FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

数学的思考

 今日昼休みに仮眠をとっていたのですが、目を覚ましたら先輩から「疲れているの?」と聞かれました。理由を聞いたら「いびきが凄かったから。」だそうです。いびきって、自分で気が付かないから怖いですね。今回だけだったらいいですけど、そうでなかったら最悪です。

 この前職場の先輩から面白そうな本を勧められました。その名も「数学的思考の技術」というもので、経済の流れや年金や給与など自分がもらうお金、さらには人とのコミュニケーションの取り方や幸せな人生にする方法についても全て数学的思考が関係しているという内容でした。数学的思考とは、簡単に言えば物事を数学っぽく捉えるという事だそうです。これは難しい数式を使うという事ではありません。例えば、

・AさんがBさんのタクシーを使う事でBさんが収入を得る
・BさんがCさんのレストランで食事をとることでCさんが収入を得る
・CさんがAさんのコンサートを聴きに行くことでAさんが収入を得る


といった具合に、世の中のお金の流れは誰かがプラスになれば誰かがマイナスになり、その収支はプラスマイナス0になります。何が言いたいのかといいますと、Aさんがエコに目覚めてBさんのタクシーに乗らなくなったら、巡り巡ってAさんの収入がなくなるという事です。Aさんが1人Bさんのタクシーを使わなくてその分タクシー代が得するという単純な流れでなく、思わぬところで弊害は必ずやってくるという事です。そういう意味でのプラスマイナス0です。そしてそれはコミュニケーションにも通じる事です。例えば、

・DさんがEさんとの商談を成立させるために会話をする。
・DさんがEさんとの商談を成立させるために資料を用意して会話をする。
・DさんがEさんとの商談を成立させるために事前に茶菓子を買って資料を用意して会話をする。


という事では、Eさんとの商談を成立させるためのDさんの努力をマイナスとして、その分商談の成功率をプラスに持っている訳です。これも全体で見ればプラスマイナス0です。つまり、努力した分のマイナスは必ずプラスの結果を伴うという事です。もちろん人間関係はそう単純ではありませんし、日常生活で自分の行動が誰に対してプラスで誰に対してマイナスだからその引き算でこうしようとか考えたりしませんけど、全ての物事の収支は実はプラスマイナス0になるという発想は結構人生を楽しく生きる上でのヒントになるのではないかと思いました。とまあこんな感じでこの本は世の中の事について数学っぽく捉えて見ると面白いですよ~といった事が書かれています。まあ実際は数式を使わないから難しくないですよ~と言っておきながらその思想そのものが結構難しいので結果難しいんですけど、はまる人にはとことんはまる1冊だと思いました。

 実際文章に起こしてみると難しく感じると思いますが、こういった数学的思考は恐らくみなさん日常的にやっている事だと思います。飲み会で先輩にお酒を注ぐ労力(マイナス)の代わりに先輩の期限が良くなる(プラス)訳ですからね。このバランスをどうとるかが世の中を幸せに生きるヒントなのかもしれません。
  1. 2012/06/05(火) 23:45:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野川公園

 先週の木金は社内の吹奏楽の合同練習で昨日は普通に出勤、そして今日は再び楽団関連のイベントでした。ですが今回は練習の類ではなく毎年の恒例行事であるレクリエーションでして、内容もいつもの通りでバーベキューでした。天気が心配でしたが降られる事無く無事終える事が出来ました。

 この時期は毎年バーベキューのようでして、去年も同様のイベントを行いました。地味に私が楽団に入団してからちょうど1年が経過しており、このバーベキューが実はこの楽団での初めてのイベントでもありました。あれから1年経った訳ですが、割とイベントが多い楽団ですのでまだ1年しか経っていないのかという印象ですね。ちなみに場所は野川公園というところで、東京都調布市にある大きな公園です。JRの武蔵境駅始発の西武多摩川線に乗り、2つ目の駅である多磨駅から徒歩15分程度のところにあります。西武多摩川線なんて知ったのも乗ったのも今回が初めてでした。本当にこの調布・府中・多摩・小金井といった武蔵野エリアの地理感覚を習得するのは難しいです。そしてこの野川公園ですが、芝生を基調とした地面に広葉樹が広がっている涼しい公園でした。私たち以外にもバーベキューをしている人々が結構いましたので、この辺りの人々の憩いの地なのかもしれません。今回のバーベキューには全部で24人の楽団員とその家族の方が来られました。全体の半分も来てませんが、勤務の関係もありますので毎年こんなものです。基本的に自由に肉を焼いて飲んで楽しむ場でしたので、私の適当に首を突っ込んで話してました。吹奏楽団という事でやはり話題に上がるのは楽器の話や他の楽団の話、他のパートの話や昔の部活の話とそして先週行った合同練習の話題でしたね。本当に楽器が好きな人が集まっていて、中学高校と吹奏楽部に所属していた人なら「あるあるwww」と頷けるものばかりです。そしてやはり聞かれたのが「楽器買わないの?」でしたね。地味に色々とリサーチしているのですが、私が欲しいと思っているTubaは平均で1,800,000円とお高くまだ覚悟が決まりませんね。まあ一括で買えない訳ではないのですが、中古で1,000,000円程度で買える場合もあるらしいのでもうちょっと踏ん張ります。うちの楽団にはTrumpet(トランペット)10本も買っている人もいるくらいですからね。別のHorn(ホルン)の人は最近1,000,000円のホルンを買って2台を吹きまわしているそうです。私も恐らく何事もなければずっとこの楽団で吹き続けると思ってますので、そろそろ覚悟を決める時なのかもしれません。だからこそ、どのTubaを買うのかは慎重にしないとです。そんな楽器好きが集まったレクリエーションでした。

 ちなみに今回野川公園に行くために乗った西武多摩川線は何と単線でした。いわゆる大手私鉄と呼ばれる鉄道会社が管轄している東京都内での路線で単線が存在したこと自体にまず驚きました。まあ単線をバカにしている訳ではないんですけど、私の地元には単線しかないのでちょっと変なイメージがついてましてね。
  1. 2012/06/03(日) 20:02:22|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する