FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

まどか☆マギカ

 …暑い。まだGW終わったばかりだというのに既に夏を感じさせる熱気です。やっぱり関東の夏には慣れませんね。地元の夏とは暑さのレベルが違います。今年は節電が重要課題ですので、如何に体力を保って乗り切るかが課題ですね。

・魔法少女まどか☆マギカ…★★★☆☆

 という訳で「魔法少女まどか☆マギカ」の感想でも書こうと思いますが、正直感想というよりもむしろこの作品がどうしてここまで爆発的な人気になったのかという事の方が気になっています。確かに面白かったです。これまでありそうな内容でありながら何気になかった内容でしたし、キャラ絵とシナリオと演出のアクの強さが絶妙に混じり合った奇作だと思います。にしてもこの盛り上がりはちょっと驚いています。そこで、魔法少女まどか☆マギカにおける各要素をしっかりと見据えながらこの爆発的な人気の理由を探り、自分なりの答えを考えてみました。ネタバレ必死ですが興味のある方は以下からどうぞ。

↓ 以下ネタバレ ↓

 まずはシナリオですが、最初は魔法少女になる事と叶えたい願いを叶える事の間で揺れ動く少女の物語でした。ですがそれが後半になるにつれ魂のあり方・願いと代償のバランス・幸福と不幸とは・地球の歴史や時空の概念など、話数を重ねていく中でどんどん内容が重くなりもはや一話や二話のほのぼのとした雰囲気には帰れなくなります。これはある意味視聴者を飽きさせず毎話毎話次回はどうなるのだろうと期待を持たせるギミックかもしれません。ですがそれ以上に大事な事は、どんどんこの魔法少女まどか☆マギカという作品の印象が変わっていき「これはこんなアニメだ」と一口に言う事が出来なくなることだと思います。ほのぼのとしていると言えばそうでもありますし、自分の願いと代償を考える人生観の物語と言えばそれも正解です。人によってとらえ方次第で魔法少女まどか☆マギカという作品の印象は様々に派生する可能性があるのが特徴だと思います。

 次にキャラクターですが、どのキャラクターも初登場時と最終話で印象がガラリと変わるかと思います。さやかは中の良い友達だったのが最後はソウルジェムが黒く染まるほど自分を失ってしまい、杏子は敵かと思いきやさやかを思いやる最後を迎え、マミは頼れる先輩だったのが突然の戦線離脱、ほむらは無愛想なキャラかと思えば今作一番の立役者であり、まどかに至っては概念の存在になってしまいました。ここまでキャラクター性が定まらない作品はそうあるものではありません。ですがそんな定まらないキャラクター性ですがシナリオ上矛盾はなく、最終的にどのシーンのどのキャラクターのどの性格でも視聴者は受け入れているでしょう。おどおどしているほむらも凛としているほむらも同じほむらである、そういう事です。そんな中で唯一最後までキャラクターが変わらなかったのがキュゥべぇです。人類の上位にある存在、そんな手の届かない存在であるからこそ徹底して変わらないキャラクター性、このキュゥべぇと人間のキャラ作りのギャップも実は考えられているのかと思っています。

 次に演出ですが、ご存じの通りシャフトということでいつもの紙芝居を見ているような概念的な世界の演出が多かったと思います。ですが、このシャフトのお家芸ですがこれをオリジナルアニメでやった事がミソなのではないかと思います。オリジナルアニメですので、世界観や雰囲気はもちろんアニメ上でしか知る事が出来ません。ですがそのアニメの世界が概念的な世界でしか表現されなければ、当然視聴者が魔法少女まどか☆マギカに対するイメージもそんな概念的なものから作り上げるしかありません。これはある意味100人いれば100人の世界観が存在すると言えると思います。さらに、第10話でほむらによって繰り返された世界が語られましたが、実は何周繰り返されたかとかまどかと具体的にどんなやり取りがあったかとかは最小限しか語られていないんですね。最終話でも概念の世界についてもそれ程表現されていません。つまり、このあたりに視聴者に想像させる余地をあえて用意したと言えるかもしれません。

 そのくせ第3話でマミさんが頭を喰われるシーンや、第11話でほむらの足がつぶれるシーンなどインパクトのあるシーンについてはハッキリと表現しています。このバランスも憎いですね。確実に全ての視聴者と意識や話題を共有できる部分を用意していますからね。そしてそれはキュゥべぇの徹底した悪役という配置や銃や爆撃が中心の戦闘シーンなども同類項だと思います。インパクトのある部分、負の部分だけ一貫して書く事で視聴者の意識を束ねる、これもミソになると思います。

 以上の点から考えまして、なぜ魔法少女まどか☆マギカがここまで流行ったのかをまとめようと思います。言ってしまえば、キャラクター・シナリオ・演出の曖昧さとインパクトシーン・キュゥべぇのキャラクターの一貫性のバランスだと思います。キャラクター・シナリオがどんどん変化していきこれはこれと一口に言う事が出来ないという事は、ある意味では視聴者の想像性を掻き立て自分だけの魔法少女まどか☆マギカを作る事が出来ます。これはその概念的な演出の効果もあり、実際に多くの同人誌が書かれておきながら「こんなアホな世界ありえないと言い切る事が出来ない。確かにこんなシナリオもあり得たかもしれない。」と納得せざるを得ない訳です。ここで大事なのは、公式が曖昧であるという事です。公式が曖昧ですので、その曖昧の幅では視聴者が何をしても間違いではないのです。だからこそ何の後ろめたさも無く同人活動が出来るともいえると思います。これはある意味「東方シリーズ」の爆発的な人気とも繋がるかもしれませんね。そして、そんな中でインパクトシーンをクッキリと表現しキュゥべぇのキャラクター性を一貫して表現する事で、ある程度の方向性のみを揃えています。ここで魔法少女まどか☆マギカという作品が多方面に拡散して収集がつかなくなる恐れを束ねているんですね。曖昧さと一貫性のバランス、これこそが魔法少女まどか☆マギカが爆発的に人気が出た理由だと思います。


↑ 以上ネタバレ ↑

 とまあそれらしく語ってみましたが、純粋にシナリオの虚淵玄・原画の蒼樹うめ・監督の新房昭之・音楽の梶浦由記という制作陣の持ち味を完全に出しておきながら、作品として1つにまとまっているという事実が爆発的な人気になった一番の理由かもしれません。しかもこれはオリジナルアニメです。制作段階で何も道しるべとする物が無い中でこのまとまり具合はもはや奇跡と言えるのかも知れません。その奇跡を実現させただけの「代償」としてのこの爆発的な人気、これこそまさに円環の理なのかも知れませんね。
  1. 2011/05/09(月) 21:07:50|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絵師100人展

 …最悪。目を覚ましたら14:00とか。まあもともと今日は雨でしたので早起きしても何処にも行かなかったとは思いますが、凄く損した気分ですね。これが私のGWの最終日。

 昨日は秋葉原にいたのですが、秋葉原UDXで非常に興味深いイベントを行ってました。その名も「絵師100人展」と言いまして、現代のサブカルチャーの第一線で活躍する絵師さんが、日本というテーマで描いた新作を展示する場です。昨日はGWの中ではありましたが平日でもありましたのでそれ程混んではいませんでした。入場料も¥1,000でしたので、私もちょっと覗いてみました。会場は幾つかのスペースに区切られており、それぞれの壁に絵師さんの原画が飾られていました。日本をテーマにしたという事ですが、各絵師さんが日本と聞いてどのようなイメージを持っているかが様々でした。巫女さんだったり、制服少女だったり、着物だったり、田舎娘だったり、全く趣の違ったものだったりと色々ありました。それでもそのたった1枚の原画に込められたメッセージは深く、また技術も非常に高い作品ばかりでしたので1つ1つじっくり見る必要がありました。有名絵師100人ということで、アニメ・ライトノベル・同人・サウンドノベルと何かしらのジャンルに触れている人ならば知っている絵師さんがいるのではないかと思います。私は主にサウンドノベルの原画家さんなら知ってますので、最近の人からちょい昔に流行った人まで見知った人が大勢いました。世間的にはこういった美少女の絵というものは中々受け入れられない傾向にあります。それは、どうしてもこういった絵が生まれた文化がサブカルチャーであり、また一部の年代や性別の人に支持が偏っているという事が理由かと思います。それでも、こういった絵師さんの技術力や表現力は日本の文化でも代表されるべきものであり、もっと広く知られるべきものであると思っています。今回は絵師ということでのイベントでしたが、今後サウンド・シナリオなどでもサブカルチャーで活躍する人の姿が見られるイベントがあったらと思っています。

 ちなみに今日秋葉原にいった友人が言うには、メチャメチャ混んでいたの事。なるほど、やはり土日となるとまた違うのかもしれませんね。この展示会も5/8(日)までですので、最終日である明日はものすごい人ごみになるんでしょうね。
  1. 2011/05/07(土) 21:40:11|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

花果山

 今日はいつもの6F。私のGWも何気に明日で終わりですのでそろそろ平常運転に戻そうと思います。平常運転へのスイッチ、私にとってそれはDDRなんですよね。本当に。

 一昨日城端曳山祭に行ったという話をしましたが、行きは鈍行で向かいました。その際一番の接続待ちを食らったのは実は新潟県上越市にある「直江津駅」というところで、13:38に到着して出発が14:51という間隔。流石に1時間以上ホームで待つのは切なかったので、ちょっと遅めの昼食をここでとりました。で、前に上越に住んでいた友人に聞いたところ、美味しいラーメン屋さんが駅から歩いていける距離にあるという事で行ってみました。その名も「花果山(かかざん)」と言いまして、あっさりしたスープのラーメンが特徴なのだそうです。ラーメンの種類もしょうゆ・みそ・塩とありまして、ここはあっさりしたスープに期待して塩で行きました。しかも塩味のラーメンで期間限定メニューがありましたのでそれにしました。感想ですが、本当にアッサリしていました。海老の出汁は非常に効いているのですが、薄味でしたので相乗効果でとてもアッサリに仕上がっている感じでした。最近豚骨醤油やつけ麺のようなこってり系のラーメンばかり食べていましたのでこれは新鮮でした。私の地元である山形県庄内地方のラーメンもアッサリしていまして、日本海側にはこういった味が好まれるのかもしれません。具も沢山ありボリュームも十分でした。それでもアッサリしていたのでいつの間にか無くなっていましたね。ちなみにお昼はチャーハン・餃子・杏仁豆腐のうちどれか1品がサービスになります。そして、実はお昼の開店時間が14:00まででしたので入店したのは結構ギリギリだったのですが、お客さんは多くいましたね。確かにこれなら有名店になると思いました。おススメです。備忘録はこちら

 やっぱり、接続待ちの時間をいかに有効に使うかもこういった旅の醍醐味ですね。実際お昼に花果山に行く事は前日から決定していました。下調べしてなかったら、普通に駅蕎麦になってた気がしますね。
  1. 2011/05/06(金) 21:30:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

城端曳山祭2011

 世間的にはGWな週となっていますが、私にとってもそれは例外ではなく5/3から5日間休みになっています。そして、GWの休みとなればやる事は決まっていました。そうです、タイトルにもあります通り「城端曳山祭」に参加する事でした。

 城端曳山祭とは、富山県南砺市城端地区で行われているお祭りです。曳山と呼ばれる長さ6mの山車で街を練り歩く豪華絢爛なお祭りです。初めて行ったのは去年だったのですが、この時の目的は純粋にtrue tearsの聖地巡礼でした(感想はこちら)。ですが、そのあまりにも優雅な雰囲気と迫力、そして何よりも地元の人の地元を愛する心意気に感動してしまい。毎年1回は必ず城端に行こうと決意させられてしまいました。実際今年のGWは特に予定もありませんでしたし、行かない理由はありませんでした。ちなみに出発は5/4でしたが、一週間前に東京で遊んだ金沢の友人と都合がつきましたのでこの日は真っすぐ金沢に向かい、巡礼そのものは5/5に行いました。ちなみにですが、金沢までは全て鈍行で向かいました。理由は特にありません。気まぐれです。北浦和を出発したのが6:34で金沢到着が18:12、途中接続待ちの時間もありましたがトータル12時間の電車の旅は流石に応えましたね。何もしていないのに疲れました。という訳で5/4は金沢で友人と合流し、ちょっとDDRして焼肉食べて飲んで友人の家でまどか見終わった報告して遊んで泊めてもらいました。金沢に来てもやる事はいつもと同じかよと突っ込みたくなるかも知れませんが、この日常感こそ一番だと思うのですよ。翌日は7:11の金沢発の鈍行で城端に向かう為に朝早くの出発でしたが、友人とはどうせまた直ぐに会う事になりますのでアッサリと別れました。そして曳山祭ですが、流石の盛り上がりでした。やっぱり曳山の車輪が軋む音を聞くと、あ~城端に来たんだな~って気になります。ちなみに今回の曳山祭にはやたらとヲタ集団がいました。理由ですが、何とtrue tearsの制作元であるP.A.WORKSが現在制作しているアニメ花咲くいろはグッズ販売じょうはな座で行うとのことでした。物販会場ではお祭りとは違う異質の空間が出来ており、コミケを彷彿とさせる列が形成されていました。本当、ヲタの行動力は流石ですね。ま、私も並んだんですけどね。とまあそんな感じで忙しかった2日間でした。とりあえず目的である友人と飲む、城端曳山祭に参加する、花咲くいろはのグッズを手に入れるの全てを達成できたので良かったです。そして北陸はやっぱり好きですね。空気感と言いますか、関東はともかく東北とも違った穏やかさが好きです。今年は既に冬に行っており今回で2回目ですので、夏とか秋にもふっと行ってしまいそうです。そんあ2日間でした。

 そういえば、上でもサラッと書きましたが「魔法少女まどか☆マギカ」見終わりました。そのうち感想でも書こうと思います。とりあえず、世間でどうしてこんなにも人気がある理由は分かった気がしました。
  1. 2011/05/05(木) 21:31:59|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

A.R.

 最近「初恋(R-18注意)」というサウンドノベルをクリアしました。2002年の作品という事で結構昔の物になりますが、学園物の王道を作った作品の1つという事で非常に安定した完成度でした。感想はこちら

 衝動買いしたCDその4です。前に「Steins;Gate」というサウンドノベルをクリアしたという話をしましたが、そのサントラ以外にも関連するCDを買ってました。その名も「A.R.」と言いまして、これはWindows版のSteins;Gateで新規に追加されたテーマ曲です。Nitroplusからの作品という事でボーカリストはもちろん「いとうかなこ」です。やはりこの人の声を聞くとニトロだなぁという印象ですね。非常にスピード感のある曲でありながら頻繁に転調しますので、一口にどんな曲という事は出来ませんね。まあ、そのあたりにSteins;Gateという作品性がにじみ出ているのかもしれません。ですが、この曲の最大の特徴はやはりその歌詞にあると思います。初めて聞いた人には歌詞の真意が分からないかもしれませんが、一度クリアした人が改めて聞くとゲームの情景が思い出されて一層この曲の魅力が増すのではないかと思います。このA.R.に限らず、Steins;Gateに関わる曲は全てその歌詞に深い意味を込めてますね。それだけ作品の魅力を深めようとしているのでしょう。ムービーも非常にかっこいいですし、全くSteins;Gateという作品に負けていません。あと、私はいとうかなこの曲はもっと大人しい感じの曲しか知りませんでしたので、こういうアップテンポの曲はある意味新鮮でした。そういう新しい発見が出来ただけでも十分収穫でした。いとうかなこファンなら既に持っているでしょうが、おススメです。

 ちなみにSteins;Gateは今アニメで放送もしていますが、これのOPもいとうかなこでしたね。そして分かる人には分かる歌詞でした。このあたりの徹底ぶりも流石ですね。
  1. 2011/05/03(火) 21:47:38|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DreamParty2011春

 今日は非常に風が強い一日でした。それにプラスしてずっと曇り空だったので気温も中々上がらず、若干肌寒い思いをしながら4時間耐え忍びました。そうです、今日は早朝から東京ビッグサイトに行ってDreamPartyの待機列にいました。

 という訳で今日はGW恒例イベントになりつつあるDreamParty(R-18注意)に行ってきました。DreamPartyとは、簡単に言えばギャルゲーメーカーの物販をメインとして他に痛車の展示会やライブやコスプレイベントを行う総合的なアキバ系イベントです。私が初めて行ったのは2003年の春でして、考えてみればもう8年にもなるんですね。イベントの中身も当時とは随分変わった気がします。去年行った時も書いたのですが、やはり人数的にはやや少ない印象でした。まあ普段コミケに行ってますし、同日開催であったCOMIC1の人があまりにも多かったのでそう感じたのかもしれませんが、普段人でごった返す東京ビッグサイトの様子に慣れきっているのが悪いんですね。それでも、しっかりとファンを獲得している企業はありました。4/28に新作を発売したAUGUST(R-18注意)、俺つばのアニメ化やリニューアル版発売間近のNaval(R-18注意)、BALDR SKYシリーズで確実にファンの支持を集めている戯画(R-18注意)、とこのあたりはいつもの通りですが、これに加えスズノネセブンでブレイクしたClochette(R-18注意)が大盛況で、少しずつではありますがギャルゲー界のバランスも動いているようです。そして、こういったイベントでの物販は基本その企業が売り出したい作品に関わるものが多いです。つまり、そのメーカーの最新作をプレイしないとどうにも手が出にくいという事ですね。そういう意味で私も物販的にはNavalとminori(R-18注意)しか関わってません。まあ、いつも過去の作品絡めたグッズを提供してくれるねこねこソフト(R-18注意)やCIRCUS(R-18注意)のようなメーカーもありますが、そういった企業は力のあるところばかりで稀ですね。近年のサウンドノベルは昔と比べて突き抜けるものが減ったと言いますか、どうにもこの新作がヤバイという物が少ない気がします。そのあたりが来場者の減少にもつながっているのでしょうか。それでも参加者の質は相変わらずレベルが高くまだまだ勢いは衰えない感じでしたし私も絶対次回も参加します。この業界の今の流れを簡単に見る事が出来るイベントです。是非今後も続いていって欲しいですね。

 ちなみに今回の一番の目当ては実はメロンブックスでした。今回のメロンブックスは連動企画を行ってまして、DreamParty内での無料配布を持参し首都圏5店舗のメロンブックスで買い物時に提示する事で特典のクリアファイルが貰えるのです。という事で13:00位にはビッグサイトを脱出し直ぐに秋葉原店に行きました。案の定無料配布を持った同士が大勢いましたが、何とか無くなる前に入手する事が出来ました。
  1. 2011/05/01(日) 19:53:27|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する