FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

C98

 今日は何もない休み。3日に1回出社の在宅勤務が始まってそろそろ一ヶ月ですが、もう曜日感覚が無いですね。今日が土曜日だなんて、朝ドラの総集編を見て初めて自覚しました。これは本当に5月末で解除してくれないと困りますね。

 皆さんご存知の通り、今年のC98はGW中である5/2~5/5に開催される予定でした。2020年東京オリンピックが夏に開催されるという事ですので、春のこの時期に移ったという事です。そして、新型コロナウィルスによる感染拡大を危惧してそのC98すら中止となりました。致し方が無いというのは頭では分かっていても、思った以上に残念に思っている自分がいる事に今回改めて気づきました。ここ最近のコミケの記事で毎回書いているのですが、私がコミケに参加する理由は作品を手に入れる事と並列して人と会う事があります。コミケを始めとした即売会は製作者と参加者の距離が近く、直接作品の感想などを伝える事が出来ます。私にとって作品は、手に入れてプレイしてレビューを書いてそしてそのお礼を製作者に伝えるまでがセットとなっております。その為、サークルチェックでは新作の有無だけではなく当日参加されるサークルさんの過去作をおさらいする事もやっております。それだけ、サークルさんに会えるのを楽しみにしていたんですね。併せてそんな作品を求める一般参加者も多く参加され、そんなメンバーで集まって感想を言い合ったり旧交を温め合ったりするのも楽しみでした。そんな、作品だけではなく人と会い気持ちを共有できる機会が失われた事に相当堪えているみたいです。何よりも、どうやって新しい作品を探せばいいのか分からなくなってしまったんですね。自分が作品を手に入れる基準は、実際のところです。何となく即売会でサークルさんを回り、その雰囲気で決めたりします。単純な作品の情報ではない何かを無意識のうちに感じ取っていたみたいです。そういった状況もあり、今回はサークル巡りが出来ないのでTwitterなどを活用して新作をチェックしたりしてました(まとめたチェックリストはこちらからどうぞ)。過去に作品をプレイしたサークルさんなどの新作を含め幾つかチェックする事が出来ましたので、まずはこれらの作品をこなそうと思います。本当、即売会がいつ帰ってくるのか分からない状況ですが、自分はやっぱり即売会が好きなんだなと確信しました。今回C98ではエアコミケと称して別の形でコミケを楽しもうという姿勢も見られました。この熱量が残っているうちに、何とか新型コロナウィルスが収束してくれることを祈るばかりです。

 即売会の熱量って、一度じっくりと参加した事がある方でないと多分分からないのだと思います。ただ壁サークルに並んでコスプレを見るだけのイベントだと思ったら大間違いです。そこにある捜索や作品に対する熱量は、目に見えない形で確かに感じる事が出来ると思います。
スポンサーサイト



  1. 2020/05/09(土) 09:42:56|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M3-2020春

 今日は普通の日勤。風が強くて冬みたいな気温でした。アノラック着ないで現場に出たのは失敗でした。

 特に言ってませんでしたが、M3-2020春に一般参加してました(公式HPはこちらからどうぞ)。新型コロナウィルスが流行っている事もあり、変に炎上するのも嫌だったのでTwitterでは言ってませんでした。とりあえず2週間以上経過してクラスターも発生してませんし私も何ともありませんのでそろそろ記事にしようと思います。M3は音系オンリーの即売会でして、毎回タイミングを合わせて参加しております。私は同人音楽が好きですので、まさに私の為の即売会と言えるかも知れません。勿論今回も普通に参加しようと思っていたのですが、先に書きました通り新型コロナウィルスの関係で開催がどうなるか危ぶまれる状況でした。結果としては開催されましたが、世の中的な不要不急の外出自粛の関係でサークル参加数は少なかったですね。大凡2割といった感じでした。空スペースだらけで、その為一般参加者も数が少なくこれなら濃厚接触にならないんじゃないかって思うくらいでした。会場もシャッターを開けて換気をしており、アルコール消毒液を置くなど準備会でも対策をしておりました。それでも自分が好きなサークルさんやお知り合いのサークルさんは何サークルか参加されてましたので嬉しかったです。私も11:15に会場である東京流通センターに到着し、12:00位で会場を後にしました。早めに回ったのもそうですが、それ以上に本当にサークル数が少なかったのであっという間に見終わってしまったんですよね。人が居たらいたで騒がしいと思うところですが、居ないといないで寂しいと思いました。是非次回開催されるときは元通りに戻って欲しいと思いました。とか言いながら十分に買い物は出来ましたけどね。用意した1,000円札がしっかりと無くなってましたからね。予め予約出来るものは予約しておりますし、それらと合わせてこれから堪能していこうと思います。

 5月にコミックマーケットがありますけど、ちょっと怪しいですね。M3同様参加サークル数は減りそうですので、それに合わせて一般参加者も減ればいいんですけどね。自分は開催されるのならば参加する予定です。
  1. 2020/03/16(月) 18:52:10|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別展「ミイラ」

 今日は普通の休み。昨日は楽団の練習で今日は知り合いのコンサートを聴いてきます。今月は知り合いの演奏会を聴きに行く機会が多いかも知れません。毎週楽しみにがあるのは嬉しいですね。

 先日ですが、タイトルにあります通り特別展「ミイラ」を見て来ました(公式HPはこちらからどうぞ)。これは上野にある国立科学博物館2019年11月2日(土)~2020年2月24日(月・休)の期間で行われている展示で、言葉通り世界中のミイラを一堂に会して展示しております。私自身、実はミイラについては比較的身近な存在でありました。私の実家がある山形県は、実は即身仏の数が最も多い県です。中学校の時は全国で唯一2体の即身仏が並んでいる海向寺に赴いた事があります。死してなおその姿を現世に留め、世界の平穏を願った志の高い人が即身仏になる事が出来るのです。そんなミイラの風習が世界でどのような扱いになっているのかに興味があり、見に行ってみました。今回の展示では、世界中のミイラについて紹介しておりました。エジプトにある有名なミイラである包帯グルグルの姿から、熱帯というミイラになるにはそぐわない湿度の高い地方でのミイラなど、多種多様なミイラがいる事が分かりました。どのミイラにも共通しているのが、その姿を大切に保管しまた装飾し祀っている事です。上でも書きましたが、ミイラになるにはただボーっとしていればなれるのではありません。出来るだけ体の余計な油や水分を抜き、空腹の後に死と向き合いながら命の炎を消していくのです。そんな死に向かう行為、並の徳ではとても心が持たないと思います。今回展示されているミイラや即身仏の方々の全てに敬意を表し、よくぞ今の今までその姿を留めて頂いたと感謝する気持ちになりました。併せてそんな命を懸けてミイラになった人をずっと保存し続けている現地の方々の努力も大変だったろうと思っております。そんな人類の歴史の一端を見る事が出来る展示です。まだ開催しておりますので是非ご覧になってみて下さい。

 死してなお現世に姿を残す、その瞬間からその人は永遠の存在になっているなのかも知れません。自分が生きた証を残す事の最も理想的な姿だとも思いました。
  1. 2020/02/16(日) 10:20:40|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA131

 今日は夜勤明け。今週来週は夜勤が連続してますのであっという間に時が過ぎて行ってしまいそうです。明けの日はどうしてもパフォーマンスが落ちますので、自分のペースで色々とタスクを消化していきたいです。

 先日ですが、タイトルにあります通りCOMITIA131に参加してきました(公式HPはこちらからどうぞ)。年4回開催されている、一次創作オンリーの即売会です。イベントの規模や込み具合、私の大好きな同人ビジュアルノベルのサークル率を見て一番好きな即売会となっております。幸いな事にこれまで毎回参加する事が叶っており、作品を手に取ったりサークルさんとお話したりお知り合いの方とお会いしたりと、COMITIAを切っ掛けに色々な出会いが実現しております。ですが、今回はちょっと午後に用事がありましたので殆ど滞在できませんでした。10:50に国際展示場駅に到着して、11:00の開場を迎えてから僅か30分でビッグサイトを後にしました。それでも、ちゃんとサークルチェックして欲しい作品滞りなく入手し、お会いしたい人とはお話する事が出来ました。ちょっと今回の歩き方はCOMITIAっぽくなかったかも知れませんね。どちらかと言えばコミケっぽい歩き方だった気がします。忙しなかったのは仕方がないとしても、やっぱり参加して良かったと思いました。逆に言えば、30分あればとりあえずの目的は達成出来るという事ですね。この規模感もCOMITIAの魅力だと思っております。次回はもう少しのんびりと周りたいですね。今回お会いした皆さん、ありがとうございました。

 振り返ってみれば、11:00の開場より前にビッグサイトに到着したのは久しぶりでした。そういえばちゃんと列形成して入場させるんだったなと思い出してました。人気サークルさんも沢山参加してますからね。本当調度良い規模だと思います。
  1. 2020/02/11(火) 15:19:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAEPO2020

 今日はタイトルにあります通りJAEPO2020というイベントに行ってきました。毎年この時期には必ず行こうと思っているイベントであり、今は何といいますか感慨深い気持ちでいっぱいです。行って良かったと心から思いました。

 JAEPOとはジャパンアミューズメントエキスポの略で(公式HPはこちらからどうぞ)、アーケードゲームのゲームショウと言えば分かり易いかと思います。2010年のAOUの時から可能な限り会場に足を運んでおり、今回で記念の10回目になります。メインの目的はKONAMI Arcade Championship(以下KAC)というKONAMIのアーケードゲームのトップを決めるe-sportsイベント公式HPはこちらからどうぞ)のDDR決勝大会を見に行く事です。毎回世界一を目指す選手たちの姿に涙してしまうのですが、今回もこれまでと同様かそれ以上の何かを得られる核心と共に向かいました。

 DDRのトップランカーについて造詣がある方であれば、恐らく現在の世界一は北米エリアのchris4life氏Twitterはこちらからどうぞ)という認識だと思っております。明らかに日本のプレイヤーと比べて頭一つ以上抜き出た実力を持っており、chris4life氏の叩き出す世界一のリザルトとそのプレイ動画に多くのファンがいる事と思います。ですが、今回のKACはそんなchris4life氏の世界一を阻止するべく日本人の選手の仕上がりも十分なものとなっておりました。特に、現在日本一と呼んで差し支えないであろうo4ma氏Twitterはこちらからどうぞ)とここ数年で頭角を現し一部のスコアで世界一を叩き出しているHIBIKI氏Twitterはこちらからどうぞ)が、いよいよchris4life氏を捉えるかという点が注目されておりました。日本人としての意地、仲間の意地、そして何よりも自分の意地をかけての戦いが幕を下ろしました。

 決勝大会は、東エリア、西エリア、韓国エリア、アジアエリア、北米エリア、BEMANI esports Championshipの計6人によるトーナメント形式で行われました。組み合わせは予め抽選で決まっており、奇しくも上で書いたchris4life氏、o4ma氏、HIBIKI氏は初戦では当たりませんでした。そして3人は順当に初戦を勝ち進み、まずはchris4life氏とHIBIKI氏の対戦となりました。結果としてやはりchris4life氏が勝利しましたが、その点差は僅か60点と接戦だった事がお見事でした。意地でもchris4life氏に勝つ、そんな意地を感じました。そして決勝戦はchris4life氏とo4ma氏の対戦となりました。自身の選曲に加えてLv19最強曲であるENDYMIONのChallenge参考動画はこちらからどうぞ)の計3曲による戦いの結果、やはり優勝は前評判通りのchris4life氏でした。HIBIKI氏もo4ma氏も昨年のKACと比較して著しくスコアを伸ばしておりました。ですが、それ以上にchris4life氏の仕上がりが完成しておりました。やはり世界の壁は高い、それでもその壁に果敢に挑む姿に自然と涙が流れておりました。勿論、上位3人以外の選手も懸命に食らいつく様子が心に残りました。DDRはゲームですが、何事でも懸命に取り組み誇りを持って挑む様子は素晴らしいし輝いていると思いました。素晴らしい戦いをありがとうございました。

 その後はKONAMIブースの他の展示を見たり、物販コーナーでグッズを買ったりしてました。最近随分とDDRのグッズも増えて来ましたし、特に今回は20th Anniversaryで登場した新筐体であるA2Oを模したグッズが多数増えておりましたので全部買ってしまいました。そして、BEMANIシリーズがスマホやタブレットで遊べる新サービスであるULTIMATE MOBILE公式HPはこちらからどうぞ)で今後配信されるであろう家庭用DDRを私有してきました。システム周りは殆どアーケードと遜色ありませんでしたが、新しい家庭用パネルの取り扱いはちょっと難しそうですね。基本的には予習復習用で、実践はやはりアーケードという感じが良いのかも知れません。そして最後はいつものBEMANIスペシャルライブを見て来ました。個人的に驚いたのは、ずっと謎だったMAX 360参考音源はこちらからどうぞ)の作曲者がdj TAKAだった事ですね。いきなり流れたんですもの、メッチャテンション上がりました。そんな感じで最後まで楽しむことができたJAEPO2020でした。

 とにかくDDRに対する沢山の熱意と愛情を感じる事が出来た1日でした。周りにいる人は全員DDRが好きな訳ですからね。私も実力的には大した事はありませんが、これでも20年近くDDRに触れて来ましたからね。今更辞める事は出来ません。これからもDDRを続け、こうしたイベントで活力を貰って頑張ろうと思いました。素敵な一日でした。
  1. 2020/02/08(土) 22:17:29|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C97

 今日は夜勤明け。新年になったばかりですが早速仕事ですので非日常感をあまり感じませんね。それでもまだ休みは何日かありますのでこの間で出来るだけC97の新作をプレイしたいです。

 タイトルにあります通り先日行われたC97の感想を書こうと思います。初めてコミックマーケットに参加してから今年で15年になります。15年も同じイベントに継続して参加すれば、それはもう立派なライフワークと呼べるのかも知れません。それでも、回を重ねていく中で参加する目的は少しずつ変化していきました。始めは大手サークルの作品を入手したらそれで終わり、という感じでした。ですが今はむしろ大手サークルには行かず島サークルを巡るようになっております。併せて、作品を手にする以上に人に会いに行く事が目的になっております。作品を通じて知り合った方々と感想を語り合ったりお礼を伝える事が嬉しいからこそ、今でも継続して参加しているのだと思います。何度参加しても飽きる事などありませんので、これからも体力が続く限り参加するのだと思います。

 また、つい最近ですが私のロゴとシンボルマークを新しくしましたのでそのお披露目をしたいと思っておりました。私がそうなのですが、Twitterって名前よりもアイコンで認知する場合が多いと思います。特に私の場合はHPを立ち上げたときから13年間ずっと最終試験くじらのアイコンでしたので、間違いなく私のイメージはくじらなんだろうなと思っております。実際、お知り合いの方から「まさかアイコンを変えるとは思ってもみませんでした」と何人も言われましたからね。そういう意味で、今回は新しい名刺と前の名刺の両方を持ってサークルさんを回りました。これは結果として功を奏し、スムーズに会話をする事が出来ました。とりあえず会う人会う人に新しい名刺を配りましたので、これから新しいロゴとシンボルマークも定着させていきたいですね。

 それではここからは各日ごとに振り返ってみようと思います。始めに一日目です。一日目は特に目当てのサークルさんはなかったので、企業ブースに散歩に行ってきました。ここで散歩と書いたのは、言葉通りで特に目的も無くブラブラする為に行きました。今回二日目~四日目は確実に参加する事が決まってましたので、どうせなら全日行ってみようかと思い立った訳です。ですが結果として幾つかの企業で普通に買い物してましたね。まあ、疲れない程度でしたので何も問題はありませんでした。前回から企業とサークルを完全に棲み分けしておりますが良いですね。目的が違いますのでそれぞれ適切に人が分散されて程よい込み具合だったのではないでしょうか。とりあえずコミックマーケットの雰囲気を味わえて良かったです。

 続きまして二日目です。二日目の目的は主に女性向けの同人ビジュアルノベルでした。ここ最近ですが、女性向けの同人ビジュアルノベルの本数が増えている気がします。個人的な印象ですが、女性向け作品の方が細部に拘っており読んでいて納得感が大きい気がします。併せて人間関係とかシチュエーションを感じるのが楽しくて、夢中になってしまいます。私は乙女ゲームもBLも特に問題なくプレイしますので、十分二日目も本番でした。この日はまったりと10:15に国際展示場駅に到着し10:45に会場入りしました。サークル数的にはそれ程多くありませんでしたので、11:30位には回り終わってました。それでも欲しかった作品気になった作品がありましたので手に入ってよかったです。その日のうちに一本プレイしてしまいました。

 続きまして三日目です。三日目の目的は主に評論関係のお知り合いさんに会いに行く事でした。併せて男性向けで少し欲しいのがありましたが、数は多くないので全体として回るサークル数は少なめでした。ですが、この日は基本的に男性向け創作の日で言ってしまえばエロの日ですので込み具合が段違いです。加えて雨の予報であり気温も低かったので何時に会場に行くか真剣に考えました。そして今回は11:30に国際展示場駅に着くようにしました。結果として流れで会場入りする事が出来、ほとんど外で雨に降られませんでした。作品も殆ど入手出来ましたし、男性向けの日はこれで良いなと思いました。その後は基本的に評論関係のお知り合いの方と旧交を温めてました。皆さん熟練のプレイヤーですので、これからも是非第一線で活躍して欲しいと思いましたし自分も頑張らねばと思いました。また今年もお会い出来たら嬉しいですね。

 そして最終日の四日目です。四日目が私にとってのメインの日、つまりは同人ビジュアルノベルの日です。今回も前々回の反省を生かしてちゃんとサークルチェックを行い優先順位を付けて回るようにしました。また今回は黒柴亭さんというサークルさんの売り子を行わせて頂き(公式HPはこちらからどうぞ)、その関係で先に会場入り出来たのが大きかったです。午前中は自由にさせて頂き、本当に感謝しております。前はチケットに胡坐をかいてサークルチェックが形骸化してましたからね。二度とそんな失態は見せられません。という訳で10:00から油断せず優先順位を付けたサークルさんから回りました。その後は全体的に回り基本的に完成版の作品を手に取らせて頂きました。驚いたのは、前回よりも新しいサークルさんが増えていた事と完成版の作品が多かった事です。おかげさまでいつもは軍資金が多少余るのですが今回は完全に空になりました。戦利品を持ち帰るキャリーケースが弾けるかと思いましたからね。これはこれから頑張ってプレイしなければと決意しました。併せてこれまでお話ししてきたサークルさんは勿論、初めてのサークルさんともお話しさせて頂き名刺を渡させて頂きました。個人的に大ファンのサークルさんもいて、直接お礼を言う事が出来て嬉しかったです。そんな感じで売り子をしながらサークルさんを巡りながらあっという間に16:00を迎えました。いつも以上にやり切った感が凄かったです。大満足でした。

 という訳でC97の感想でした。とにかく欲しいものが手に入ってお話ししたい方とお話しできたので十分でした。この年2回の同窓会の様な雰囲気が最高ですね。特に昨年は個人的に色々と脆かった部分がありましたので、そういう意味でも人と会って元気を貰うのは大切でした。昨年ずっと考えて、少なくともビジュアルノベルとレビューはずっと続けていきたいという気持ちは本物だったと分かりましたので、これからも今のスタンスで続けていこうと思います。今回お会いした皆さん、本当にありがとうございました。

[C97]の続きを読む
  1. 2020/01/03(金) 13:08:49|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA130

 今週は割と日勤の多い一週間になっております。おかげ様で弁当の出現頻度が高くて良い節約になっている気がします。一人暮らしは、作りたいものを自分の裁量で作れるのが楽しいですね。

 前回小倉に遠征に言った記事を書きましたが、小倉に一泊二日しかせず忙しなかった理由はむしろこっちにありました。タイトルにあります通り、COMITIA130という即売会に参加してきました。COMITIAは私が一番大好きな即売会です。創作オンリーであり、二次創作がありませんので純粋に制作者が表現したいものばかりが揃っております。私は同人ではビジュアルノベルと音楽が好きで嗜んでおりますが、その先にある製作者の気持ちとかテーマを感じたいというのが根底にあるみたいです。そういう意味でも、一次創作の方がダイレクトに伝わりますので好きですね。まあ、私がCOMITIAに参加するのはある意味日常になりつつあります。コミケと比べれば勿論サークル数は少ないですが、だからこそマッタリ周れてじっくり会話が出来ますので是非この雰囲気を感じてみて欲しいです。今回は11:00に国際展示場駅に到着して、いつも一緒に回らせて頂いているお知り合いの方と回りました。主にビジュアルノベルのサークルさんを巡り、それ以外もさっと回った感じでした。その後は別のサークルさんと落ち合って最後までずっといました。ほぼほぼ開場時間からビッグサイトにいて、最終的に16:00までいました。お話したいサークルさんとお話出来ましたし、欲しい作品も手に入りましたので最高の時間でした。COMITIAにはこれからも末永くお世話になりたいと思っておりますので、また次回楽しみにしております。今回お会いした全ての皆さん、ありがとうございました。

 私にとって、COMITIAの優先順位は仕事の次くらいのレベルで相当高いです。そうでもないと、小倉に一泊二日でなんか行きませんからね。次回もほぼ必ず行くと思います。
  1. 2019/11/28(木) 21:47:04|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジゲー博2019

 昨日ですけど両親が田舎から東京に遊びに来たので付き添ってきました。一日歩きっぱなして手元の万歩計で25,000歩になってましたね。夜勤明けでしたし、流石に疲れましたので帰って直ぐに寝落ちしてました。

 先日ですが、タイトルにあります通りデジゲー博2019というイベントに参加してきました(公式HPはこちらからどうぞ)。これは同人・インディーズゲームオンリーの即売会・展示会で、今回で7回目の開催になるそうです。会場は秋葉原UDXという事で、駅からのアクセスも良く気軽に足を運べるのも魅力だと思っております。デジゲー博も今回で3回目の参加になります。参加サークル数が100前後という事で特にサークルチェックをしなくても全て周れますので、じっくりと各サークルさんの作品を見る事が出来ております。今回は11:15に秋葉原駅に到着しました。11:00開会ですので間もないですが、沢山の人が既に回っており賑わいを見せておりました。デジゲー博はどちらかと言えば動的ゲームを制作されるサークルさんが多く、ビジュアルノベルのサークルさんは殆どありません。10サークルもあれば多いと感じる程です。ですがそのビジュアルノベルのサークルさんに何人かお知り合いの方が居たのが嬉しかったですね。特に今回はTwitterでしが存じてなかったサークルさんと初めてお話し出来たのが嬉しかったです。本当サークルチェックをしなかった為、嬉しさと合わせて驚きもありましたね。少し長めに立ち話をさせて頂き、色々と励ましの言葉も頂く事が出来ました。そんな感じで12:00には秋葉原を離れました。1時間も滞在しませんでしたが、充分にサークルさんを回り旧交を温める事が出来たと思っております。実際幾つか面白そうな作品を手に取らせて頂きましたし、プレイするのが楽しみです。また次回も都合が付けば参加しようと思います。

 やはり即売会の醍醐味は人とお話出来る事ですね。普段直接会える機会を取るのが難しいだけに、こういった機会を利用するのはとても効率的だと思いました。
  1. 2019/11/22(金) 08:50:38|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第12回同人ゲーム制作勉強会

 今日は夜勤明け。今日は2ヶ月振りにDDR踏んできました。ずっと引っ越し作業をしてましたので踏みに行く時間がありませんでしたので、地味に今日を待ち遠しく思ってました。この筋肉痛になる事確定な足の痛みと疲労感が癖になります。

 前回マンモス展という展示を見に行ったという記事を書きましたが、その後は場所を秋葉原に移して第12回同人ゲーム制作勉強会というイベントに参加してきました。このイベントは、同人ゲームサークルであるたんすかい公式HPはこちらからどうぞ)の代表であるyosita氏が主宰して行っているものです。主にノベルゲーム制作について、様々な視点を題材にして講義形式をベースとして行われている物です。毎回様々な知見を持っている講師の方をお招きして、1時間程度の講義を4本程度行うカリキュラムとなっておりました。私も過去に第10回同人ゲーム制作勉強会にて講師をさせて頂きました。この時はビジュアルノベルにおけるシステム周りについて話をさせて頂きました。決して格式の高い勉強会ではなく、誰でも参加出来て誰でも声を出せるところが魅力的だと思っております。今回は私も作品をプレイさせて頂いたサークルさんの代表の方が講師を務められるという事で、どんな事を話をするのか楽しみにしておりました。勉強会と聞くとどうしてもプログラムとか専門的な話になるのかなと思いがちですが、今回の題材にはTwitterにおける宣伝方法の提案ですとか、自分の作品を手に取ってもらう為にちょっとした工夫で出来る事の提案など、専門性が無くても役に立つお話を聞かせて頂きました。もっと言えば、同人ゲームに関わらず一人の社会人として何かを発信する時に役に立つものでした。私も基本はプレイヤーですので制作の専門的な話はとっつきにくく思うのですが、こういった話も聴けますのでとても有意義な勉強会だと思います。13:30から始まって18:00まで行い、その後懇親会も18:30から21:00まで行われました。長時間ずっとビジュアルノベルや創作の話を相互に出来てとても楽しかったです。講師の方や勉強会に参加された方、そして主催のyosita氏に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 こうした勉強会で大切な事は、スキルを会得する事もそうですけどそれを自分の物にして実行する事かも知れません。とっつき易いからこそ、いつでも出来ると思って案外やらなかったりしますからね。
  1. 2019/11/13(水) 19:44:13|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M3-2019秋

 今日は夜勤明け。今シーズン初めてアノラックを出しました。もう10月も終わろうとしてますので、このくらいの気温が本当ですね。

 先週日曜日ですけど、タイトルにあります通りM3-2019秋という即売会に行ってきました。M3は音系オンリーの即売会でして、同人音楽が好きな私にとってこれ以上ないものとなっております。初めて参加したのがM3-2012秋ですので、今回で調度7年目になる事になります。会場も東京流通センターという東京モノレールの流通センター駅最寄りで、意外とアクセスが良く駅に隣接してますので足を運びやすいです。初めて参加してから回を重ねる毎に好きなサークルさんが増えていき、新しいジャンルを見つける事が出来ましたので行く度に楽しみが増えていきます。同時に顔なじみの方も増えていき、直接お話する機会にも恵まれてとても楽しい時間を過ごさせて頂いております。今回は私自身の引っ越しの関係もありまして、実はそこまで徹底したサークルチェックが出来てませんでした。精々過去2回のM3でチェックしたサークルさんを確認するくらいで、それでも参加しているかいないかをチェックしただけで新作があるかどうかすらも確認してませんでした。まあ、その辺りは現地に行けば何とかなると思っておりますのでとりあえず最低限のチェックだけ終えて向かいました。今回は11:30に東京流通センターに到着したのですが、まだこの段階でも第一展示場は裏からの入場でした。今まで以上に混んでいるという事でしょうね。その為私は第二展示場から入りまずは知っているサークルさんを回ってしまいました。途中お知り合いの方がいましたので少しお話しする事も出来ました。最終的に13:00には第一展示場も含めて回る事が出来、そこから少し会場を巡って14:00には退場しました。何だかんだで十分M3を堪能できましたし満足させて頂きました。あれですね、これだけ回数を重ねれば対象は慣れるというものかも知れませんね。とりあえず欲しいCDも沢山手に入れましたので、これからじっくりと聴いていこうと思います。今回お会いした全ての皆さん、ありがとうございました。

 本当は引っ越しの佳境でしたので参加するか少し迷ったんですよね。ですけど、やっぱり参加して良かったと思いました。人と話をして、元気を貰いましたので却って引っ越しが捗りました。
  1. 2019/10/29(火) 20:44:07|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する