徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

SC56

 今日は夜勤明け。雨が降るかもと思って雨具やビニールシートなどの準備を万全にしたのですが不発に終わりましたね。まあ降らないことが一番なので無事に終わって何よりでした。これを書いたらちょっと寝ようと思います。

 先週の土曜日は豊橋に行ってきたのですが、日曜日は日曜日でとあるイベントに行ってきました。その名もサンシャインクリエイションと言いまして、巷ではサンクリと略されて呼ばれていると思います。サンシャインクリエイション(以下SC)はいわゆる同人誌即売会の1つでして、池袋のサンシャインシティで行われることからサンクリと呼ばれているんだと思います。年3回程度行われてまして、今回で開催回数は56回目になります。コミケ以外の同人誌即売会では比較的メジャーなものなのではないでしょうか。地味にSCに行ったのは今回が初めてでして、機会があれば一度は見てみたいと思ってました。知り合いに聞いたのですが、SCは同人誌の割合が非常に多く私がメインとする同人ソフトや同人音楽は極端に少ないそうです。実際カタログを見たら同人ソフト・同人音楽は僅か10サークルでした。ですが有名な即売会は単純に興味がありますしたとえ10サークルでも新しい出会いがあると思ってむしろ楽しみにして向かいました。SCは11:00からの開場ですが私は11:30に到着しました。既に目的のものを買った人たちが引き返している時間ですね。広さ的にはビッグサイト1ホールの1/4程度でしょうか。参加サークルは全部で1,000程度ですね。来場者は前回は約8,000人だそうです。本当に縮小版コミケですね。会場の歩き辛さや込み具合はコミケのそれと同じでした。とりあえず同人ソフト・同人音楽サークルを回って目ぼしいものを買って、その後は会場全体を回ってました。賞味1時間程度の滞在だった気がしますが、さすがは有名な即売会ですね。とにかくその盛り上がりはコミケ同様で、時代の最先端を走っている感じがしました。即売会に行くと大体その時期の旬が分かるものですが、SC56で目立ったのはキュアピース・ニャル子・俺妹・Fate・東方でしたね。最新に合わせてくるという事はそれだけ重要な即売会であるという事だと思うんです。有名即売会の力を見た気がします。個人的な収入はそれほどなかったのですが、即売会の全体で作っている感じの雰囲気は大好きですので今後も積極的に参加していこうと思います。そんなことを思った初めてのSCでした。

 ちなみにここ最近でサンシャインシティに行ったのは確か例大祭だった気がします。今や同人界の最大ジャンルになっておりビッグサイトでないと開催できない規模になってますが、サンシャインシティで行われている時代もあったんですね。あの時はまだ大学4年でした。あれから6年も経過したわけですね。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/29(金) 11:16:19|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四天王

 一昨日大宮のメロンブックスに行ったのですが、やっぱりが山積みになってました。秋葉原のメロンブックスではツインタワー(アキバBlog注意)も出来ているみたいですし、これはもう風物詩と呼べますね。私もあれくらい気持ちよく麻雀を打てたら最強になれるんですけどね。

 前回メロンブックスのご当地キーホルダ目当てに豊橋に行ったという記事を書きましたが、普段行かないところに行けば当然その目的だけで終わるのは勿体ないと思うと思います。ですが、正直私は今回豊橋について全然下調べをしておらず、観光地や名物の1つも知りませんでした。それでも何かしたいと思ったわけですが、こういう時に思い当たるのはやっぱり食事だと思うのです。食べ物はその土地の魅力を理解する一番分かり易い方法だと思いますので、ここは1つ名物になるものを探しました。そしたら見つかったんですね。タイトルにある四天王というラーメン屋さんなのですが、何とここの名物が豊橋ラーメンだそうです。もう迷うことなくここに決めました。本当に日本人はラーメンが好きですね。どこに行っても絶対○○ラーメンといった感じのご当地ラーメンがあるんですね。ですが、正直ご当地ラーメンは有名どころ以外では案外味や麺が似通っていたりして極端に差別化を図ることが難しいと思うんです。そういう意味でこの豊橋ラーメンもちょっとした話題作り程度の感じで入りました。頼んだのは豊橋ラーメンとランチセットの高菜ライスでした。そしてやってきたのが、なにやらうずらの卵が5個も乗っているラーメンだったんです。そういえばJR豊橋駅の中でうずらの卵の生産が日本一という広告を見たのですが、成程これが豊橋ラーメンの由来なんですね。そしてスープはとんこつを思わせる乳白色のスープだったのですが、これはただのとんこつではなく文字通り牛乳の類が含まれているスープでした。これが結構麺やうずらの卵とマッチして、飽きずにスープを飲む事が出来ましたね。日本海側はしょうゆベースの薄味のラーメンが多いですし埼玉とかではつけ麺とかとんこつ系が多い印象がありますが、この牛乳ベースのラーメンは割と差別化できているんじゃないかと思いました。たまたま見つけたお店でしたがとりあえず豊橋らしいものを感じる事が出来て良かったです。備忘録はこちらからどうぞ。

 そういえば静岡に行った時もラーメン食べてました。本当にラーメン屋はどこに行ってもありますね。ラーメンのスープは豚ガラ・鶏ガラ・人ガラとはよく聞く言葉ですが、これに土地ガラもプラスできそうですね。
  1. 2012/06/27(水) 22:14:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

豊橋

 手帳で来週の予定を軽く確認したんですけど、まさか来週もほとんど飲んで終わりそうな1週間になっているとは思いませんでした。そんなに飲むのがしんどかったら飲まなければいいのにって思うかも知れませんけど、それでも飲むのが社会人らしいですよね。

 昨日の土曜は肝臓休みの日とか前回の日記で書いてましたが、実は元々昨日は用事が入ってました。それはずばりこちらです。という訳でもはや多くは語りませんが、いつものご当地キーホルダを貰う為に豊橋まで行ってきました。メロンブックスの新店としては蒲田に引き続き2年ぶりとなりますね。まさか愛知県に2店舗目が出来るとは思ってませんでした。まあ豊橋市は愛知県と静岡県との県境にある市という事で名古屋市からは距離がありますし、お隣は浜松市という事で人口的に考えると結構な穴場だったのかも知れませんね。という訳で朝の6:00に寮を出発し夜の21:30に帰ってきました(あ、当然鈍行ですよ)。もうあれですね、東海道本線の鈍行も慣れたものです。静岡にも何回か鈍行で行ってますし、あの微妙に乗り換えパターンがたくさんある静岡県内の東海道本線も戸惑いませんでしたね。それでもやっぱり静岡県は長いです。熱海から浜松までは平均で3時間30分かかりますし風景も似ていますので余計長く感じるんですよね。ちなみにですが、豊橋は私が普通の生活リズムの範囲で行ける最遠地点かも知れませんね。名古屋も日帰りで行けるんですけど、それにはコミケ並の起床時間と帰りは日付を超える覚悟が必要なのでしんどいんですよね。そういう意味でもだいぶ慣れたものでした(豊橋と同じくらいの距離感として他には新潟や仙台ですかね)。豊橋市ですが、愛知県を代表する都市という事で非常に発展している印象を受けました。JR豊橋駅は新幹線も止まりますし駅ビルやホテルも整備されています。駅前には路面電車が通り、駅を中心とした街並みが綺麗でした。当日は土曜日という事もあり繁華街は買い物をする人や学生で賑わってました。このレベルの都市こそ住むという事を考えた時に最適かも知れませんね。さいたま市はやはりゴミゴミしすぎていると思うのです。ちなみにメロンブックスはJR豊橋駅から徒歩3分の好立地でした。広さはそうでもありませんでしたがいつもと同じ雰囲気のメロンで安心しました。という訳でいつもの突貫で日帰りな1日でしたが、基本鈍行は好きですし天気も良かったですし満足でした。あれですね、たまには普通の生活リズムで行ける範囲で電車でブラリ旅とかした方が私の場合精神衛生上良いかも知れません。そんな事を思った豊橋でした。

 ちなみに事前に何も調査をしなかったのですが豊橋は地味にうずらの卵の生産が日本一なのだそうです。駅の広告を見て初めて知りました。この事はこの日の昼食にも関係してきます。これについては次回。
  1. 2012/06/24(日) 19:55:05|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

同期飲み

 先週はほぼ毎日飲んでました。火曜日から金曜日まで毎回だった気がします。そのどれもが別々の案件での飲み、こうなってくるとどれも断れないので後半になるにつれ厳しくなってきますね。今日は肝臓休みの日です。

 そんな飲み会の連続でしたが、最後にあたる金曜日は職場の同期で集まって飲んでました。来週で同期の1人が異動するという事で、こうなってくると中々全員で集まって飲むという機会が取れなくなるので異動の前に壮行会も兼ねて飲みました。同期飲みは割と定期的に行っているのですが、ここ最近は主に私の都合が悪くて参加できず実に半年振りだった気がします。先輩たちと飲んだり上司と飲んだりといった飲み会はいっぱいあったので酒自体は日ごろから浴びてるんですけど、やっぱり同期飲みは他の飲み会とは全然違いますね。何よりも気を遣わなくていいというのが大きいですね。他の飲み会ではなんだかんだ言って年代とか立場とか違う人がごちゃまぜですので最低限の気遣いはどうしても発生してしまいます。ましては私はまだまだ若手の方ですのでお酒を注いだり注文したりといった事は日常茶飯事ですので、それが無いというのはとても大きいですね。後はあれですね、何でも言えるというのも大きいですね。仕事をしていれば愚痴の1つや2つも言いたくなると思いますが、いろんな立場の人がいればそれも当然言える訳ありません。ですが同期ですのでその辺も気兼ねなく話せますし、本当の意味でリラックスして楽しめる飲み会だと思いました。飲み会の最後でもみんな話してましたが、昇進のスピードや年齢は違っても何だかんだ言って同期だな~って事ですね。こればっかりはどんなに時間が経っても変わらないので、絶対大事にしたい繋がりだなと思いますね。とまあそんな感じで19:00から始まって23:30までぶっ通して飲んでいた金曜日でした。

 ちなみに今回の同期飲みは赤羽で行いました。普段は職場のある大宮で飲むのですが、今回は東京の方で研修があった関係で赤羽になりました。やっぱり人の集まる街だけあって飲み屋の数ももの凄いですね。大宮もかなり栄えている方だと思ってますが、それに匹敵する賑わいでした。やっぱり飲み屋1つとっても街で雰囲気がだいぶ違いますね。
  1. 2012/06/23(土) 23:40:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FFXIII-2 O.S.T PLUS

 ついさっき寮に帰ってきたのですが、台風4号の影響でもの凄い暴風雨となってますね。タクシー乗り場はどこも超長蛇の列ですのであきらめていつもの通りバスで帰りました。当然靴もズボンもビショビショですのでまずはそれらの処置をして一段落したところです。

 先週日曜日にいつもの6FでDDRしていたので当然の流れで各種CD・同人・エロゲーの物色も行っていたのですが、久しぶりにFF関連のCDを見つけたので当然の流れで買ってきました。その名もFINAL FANTASY XIII-2 Original Soundtrack PLUSと言いまして、文字通りFFXIII-2のサウンドトラックの追加ディスクとなっています。最近のFFではPLUSと称して新たにサントラを出すケースが目立ちますね。初めて行われたのは確かFFIXだった気がします。ですがこのPLUS、収録楽曲についてはかなり吟味されていてどのシリーズでも高評価を得ています。今回のFFXIII-2の場合はDLCで追加になった楽曲とオリジナルの楽曲のアレンジ曲で構成されているのですが、特にアレンジ曲のセンスが光りましたね。FFXIII-2をプレイしたことがある方ならわかるかと思いますが、フィールドの曲については原則2種類あります。ノーマルバージョンとアグレッシヴバージョンがありまして、同じ曲でも全く違う雰囲気で楽しむ事が出来ます。何が言いたいのかと言いますと、アレンジされる事がある意味前提になっているんですね。このPLUSに収録されているアレンジ曲はゲーム内では聞く事が出来ません。ですがゲーム内でのノーマルとアグレッシヴのどちらにもない新しい解釈がされており、いかにもPLUSらしいCDを構成しています。ちなみにDLCの楽曲については私は知りません。シークレットエンディングを迎えてからは全く手を付けてませんでしたからね。その間に結構なコンテンツが追加になったみたいです。正直FFXIII-2についてはシナリオは残念でしたが戦闘システムはかなり面白い印象ですので、新BOSSなどのコンテンツはダウンロードする価値はあると思っています。何だかんだ言ってこういった外さない部分は外さないところは流石ですね。とりあえずFFXIII-2をプレイして音楽が気に入った方にはおススメです。どこの音楽CD店でも積まれてましたので買ってみては如何でしょうか。

 と言うよりもですね、私としてはシークレットエンディングのさらに続きをDLCで出して欲しいのですよ。そうすれば今すぐにでもFFXIII-2を再開しますよ。シークレットエンディングであれは正直無いと思ってますからね。
  1. 2012/06/19(火) 22:18:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定期報告(2012/6/17)

 今日は日曜日なのにいつもの6Fでした。最近は専ら平日しか行かないのですが、今日を逃すと最低2週間はDDRが出来なくなることが分かりましたので今日どうしてもやっておきたかったという事です。やっぱり日曜日は込みますね。それでも5台のDDRがフル稼働すれば十分回りましたし、上手い人がいっぱいいて良いプレイをたくさん見れたのでモチベーションを上げる事が出来ました。

 ここ最近はテーマを決めた記事しか書いてなかったので本当に日記のようなものを書いてみます。と言っても基本的には日記の最初の段落で語っているので特別話すことは無いのですが、ちょっと趣味的な部分について定期報告したほうが良い事が浮かびましたので書いてみようと思います。とりあえず今HP関係で行っているのは花咲くいろはの聖地巡礼レポの作成です。現在の完成度は40%といったところです。もうかれこれ1ヶ月以上経過しているのに筆が進まないのは、単純にやる気の問題です。まあ今回の聖地巡礼レポはこれまで書いてきたレポのどれよりも大ボリュームになる予定ですので、まだ日の目を見ないのですが少しずつ進んでいて停滞はしていないのでもう少々お待ちください。で、その分サウンドノベルはまた暫く停滞していますね。最近プレイしたのは魔法使いの夜ですし、プレイ終了から2ヶ月経過しようとしています。まあ、サウンドノベル再開は花咲くいろは聖地巡礼レポの完成後と決めてますのでしばらく再開は無いのですが、チンタラしているうちにC82が始まってまた大量のサウンドノベルが積まれる予感がするのでちょっと急ぎですね。とりあえず魔法使いの夜が今年の目標の20本のうち折り返しである10本目でしたのでペース的には順調ですね。後は最近聞いている曲ですと、本当に同人音楽の締める割合が増えた気がします。具体的にはC81で買った茶太bassyのCDや最近メロンで買いまくったCDです。私の場合は大体150曲くらいのお気に入りの曲をプレイリストとして保存してランダムで聞いているのですが、定期的にリストを精査して更新しています。今見てみると梶浦由記関係で14曲で一番多く、以下eufoniusで10曲、fripside島みやえい子key関係でそれぞれ8曲、茶太bassyでそれぞれ7曲と、ここまでで40%を占めています。その時々で流行ったアニソンとかはリスト入りして時間が経つと消える傾向ですね。新しいCDが増えると落ち着いて聞く時間もなくてCDやアーティストにすごく悪いことしてる気になりますね(自業自得ですけど)。という訳で暇なりに趣味は充実していますね。DDRはいつもの通りですし、結局は何も変わらずやっているという事です。キリ番とか指定してくれたら多分今以上にやる気が出ると思いますので、今後ともM.Mの部屋をよろしくお願いします。

 まあ、いつもの6FにDDRするついでに日課として秋葉原のエロゲー専門店には足を運んでるんですけどね。で、特化のものがあれば躊躇なく買ってますので順調に積まれていたりします。数週間経過したら暫くは嬉しい悲鳴が続く日々になりそうです。
  1. 2012/06/17(日) 20:55:40|
  2. HP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江 O.S.T

 この前職場の先輩が趣味で筋トレしているということで半ば強制的に付き合ったのですが、その反動でここ数日ひどい筋肉痛に苛まれています。ですがDDRで使っている筋肉は何ともないので、あんな週1のDDRでもそれなりに意味があったんですかね。とりあえず上半身を中心に不自由な生活です。

 ちょっと前にNewtonという雑誌を買った記事を書いたのですが、買ったのはヨドバシAkibaの中にある有隣堂という本屋でした。有隣堂は7Fにあり、普通の本を買いたいと思った時はよくここを利用します。で、普段は欲しいものを買ったらすぐに離れるのですが、同じ7Fには隣接してTOWER RECODEがあるんですね。それを見てそういえば普通のCDで1つ欲しいものがあったのを思い出しましたのでついでに買ってました。それがタイトルにもあります「NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江」でして、文字通り昨年放送されたNHK大河ドラマである「江~姫たちの戦国~」のサントラです。江~姫たちの戦国~は最近の大河ドラマでは珍しく全部見まして、教科書では書かれることのないその歴史に生きた人物の心理描写を表現した内容は個人的には非常に満足でした。そしてNHK大河ドラマの特徴と言えばやはりNHK交響楽団による壮大なオーケストラがあると思うのです。特に今回のメインテーマは明るい曲調の中に江が歩いて来た波乱万丈の人生観を表現するような場面転換が多くあり、それでいて軸になるリズムはぶれなかったというメインテーマに相応しい曲調だと思い是非欲しいと思いました。それ以外でも劇中で使われた曲はどれも生音さながらの迫力で、サントラというよりはNHK交響楽団のアルバムの様な感覚もありますね。ちなみにCDは2枚に分かれておりまして、1枚目に対して半年後に2枚目が発売されていたようですね。ちなみに他のNHK大河ドラマで買ったのは確か「新撰組!!」だけだったと思いますが、こちらももちろんNHk交響楽団のフルオーケストラです。いずれにしてもNHK大河ドラマは内容もそうですが音楽に関しては絶対に期待を裏切りません。サントラは意外とどの作品のものも発売されてますので、前に自分が見たとかゆかりのある作品なら買ってみても良いかも知れませんね。

 ちなみに未だにテレビを買っていない私は当然現在放送中の平清盛は見ていません。個人的に思ったことですが、大河ドラマって戦国時代よりも新しい時代のものが多いですね。やっぱり文献の有無などが関係しているんでしょうね。そういう意味で、平清盛は見た方が良かったんですけどね。
  1. 2012/06/15(金) 12:05:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

The Last Dark

 今日は夜勤明け。そして夜勤明け+平日=DDRの公式に従っていつもの6Fにいました。DDRは曲をプレイするごとにエンジョイレベルと言うものが溜まり、そのレベルが一定に達すると新曲が解禁されます。今回も1曲解禁したのですが、結構琴線にはまる曲でしたのでずっとやってました。それがこの曲です→

 皆さんは2011年の夏にBLOOD-Cというアニメが放送されたことを覚えているでしょうか?セーラー服の少女が刀を持って戦うコンセプトが特徴的だったいわゆるBLOODシリーズとカードキャプターさくらやツバサなどで有名なCLAMPのコラボ作品であり、アニメオリジナル作品です。私が見たアニメの中では数少ない★5つの評価をしており、世間の評判とは裏腹に私の中で非常に心に残る作品でした。そんなBLOOD-Cですが、放送終了の段階で既に劇場版の存在を示唆しており公開されたが何が何でも見に行く予定でした。それがタイトルにもあるBLOOD-C The Last Darkであり、先週の6/2にやっと公開されたのでさっそく見てきました。場所は私の住んでいる寮から一番近いさいたま新都心のCOCOON内にあるMOVIXでした。映画を見に行ったのは地味に文学少女以来かも知れませんね。正直なところBLOOD-Cの世間の評価は低いものだったこともあり、観客数は少ないものでした。まあそれは予測の範疇でしたし、そもそも私が好きなことに変わりは無いので人が少なくてむしろリラックスして見る事が出来ました。やっぱり映画館は迫力が違いますね。スクリーンが大きいというのももちろんありますが、それ以上に音が大きいので臨場感が半端ないです。ましてやBLOOD-Cは戦闘描写がポイントになってきますので、その部分の効果音は大きければ大きいに越したことはありませんからね。内容についての感想は続きを読むで書きますが、まあテレビ版を見ている人にとってはそれなりに満足のいくものだったのではないでしょうか。テレビ版で使われた数々のネタが散りばめられてましたし、テレビ版放送終了から1年経とうとしていて内容を忘れてしまった人でも思い出す事が出来たと思います。まあ内容が内容ですのでそれ程人に勧めるものではないのですが、テレビ版を見た人ならば是非心にたまっている鬱憤を振り払う意味も込めて劇場版を見に行くことをお勧めします。

 ちなみに劇場版本編開始前に数々のアニメの宣伝が流れてました。その数10以上で正直何のアニメだったかあまり覚えていないのですが、やっぱり劇場版アニメ同士協力し合って興行収入を上げようとしているんでしょうね。それでは内容の感想については続きを読むからどうぞ(ネタバレにつき反転注意)
[The Last Dark]の続きを読む
  1. 2012/06/12(火) 21:26:03|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

BAR

 昨日は新入社員の歓迎会がありました。私もそうだったのですが、新入社員は入社後直ぐに長期間の研修に入りますので職場に帰ってくるのは結構遅かったりします。昨日は全系統の新入社員の都合がよかったので歓迎会を開く事が出来ました。これも毎年のイベントですね。

 そして歓迎会は日中に行ったのですが、夜は職場の人と飲んでました。ですが、普段だと居酒屋とか串焼き屋のようなところで飲むのですが今回は趣向を変えて2次回はBARに行きました。実は私、BARに行くのは今回が初めてでどういう雰囲気なのかとかどんなメニューがあるのかとか全然知りませんでした。ダンディズムな人しか入れないようなイメージですね。私みたいにハイボールとか日本酒しか飲まないような人は合わないんじゃないかと思ってました。ですが、前に会社のセミナーで一緒だった人も「BARは色々な種類のお酒を飲めるから良いよ~」みたいに話していましたので、言ってみようという事になりました。向かったのは職場からそんなに遠くないBARで、カウンターがコの字になっている10人程度座れる感じのところでした。壁中に酒瓶が飾ってあり、完全に私の想像していたBARの雰囲気でした。さっそくマスターから「何しましょう?」と聞かれたのですが、メニューが無かったので正直に「普段日本酒とかしか飲まないので良く分からないんですけど?」って聞いたら、「なるほど、それでしたらジンなんかどうでしょう?」と言ってオリジナルのカクテルを作ってくれました。かぼす入りのちょい濃いめのカクテルでしたが、直球なアルコールの香りの割には口当たりが良く確かに甘口の日本酒に通じるものがあった気がしました。その後はウィスキーのロックとか飲んでましたが、間違いなく居酒屋とは違う雰囲気で普通に1人で来るような場所だと思いました。結局BARに入ったのは22:00だったのですが何だかんだあって2:00まで飲んでました。今回は職場の人と行きましたが、今度は1人で本当に自分に合ったお酒を探しに行ってみてもいいかなと思いました。そんな初めてのBARでした。

 それにしても、流石は大宮と言ったところでしょうかBARで調べればわんさか出てきますね。今回言ったマスター曰く、大宮界隈のBARだったらどこでもこんな感じで対応してくれるそうですので初心者でもなんとかなりそうですね。
  1. 2012/06/10(日) 22:17:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

カタハネ O.S.T

 最近寮に帰ってもすぐにゴロンと布団に入って寝てしまうダメダメな生活になっています。いや、先週土日は出勤やバーベキューで休みが無かったり今週も突発で色々な飲みが発生したこともあるんですけど、それでも寝すぎです。早く花咲くいろはの聖地巡礼レポを終わらさなければいけないのに、これじゃいつまでも終わらないですね。

 この前メロンブックスに行ったらずっと捜し歩いていたCDが見つかってしまいました。実はその日は仕事が終わってからあまり気が進まない集まりがあって、そこに向かう途中にブラリとメロンに寄ったんですけど、もうね、そんなアンニュイな気持ちが全部吹き飛んで今なら何を言われても許せる気持ちになりましたね。それがタイトルにもあります「カタハネ オリジナルサウンドトラック」と言いまして、文字通りカタハネと言うサウンドノベルのサウンドトラックです。この日記の中でもちょくちょく書いていますが、私は基本プレイしたサウンドノベルのサントラは全て買う事にしています。このカタハネも例外は無いのですが、ちょっと特殊な事情で入手できていませんでした。実はこのカタハネ、発売してからすぐにメーカーが倒産してしまってサントラの数が極少数になってしまったんです。その為中古店でもプレミアが付き、私が見た最大値はなんと¥49,800。そのサントラもいつの間にか店頭から消え、その後サントラを見ることはありませんでした。という訳で半ば幻のサントラだった訳ですが、何と今回再販が決定し店頭販売されることになったみたいです。実は私はこの情報は知らず、たまたま発売日にメロンブックスに立ち寄ったんです。本当に偶然でした。メロンでも残り2個という事で迷わず手に取りましたね。カタハネはとにかくその箱庭の中にいるような柔らかい世界観と西洋風の雰囲気が素敵な作品ですね。この空気感はそう出せるものではありません。また別方向でも有名でして、いわゆる百合ゲーとしての知名度も高いです。もちろんBGMもそんな雰囲気を表現するかのようなもので是非ともサントラは欲しいと思っていました。プレイしたのが約3年前という事で多少懐かしい感覚でサントラを聞いています。私が買ったメロンでは2日後にはもう無くなっていました。やはりその注目度は高かったみたいですね。もしかしたらまだ持っていないゲームのサントラも発売されるかもしれないので、ちょっと目を凝らして探してみるのも良いかも知れませんね。ゲームの感想はこちらからどうぞ。

 それにしても、カタハネが発売してからもう5年も経つんですね。私にとっては去年くらいに発売したイメージですけど、時間の流れは速いです。カタハネを作ったスタッフは別会社で作品を作ってたんですけど、そこもなくなってしまってますからね
  1. 2012/06/08(金) 10:41:24|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する