FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

M気質

 昨日は土曜でしたが仕事でした。そしてそんな日に限って急な仕事が舞い込んでくるものですね。結局21:00位まで残業しておりまして、職場の同期も同じのタイミングで帰るようでしたので一緒に近くの餃子屋で軽く飲んで帰ってきました。という訳で今回はその餃子屋について・・・の記事ではありませんのであしからず。

 実は先月はやけに残業が多かったのですが、残業が多いからと言って職場の人全員が均等に残業が多いという訳ではありません。まあそれは社会人であれば誰でも分かっている事だとは思いますけどね。同じ職場の一般社員の中でも係職から主任職まで役職が分かれており、役職が分かれているので当然業務内容も変わってきます。その為社員全員に均等に業務を割り振るという事は実質不可能であり、ましてや個人個人の能力の差も少なからずありますので同じ役職でも人によって仕事の進み方に差が出るのは当然の事です。それでも残業が多い人とそうでない人で1つ確実に明確な違いがある事が分かった気がしました。それは仕事に対する姿勢の違いです。私の職場では1人1人に担当業務があるのですが、担当業務の全てをその人に任せきりにするのではなく時には同じ職場のメンバーでサポートし合いながら進めていくスタンスがとられております。そういう意味で悪い言い方をすればサボろうと思えばいくらでもサボれる訳で、その為に担当業務が遅れるのは会社にとって損失ですので誰かが補ってしまい結局職場としては丸く収まってしまうという訳です。そして私の職場でもどうしても仕事をサボる癖がついている人はおりまして、その人の担当業務を結局誰かだ肩代わりしているケースが少なからずあります。まあそういう人はいずれ周りからの信頼を無くしていくというのが摂理ですしその人その人で仕事に対する姿勢は様々ですので当人が後悔しない生き方をすればいいと思うのですが、私にとってはどうしても勿体ないと思うんですね。私も仕事をしながら頭の中はDDRとサウンドノベルでいっぱいだったりしますし勤務時間が終わればさっさと帰ってゲームしたいと思ってますが、その一方で誰かが仕事で苦労している様子を見るとやはり手伝ってあげたいと思いますね。別に手伝う事は義務ではありませんし会社に指定された勤務時間を超えれば後は当人の自由ではあるのですが、そんな杓子定規に収まらないのが現場での仕事というものだと思っております。お節介である事は結局のところ損な事であると思う人はいると思いますが、仕事というものは1人で完結している事は決してありませんのでお互い様の精神が最終的に自分にも返ってくる物だと思います。そういう意味でも、自分の出来る範囲で構わないと思いますので他人に世話を焼く事が出来る人が最終的には楽しく仕事をできる人になるのかなと思いますね。まだまだ仕事と趣味のバランスがとれていない私ではありますが、最終的には風通しのよし職場になれば良いなと思いながら仕事をしております。

 とまあそんな事を昨日餃子屋で同期と話していたんですけどね。もしかしたら、会社の一般社員という者は多少なりともM気質でないとやっていけないのかも知れませんね。いや、私も同期もMだとはこれっぽっちも思ってませんけどね。
  1. 2013/08/04(日) 08:44:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美幸

 8月に入りました。7月はゲリラ豪雨が多発したため結構な残業に見舞われてしまいましたけど、それは8月になっても継続しそうです。ちょっとサウンドノベルのプレイ頻度も落ち気味ですのでここら辺でギアチェンジしてやる気を出さないといつまでも積みゲーが消えませんね。

 この前仕事で那須塩原に行ったのですが、お昼をどこで食べるか考えていた時に穴場のラーメン屋がある事を思い出しましたので行ってみました。その名も軍鶏ラーメン美幸と言いまして、那須塩原駅から車で5~10分程度北に行ったところにあります。穴場とは言っておりますが、Googleで「那須塩原 ラーメン」で検索しますと結構上位に登場しますので決してマイナーであるという事ではありません。それでも穴場と私が思っている理由はその立地にあります。地図をご覧になれば分かりますが、店舗が普通の住宅地の中にありましてちゃんと場所を把握してないと辿り着く事が出来ません。一見何もなさそうな場所に突如お店が登場しますので、どこか隠れ家的な印象を覚える事が出来ると思います。ここのラーメンの特徴として軍鶏(読み方はしゃも)を全面に出しているところがあります。軍鶏はニワトリの一種であり少なからず目にする食材ではありますが、その軍鶏をメインとしてラーメンを作っているお店はここしか無いかも知れませんね。実際に全てのラーメンを軍鶏からダシをとったスープで作っておりますし、それ以外のメニューでも焼き軍鶏軍鶏鍋などがあり(要予約)本当に軍鶏が好きなんだなという印象を受けました。そして私が頼んだメニューは軍鶏塩白湯(パイタン)ラーメンと言いまして、とろみのある塩味のスープの中に軍鶏の香りが特徴的なラーメンでした。麺は手打ち麺と細麺を選ぶ事が出来まして、今回は細麺を選びました。軍鶏の香りのおかげなのか結構なボリュームのラーメンにも拘らずどんどん食べる事が出来ました。スープはやや塩味が濃い印象でしたが要望に応じて薄味にする事も出来ますので問題ありません。そして一番の魅力はお店の方がとても気さくな方であるという事ですね。丁寧に軍鶏について教えてくれるだけではなくよく話しかけてくれますので初めて来店する方でも戸惑うことなくメニューを頼む事が出来ると思いますね。という訳で穴場ではありますがネットですぐに検索に登場するラーメン屋である理由が分かりました。軍鶏をメインに扱ったラーメンは他ではなかなかお目にかける事はありませんので、那須塩原に旅行などで来た際には是非立ち寄って欲しいですね。備忘録はこちらからどうぞ。
 
 ちなみにお店の広さ的にはカウンターで6席、テーブルで8席程度だった気がします。そういう意味で他のお客さんとのタイミングによっては並ぶかもしれませんね。実際私たちが来た時も既に2組のお客さんがいましたし、それ以降も3組のお客さんが来ましたのでやっぱり人気があるんですね。
  1. 2013/08/01(木) 23:50:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する