FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

四川ラー油

 今日は久しぶりの雨。というよりも台風が近づいていたという事で若干心配でしたが温帯低気圧に変わったのでとりあえず安心ですね。このまま気温も下がってくれればいいのに。

 この前職場のお昼でとある中華料理店に行きました。多少高級感がある雰囲気以外は特別語ることもなかったのですが、一緒に行った職場の先輩が餃子定食を注文してラー油をとった時、一瞬で気が付きましたね。そのラー油は一般で売られているラー油ではなくいわゆる「四川ラー油」と呼ばれる非常に香りの強いものでした。私がこの四川ラー油に出会ったのはまだ大学生の時です。当時神奈川に住んでいた友人であるarsenicの所に遊びに行った時ですが、そのarsenicの友人と合わせて3人で東急大井町線の大岡山駅にあるラーメン屋に行きました。最初は普通のラーメン屋だと思いましたが、お店全体に漂う特殊な香りが印象的でした。今思えばこれが四川ラー油だったんですね。例にもれず坦々麺の大盛りと大辛を注文したのですが、あまりの香りの強さと量の多さでお店を出てから友人の家で悶え苦しんだ記憶があります。このラー油、辛いというよりも香りが強いという印象です。好きな人には好きなのでしょうが、合わない人にはとことん合わないでしょうね。そんな大学時代のひとコマを思い出させてくれた一時でした。ちなみにそのお店について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。このお店、その自慢のラー油を別口で売ってくれます。確か当時大学の友人達におみやげで買っていった記憶もありますな。久しぶりに行ってみますかね。

 というよりも、arsenicがいなくなって東急沿線沿いに行く用事が無くなったので思い出すこともありませんでしたね。何なんでしょう、匂いってそれ程までに脳内に刻み込まれるんでしょうかね。
  1. 2010/09/08(水) 21:27:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

電験3種

 あ~肩が痛い。今日はずっと慣れない姿勢で過ごしてたので首から肩までの関節が固まってしまいました。という訳で、タイトルにもあります通り今日は「電験3種」の試験を受けてきました。

 電験3種とは、正式な名称は「第3種電気主任技術者試験」と言いまして、電気事業法で取り決められた国家試験です。ここで言われている「電気主任技術者」とは、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、設置者が法律上必ず置かねばならない電気保安の確保ための技術責任者の事です。まあ簡単にいえば、電気関係の設備の保安・監督が出来る人という感じでしょうか。資格は第1種から第3種までありまして、第1種であれば全ての電気工作物を扱え、第3種は50,000Vまでの電気工作物を扱えます。年1回受験することができ、その合格率は平均で約10%であることからしっかりと勉強して臨まないと合格することが難しい試験と言うことが出来ます。今回私がこれを受けたのは別に会社の指示という訳でも何か必要に迫られたからでもありません。言ってしまえば、自分の電気関係の知識がどこまで通用するかを確かめたかったからです。まあちょっとした暇つぶしですよ。それでも折角受験するということで合格することに越したことはありませんので、少しは予習をして臨みました。科目は「理論」「電力」「機械」「法規」の4種類で、それぞれ90分(法規は65分)の試験時間でした。実際受けてみての感想ですが、扱う範囲が非常に広いということですね。特に電力と機械については実際の物や言葉を知っていないと全く解くことが出来ませんでした。なるほど、これは確かに合格率10%です。それでも電験の特徴として「科目合格」というのがありまして、合格した科目は次回は免除できるというものです。今回で全部合格できればハッピーですがそうでなくでも次回に繋げることが出来るわけです。とりあえず、電気関係の知識を身に付ける切欠にはなりました。合格不合格に関わらず今回受験したことは決して無駄にはならないと思っています。日曜日を一日使い果たした甲斐はありました。

 ちなみに会場は川越にある「東洋大学 川越キャンパス」でした。東洋大学と言えば箱根駅伝前回大会第一位の有名校です。キャンパス内は緑あふれて建物も小綺麗で如何にも私立大学といった感じでしたね。夏休みで学生は殆どいませんでしたが、大学時代に戻った気がしました。
  1. 2010/09/05(日) 22:55:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フライングヒューマノイド

 今日は夜勤明け。何時もならDDRなのでしょうけど今週末はちょっと大事な用事がありますのでずっと家に引きこもってました。詳しくは次回。

 今期のアニメ関係で初めて買ったCDの話です。8/18(水)ですが「世紀末オカルト学園」というアニメのOPである中川翔子の「フライングヒューマノイド」が発売されましたので買ってきました。元々中川翔子は好きでも嫌いでもありませんでしたがこの曲は結構気に入りましたので買ってみた訳です。ちなみに当日はAKB48の「ヘビーローテーション」も発売されたということでこっちの方のプッシュが強かったです。時代ですね。世紀末オカルト学園は例の「アニメノチカラ」プロジェクトの第3弾でありまして、相変わらず丁寧に作られた作画とシナリオ展開で安定性があると思ってます。特に作画については今風の萌え絵ではなくちょっとリアリティのある感じで他の作品とは一味違います。基本的にコメディテイストですので毎回楽しんで見させていただいてます。そしてこのフライングヒューマノイドは非常に勢いのある曲調ですね。中川翔子らしいと言いますか、良い意味で正統派アニソンといった感じです。カラオケとかで歌うと比較的盛り上がれる曲ですね。ちなみに初回限定版ではDVDもついてまして、よくある「メイキング動画」ってやつがついてました。中川翔子、この動画を撮影しているときに誕生日を迎えたんですね。そんな小ネタも仕込まれていました。とりあえず世紀末オカルト学園は比較的オススメです。今期は奇伝もののアニメが多いですがその中でこれはライトです。新人の声優さんも多く参加しているみたいですし、見所もあると思います。

 それにしても、前期の「Angel Beats!」もそうでしたがどうして「アルファベット2文字キャラ」はいい味出してるんでしょうね。正直、こいつらの存在がアニメを支えてるんじゃないかと思えてくるほどです。
  1. 2010/09/04(土) 18:08:17|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満月

 今日から9月。世間的にはまだまだ暑いですが暦の上ではもう秋です。思い返せば、夏らしいことはあまりしませんでしたね。強いて言うなら、水夏~suika~の舞台探訪とコミケくらいですか(おい)。

 最近仕事でまた大盛り的なお店に行きました。最近大盛りメニューを食べることが私の仕事になっているような気がしてなりません。今回のお店は「満月」と言いまして、一見普通のおそば屋さんのように見えました。実際内装も普通でして、特別大盛りが売りのお店に見えませんでした。私もメニューを頼んで実物を見るまで大盛りのお店だと思ってませんでした。ですが、暑かったこともあり「かき揚げもりそばの大盛り」を頼んだ瞬間、一緒にいた職場の先輩が「よし!」とガッツポーズしたのですよ。その瞬間、あ~ハメられたんだな~と悟りました。そしてやってきたメニューですが、とにかく密度のある蕎麦の固まりが山のようにやってきました。かき揚げも高さが3cm程度あり、これだけでお腹いっぱいになりそうです。しかもデフォルトで麺つゆを普通盛りの2倍用意していただくという対応っぷり、やぱり職場の先輩方はこういったお店も熟知しているんですね。それにしても、こう暑いと食欲も落ちるといったものですが、私の場合そんな事は一切ありませんね。関東の暑さに参っているのは確かな筈なのですが、食欲だけは変化有りません。多少水分の摂取量が多くなってミネラルバランスがまずいことになっているかも知れませんが、全然食えるだけマシということでしょう。それでも体重は増えておらずむしろ減っている感があります。やっぱり暑さを克服するにはまず食べることなのではないかと思います。体力が資本です。残暑が終わるまで何とか持ちこたえようと頑張ります。備忘録はこちら(かき揚げ見えなくてすみません)。

 それにしても、こうも暑いと熱中将軍ばかり出番が増えて秋ちゃんの出番が増えないではありませんか。まあ、昨日のニュースウォッチ9ではまさかの春ちゃん秋ちゃんのコラボでしたけどね。
  1. 2010/09/01(水) 20:32:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
前のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する