徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

COMITIA119

 今日も休みでした。木曜日からたまたま4連休取る事が出来まして、今日がその最終日になります。そしてタイトルにあります通りCOMITIA119というイベントに行ってきました。

 COMITIA(公式HPはこちらからどうぞ)について、もうこの日記の中で何度書いたか分かりませんね。自主制作オンリーの即売会です。二次創作は一切ありませんので、非常にレベルの高い即売会であり製作者のオリジナリティに溢れた作品に溢れております。そしてコミケと比較し全体的にマッタリとした雰囲気であり、ゆったりと歩き回る事が出来ます。今回のCOMITIAですが、正直欲しい作品としては片手で数える程しかありませんでした。そういう意味では無理に参加する程のものではありません。ですが私のお知り合いの方が何人も参加されるとの事で、旧交を温める為に参加する事にしました。むしろお知り合いが参加するとなればそれだけで十分に参加する理由になります。即売会は作品を売り買いする場であると同時に表現を通じて人と交流する場です。その醍醐味を味わう事が出来たと思っております。COMITIAは11:00に開場ですが、10:30くらいには到着しお知り合いとお茶しながら12:00前くらいにマッタリと入場しました。始めはその知り合いの方ゆかりのサークルさんのところに向かい、作品や表現について色々と雑談してました。私の知らなかったサークルさんという事もあり、また一つ新しい作品を手に取る事が出来ました。繋がりが続いていく事はすごく嬉しいです。その後は同人ノベルゲームを中心に全体を見て回り、別で来ていた同人ノベルゲームプレイヤーの方々と雑談してました。早速C91で入手した作品の感想や情報を交換し合ったり、今日のCOMITIAの中でのオススメ作品を教えて頂きました。皆さんお変わり無いようで安心しました。それぞれが自分の好きな作品をプレイしその情報を共有できる、これ程素晴らしい事はありませんね。最終的に14:30くらいまで会場にいました。10:30から14:30まで約4時間いましたが、買い物をしていた時間は30分もありませんでした。ですがこれこそが即売会。旧交を温めるという一番の目的が達成出来てすごく嬉しかったです。是非これからも出来るだけ時間を確保し参加していこうと思います。

 ちなみに作品もそれなりに手に入れる事が出来ました。知っているサークルさんともお話できましたしこちらも収穫十分でした。早速プレイしていかないとですね。忙しくなります。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/12(日) 17:57:40|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAEPO2017

 今日は休みでして、タイトルにあります通りJAEPO2017というイベントに行ってきました。毎年この時期の恒例のイベントでして、今回も大いに楽しませて頂きました。

 JAEPOとはジャパンアミューズメントエキスポの略で(公式HPはこちらからどうぞ)、アーケードゲームのゲームショウの様なものです。2010年のAOUの時代から毎回参加しておりまして、数えて今回で7回目になります。これも毎回書いておりますが、目的はKONAMIBEMANIステージを観戦することです。ここ最近のBEMANIステージではKONAMI Arcade Championship(以下KAC)というKONAMIのアーケードゲームのトップを決めるイベント(公式HPはこちらからどうぞ)の決勝ラウンドが行われておりまして、生でトップランカーのプレイを見る事が出来ます。そして私は趣味でDDR(公式HPはこちらからどうぞ)をやっておりまして、勿論DDRもKACにエントリーしてますので是非この眼でDDRの世界一が誰になるかを確認するべく見てきました。

 今回のDDR KACはこれまでと趣向が変わっており、日本・アジア・北米3地域に分けた予選を行いそこから上位2人ワイルドカード1人を加えた計7人による大会となりました。上で世界一と書いたのは比喩でもなんでもなく、本当に世界から参加者を募りその中で一番を決めるのです。他の種目を見てもここまでグローバルな規模のものはなく、全体としても注目度の高いものとなっておりました。実際予選ラウンドの中でも前回前々回と優勝した韓国のFEFEMZ氏や北米のCHRS4LFE氏・FUNGAH氏のスコアは日本勢の遥か上を行っており、誰が優勝しても不思議ではない状況でした。これまでのKACの中でも一番レベルの高い大会になる期待があり、とても楽しみにしておりました。

 毎回の事ですが、会場の熱気の高さは凄まじい物でした。何しろ周りにいる人全員がDDRプレイヤーでありファンですからね。MCの森一丁やBEMANIアーティストのTAG・U1や歌手の柊木りおが登場した時はとても大きな歓声があがりました。ですが個人的に一番嬉しかったのは、唯の歓声ではなく言葉の中に相手を気遣う物が多分に含まれていた事です。ファイナリストが登場すれば「頑張れ~!」「負けるな~!」って声が上がり、プレイ中も「繋げ~!」「そのまま行け~!」って応援したり、プレイ後も「ありがと~!」「頑張った!」って励ましたり、ファイナリストと観客の距離がとても近いのです。自分のための歓声ではないんですね。アーティストもファイナリストも観客も全員が同じDDRという物を共有しているんだ、壁なんてないんだ、一人でプレイしてるんじゃないんだという気概を感じました。

 私、毎回このDDR KACで泣いてしまうんですよね。それはファイナリストのプレイが凄まじい事も勿論ですが、観客が一体となった空気感がすごく嬉しいんですよね。共感ってやつです。同じDDRというゲームの前に日本もアジアもアメリカも関係ない、頑張った人には平等に全員に賛辞を送る、その温かさにいつも心を打たれるのです。結果としてCHRS4LFE氏が優勝という事で順位は付きますが、最後ファイナリストが全員で肩を組んで喜びを分かち合う姿はいつ見ても嬉しくなります。今年で何と19年を迎えるDDRですがまだまだ盛り上がってます。というよりもみんなで盛り上げていっております。私もまだまだ足は動きますのでこれからも時間を見つけてプレイしていきたいと強く思いました。今日KACに参加した全ての皆さん、ありがとうございました。

 ちなみにBEMANIステージの最後は恒例のBEMANIライブを行うのですが、まさかのEGOISM 440が流れました(参考動画はこちらからどうぞ)。今回のKACでも選曲され、全ての楽曲でも一二を争う高難易度の曲です。正直万人向けの曲ではありませんが、KACという舞台の締めにこれほど相応しい曲はありませんね。最高の選曲だと思いました。
  1. 2017/02/11(土) 19:45:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C91三日目

 無事にC91終わりました。現在戦利品及び持ち物の整理を行っております。年二回行われる世界最大の同人誌即売会。非常に充実しててとても楽しく、そしてもの凄く名残惜しい気持ちでいっぱいです。

 C91は一日目三日目で参加してました。一日目は私のメインである同人ノベルゲーム関係のジャンルであり、作品を手に取ると同時に多くの方々とコミュニケーションを取る事を意識して巡りました。時間いっぱい沢山の人とお話する事が出来、その後の打ち上げでも夜遅くまで同人関係の話題で盛り上がり実に即売会らしい時間でした。そして三日目は私のもう一つのメインである同人音楽と、男性向創作の中に少しだけ同人ノベルゲームがあるという事でそれが目的でした。一日目は完全に人と話すことが目的でしたが、三日目は一般入場ですし何よりも男性向創作ですので相当の混雑が予想さえ、どちらかといえば買う事が目的でした。

 その為一日目に同人ノベルゲームのプレイヤーの方2人と打ち合わせを行い、共闘して東ホールに臨むことにしました。知らない方にとっては大袈裟かと思うかも知れませんが、男性向創作の日の東ホールは本当にヤバイんです。まずまともに動けませんホール間移動だけでも30分は掛かります。2m先にあるサークルさんにたどり着けない絶望感、これは西では体感出来ませんね。その為今回は事前に東123ホール、東456ホールで場所を分担して、お互いに欲しいものをシェアして逐一Twitterで連絡を取りながら買う事にしました。私も普段は単騎で動くのですが、共闘となれば自分だけの買い物ではありませんので自然と気合が入りますね。どれだけコミケに慣れているかが試される時でした。

・4:15…起床
・5:20…寮出発
・5:50…大宮駅出発
・7:00…国際展示場駅到着
・7:30…待機列確定
・10:15…東456ホール到着

 実は前日にノベルゲーム関係の方何人かと新宿で飲んでまして、家に帰ってきたのが22:00位でした。その為とりあえず直ぐに睡眠を取り、朝早く起きて身支度などを行う時間を長めに取りました。結果として普段通りの体調で臨む事が出来ました。ちなみに今回から東78ホールが出来た関係かどうか分かりませんが、西も東も関係なく同じ待機列になってました。ですが先に来ていた方は逆に東のみの列に並ばされたみたいで、初めてという事もあり準備会としても戸惑うところだったのかなと思っております。それでも10時台前半に東456ホールに到着でき、十分早い時間でした。

 それからはとにかく目的のものを手早く購入していきました。途中共闘したメンバーの動向を確認しながら自分で買えるものは積極的に手を伸ばしていきました。今回一番の焦点はどうやって東78ホールに行くかでしたね。誰にとっても初めてですので注意深く立て看板やスタッフの声かけを聞いてました。結構時間掛かりましたが無事に行き来もでき、12時前には全ての物を入手できました。その後全員集合し戦利品を分け合い、軽く雑談してお昼を食べてました。やはりコミケに慣れている方だったので話が早くて良いですね。一を聞いて十を知る事が出来る方ばかりですしそれぞれが自主的に動いてくれましたのでとてもスムーズでした。本当に感謝感謝です。ただ始め東ホール側に並んだ方は何故か待機列のはけが悪く、東ホールに到着するまで相当時間が掛かったみたいです。まあ、そういった不測の事態があるからこその共闘ですからね。ともすれば逆に自分が遅くなっていたかも知れません。そういう意味でもとても良い連携だったと思っております。

 その後はのんびりと同人音楽を求めて西ホールに行ってました。同人音楽は基本はM3で新作が多く出ますのでC91で新作を出すサークルさんは半分以下位でした。だからこそあまり混むことがなく気楽に回れましたね。まあ、混んでないという認識は始めに東ホールを経験しておいたからかも知れません。知っているサークルさんとは軽く挨拶をして、幾つか新作を買う事が出来ました。嬉しかったのは、自分から自己紹介していないのに私の事を知っていたサークルさんがいた事ですね。「もしかしてM.Mさんですか?」って言われたときは驚きと嬉しさで言葉が詰まってしまいました。同人ノベルゲームならともかく同人音楽でも声かけて貰っちゃいました。同人音楽は日記で軽く紹介する程度でしたが、それでも見てくれる方が居るんだという事が分かりしっかり書かないとなと改めて思いました。

 という訳でこの時点で15:00という事ですのでこれにて私のC91三日目は終わりました。気が付けば十分な時間会場にいたという事で結構な疲労感でした。ですがそれはきっと嬉しさと興奮から来る物の表れなんだと思います。帰りの電車で思ったのは、まだまだあの空気感に浸っていたい、ずっと永遠にサークル巡りをしたい、コミケが終わるのが名残惜しい、なんて事ばかりでした。電車が大宮に着いて暮れなずむたそがれの街を見たとき、思わずが出そうになりましたからね。ですがコミケはこれで終わりという事ではありません。また来年も行われますからね。そしてコミケに限らず即売会は沢山あります。寂しくても少し頑張ればまた再会できますからね。今はこの寂しさを胸にしまいこんで、明日からの日々を一日一日大切に生きていこうと思いました。本当にこの三日間コミケに関わった全ての皆さん、お疲れさまでした。そして私とお話して下さった全ての皆さん、ありがとうございました。これからも同人ノベルゲームのレビューを書き同人音楽の感想を書き続けていきますので、たまに遊びに来てくれたら嬉しいです。次回健やかに会える事を祈っております。またお会いしましょう!

[C91三日目]の続きを読む
  1. 2016/12/31(土) 19:42:31|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C91一日目

 いよいよC91が始まりました。年2回恒例の世界最大の即売会です。3日間で約50万人もの人が集まるイベントで、想いの詰まった作品とそれを求める人たちとの出会いの場です。私も作品を手にとったり久しぶりの方々と話をしたりと精一杯楽しもうと思い参加しております。

 この日記の中で何度も書いておりますが、コミケは単純に作品を手に取るだけの場ではないと思っております。作品というものにはどれにも製作者の想いが込められており、作品を通して誰かに伝えたい気持ちがあります。勿論作品を手に取って読んだりプレイしたりする事が直接的な行為ですが、それだけで終わるのは非常に勿体ないです。何故ならその作品を作られた方が目の前にいるからです。製作者の想いが込められた作品です。であるならその作品を味わってどう思ったのかという事を伝えてみては如何でしょうか。コミケは作品を手に取るだけではなく、作品を通してコミュニケーションする場だと思っております。年2回の貴重な場です。是非多くの人の想いに触れて欲しいと思いますね。

 C91は例年のスケジュールとは少し変わっております。私がよく嗜んでいる同人ノベルゲーム同人音楽は毎回3日目に割り当てられているのですが、今回は同人ノベルゲームが1日目同人音楽は3日目となっております。その為今回は1日目と3日目にサークル巡りをすることにしました。企業ブースも毎回回っているのですが、3日連続で行くのは正直骨が折れますし1日目で行くことが出来ましたので2日目は行かない事にしました。コミケはとにかく体力を使うイベントです。作品を手に入れる事よりも人と会う事よりもとにかく自分の身を守る事が大切です。目まぐるしく状況が変わる上に普通は誰も助けてくれませんからね。どれだけテンションが上がっても歩くスピードは平常通りを保ちたいものです。

 そして今回も黒柴亭さん(公式HPはこちらからどうぞ)と活動漫画屋さん(公式HPはこちらからどうぞ)の手伝いで先に入場する事が叶いました。前回のコミケでも設営売り子を手伝いさせて頂きまして、私自身もそれなりの手応えを感じてました。自分が作った作品ではないですけど自分が説明してそれを手に取ってもらうのはこの上ない喜びでした。冬の寒空の下に長時間並ばなくても良いという事も勿論ですし、本当感謝しております。5:00に目を覚まして6:00に家を出発、8:00にはビッグサイトに到着して設営の準備などをしておりました。予めノベルゲーム部(公式HPはこちらからどうぞ)界隈の方々にもご挨拶出来たのが良かったですね。万全の態勢で10:00を迎えました。

 今回事前にサークルチェックを行った段階で42サークルありました。これは新作があるサークルではなく、過去に作品をプレイした事があるサークルさんです。上でも書きましたが、コミケの目的は作品を通じたサークルさんとのコミュニケーションです。新作の有無に関わらず自分の言葉で作品の感想を伝えることが第一でした。勿論基本的には全てのサークルを周り、気になった作品は手に取らせて頂いております。その為出来るだけゆっくりと1つ1つのサークルさんを見て回り、時に会話をしたり時に作品を手にとったりと興奮しながらもマッタリとサークル巡りをしておりました。今回は1日目であり西1ホールという事もあり殆ど込むこともなくスムーズに回ることが出来ました。おおよそ11:30には終わってましたね。

 その後は再び黒柴亭さんと活動漫画屋さんのところに戻り休憩がてら売り子をしておりました。自分も買う側ですので一般参加者がどんな視点でサークル巡りをするのか心得ているつもりです。そういう意味でも作品を宣伝する時は、簡単なあらすじ、プレイ時間、雰囲気を簡潔に伝える事を意識しました。実際に何人かの方に手に取って頂いてすごく嬉しかったですね。先に入場させて頂いた事の恩返しが少しでも出来たかなと思っております。そして自分の知っている方が目の前を通っていく度に声はかけてましたね。実際サークルスペースに留まって人が行き交う様子を見ていると意外と知り合いが多く行き来してて面白かったです。前回よりも幾分かはスムーズに作品を宣伝することができたと思っております。

 その後は毎回恒例になりつつありますが、一般参加者として来ているプレイヤーの方々と駄弁ったり戦利品の紹介などをしておりました。私も相当買う方だと思っておりますが皆さん負けず劣らずのボリュームで、しかも自分が手に取っていない作品も沢山あってやっぱりコミケは広いと思いました。その中には自分が欲しくて見落としていた作品もありましたので、急いでサークルさんのところに戻って買う事が出来ましたね。これがあるからプレイヤーの方々との交流に意味があるというものです。何よりもC90以来ですので今年プレイした作品ですとか近況とか話題は付きませんでした。

 そしてそのまま1日目は閉会になり、そのまま同じメンバーで打ち上げに行ってきました。今回は全部で12人での開催でして、お馴染みのメンバー以外にもサークルさんにも参加しており楽しい時間でした。もうとにかく色々と話しましたので何がどう良かったとか具体的には無いのですが、一番印象的だったのはどうやって同人ノベルゲームを盛り上げるかという話題でした。今回打ち上げの参加者は自分を含め個々に発信している方々が多く、1人1人がかなりのポテンシャルを持っていると思っております。であるなら、少しだけその力を結集して何か1つ統合したものを作れないだろうかと思いました。例えば、一つHPを作りそれぞれがそれぞれのHPで更新した内容をトレースするとか。そしてそれをTwitterでも連動させて拡散するとか。とにかくどれだけ多く人の目に止まるかが大事であり、それが実現できるシステムが出来ればと思いました。とても壮大な計画だと思いますが、一つ腰を据えればきっと素敵なものができる気がします。そんな面白い話もすることが出来、最終的に22:30位まで飲んでました。

 という訳でC91一日目でした。朝から夜までずっとコミケづくしで、ずっとアドレナリンが出ていた感覚でした。作品の手に入れられましたし、久しぶりの知り合いともお話できましたし、サークルさんともお話できましたし、打ち上げにも参加できましたし本当夢のように楽しい時間でした。始めは仕事の関係で参加すら出来ないかもと思っていただけに本当参加出来て良かったです。そしていつものメンバーがまた同じように顔を合わせられて嬉しかったですね。仕事や身辺状況が変わったら途端に趣味に時間を使えなくなりますからね。また次回同じ顔ぶれで会える事を祈っております。今日お会いした全ての皆さん、お疲れさまでした。今日明日行かれる方は引き続き頑張りましょう!
  1. 2016/12/30(金) 11:38:33|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念行事

 今日は何もない休み。土日関係なく夜勤がある仕事してますので平日のど真ん中に休みが入るのはよくある事なのですが、今日は大切な用事がありましたのであらかじめ休みを確定させ仙台に行ってきました。理由はタイトルにあります研究室の記念行事に参加する事でした。

 過去に日記でも書いておりますが、私は大学院に進学しており2年間は仙台で過ごしておりました。大学は新潟で過ごしてましたので新しい環境に新しい人間関係でどんな大学院生活になるのか不安でした。何よりも大学からレベルを上げて進学しましたのでそもそも研究室についていくだけで精一杯で、修士を取るのがこんなにも難しかったんだと当時の事を思い出してます。ですけどあの時の厳しい経験は直接は役には立ってませんけど何らかの形で今の自分の中に残っていて、今でも生きていく上での教訓にしている思い出が沢山あります。そんな厳しい大学院を卒業してもう7年半も経過しております。今回は記念行事という事で前半は研究室や実験棟の見学会で後半は特別講演や式典というスケジュールでした。これまでも何度か教授の退官記念イベントなどで研究室の人とはお会いしているのですけど、再び直接研究室や実験棟にいったのは本当に久しぶりでした。それでも7年経過していたにも関わらず細かいところまでかなり覚えてました。実力が無いなりにも必死だった2年間でしたのでそうそう忘れるはずがないという事ですね。その後は会場を変えて特別講演となりました。特別講演と言いながら普通にガチの原子核素粒子の話で、半分くらいは理解出来ませんでしたね。それでも研究者特有の話していてテンションが上がっている様シンプルで飾りやアニメーションが無い発表スライドは自分の修士論文発表を思い起こさせてくれました。式典では懐かしい人と話が出来ました。指導教官や助教は相変わらず変わりなしで、いつものテンションでおちょくられました。先輩後輩はもう研究室を離れていて別の環境で研究してました。私と違い未だに研究してるんです。いやー凄いですね。本当に凄い事だと思います。これも前の記事で書きましたが、私の中で研究者は須らく尊敬の対象です。何日も帰れずその上成果が出るかなんて分からないのが研究の世界。本当に好きでない絶対に続かないんです。そんな究極の世界で今でも生きているんですから、気持ちが違いますね。羨ましいとすら思えます。是非これからも研究の世界で自分のやりたい事を続けて欲しいと思います。という訳で日帰りの仙台でしたが非常に満足しました。自分では叶える事が出来なかったアカデミックな世界。そこに少しでも自分が生きていたんだなという事が実感できて嬉しかったです。また何度か研究室に行く事はあると思いますので、その時まで自分も健やかに生きて行こうと思いました。

 式典が終わったのが20:30でしたので、多くの人はホテルを取って明日帰るみたいです。自分もそうしたかったんですけど、明日は普通に夜勤ですのでそうはいかないんですね。この記事を投稿したらさっさと寝ようと思います。
  1. 2016/11/17(木) 23:22:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M3-2016秋

 今日は夜勤明け。いやいやついにアノラックを出してしまいましたよ。昨日の夜勤はまるで冬みたいな寒さでしたね。まあ10月も終わりですのでこの位の気温が正規なんですけどね。

 そして昨日ですが、タイトルにあります通りM3-2016秋に参加してきました。M3(公式HPはこちらからどうぞ)についてはもはやこの日記の中では説明不要な気がします。いわゆる音系オンリーの即売会でして、毎年春と秋の2回開催されております。私が即売会で求めているのは同人ノベルゲーム同人音楽ですので、まさに私の為にあるような即売会です。初めて参加してからもうかれこれ9回目の参加という事で随分な年数が経ったものです。会場の雰囲気にもすっかり慣れ、最低限のサークルチェック自分の触覚だけを頼りに充分楽しませて頂きました。当日は午前中に楽団の演奏会があった関係で12:00に会場である東京流通センターに到着しました。開場は11:00ですのでまだまだ参加者が多く、即売会らしい賑わいを見せておりました。とりあえずはチェックしたサークルを手短に回りました。一部の壁サークルは流石と言いますか既に売り切れのところもあり、その点は残念でした。それでも殆どのサークルさんで新作を手に入れる事が出来てとりあえず一安心でした。その後は別口で参加していた同人ゲームを見せ合う会のメンバーと旧交を温めてました。前回お会いしたのがC90COMITIA117でしたので、調度2ヶ月振りとなります。私自身ここ1ヶ月はHPの更新が出来なかった事もあり、夏の新作情報を交換するのはとても有意義でした。合わせてそれぞれがM3での注目しているサークルさんの事も知れて嬉しかったです。COMITIA118の時も思いましたけど、即売会って自分以外の誰かと一緒に回るとそれだけで景色が違って見えます。自分が注目していないサークルさんに隣の人が注目している、それだけで新しい発見です。その後は一通り全てのサークルを回ってました。冒頭自分の触覚を頼りにと書きましたが、同人ノベルゲームと同人音楽を買うときに一番信頼しているのは直感です。その為出来るだけゆっくりと歩きお品書きやPOPなどがあればよく見るようにしております。ですがこれがかなり体力使うんですよね。15:00には流石に疲れたのか触覚が働かなくなってきましたのでこのタイミングでサークル巡りも終えました。途中見知ったサークルさんともお話出来ましたし十分にM3を堪能させて頂きました。調度お札も無くなってましたのでいいタイミングでした。もう何回も同じ事を書いておりますが、即売会の魅力は製作者と距離が近い事同じ趣味を持った方が集う事です。ただ作品を手に入れるだけではなく人と会話して自分が知らない世界を知るようにしていきたいと思いました。

 そしてM3が終わって夜勤終えて帰ってきたら予め通販で頼んでいたCD達が届き始めていました。厳密には数えていませんが、通販と当日を含め全部で40,000円くらいは使ったのかも知れません。即売会はどうしても財布の紐が緩くなるのが玉に瑕ですね。
  1. 2016/10/31(月) 23:27:53|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA118

 今日は夜勤。日曜日は割と夜勤の割合が多いのですが、折角の日曜日ですので日中は普通に自分の時間を過ごして夜だけ行くようにしています。そして今日はタイトルにあります通りCOMITIA118の日という事で勿論参加してきました。

 COMITIA(公式HPはこちらからどうぞ)についてはもうこの日記の中で何度書いた事でしょうか。自主制作オンリーの即売会でして、二次創作は一切ありません。その為非常にレベルの高い即売会であり、製作者のオリジナリティに溢れた作品ばかりであります。私が即売会に行く目的は同人ノベルゲーム同人音楽ですのでまさにうってつけの即売会です。そして二次創作が無いという事でコミケと比較してサークル数に対する来場者の数も小さいです。全体的に非常にマッタリとした雰囲気であり、ゆったりと歩き回る事が出来ます。実は、今回COMITIA118に参加するかはギリギリまで悩んでました。理由は私のHPの更新が1ヶ月も止まってしまったからです。夜勤が連続したり国家資格の2次試験があったり楽団の演奏会があったりで暫くビジュアルノベルがプレイ出来ていなかったので、即売会に参加するよりも作品をプレイした方が良いんじゃないかとさえ思いました。ですが私が即売会に参加する目的、それは作品を入手する事だけではなくサークルさんとお話する事です。その事を考えたとき、やはり行くべきだと思いました。そして今回はC90でお知り合いになった同人サークルの方と一緒に回ってました。自分1人だけですと自ずと視野も限定されてしまいますので、自分以外の方がどんな作品に興味を持っていて手に取っているかを知るのはとても刺激になりました。開催前に早めに合流して色々と雑談しながら、そして会場内でも会話しながら回る即売会はそれだけてとても楽しくて、あっという間に時間が過ぎていきました。今回入手した作品はほとんどありませんが、代わりに自分が知らなかったサークルさんの作品を手に取れましたのでじっくり読んでみようと思います。という訳で10:00くらいに国際展示場駅に到着して最終的に14:30くらいまでいました。1人ですと正味30分程度で終わってしまうCOMITIAなだけに全く別物の新しいイベントに見えましたね。即売会の良いところはサークルさんとの距離が近いところ、そしてそういった作品を求める人が集うところだと思います。これからも目当てのサークルが有る無しに関わらず積極的に参加してみようと思いました。

 そして来週にはM3、そしてC91まで大よそ2ヶ月なんですよね。うかうかしていたらまた作品が溜まってしまいますね。夜勤の数も楽団のイベントもまだ続きますのでどうしても本数に限界はありますが、出来るだけ空いた時間を見つけてプレイしていければと思います。
  1. 2016/10/23(日) 16:46:26|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2236聖地巡礼2回目

 今日は何もない休み。そしてタイトルにあります通り2回目の2236聖地巡礼に行ってきました。突発的で且つ日帰り強行な聖地巡礼でしたけど、非常に充実して中身の濃い1日を送る事が出来ました。

 初めての2236聖地巡礼去年の6月だったのですが、実はこの時に見つけられなかったスポットがありましたのでいつかやり直そうとは思ってました。加えて10月7日長野市にメロンブックスがオープンするという事ですので、折角なので聖地巡礼も抱き合わせで行う事にしました。大宮から長野は実は意外と近くて、北陸新幹線で70分程度で行くことが出来ます。そして長野から2236の聖地である妙高高原までは40分程度で行けます。つまり接続さえ良ければ大宮から妙高高原まで2時間で行くことが出来るのです。そして前回の聖地巡礼で見つけられなかったスポットは予め当たりを付けていましたので後は現地に行くだけでした。という訳で行こうと決めたのは昨日でしたが、既にいつでも聖地巡礼出来る準備は整えておいたのです。という訳で日帰りという強行ではありましたが足ロスもなく予定通りスムーズに回る事が出来ました。そして前回は曇や雨の天気で余り風光明媚な姿は見えなかったのですが、今回は偶然にも快晴妙高山の美しく雄大な姿を拝む事が出来ました。正直これが一番嬉しかったですね。妙高高原の真の魅力は妙高山の姿無しに語れません。やっと本当の2236聖地巡礼が出来た気がしました。という訳で本来は前回見つけられなかったスポットを確認したらすぐ帰る予定でしたが、こんな天気の良いタイミングはないという事で赤倉の方にも足を運び大よそのスポットをなぞる事にしました。1年半経過していたという事で微妙な違いはありましたが、殆どのスポットは健在で懐かしい気持ちになりましたね。そしての妙高高原は前回の初夏とは違った印象があり、新しい顔を見る事が出来ました。正直な話、妙高高原は春夏秋冬で計4回行かないとダメなんじゃないかと思ってます。初夏は微妙な季節ですので、改めて春夏冬に行ってみたいですね。その後は再び長野に戻り、長野に住んでいる同人ノベルゲームサークルのArkRiotさん(公式HPはこちらからどうぞ)とずっとお茶してました。折角遠出した訳ですし、そこに知り合いが居るのなら会わなきゃですからね。久しぶりに同人ノベルゲームの話で盛り上がれて凄く楽しかったです。という訳で、朝の6:30に出発して帰ってきたのが21:30と本当に一日丸々使った聖地巡礼でした。分かった事は、2236の聖地巡礼は日帰りでも不可能じゃないという事ですね。ですけど流石に駆け足でしたので、せめて1泊はしてのんびりと回りたいですね。思い入れの深い作品だけに、これからも末永く愛していければと思っております。楽しかったです。

 唯一残念だったのはメロンブックスのご当地キーホルダーがなかった事ですね。たまたま品切れなのか生産が追いついていないのか、それとももう生産しないのか分かりませんが是非復活して欲しいと思いました。これでも私、全国のメロンブックスに足を運んでますからね。
  1. 2016/10/14(金) 23:37:52|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TGS2016

 今日は夜勤明け。実は先週の15日からずっと外に出っぱなしで今日久しぶりに家のPCの前に座っております。15日、16日は連続で夜勤。17日は楽団の練習。そして練習が終わってからそのまま東京ゲームショウ2016(公式HPはこちらからどうぞ)へ向かってました。

 東京ゲームショウ(以下TGS)は関東に就職してから毎年行くようにしております。日本最大のゲームの祭典という事で、毎年各企業がこぞって目玉商品の宣伝や試遊などを企画しておりとても華やかなイベントです。そしてこれも毎年の事ですが、TGSは中学高校時代の友人と一緒に行くことにしております。前日に東京で落ち合い、どこかのホテルに泊まって始発で幕張メッセに向かいます。単純にそうしないと試遊が出来ずや限定アイテムが手に入らないんですね。そして会場である幕張メッセは早朝から大勢の来場者で溢れかえっており、毎年の事ですが活気の凄まじさを感じております。私がTGSに行く目的のほとんどはSQUARE ENIX(公式HPはこちらからどうぞ)関係です。ドラゴンクエストシリーズFINAL FANTASYシリーズなど、もはやSQUARE ENIXの名前を知らないゲーマーはいないのではないでしょうか。私も昔からFFシリーズはとても大好きであり、今でもナンバリングタイトルだけは追いかけております。他にはKINGDOM HEARTSシリーズもお気に入りで、これも初代から今までほとんどのタイトルをプレイしております。今回のSQUARE ENIXの目玉は何といってもFFXV(公式HPはこちらからどうぞ)でしたね。FFXIIIが発売したのが2009年で、そこから様々な外伝やオンラインゲームなどが登場してようやく正式なオフラインのナンバリングタイトルですよ。7年振りですね。ハードもPS4という事でこれか私にとって初めてのPS4タイトルになりそうです。SQUARE ENIXのステージではFFXV発売直前という事で様々なコラボ企画や関連グッズの紹介などが告知されました。熱の入ったトークショーに俄然やる気が上がりましたね。発売日が11/29という事ですので、いい加減予約してプレイしたいと思いました。そしてTGSで必ず行くのは同じSQUARE ENIXでも音楽CDを専門に取り扱うSQUARE ENIX MUSIC(公式HPはこちらからどうぞ)です。毎回会場限定CDや新作などが発表され、必ず手に入れております。今回も新旧含めて10枚のCDを購入しました。まだ聞いておりませんので、これから早速PCに取り込んで聞いていこうと思います。という訳であっという間のTGSでした。正直なところ、前日は夜勤明けでそのまま寝ずに楽団の練習、そこから友人と合流して翌日に始発で幕張メッセという事で体力的にかなり厳しかったです。それでも会場の雰囲気が気持ちを盛り立ててくれましたね。最近はめっぽうビジュアルノベルDDR中心になってますが、FFシリーズとKHシリーズは未だに続けてますし好きですのでどこまでも追いかけていこうと思います。

 そしてTGSが終わって帰ってきてすぐに昨日の夜勤。そして帰ってきたのが今日のお昼くらいという事です。今日記を書いているんですけど、急に眠くなってきたのでこれを投稿したら仮眠取ろうと思います。
  1. 2016/09/19(月) 15:25:51|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA117

 今日は夜勤。それでも夜だけですので日中はタイトルにあります通りCOMITIA117に行ってきました。C90が終わってまだ一週間ですが、いつも通りの盛り上がりで即売会らしい楽しい雰囲気に包まれておりました。

 COMITIA(公式HPはこちらからどうぞ)についてはこの日記の中で何度も書いておりますが、自主制作オンリーの即売会です。二次創作は一切ないという事で非常にレベルの高い即売会だと思っております。私が即売会に行く目的は同人ノベルゲーム同人音楽ですので、まさにうってつけの即売会になります。加えて二次創作が無いという事は東方や艦コレ、アイマス等の流行りもののジャンルが無いという事ですのでコミケと比較してサークル数に対する来場者の数も小さいです。その為全体的に非常にマッタリとしており、ゆったりと歩き回る事が出来ました。今回COMITIA117に行った目的は上でも書いた通り同人ノベルゲームと同人音楽を入手する事ですが、C90ではお話できなかった東ホールのサークルさんに挨拶に行く事もありました。C90では西ホールにしかいなかったのですが、東ホールは男性向創作という事で尋常ではない混み具合だったみたいで挨拶に行くのは諦めてました。ですが今回COMITIAに参加されるという事であれば何も問題はありませんね。むしろ慌ただしくありませんので落ち着いてゆっくりと挨拶する事が出来ました。他にも別口で来ていた知り合いとも偶然会う事が出来て嬉しい誤算でした。特にその知り合いの1人である同人ゲームを見せ合う会のメンバーの方とはCOMITIAが終わってからも食事をしながら2時間近く雑談しててとても楽しかったです。誰も知り合いがいなければ30分程度で終わって帰ろうかと思ってましたが、こういう偶然の出会いは本当に嬉しいですね。今回色々とお話して一番印象に残ったのはジャンルの確立についてです。今日一緒にお話した知り合いの方もそうなのですが、私は割とコテコテのファンタジーとか初々しい学園ものといった王道的なシナリオは結構好きだったりします。捻りもなく直球で、ある意味使い古されているネタだからこそ安心感があると思っております。逆に言えば丁寧に書けるからこそこういった王道的なジャンルとして成立するのかも知れません。何が言いたいのかといいますと、ファンタジーかと思っていたら急にSFになったり、学園ものかと思っておいたら終末ものになったりといった奇をてらう作品を最近よく目にしまして、正直焦点がぼやけて好きになれないのです。ジャンルが変わる事に必然性が無いシナリオなんですよね。今回入手した作品もまだ5本しかプレイしてませんが、この先どんなシナリオに会えるか楽しみです。王道であってもそうでなくても、心に残る作品であったら嬉しいですね。

 これで夏の即売会はとりあえず終わりですね。仕事も始まりましたので全然作品をプレイ出来る時間が取れませんが、何とか定期的には進めていきたいと思っております。次の即売会はM3-2016秋COMITIA118でしょうか?今から楽しみです。
  1. 2016/08/21(日) 17:58:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する