徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

Feedback 6th

 今日は休み。久しぶりに何もない2連休でしたのでずっとビジュアルノベルプレイしてました。今日で5月も終わり、明日から暑い暑い夏の季節がやってきます(既に暑いですけどね)。

 前回の記事でC87関係は終わりとしましたが、すみませんもう1つだけ紹介させてください。今日紹介するのはなるけみちこさんのCDであるFeedback 6thという作品です。なるけみちこさんと言えば知っている人は知っていると思いますが、ワイルドアームズなどの作品でコンポーザをしております。私がなるけみちこさんを知ったのはゲームではなく純粋に即売会でたまたまCDを手にとった事が切っ掛けなのですが、まさかこれ程世間で有名なゲームのコンポーザをしている方だとは思いもしませんでした。そういう意味で私のなるけみちこさんへの印象と世の中の人のなるけみちこさんへの印象は違うかも知れません。ワイルドアームズはプレイした事がないのですが、サントラくらいは聞いてみても良いかなと思っております。そして今回紹介するFeedback 6thですが、これはなるけみちこさんの書き下ろしCDシリーズであるFeedbackの第6弾です。ちいさい灯りのようなやさしい音という紹介文の通り、とても穏やかでゆったりとした雰囲気の曲が収録されております。民族楽器を使用した物が多く、どこか広い草原の上で青空を見ながら寝そべっているかのようです。こういう曲は文章を書くときにうってつけですね。穏やかで自然と耳に入ってくるのでまるで自然と一体になっているかのようですからね。それでいて心を落ち着けてくれますので、邪心を抱くことなく物書きをする事が出来ます。これぞまさにBGM、強烈に心に残らなくても気が付けばそばにいる存在です。現在各種同人ショップや通販でも入手できますので、興味がある方は手に取ってみては如何でしょうか。

 ただ、こういう穏やかすぎる曲は時として寂しさをも助長する場合がありますね。気分が落ち込んでいる時に聞くと、もう仕事とか行く気が無くなってしまいますね。それ程までに威力がある一枚です。是非聞くときは自分のメンタルと相談するようにして下さいね。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 16:47:36|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRONTIER

 今日は夜勤明け。今週は夜勤の連続でしたので割と生活リズムが乱れ立ちでしたが、それも今日で一区切りです。明日が終われば土日は普通に休みですので、この機会に出来るだけビジュアルノベルをプレイしたいですね。

 本当はもう少しC87の戦利品はあるのですが今回でとりあえず最後にしようと思います。最後に紹介するCDはTatshMusicCircleの新作であるFRONTIERです。Tatshについてもこの日記の中で割と何度か登場していると思います(公式Blogはこちらからどうぞ)。前回紹介したkors kと同様、KONAMIの音ゲーであるBEMANIシリーズで多数の楽曲を提供しているアーティストです。現在はKONAMIを退社しており、その後はアニソンを提供したり音楽スクールの講師を行ったりと精力的な活動をしております。また同人活動としては上でも書いたTatshMusicCircleというサークルとして何枚ものCDをリリースしており、本人がコミケに参加していることもあり毎回長蛇の列が出来ております。今回のアルバムはそんなTatshMusicCircleからの新作であり、全部で7曲収録されております。7曲のうち2曲はボーカル曲であり、1曲はバンダイナムコの音楽ゲームである太鼓の達人収録曲です。全体のボリュームとしては30分と決して長くはありませんが、Tatshらしいノスタルジィ溢れるサウンドを堪能できます。正直なところ、Tatshの曲はコレと言った特徴はありません。本当に様々なジャンルの曲を聴かせてくれます。強いて言うならば、短調ベースの躍動感というところでしょうか。中二心をこれでもかと擽ってくれます。一度聞いただけではイマイチ掴めなくても、何度も聞いているうちに知らず知らず頭の中でリピートしてしまっていると思います。どのアルバムを聴いてもTatshに溢れておりますので、目に付いたら是非手に取ってみては如何でしょうか。

 Tatshの曲もBEMANIシリーズで見られなくなってから久しい印象です。それでも他の音ゲーでは割と曲数を提供しているみたいですので流石だと思います。私はDDRをメインにプレイしており今のところは他の音ゲーに手を出すつもりはありませんが、楽曲だけは聴き続けていきたいですね。
  1. 2015/05/28(木) 17:38:57|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Let's Do It Again!!

 今日は何もない休み。先週は珍しく夜勤もなく平凡な日々だったのですが、私の悪い癖である寝落ちが常駐化しつつありますのでどこかで断ち切らなければいけないですね。やりたいビジュアルノベルも沢山あるのにここ数日は全然進んでませんので、まずはベッドに吸い込まれない事から始めないと。

 C87の戦利品ではありませんが、記事にしておきたいCDの話を。私の趣味の中にDDRがあるのはこの日記の中でもしょっちゅう書いておりますが、DDRを始めBEMANIシリーズと呼ばれるKONAMIの音ゲーには本当に無数の楽曲がありオリジナルの魅力があると思っております。中にはKONAMIだけに留まらず自らレーベルを立ち上げてその活動の幅を広げている人もおります。今日はそんなアーティストの1人であるkors kの最新アルバムであるLet's Do It Again!!を紹介します。kors k(本名は斉藤広祐)は2000年という比較的初期からBEMANIに関わっており、その楽曲はbeatmania IIDXを中心として様々な機種で遊ぶことができます(公式HPはこちらからどうぞ)。私の中でのkors kのイメージですが、シンセサイザーを使ったハードコアが中心なのは勿論ですがとにかく様々なジャンルの楽曲を提供するアーティストだと思っております。ポップなものもありハウスもありボーカル曲もありユーロビートハッピーハードコアもあります。今回のアルバムも冒頭アップテンポで嫌が応にもテンションが上がる楽曲でありながら、中盤はシックなものが多く相変わらずの幅の広さを見せてくれました。そしてどの曲を聴いても1回より2回、2回より3回と繰り返し聞くことで少しずつ楽曲の魅力が引きずり出される感じですね。分からいものが徐々に紐解けていくような不思議な感覚です。そうして何度も聞いているうちに虜になっているんですね。昔からkors kのファンが多いのはこうしたところがあるのかも知れません。またコミケM3などのイベントにも積極的に参加しており、割と簡単にご本人を肉眼で見ることが出来ます。是非ファンであれば直接本人の手でCDを受け取って欲しいですね。これからもkors kの楽曲は追い続けていきたいと思いました。

 コミケやM3って、こうした自分のレーベルを立ち上げている人も結構多く参加してますね。そしてそういった人たちは勿論人気がありますので、壁を歩いていて行列が出来ているサークルに行けば大体は当たりです。CDそのものは後日一般販売される事が多いですので、顔を見るだけても行く価値はあると思います。
  1. 2015/05/24(日) 17:54:48|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Daybreak

 今日も普通の日勤。昨日の夜にどしゃ降りの雨が降ったためか、今日は一日中晴れていながらもとても過ごしやすい気候でした。今日のような気候が一番現場に向いてますね。暫くはこの天気が続けばいいなと思いました。

 今日もC87で入手したCDの記事です。今回紹介するのはBandalucia(読み方はバンダルシア)というサークルの1stシングルであるDaybreakです。Bandaluciaさんは実は私がお気に入りのサークルであるBarbarian On The Grooveのメンバーによる新ユニットです(公式HPはそれぞれこちらこちらからどうぞ)。Barbarian On The Grooveを初めて知ったのは大よそ3年半前位で、初めて聞いた時に持った感想はずばり歌に力がこもっているでした。業界では有名な歌手の方を何人も起用しているのですが、その誰もが力強く歌い上げているのです。自然と聞き惚れてましたね。その後も幾つかのコンセプトアルバムを作成されていてその殆どをイベントで購入しております。そして今回、そのBarbarian On The Grooveから新ユニットが生まれたということで絶対にCDを買おうと思ってました。1stシングルという事で収録曲は全部で6曲でした。長さも全体で25分と程よいボリュームで、シングルという割にはお得な内容だと思います。そして楽曲の感想ですが、バラード有りポップス有りで多彩なジャンルを楽しませて頂きました。そしてやはり共通点として歌声の力強さですね。バラードはしっとりと、ポップスは明るく歌い上げているのですが、その歌声に込められている魂がとても熱いのです。ボーカル曲の魅力はやはり歌手の歌声だと思いました。これだけ歌手の魅力を引き出せるサウンドは流石だと思いますね。これからもBarbarian On The Groove共々注目していこうと思います。

 イベントで同人音楽のスペースを回っているとやはり「この有名歌手が歌っています!」といった宣伝をするサークルさんが多いと思っております。人によってはそのやり方は歌手頼みで自分の音楽を売りにしていないとか言うのかも知れませんけど、やはりボーカル曲の魅力は歌手ですのでこの宣伝の仕方は的を得ているんですね。それでサウンドが気に入れば、そこからファンが増えていくのですから。
  1. 2015/05/21(木) 21:50:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独自ドメイン

 今日は普通の日勤。先週は本当に夏のような暑さでしたが、昨日今日はそうでもありませんでした。まあが降ったことで大地が冷えたからなのでしょうね。それでも確実に夏は近づいていますね。

 昨日Twitterで告知したのですが、この度独自ドメインを取得しました。私もこのHPを始めてそろそろ9年になろうとしております。始めた当時はとりあえずやってみるかの感覚でしたので無料のサーバーを借りてやっていたのですが、色々と知識を得ていく中でいつか独自ドメインを取得しなければと思ってました。独自ドメインの方が検索で引っかかりやすいですしオリジナリティがありますからね。合わせて私がこれまで借りていたサーバーはFC2なのですが、ページの頭に表示されるバーコードがいい加減ウザいと思ってました。最近FC2を取り巻く情勢が良くない事もあり、思い切ってサーバーも変える事にしました。ちなみに、いつまでも動かない私の背中を押したのは4th cluster代表のあおみかんさんでした(4th clusterさんのHPはこちからどうぞ)。ノベルゲーム部のフローチャートなどでお世話になったあおみかんさんですが、このような形で私的にもご意見下さりとてもありがたいです。Webデザインやそういった事にからっきしの私にとってこれ程頼れる方はいませんね。ちなみにドメインの名前は私のTwitterやメールアドレスにも使用しているrallentando-ritを採用しました。rallentandoとritはどちらもだんだん遅くという意味の音楽用語です。rallentando自分の意志で遅くゆったりとする、rit全体で統一して遅くゆったりとする、というニュアンスの違いがあります。作品のレビューは焦って書くものではなく、落ち着いてゆったりとした気分で書きたいという意味が密かに含まれております。今はまだ独自ドメインを取得しただけでそれ以外は何も変わっておりませんが、少しずつHPのデザインについても手を加えていければと思っております。これからもM.Mの部屋をよろしくお願いします。新しいHPは以下からどうぞ。
http://rallentando-rit.com/

 それにしても、HPを開設したときはまさかこの年まで同じような事をしているとは思ってませんでしたけどね。やっぱりレビューを書くという事がそもそも好きだったのかも知れません。積み重なって現在公開しているレビューは250本を超えてました。このままもっと沢山の作品に触れていきたいですね。
  1. 2015/05/19(火) 21:27:25|
  2. HP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリエント急行

 今日は久しぶりに何もない休み。最近ちょっと仕事でトラブルが続いた関係で家で何も出来ていませんでしたので、今日くらいは何かしようと思います。まあ、とりあえずはGWのイベント関連の戦利品を整理することですけどね。

 昨日は楽団の練習日という事で一日楽器を吹いていました。私が所属している楽団は毎年1月に定期演奏会を行うということで、現在はそれに向けた選曲を行っております。今の時期はある程度候補曲が決まってきている中で新しい曲もどんどん試奏し、雰囲気をつかんでいるところです。そして今日の練習ではタイトルにありますフィリップ・スパークのオリエント急行を演奏しました。私、実はこのオリエント急行がとても好きなんです。参考演奏はこちらをご覧になって頂ければ良いのですが、ヨーロッパを縦断するオリエント急行を象徴する華やかさと力強さ、そして移りゆく景色の変化を連想させるサウンドは非常に分かりやすく多くの人に評価されております。元々フィリップ・スパークの曲は好きなものが多く、過去にはハイランド讃歌組曲陽はまた昇るを演奏したことがあります。オリエント急行はそんなフィリップ・スパークの楽曲の中でもとびきり人気が高く、いわゆる強豪校と呼ばれる高校の吹奏楽部の方は割と演奏したことがあると思います。私は曲そのものは知っておりましたが演奏したのは今回が初めてで、Tuba的にどんなものか楽しみにしておりました。実際に吹いてみてですが、想像以上に金看バンドに厳しい構成でしたね。まずは息継ぎをする暇がなかなかありませんでした。元々疾走感表現している曲ですので流れるように展開する構成の為に休みは殆どありません。それでも場面展開する風景を表現する為に出すところは出さなければいけません。まあ、元々好きな曲でしたのでアドレナリンが出ていたのか演奏中は殆ど疲れは感じませんでしたけどね。この曲が今年の定期演奏家で選ばれるかは分かりませんが、選ばれた際には是非精一杯楽しませて頂きますね。

 という訳で今の時期は本当に色々な曲が吹けるのでこれはこれで楽しいですね。最終的にはどの曲が選ばれてもそれなりに楽しめるのが、きっとTubaの魅力なんですね。どうせメロディなんてないんですから、そしてメロディを吹いている人たちを支えるのが役割なのですから。
  1. 2015/05/17(日) 12:01:25|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほしいろトラベル

 今日は普通の日勤。なのですがちょっと突発的な作業が入って帰りが遅くなっております。急に真夏日みたいな気温になった為だと思うのですが、いよいよ今年も夏が始まってきたなと実感しますね。

 暫くはC87で入手したCDの記事になると思います。私のPCに取り込んだのはC87が終わってから割と直ぐなのですが、その後暫くビジュアルノベルのプレイに勤しんでいましたので1つ1つについて腰を据えて聞いている時間はとってませんでした。それでも「ああ、この曲いいなぁ」みたいなイメージは持っておりますので、後はそんな気持ちを持ったCDについて1つずつ記事にしていこうと思います。今回紹介するCDはほしいろトラベルというCDです。Mikazuki sofaさんというサークル(公式HPはこちらからどうぞ)の2nd Albumという事でして、タイトルの通り空に輝く星をイメージさせるような可愛らしい楽曲が多く収録されております。一番の特徴は、歌詞カードの中に絵本のような物語が書かれておりその物語と楽曲が連動しているという事ですね。ジャケットの表紙に書かれている女の子は三日月のソファで歌を歌っていたのですが、とあるきっかけで大事な星を地球に落としてしまいます。その星を求めて地球へとやってきたのですが、そこで様々なハートに触れることになります。非常に可愛らしい設定、そして純粋に歌を楽しむ女の子の気持ちが伝わる物語と歌詞だと思いました。ストーリーアルバムはこうした設定もまた魅力ですから聞いていて楽しいですね。とても温かい気持ちになる事が出来ます。現在同人ショップの多くで入手できますので、目にとまった際には是非買ってみては如何でしょうか。オススメです。

 どうも最近の私の趣味はこういったコンセプトアルバムに特化している気がします。単体の曲としての魅力はもちろんですが、それらが1つのテーマで統一されていたり物語があったりするとその関係性に惹かれるのかも知れません。非常に時間をかけて作品に愛情をかけている事が伝わりますね。
  1. 2015/05/14(木) 23:42:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GWAVE 2014 1st Favorite

 今日は夜勤明け。未だにGWの一連のイベントによる五月病から回復できていないM.Mです。まあ、回復しない理由は私の左にあるM3-2015春COMIC1☆9COMITIA112戦利品が鎮座しているからなんですけどね。少しずつ整理していかないとですね。

 まあ、これらのディスクを整理する前にデスクトップにあるC87の戦利品の整理が先なんですけどね。と言うよりも同人だけではなく商業のCDも整理できずデスクトップの上に散らばってますからね。もうこれ、整理が間に合わないんじゃないかって思ってますけどね。気を抜いたら直ぐにC88ですからね。そして、気に入ったCDは日記の中で紹介しながら整理していこうと思います。今回紹介するCDはGWAVE 2014 1st Favoriteです。GWAVEについてはこの日記の中でも何回か登場しております。PCゲーム主題歌コンピレーションアルバムという事で、時期を代表するPCゲームの主題歌を集めたアルバムです。私も最近は同人ゲームに傾倒しておりまして、商業ゲームは殆どやらなくなっております。そういう意味で、こういったオススメのPCゲームの主題歌を紹介してくれるアルバムはとてもありがたいですね。何よりもPCゲームの主題歌は普通のポップスと同等かそれ以上に完成度が高いと思っております。主題歌単体で聞いても聴き応えのあるものばかりですからね、そして今回2014 1st Favoriteを紹介しようと思ったのは、私が大好きなメーカーであるALcotの作品であるClover Day'sの主題歌が収録されていたからです(公式HPはこちらからどうぞ)。Clover Day'sはALcotの10周年記念作品でして、2003年に発売されたClover Heart'sの続編となっております。王道を行く学園ものでありながら主題歌の人気は凄まじく、10年たっても色褪せることのないサウンドを受け継いでどのような音楽を奏でてくれるか楽しみでした。結果しっかりと私の心を掴んでいきました。今でもよくサントラを聞きながら作業していますね。今回はClover Day's中心で紹介しましたが、それ以外の曲も全てレベルの高いものばかりです。興味がある方は是非買ってみては如何でしょうか。

 最近ですとサントラも初回限定盤とかでないと入手できない事が多いですからね。皆さんCDを買わなくなったからなのかと思っております。私のように未だにディスクを買っている人にとっては厳しい時代ですね。サントラが手に入るんだったら中古でプレミアついてても絶対に買ってしまいますね。
  1. 2015/05/11(月) 21:29:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA112

 今日はGW最終日。世の中的にも明日から仕事という人が多いと思いますが、私も例外ではなく今日までの休みとなっております。GW中は本当に多くのイベントに参加してきましたが、特に昨日行われたCOMITIA112はここ数ヶ月の集大成ともなるイベントでした。

 COMITIAについてはこの日記の中でも何度か書いておりますが、即売会の1つで年4回ほど行われております(公式HPはこちらからどうぞ)。ジャンルは自主創作オンリーという事で、二次創作はありません。その為非常にレベルの高い即売会となっております。同時に参加者もそういった点を理解している人が多いという事もあり、コミケほど混雑する事はありません。その点もあり私の中でも非常に大好きな即売会となっております。何よりも私が即売会に行く目的は同人音楽・同人ゲームであり、元々二次創作に興味がなかったので調度良かったんですね。今回も比較的多くの同人音楽・同人ゲームサークルさんが参加しておりました。ですが、今回のCOMITIAは私にとってとても意味のあるCOMITIAでした。それはCOMITIAにサークル部活動として参加するノベルゲーム部において、ソムリエ役として参加する事になったからです。

 前の日記でも書かせて頂きましたが、今回のCOMITIAにはサークル部活動としてノベルゲーム部が参加します(公式HPはこちらからどうぞ)。ノベルゲーム部とはその名の通り同人ビジュアルノベルのサークルさんで構成されている部活動です。私も同人ビジュアルノベルをプレイするようになって数年が経過しておりますが、その間にプレイ本数を増やしレビューの質を上げ、プレイした作品のサークルさんにお礼をし挨拶することで少しずつ交流を広げて行きました。合わせて同人ゲームをプレイする方々とお会いする機会に恵まれ、サークルさんだけではなくプレイヤーさんとの交流も広がりました。そして今回ですが、ノベルゲーム部の部長である黒柴亭さん(公式HPはこちらからどうぞ)から連絡を頂きノベルゲームのソムリエ役という立場で部員として参加することが叶いました。私にとってはもう飛び上がるくらい嬉しい連絡であり、やるからには今自分が出来る全てを込めてサークルさんを紹介していこうと思いました。

 連絡を頂いたのは1月末日でしたので、昨日まで約三ヶ月の時間がありました。当たり前ではありますが、まずはノベルゲーム部に参加されるサークルさんの作品は最低一つ以上はプレイしました。更新履歴をよく見れば分かりますが、1/31以降4月後半までプレイしたタイトルの殆どはノベルゲーム部に参加されるサークルさんの作品です。そして今回私が一つ提案したのですが、一般の方に分かりやすくノベルゲームを紹介したいと思いフローチャートを作成しようと思いました。実物はここから見て欲しいのですが、選択肢をいくつか選ぶことで自分にピッタリの作品にたどり着けるものです。始めは自分で作っていたのですが、おすすめ同人紹介(公式HPはこちらからどうぞ)のみなみさんに一部作成を手伝って頂き、何よりもこの洗練された動きとデザインは同じノベルゲーム部に参加する4th clusterさん(公式HPはこちらからどうぞ)の代表であるあおみかんさんの作成でした。フローチャートで色々とやり取りしていく中で、みなみさんやあおみかんさんに声を掛けて頂きこのフローチャートが完成しました。自分ひとりでは絶対に出来なかったものであり、本当に感謝しております。

 そして色々あって何とか当日までに作品をプレイしフローチャートを完成させました。COMITIA前日はあらかじめ都内にホテルを予約しスタンバイして臨みました。同じく前日入りしているメンバーと簡単に前夜祭も行いテンションを上げていきました。当日は8:00ビッグサイト集合ということで、準備から手伝いました。そして開会から閉会まで基本的にノベルゲーム部本部に待機し、チラシを配ったり作品を紹介したりフローチャートに触れて頂いたりしました。開会時は皆さん血眼になっておりますので殆ど見向きもされませんでしたが、お昼すぎから少しずつ足を運んで下さる方が増え、非常に盛り上がりました。特にノベルゲーム部の企画の一つである飲み物の提供は非常に好評で、さながらカフェのような佇まいで穏やかな空間が出来上がりました。そして私の個人的な知り合い同人ゲームを見せ合う会のメンバーも遊びに来てくれ、終始賑やかな時間を過ごす事が出来ました。8:00の集合から撤収した17:00まで9時間という長丁場でしたが、あっという間という印象でしたね。サークルさんと話をして一般の方と話をして知り合いと話をして、本当夢のような時間でした。

 そして撤収の後は打ち上げにも参加しました。打ち上げにはノベルゲーム部の方だけではなく同人音楽部の方も参加し、ザックバランにお話することが出来ました。私にとって物を作る人たちはすべからく尊敬の対象であり、そんな人達とお酒を交わすのは本当に嬉しい時間でした。出来るだけ多くの人と話はしましたが、取り分けフローチャートをデザインして頂いた4th clusterあおみかんさんと、春のうららを制作したSEAWESTさん(公式HPはこちらからどうぞ)と、西暦2236年を制作したChloroさん(公式HPはこちらからどうぞ)とは長く話していた印象であり、かなり言いたい事を言ってしまった感がありました。何と言いますが、絶賛しすぎて私の言葉から重みが無くなってしまうのではないかと思う程です。ですが実際そんなことは微塵にもなく、大好きな作品と尊敬する方に感謝を伝えるのが今回打ち上げに参加した目的の一つでもありました。他にも私がレビューで心がけていることとか音楽の話も出来、本当に時間以上に有意義な時を過ごす事が出来ました。

 という訳で長くなりましたがCOMITIA112の感想でした。今回ノベルゲーム部のソムリエ役に抜擢して頂き、本当に嬉しかったです。だからこそ恩に報いる為に自分に出来ることをさせて頂きました。結果どれだけの人に一般の方に作品を手に取ってもらえたかは分かりませんが、微かでも力になれたのであれば幸いです。何よりも私にとってレビューするモチベーションになりました。最近ちょっとレビューを書くスピードが落ちている感覚があり、少し焦っていたのかも知れません。ですが私のHPの売りはネタバレ無しとネタバレ有りを区別している事であり、それぞれで一定数以上の文章量がある事です。焦ってこれが疎かになっては意味がありません。時には忙しさでプレー本数が伸び悩む時期があるかも知れませんが、自分らしいレビューを維持していく為にも、そして多くの方に作品のテーマが伝わる為にも、今後も出来るだけ精一杯レビューを書いていこうと思います。今回ノベルゲーム部に関わった全ての皆さん、本当にありがとうございました。
  1. 2015/05/06(水) 19:16:54|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMIC1☆9 & character1

 今日は楽団の練習日。GW真っ最中ですが私も昨日からようやく連休になりまして、少しだけ仕事から解放されております。GWは色々なイベントがありますので、まずはこれらを1つずつ消化して楽しんでいこうと思います。

 という訳で昨日ですが、タイトルの通りCOMIC1(コミックいち)という即売会とcharacter1(キャラクターワン)というイベントに行ってきました。COMIC1は昨年に引き続き今回で3回目の参加となります。オールジャンルの即売会でして、小さなコミケという感じですね(公式HPはこちらからどうぞ)。それでも冬コミと夏コミの間の時期でもありますのでかなり多くのサークルさんが参加しており、非常に賑わいを見せておりました。オールジャンルという事ですので勿論同人ビジュアルノベルのサークルさんも参加しており、中には見知っているサークルさんもおりましたので挨拶に行くのがCOMIC1のメインの目的でした。それでもサークル数的には少ないので全体で30分程度で見終わってしまいましたが、その分じっくりと感想などを伝えたり雑談したり出来たのかなと思っております。加えて5/5(火)に行われるCOMITIA112に出るノベルゲーム部の宣伝もしてきました(公式HPはこちらからどうぞ)。私もソムリエ役で参加しますので、1人でも多くの方に目に留まって欲しいですね。続いてcharacter1ですが、こちらはキャラクターコンテンツ総合見本市となっており私の中ではビジュアルノベルの企業物販イベントだと思っております(公式HPはこちらからどうぞ)。最近は同人に傾倒しておりますので企業はそこまで見るものはありませんでしたが、最近プレイし終わったソレヨリノ前奏詩を制作したminoriには顔を出してきました。買ってきたのはドラマCDだけでしたが、楽しそうなブースの様子を見てまた次回作を買おうと思いました。

 という訳で簡単ではありましたが昨日行ったイベントでした。すっかり即売会の雰囲気にも慣れてゆっくり回ることを覚えてきました。即売会の良いところは製作者とプレイヤーの距離が近いことです。この近さを楽しむことが醍醐味だと思っております。ただ買って終わりでは味気ないですからね。さて、いよいよ明後日はメインのCOMITIA112です。ソムリエとして出来るだけ多くの方に作品が目に留まるよう精一杯頑張りたいと思います。
  1. 2015/05/03(日) 09:15:14|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する