は電波環境も良くこうした情報戦が出来るのが有難いですね。随分楽になったと思います。疲れすぎる事もなく程よい疲労感で帰宅する事が出来ました。まずは目的のものは一通り入手出来ましたので、明日は恐らく1日休んでると思います(Navelは別口で買って頂けることになりました!)。十分に休息をとり、メインである3日目に備えようと思います。

 その後は一緒に来た友人としばらく秋葉原の東京レジャーランド2でBEMANIシリーズしておりました。こうして一緒にBEMANIするのも久しぶりでしたし、流石の腕前でした。個人的にはBeatStreamの新作であるアニムトライヴが楽しかったですね。あの感覚的にノーツをなぞる爽快感は中々得られるものではありません。是非皆さんにも1度遊んで欲しいですね。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/29(火) 20:48:47|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気外祭り 2015 WINTER in 新宿

 つい先ほど大宮に帰ってきました。今日はタイトルにあります電気外祭り 2015 WINTER in 新宿(公式HPはこちらからどうぞ)というイベントに行ってきました。明後日から始まるC89の前哨戦として、そして絶対に欲しいものを手に入れるために久しぶりに気合の入ったイベントでした。

 電気外祭り 2015 WINTER in 新宿(以下電気外)とは、2009年に始まった美少女ゲームを取り扱うキャラクターコンテンツ関連のグッズ販売イベントです。元は秋葉原で行われまして、その時は秋葉原電気外祭りという名称でした。時期的にコミケと重複して行われているのですが、これはコミケに当選出来なかった企業の救済措置という事で同じく美少女ゲームブランドであるminori(公式HPはこちらからどうぞ)が主催して行われております。その為コミケに出店する企業と電気外に出店する企業に被りはあまりなく、人によっては先に電気外へ行きその後コミケにも参加するというスケジュールを組んでおります。様々な経緯が有り場所を変えながら毎年開催しており、今回は新宿にあるベルサール新宿グランドで行われる事となりました。

 今回初めてこの電気外に参加したのですが、目的は今年プレイしたサクラノ詩(公式HPはこちらからどうぞ)というゲームのサウンドトラックCDヴォーカルCDを買うことでした。サクラノ詩は今年の10月に(公式HPはこちらからどうぞ)から発売した作品で、情報が公表されてから何と10年もの年月を経てようやく発売となりました。元々人気ブランドであったケロQの姉妹ブランドとしての第一弾作品になる予定であり、その後ケロQから発売された素晴らしき日々の人気もあってその名前は多く広まり、いよいよ発売となって多くのファンが待ち遠しく思っておりました。事実エロゲー批評空間の方でも今年一番のプレイ本数を記録しており、また中央値も今年一番となっております。私のHPでも95点の高得点を付けさせて頂き、シナリオと音楽の両面でお気に入りのタイトルとなっております。そんなサクラノ詩の関連CDが今回電気外で初お披露目という事で、何が何でも入手しようと思っておりました。

 それでは簡単に今日の流れを書こうと思います。

・3:00…起床
・4:00…寮出発
・4:30…大宮駅出発
・5:30…新宿駅到着
・5:45…ベルサール新宿グランド到着

 事前に何人かの方から情報を経て「電気外は始発で行ったほうが良い」とありましたので大宮始発の京浜東北線で向かいました。完全にコミケで企業ブースへ行く時の流れですね。大宮に引っ越して初めての冬ですが、過去に浦和に住んでいた事もありその時の感覚を思い出してました。その為装備も完全にコミケに行くような格好で向かいました。お陰さまで寒さに対しては十分に備える事ができ凍えることなく並ぶ事が出来ました。ですが、本当の試練はここから待っておりました。

・9:00…開場
・12:45…枕到着

 元々今回の電気外は枕が最大手の予想もあり、全ブランドの中でも最長の待機列でした。まあそれは予想通りであり、むしろこれだけ並んでこそ流石のサクラノ詩だなと思ってました。ですが、9:00になって開場したにも関わらず全く列が動かないのです。不審に思いTwitterなどで情報を集めたところ、何とレジが1人しか対応していないとのことでした。元々こういうイベントは転売目的で買い占める人がいたり友人からの頼みで複数買う人がいたりで1人あたりのレジの時間が長くなる傾向にあります。それなのにレジが1人と聞いて割と絶望しましたね。ああ、これは確実にお昼超えるなと思いました。ですが、その時一緒に並んでいた前後左右の方々が偶然にも話の合う方々ばかりで、ずっと雑談しながら時間を過ごす事が出来ました。加えて枕以外に行きたい企業があったのですがそれについては一緒に来ていた同人ゲームを見え合う会のメンバーに買って頂きました。お陰さまで枕の待機列を凌ぐという点を除いて割と楽しく時間を過ごす事が出来ました。結果開場してから3時間45分後、朝並び出してから実に7時間もの時間を経てようやく購入することが出来ました。

・14:00…ベルサール新宿グランド脱出

 その後は一緒に来ていた同人ゲームを見え合う会の方ともう1人の方としばらく談笑してました。色々と商業ブランドの深い話ができて非常に楽しかったです。何だかんだで14:00までベルサール新宿グランドに滞在し、その後別れて大宮に帰ってきました。もうTwitterでケロQと検索すれば分かりますが、まあ確かに列の捌きは酷かったですね。これはもうちょっと改善出来たのではないかと思ってしまいます。例えば事前にオーダーシートを配って書いてもらう、物販に購入数制限を設ける、新アイテムのみ販売するなどです。電気外は17:00までのイベントなのですが間違いなく買えなかった方がいたと思います。本当、始発出来て良かったです。まあ、こういう事はイベントに参加していれば割とよくある事ですからね。今回は貧乏くじを引いたと思って諦め、今は手に入れる事ができた戦利品を嗜む事にします。何れにしてもコミケの前哨戦としての確認はバッチリ出来ましたのでこれで明後日からのC89に備えたいと思います。

 という訳で初めての電気外でした。まあ本当にコミケの企業ブースの縮小版という感じですね。そういう意味で動き方や待機列での待ち方に不都合はありませんでした。久しぶりの長時間の待機列は堪えましたが、目的のものも入手できましたので結果満足でした。何よりも新しい出会いもあり、楽しい時間を過ごせたのが一番の収穫ですね。C89でもこのような出会いがあれば良いなと思います。今日参加された皆さん、お疲れさまでした。
  1. 2015/12/27(日) 18:00:33|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015反省

 今日は何もない休み。既に仕事納めは済んでおりますのでビジュアルノベルをプレイしたり部屋の掃除をしたりとかなり自由な日々を過ごしております。ですがそろそろC89の準備をしなければいけませんね。具体的には予め予約できる同人音楽CDの予約と、同人ビジュアルノベル関係のサークルチェックです。年2回のお祭ですので、最大限楽しめるよう体制を整えて迎えたいですね。

 今回はタイトルの通り今年1年の反省を書こうと思います。年初に抱負を書いたと思ったらもう年末ですからね。本当あっという間という言葉が当てはまります。それだけ様々な出来事があり、様々な出会いがあった1年であったと思っております。趣味についてはこれまで継続してきた事は継続し、新たに挑戦できることは挑戦してきました。仕事も無理せず楽せずこなし、大きなトラブルもなく安定して送れました。体の方もこれといった怪我や病気もなく、健康とは言えないかも知れませんけど元気に過ごす事が出来ました。可もなく不可もなく、自分らしい1年を送れたと思っております。それでは今年はどんな1年だったか個別に見ていこうと思います。

・ビジュアルノベルについて

 まずは1つ目の趣味であり私のHPのメインコンテンツにもなっているビジュアルノベルについてです。今年は全部で77本のタイトルをプレイしレビューを書く事が出来ました。去年は68本、一昨年は43本でしたので着実に本数を増やせております。ちなみに77本中同人が73本商業が4本であり、すっかり同人ビジュアルノベルに傾倒しております。同人の持つ製作者とプレイヤーの距離の近さそこから広がる人間関係の楽しさを知って以来、この傾向は変わらないだろうと思っております。また詳しくは下の方で書きますが、今年は同人で忘れる事のない出来事も沢山ありましたので来年もまたそうした出会いがあればいいと思っております。ちなみにレビューを書いたタイトルは77本なのですが、今年は第2回のべるちゃんコンテスト審査員も行わせて頂きそこで15本のタイトルをプレイしましたので総プレイタイトルは92本となりますね。ちなみに今年特に印象深かったタイトルは、商業ではCHAOS;CHILDサクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-、同人では西暦2236年REVIVAL RESETキリンの国デイグラシアの羅針盤たそがれの街ですね。どれも大変印象深く残っております。詳しくはGame Reviewをご覧頂ければと思います。

・DDRについて

 次は2つ目の趣味であり高校時代から続けているDDRについてです。プレイ頻度は1~2週間に1回を目標にしてきたのですが、実際は1ヶ月に1回とあまり多くはプレイできなかった気がします。それでもレベルの低い曲についてはより高得点を出せるように、レベルの高い曲でも出来るだけ体力を温存した踏み方にしようと努めてました。私も今年30歳になった事もあり筋力アップや持久力アップというよりもむしろ体を労わる方向に向かうべきなのですが、未だに高レベルの曲についても新記録を出せておりますのでまだまだ限界を目指していきたいですね。何よりも今年はこれまでたどり着く事が出来なかった足紙さま?という称号を手にする事が出来ました。絶対にたどり着く事が出来ないと思っていた到達点にたどり着けましたのでかなりの自信に繋がりました。新曲もどんどん増えておりますので、取り残されることのないようついて行きたいですね。また今年も去年に引き続きeAMUSEMENTアプリによる投稿を続けていきます。DDRを通じて新しいコミュニケーションも出来ておりますので、現在のプレイ頻度を継続しつつレベルアップを図りたいですね。

・吹奏楽について

 次は3つ目の趣味であり中学時代から続けている吹奏楽についてです。これも月2回の楽団練習を基本として出来るだけ勤務を調整して練習及び演奏会に参加してきました。今年で入団から4年経過した事もあり、大凡楽団全体の流れも分かってきましたね。そして今年も去年に引き続きパートリーダーとしてパートへの連絡などを行ってました。技術的な部分は中々指導できませんが、今のポジションが苦という事はありませんので可能であれば継続していこうと思います。そして去年の年末ですが、ついに自分のTubaを購入しました。2,000,000円という高額ですが実に良く音が鳴る楽器でして、合奏をしていても楽に吹くことができております。購入して調度1年経過したということでかなり馴染んできましたね。という訳で吹奏楽もいま所属している楽団を中心に音楽を楽しむことを大切にして、出来る限り出席していこうと思います。

・イベントについて

 今年も様々なイベントに参加してきました。まずは即売会関係ですが、コミケを中心にCOMITIAM3COMIC1とお馴染みのイベントには参加してきました。そしてイベントに参加して製作者の方々と話をする事に加え、私と同じような同人ゲームをプレイされる方との交流も継続することが出来ました。具体的には毎回の即売会の中での会合や懇親会、おすすめ同人紹介という個人サイトを運営しておりますみなみ氏主催のイベントである同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーノベルスフィアというノベルゲーム配信サイトのイベントであるノベルスフィア懇親会、主に関西で同人ゲーム製作者の交流会を企画している筆者氏が企画している同人ゲーム.fes、そしてノベルゲーム部の活動です。特にノベルゲーム部については今年一番力を入れたイベントでして、私もノベルゲームソムリエとして参加する事が叶いました。本当に多くの出会いがあり充実していると思える1年でした。ビジュアルノベルをプレイする強いモチベーションになり、絶対の趣味である確信に繋がりました。この出会いは絶対に無くさないよう今後も各種イベントには精力的に参加しようと思います。他のイベントでは、毎年行っているJAEPO東京ゲームショウに参加してきました。一般ゲームの流れを体感するには一番のイベントですし、何よりも華やかですからね。これも毎年の事ですので参加していきたいと思います。

・HP全般について

 そしてHP全般ですが、一番大きな変化としましては独自ドメインを取得した事です。元々FC2の無料サーバーを借りていたのですが、広告が目に付くことURLをrallentando-ritに変えたかったのでいい機会でした。Game Reviewについてはレイアウトをそのままに本数を増やしてきました。後はTwitterを活用し多くの方とコミュニケーションをとり同時に自分からも発信してきました。これも作品をプレイしレビューを書き、製作者に断りを書いて、直接即売会で改めてお礼を言うという流れが確立できたと思っております。そして今年は【M.M 同人ゲーム紹介】のタイトルで定期的に同人ビジュアルノベルを紹介する事を始めてみました。毎回リツイートやいいねをして頂き本当に嬉しく思います。ちょっと最近更新が滞っておりますが、何とか定期的に継続していきたいと思います。日記についてですが、今年も3日に1つのペースで更新してきました。記事の中身については相変わらず徒然なくその時思ったことやハマっている事について書いており、このスタンスも変わらないと思います。という訳で定期的な更新が出来た1年でした。やはり私の活動の中心はHPですので、中身は変わりませんがこれからも継続していきたいと思います。

・その他

 その他特筆するべき事ですが、何と言っても西暦2236年の聖地巡礼を行った事ですね。3年ぶりの新規の聖地巡礼であり同人ビジュアルノベルでは始めてでしたからね。これも掛け替えのない出会いがありやってよかったと心から思えました。アニメはP.A.WORKSは欠かさずに気になったものについては見てきました。見る本数は毎季1~2本となっておりますが、本数は気にせずあくまで気分転換の感覚で継続しようと思います。ライトノベルや漫画については日頃からそこまで読んでいるわけではありませんが、気になったものは衝動買いしてますね。コンシューマのゲームについては、とりあえずFFシリーズKHシリーズについては継続しております。新作情報は欠かさないようにしなければいけませんね。

 という訳で簡単ではありますが2015年の反省になります。振り返れば今年も様々な出会いがありイベントがあり退屈しない1年でした。そしてそのどれもが人との繋がりによって起こった事であり、今の私にとって掛け替えのないものとなっております。来年も今年と同じかそれ以上のパフォーマンスが出来るか分かりませんが、大切だと思った事については妥協せず真っ直ぐに向かっていきたいと思います。代わり映えのしないHPですが、時々遊びに来てくれたら嬉しいです。今後ともM.Mの部屋をよろしくお願いします。
  1. 2015/12/25(金) 18:56:00|
  2. HP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEAGLE KICK

 今日は普通の仕事。そして今日で当面先の仕事を終わらせてきましたので、ちょっと早いですがこれで仕事納めです。後はC89に向かって着々と準備を進めるだけですね。

 そろそろ最後にしようと思います。M3-2015秋で入手したCDの紹介です。最後に紹介するのはBEAGLE KICK(公式HPはこちらからどうぞ)というサークルの作品である「BRAND NEW KEYS」というCDです。BEAGLE KICKさんのCDを買ったのは実は今回が初めてでして、M3で一緒に回った同人ゲームを見せ合う会のメンバーの方のオススメという事で手に取ってみました。早速聞いてみまして、実に穏やかなインストゥルメンタルな1枚でした。公式HPでも紹介しておりますが、BEAGLE KICKさんはハイレゾ音楽制作ユニットと銘打っております。ハイレゾ音源とはハイレゾリューションオーディオの事で、CDで収録されているスペックの44.1kHz/16bitを超えた音源です。それだけ情報量が多いという事であり、より臨場感のあるサウンドを聞くことができます。特にBEAGLE KICKさんは生演奏に拘りを持っておりまして、ハイレゾ音源であればあるほどその価値が増してきます。曲はピアノがメロディだったりアルトサックスチェロがメロディだったりと多彩ですが、全てが生演奏でありそれがハイレゾ音源で収録されておりますので聞き込めば聞き込むほど味わい深く感じます。何よりも穏やかであり軽快ですので作業用BGMに最適ですね。喫茶店などで普通に流れて欲しい1枚です。特にお気に入りなのはWonderful Worldという曲とYour Timeという曲ですね。サックスとピアノの掛け合いが非常に小気味良く、音楽を楽しんでいるという雰囲気を直に感じます。生演奏の魅力が詰まった1枚ですので、是非多くの人に聞いて頂きたいですね。オススメです。

 生演奏の魅力を感じるには、実際のところCDで聞くのではなくコンサートやライブで体感するのが一番です。それを出来るだけCDで再現しようという試みがハイレゾ音源だと思っております。今後こういったCDが増えていくと思うととても楽しみです。
  1. 2015/12/22(火) 23:16:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Astral Ending

 今日は楽団の練習日。今年も残り10日前後という事で楽団の練習も明日で今年最後となります。仕事の方は来週もありますが、それも数日こなせば今年は終わりでいよいよ年末となります。そろそろ本格的にC89の準備を始める時期ですね。

 引き続きM3-2015秋で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはBandalucia(公式HPはこちらからどうぞ)というサークルの新作である「Astral Ending」というCDです。Bandaluciaというサークルは私のお気に入りであるBarbarian On The Grooveから生まれた新ユニットでして、過去にDaybreakというCDを買わせて頂きました。Barbarian On The GrooveさんもBandaluciaさんも共通しているのですが、とにかく歌に力強さがあり心に響く声を届けてくれます。そしてそれぞれのCDにコンセプトが込められており、CD全体を通して1つの作品として作られております。今回紹介しているAstral EndingもそのようなコンセプトCDとなっており、その名の通り人生の終わりというテーマを表現した1枚となっております。公式HPではダークファンタジーと称しております通り、1曲目から無調で無機質なサウンドが鳴り響き開幕の合図となっております。そこからは霜月はるかIKUなどの有名なボーカリストのもとアップテンポで軽快な雰囲気になるのですが、曲調は短調でありわずかな物悲しさを含んでおります。そして最後、アルバムのタイトルにもなっているAstral Endingという曲はうって変わって穏やかな雰囲気ハ長調という最も基本的な曲調。まさに人生の終わりにたどり着き悟りを開いたかのようです。閉めにイントロダクションで流れたサウンドをアレンジして流し、トータル25分の作品は幕を下ろします。面白みはそれ程ないかも知れませんがまさに彼ららしい1枚となっております。ファンの方であれば勿論、そうでない方にも是非聞いて頂き独特の世界観を感じて欲しいですね。

 今回Bandaluciaとして新作を出したのは約1年ぶりだそうです。作者曰くBarbarian On The Grooveの中で固定化されてしまったものを一旦リセットするという意味合いも込められております。人生の終わりではありませんが、人生の区切りという裏のテーマが込められているのかも知れません。
  1. 2015/12/19(土) 22:56:39|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RTTF Records

 今日は夜勤明け。Twitterを見ていると徐々にC89への気運が高まっているのを感じます。年2回の盛大なお祭りに向かって準備を進めている皆さんにとっては今が一番しんどい時かとは思いますが、是非自分が表現したいものを完成させて多くの人に見て頂きたいですね。

 引き続きM3-2015秋で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはRTTF Records(公式HPはこちらからどうぞ)というサークルの新作である「Classical Candy 3」と「Vocal Vitality 2」という2枚のCDです。RTTF Recordsさんの作品は過去にSummer SunshineというCDを買わせて頂き、アップテンポでテンションの高いボーカル曲が印象に残っておりました。今回購入した2枚はどちらもM3-2015秋の新作であり、それぞれ個性的なコンセプトで構成されたトラックとなっております。ですがどちらもアップテンポでテンションの高いという点で共通しております。1枚目のClassical Candy 3ですが、その名の通り「展覧会の絵」や「木星」などの有名なクラシック曲をアレンジした1枚となっております。アレンジはハッピーハードコアトランスなどダンスミュージックではお馴染みのジャンルであり、テンションを上げながらクラシックを楽しむことが出来ます。2枚目のVocal Vitality 2オリジナルのボーカルコレクションとなっております。ですがそのジャンルはやはりアップテンポなものが多く、また男性ボーカルや女性ボーカルなどボーカリストも多彩ですので飽きが来ないですね。どちらのCDも多くのコンポーザやアレンジャーが関わっており、それが似たジャンルでありながら飽きが来ない構成になっている要因なのかも知れません。ちなみに一番お気に入りの曲はClassical Candy 3ではNight on Bald Mountain、Vocal Vitality 2ではMercuryという曲ですね。特にMercuryはアップテンポでありながらトランスという事で透明感溢れるサウンドが圧倒的なスピード感を生み出しており、それに重畳して奏でられる女性ボーカルも高音をしっかりと歌い上げる事でよりスピード感を高めております。テンションを上げたい時に最適な内容ですのでダンスミュージックが好きな方は是非手に取って欲しいですね。

 元々RTTF Recordsさんはダンスミュージックを作るという事で結成されたサークルのようで、2008年から定期的に作品をリリースしております。結成当時のコンセプトそのままに多彩な内容の作品を作り上げるバイタリティは今後も注目していきたいですね。
  1. 2015/12/14(月) 23:23:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイオン

 今日は夜勤明け。C89まで約3週間という事で仕事に慣れつつこちらの準備の方も進めております。まあ準備を進めるというよりも積んでいるビジュアルノベルを消化しているだけですけどね。引っ越しや異動で久しくプレイしてませんでしたので、少し意識的にプレイしていこうと思います。

 引き続きM3-2015秋で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはMANYO氏(公式HPはこちらからどうぞ)の個人サークル名義であるarcaneから出された「アイオン」というCDです。MANYO氏(読み方はまにょっ)についてはビジュアルノベル業界に関わっている人で知らない人はいないと言って良いと思います。もう10年以上著名な作品の主題歌を作曲しているアーティストで、その作曲数は100を超えております。名前は聞いたことがなくても曲は絶対に聞いたことがあるはずです。是非Wikiなどで調べてみては如何でしょうか。私もこれまでMANYO氏個人を特別意識していたことは無かったのですが、M3-2015秋の中で同人ゲームを見せ合う会のメンバーと一緒に回ったときに非常にプッシュしておりましたのでそれを切っ掛けに意識して買ってみました。今回購入したアイオンというCDはボーカルにLiZ氏を迎えたアルバムです。全部で15曲、トータル74分の大ボリュームな内容となっております。元はC88での新作だったのですが、M3-2015秋でも販売しておりましたので入手することが出来ました。全体の印象としましてとにかく透明感に溢れております。どこか宇宙深海など現実世界から遠く離れた情景が頭の中に浮かび上がるようです。合わせてLiZ氏のボーカルも透明感があり、1枚のアルバムとしての雰囲気を作っております。ボーカルでありながら作業用BGMとしていつまでも聞いていたい印象です。流石はMANYO氏といった感じですね。もっと早く注目していればとかなり後悔しております。圧倒的にオススメ。氏の楽曲が好きな方は是非手に取って欲しいですね。

 改めてWikiを確認してみたらまさか「月陽炎」や「朱-Aka-」や「Clover Heart's」「Clover Day's」を始めALcot全般の作曲者だとは思いませんでしたね。私がボーカルで高得点をつけているタイトルばかりです。他にもKeyの「ソララド」「Love Song」や霜月はるか関連など何という才能でしょう。もう生活の中に染み付いていると言っても過言ではありません。
  1. 2015/12/10(木) 20:01:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マチガミ少女、Halloween Night Parade

 今日は普通の日勤。新しい職場に異動になって今日で調度1週間になります。初めは研修があったりで実際まだそれ程仕事をしている訳ではありませんが、少しずつ職場の雰囲気にも慣れてきた気がします。

 引き続きM3-2015秋で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはABSOLUTE CASTAWAY(公式HPはこちらからどうぞ)というサークルさんの新作である「マチガミ少女」と「Halloween Night Parade」です。ABSOLUTE CASTAWAYさんの事を初めて知ったのはM3-2015春の時でして、その時購入したAnother Flower IIというCDが非常に琴線に触れる曲ばかりでとても印象に残っております。今回は新作が2枚も出ておりまして、どちらも非常に分かりやすい題材をコンセプトにしております。1枚目のマチガミ少女ですが、マチガミとは街神の事でその名の通り街の事を見守る神様です。街に住んでいる人達の信仰を集めそれを還元するという古き良き日本の姿をテーマとしており、ノスタルジィなサウンドが耳に残ります。2曲のボーカル曲はどちらもアップテンポでありながらじっくりと歌詞を聴きたくなる曲であり、日本人であれば絶対に気に入ると思いますね。2枚目のHalloween Night Paradeは、もうタイトル通りでハロウィンをテーマにしたトリッキーな曲ばかりです。途中語りも入り遊び心に溢れております。ハロウィンという一夜限りの夢の世界とその世界の中に迷い込んだ少女をテーマとしており、楽しい曲ばかりではなくややおどろおどろしい曲もあります。プロローグを除き3曲のボーカル曲で構成され、それぞれ毛色が全然違いますので聴き応えがあります。現在どちらも各種同人ショップで売られておりますので、是非手に取ってABSOLUTE CASTAWAYさんの魅力を感じて欲しいですね。

 ABSOLUTE CASTAWAYさんも即売会の度に新作を出しているようです。処女作は2007年のようで、そこから約8年欠かさず作品をリリース出来ているのは本当に凄いことだと思います。昔のCDはもう完売して入手するのは難しそうですが、もし再販するとしたら何としても入手したいですね。
  1. 2015/12/08(火) 19:49:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぜんぶ無調

 今日は楽団の練習日。大宮に異動して初めての楽団練習ということですが、やはり宇都宮と比べて圧倒的に近いですね。大宮からですと在来線で30分で上野に付けますので、時間の調整がしやすいです。

 引き続きM3-2015秋で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはMusic Pandora(公式HPはこちらからどうぞ)というサークルさんの新作である「ぜんぶ無調」です。Music Pandoraさんも即売会の度に必ず目を通すサークルさんの1つとなっております。作曲家である光田晋哉氏の個人サークルであり、耳に残るインストゥルメンタル曲を数多く作っております。ですがその楽曲の種類は様々であり、一概に「こういう曲」とイメージを固める事は出来ません。共通しているのはBGMとして最適なCD作りをしているという事です。1度ではなく2度3度と聞くことで魅力が引き出されてきます。今回入手したぜんぶ無調というCDも過去の作品と同様BGMとして最適な1枚となっており、ここ最近ずっとループさせて聞いております。特徴はもうタイトルそのままでして、どの曲も曲調がありません。いわゆる十二音技法と呼ばれる現代音楽の一種ですね。全部で8曲収録されているのですが、どれを聴いても何となく首をかしげるような印象を受けます。それでもを使ったものやピアノを中心としたもの、シンセサイザーバリバリなものなど楽器は様々であり不思議と飽きない魅力があります。とても面白い1枚に仕上がっており、是非その不思議な魅力を皆さんにも感じて欲しいですね。結構オススメです。

 今回のMusic PandoraさんのようにコンセプトCDを作るサークルさんは結構多くなっている印象があります。買い手としても「このCDはこういうCDです」というのがハッキリしている方が手に取りやすいので、実に理にかなっていると思います。初めてそのサークルさんに触れる方にも優しいですね。
  1. 2015/12/06(日) 23:53:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい職場

 今日は休み。12/1から大宮の事務所の方に異動しまして、最初の平日休みでしたので住民票の移動や運転免許証の住所変更などを行ってきました。これで晴れて大宮区民になりました。部屋の片付けもほとんど終わりましたので、本格的に大宮での生活が始まります。

 新しい事務所に異動しましたが、実際は受け入れ教育などがありまだ何も仕事はしておりません。それでも明日は早速夜勤が組まれており、本格的に仕事を行うのはもうすぐ目の前です。今回宇都宮から大宮に異動した訳ですが、新しい場所新しい仕事、そして新しい人間関係に慣れるというのは大変緊張しますね。仕事の中身的にも割と毛色の違うものになりますのでそれもゼロから学ばなければならず、暫くは本当に気持ちが落ち着かない日々になりそうです。ですがどんな人でも最初はみな他人だったわけで、それが仕事を通じて付き合っていく中で顔なじみになっていくものです。まずは人の顔を名前を覚えて、仕事を覚えて慣れていくしかありませんね。幸い新しい職場は結構フランクな雰囲気で堅っ苦しくなる必要はありません。私もどうしても性格上不器用で上手く人間関係が作れるか自信がありませんが、臆することなく向かっていこうと思います。後は趣味との兼ね合いですね。今年ももう一ヶ月切ったという事で毎年恒例のコミケも近づいております。ですがやはり仕事の流れを把握しないと心理的に中々ドップリと趣味に浸かることもできません。具体的に言えば吹奏楽、同人ゲーム、DDRです。未だ大宮に来てどれも再開しておりませんが、引っ越し作業も全て終わりましたのでそろそろ再開したいと思っております。そういう意味でも早く仕事に慣れて自分のライフスタイルを確立していこうと思います。暫くは日記とTwitterのみの更新になりそうですが、定期的に覗いてくれたら嬉しいです。今後ともM.Mの部屋をよろしくお願いします。

 とりあえずC89は参加出来ることが確定しました。年末年始はとりあえずしっかり休めるみたいです。まずはこれを目標に一ヶ月頑張っていこうと思います。
  1. 2015/12/03(木) 19:40:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する