FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

いきいき富山館

 台風が過ぎ去ってメッチャ良い天気の埼玉です。そのかわり気温はグッと下がって一気に10月らしくなってきました。

 という訳でいつもの週末ですが、今回もちょっとしたイベントがあったのでそれに行ってきました。会場は東京は有楽町にある「東京交通会館」というところなのですが、その中に「いきいき富山館」というブースがありまして。この時点で気づく人は気づくかと思いますが、そのいきいき富山館の一角で「true tearsのパネル展示会」を行っていました。展示会自体は9/28~10/14まで行っているのですが、情報を入手したのがつい最近という事もありこの三連休を使って行ってみようと思った訳です。展示会の中身は、アニメの名シーンや実際の台本や城端にあったノートなどを展示してる感じでこじんまりとしてました。それでもアニメの雰囲気を思い出すのは十分であり、むしろtrue tearsよりも富山県の宣伝の方が興味深かったですね。前の感想でも書きましたがtrue tearsの舞台は南砺市城端だけでなく高岡市、氷見市、富山市に広がっています。そしてもともとは富山県を宣伝するブースだっただけに普通に特産品とか売ってて興味深かったです。この東京交通会館には富山県だけでなくその他の県のブースもあります。暇があったら色々見て回るのも面白いかもしれませんね。

 そして、とりあえず冬の城端に無性に行きたくなりました。もともとtrue tearsは冬を舞台にしたアニメです。真の聖地巡礼をするならこの点も欠かせません。
  1. 2009/10/10(土) 23:21:51|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誰も教えてくれなかったこと

 昨日とか結構雨が降っていましたが、こういう気象状況で外に行くのは結構骨が折れますね。そして明日明後日は台風か、はぁ。

 この前Akibaで「碧のスケープ」を買いましたが、実は同じ新譜CDコーナーでとんでもない物を見つけてしまいました。むしろ、私としては碧のスケープよりもこっちの方がメインになるべきでした。その名も「誰も教えてくれなかったこと」と言って、タイトルの雰囲気で分かる人は分かるかも知れませんが、私の大好きな「石川智晶」の2ndアルバムです。石川智晶と言えばかつては梶浦由記と共に「See-Saw」という音楽ユニットを組んでいた事でも有名です。その後ソロ活動を開始しても「アンインストール」や「Prototype」などの作品を作ってきました。今回のアルバムは前回のアルバムである「僕はまだ何も知らない」から約2年ぶりのアルバムですが、相変わらずの透き通った芯のある声でした。石川智晶も梶浦由記のそうですが、曲調は様々なものがあるのに伝えようとする雰囲気は独特ですね。梶浦由記は独特のコーラスと日本楽器ですが、石川智晶は語りかけるような歌詞が特徴だと思っています。そして、案外当たり前のようで出来ている人が少ない事なのですが、石川智晶の声はとにかくハッキリと聞こえます。昨今の空耳だけだと意外と歌詞が分からないという歌手が多い現状で、彼女の声は実にすばらしいものがあります。ライブでもぶれないというその歌声、是非聞いてみてはいかがでしょうか。ちなみに、個人的には1stアルバムの「僕はまだ何も知らない」の方から入るのをお勧めします。

 ちなみにこの2ndアルバムにも面白い初回特典が付いていました。ポスターはもはや当たり前になりつつありますが、A4程度の大きさのメッセージカードです。最近はこういうの増えてるんでしょうかね。
  1. 2009/10/07(水) 23:30:19|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

碧のスケープ

 何やらガチでヤバイ台風が接近しているようで。今日も午前中はそうでもなかったんですけど午後になっていきなり雨風が強くなってきました。今までほとんど台風のこない地方(東北)に住んでいたのでちょっと警戒ですね。

 この前の土曜日はいつものAkibaでいつもの6Fだったのですが、この日はそれ以外の目的もありました。それはズバリ私の大好きな「eufonius」の最新アルバムである「碧のスケープ」を買う事です。この碧のスケープはこれまでのeufoniusのアルバムとは一味違ってまして、というよりもこのアルバムが本当の意味でeufoniusのメジャーデビューアルバムと称する事が出来るかも知れません。これまでeufoniusは同人としてアルバムを発表したりサウンドノベルに楽曲提供してきましたが、ここ最近になって地上波のアニメでもその歌声が聞こえるようになってきました。で、この碧のスケープにはそんなアニメでの楽曲が多数入っています。そして、全ての楽曲がeufoniusの作詞作曲なのでいつものやわらかい曲調は変わりませんが、各アニメに合わせた曲調になってますので今までのアルバムに見られた単調性は無くなっています。私にとってここが一番のポイントですね。他にもオリジナルの楽曲も幾つか入っていますのでそちら目当てでも十分価値があると思います。そんな、昔からのファンも最近のファンも楽しめる一枚です。今なら初回特典で特大歌詞カードも着いてきますので、興味があったらご覧になってみてはいかがでしょうか。

 ちなみに楽曲のなかで地味に一番好きな曲は「そのままの僕で~Piano Solo~」ですね(ネタバレ注意)。まさか私がeufoniusで一番好きな楽曲がこのアレンジで帰ってくるとは。素晴らしいですね。
  1. 2009/10/05(月) 22:01:24|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2009春夏感想

 いよいよ「DDR X」の全隠し曲が解禁されたのでさっそくプレイしてきました。正直いってムズ過ぎです。特に「X-Special」の面々は反則です。なに?あのレベル詐欺は?

 今月から秋のアニメも始まると言う事で、今回は2009年の夏に放送終了した私が見たアニメの感想でも書こうと思います。いつもの通り評価の低い順から。

・涼宮ハルヒの憂鬱(新)…★☆☆☆☆
いや、俺は許さないよ?

・ハヤテのごとく!!…★★☆☆☆
2007年春から一年放送された「ハヤテのごとく」の第二期ですが、まさかここまで第一期の焼き直しとは。こうも同じ展開が続くとさすがに飽きてしまうものですね。それにしても、第二期は第一期と違って結構サブキャラに焦点が置かれていた感じでした(ヒナギク、歩、etc)。まあ、それが評価を下げた要因の一つなんですけどね。

・ファイト一発!充電ちゃん!!…★★★☆☆
いや~楽しませてもらいました。もうね、隠さな過ぎてもう笑うしか無いですね。というか、私としては本編よりもむしろアニメ中に時より流れる謎の魔法少女アニメの方が気になりましたけどね。そっちの方が本編よりエロいし。そういえば、これが地上波で放送されるそうで。日本始まったな。

・よくわかる現代魔法…★★★☆☆
非常にキャラクターの魅力にあふれたアニメでした。ですが、アニメオリジナルの回と原作オリジナルの回で全くと言っていいほど全体の構図と言いますか流れが違いましたね。というより、原作オリジナルの方はアニメで端折り過ぎです。こんな風に作るのだったら、初めからアニメオリジナルで固めた方がまだ良かったかも知れませんね。そこだけが残念でした。

・CANAAN…★★★★☆
true tearsで一躍注目を浴びた「P.A.Works」の新アニメですが、やはり前評判通り非常に丁寧で動くアニメでした。シナリオは奈須きのこということで多少の中二病と超展開は目を瞑ろうかと思います。とにかく、もともと期待してた作画とバトルシーンでの動きに満足できましたので良かったです。「P.A.Works」次回作に期待です。

・咲-Saki-…★★★★☆
恐らくこの春と夏で多くの方が見たのではないでしょうか。まあ声優重視の萌えアニメという印象でしたが、それだけにしっかりとキャラクターを作っていました。というか、今期のキャラ萌え系では何気にダントツ一位なのではないでしょうか。そして、私はこの咲-Saki-を切っ掛けにして麻雀を始めましたからね。そういう意味で非常に感謝しています。とりあえず第二期に期待です。

そして、私が最も楽しめたのは…

しゅごキャラ!!どきっ…★★★★★
別にどう思われようと関係ないね。異論は認めない(回覧注意)。

 という訳で何気に7つも見ていたんですね。今年の秋はどうしますかね。ぼちぼち放送も始まってますし、適当に選んで見ていこうと思います。そして、私は見てませんでしたが夏のアニメで結構話題になっていたものもありますので(化物語とか)、余裕があったら見ようと思います。
  1. 2009/10/03(土) 23:40:44|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コンプレックス・イマージュ

 9月から始まっている職場での新たな研修も早一ヶ月経過しました。これが終わるのは10月末、つまりようやく折り返し地点です。夜勤沢山、季節の変わり目という事で体調だけには注意します。

 東京ゲームショウ関係の話で最後にもうひとつだけ。全開の記事で大井町でarsenicとカラオケオールで時間を潰したと書きましたが、そのカラオケの中でarsenicが選んだ曲で結構気に入った物があったので早速買ってみました。その名も「コンプレックス・イマージュ」と言いまして、どうやらひぐらしのなく頃にのPS2版である「ひぐらしのなく頃に祭」の主題歌なのだそうです。ちなみにCD自体はこのタイトルではなく「嘆きの森」というタイトルで、これのB面がこの曲です。私はひぐらしについては全くと言っていいほど知識を持っておらず、ゲームは勿論アニメも見ておりません。強いて言うなら、アニメの主題歌を歌っている「島みやえい子」のファンなので彼女関係の楽曲は全て買っています。そんな程度の私ですが、この曲について調べてみるとなんと歌い手が「彩菜」、作詞作曲が私の大好きな「志倉千代丸」ではありませんか。まさしくこれは私が買うべくして買った一枚という訳ですね。曲の雰囲気は相変わらずの志倉千代丸で、アップテンポなリズムの中にあるノスタルジィな雰囲気でした。もうズルいですよね。これは本当に日本人が好きな部類の曲調です。とりあえず、ひょんな切っ掛けでまた素晴らしい楽曲と出会う事が出来ました。また私のお気に入りフォルダが潤います。

 そういえば、シルバーウィークで行った「true tearsの聖地巡礼」のレポートを完成させました。いつものノリですが、何気に今までで一番のボリュームになった気がします。興味を持たれた方はこちらから。
→ttp://mmsroom.web.fc2.com/index_zakki_tt.htm
  1. 2009/10/01(木) 21:57:31|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する