fc2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

COMITIA142

 今日は休みにしました。これから帰省して、従兄弟の結婚式に出席してきます。地元は雪みたいですので、風邪引かない様にします。

 先日ですが、タイトルにあるCOMITIA142に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。この日記ではお馴染みの即売会です。コミケとは違うマッタリした雰囲気と一次創作オンリーの熱量を感じる事が出来る、私の中で一番好きな即売会です。今回も日頃お世話になっているえるりんごさん(公式HPはこちらからどうぞ)の売り子をさせて頂きました。えるりんごさんは今回のCOMITIA142に合わせて新作である神絵師養成所 -noa side-特設HPはこちらからどうぞ)を準備しておりました。C100神絵師養成所を発表しておりましたが、驚異的な制作スピードだと本当に感心しております。当日は9:00に東京ビッグサイトに到着しました。開場が11:00ですので、マッタリと準備して10:00前に設営完了して1時間以上時間がありました。その間に、知り合いのサークルさんに挨拶したり、最後のサークルチェックをしてました。そして開場です。驚いたのは、開場直後から神絵師養成所 -noa side-を求めに来てくれた人が沢山いた事です。自分の事の様に嬉しかったです。それからも神絵師養成所を求める人が何人か来てくれました。ただ、夏のコミティアと比較して一般参加者数は少ないように感じました。午後には歩く人がまばらになってましたからね。他のサークルさんも閉場である15:00を待たずして撤収しておりました。そんな感じでしたが、自分達は開場から閉場まで終始マッタリと楽しんでました。隣のサークルさんと雑談したりと、退屈する事はありませんでしたね。やはりコミティアは好きです。また機会がありましたら参加したいと思います。

 秋のコミティアが終わればあっという間に冬コミがやってきます。そしてそのまま年末です。慌ただしい時期に入ってきます。
スポンサーサイト



  1. 2022/12/02(金) 11:41:26|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA141

 今日は出張で一日外にいました。今日に限って関東は33℃越えで熱中症になりかけましたね。明日から雨みたいですし、安定しない季節です。

 先日ですが、タイトルにある通りCOMITIA141に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。COMITIAとは一次創作オンリーの即売会であり、私が一番好きな即売会となっております。コロナ禍で下火になりつつあったリアルな即売会ですが、先日行ったC100同様(過去記事はこちらからどうぞ)再び息を吹き返したかのような元気な雰囲気に嬉しい気持ちになる事が出来ました。

 C100ではお世話になっているえるりんごさん(公式HPはこちらからどうぞ)の売り子をさせて頂きましたが、引き続き今回のCOMITIA141でも売り子を行わせて頂きました。C100の新作である神絵師養成所を、COMITIA141でも頒布する流れとなっております。夏コミと夏コミティアは間が1ヶ月ありませんので、多くのサークルさんが夏のイベントとして一括りにしているのではないでしょうか。夏コミティアが終わって、ようやく夏のイベントが終わったという気持ちになります。

 そして、今回のCOMITIAでは初めて前日設営に参加してみました。COMITIA、好きですからね。一度こうした裏方の仕事をしてみたいと思っておりました。前日設営は18:00にビッグサイトに集合し、約3時間かけて机と椅子を並べるというものです。当日は約100人弱の方が集まりました。正直、かなりの重労働でしたね。机と椅子の並びには勿論規則性とルールがあり、正確性が求められます。それを、4,000サークル分並べる訳です。当日は一人ひとりが協力し考えて行動しており、最終的に20:30まで作業を行いました。確実に筋肉痛ですが、こういう形でCOMITIAの一端に関われて良かったと思っております。

 そしてCOMITIA141当日、9:00過ぎにビッグサイトに到着し淡々と設営を行いました。自分達が準備した机と椅子を使うというのも、不思議な感じがしました。11:00に無事開場し、出来るだけ多くの方に神絵師養成所が頒布されるよう努めました。結果として12:30に完売しました。いや~お見事でしたね。神絵師養成所、目立ちますもの。嬉しい誤算で、13:30過ぎには撤収する事が出来ました。前日設営の疲れもあり、帰りは半分寝ている様な感じでした。

 という訳でCOMITIA141の感想でした。またあの懐かしいCOMITIAに関われるのが本当に嬉しかったです。前日設営を行ったのも良い経験でしたし、人混みもコロナ禍前とさほど変わらず賑わっていて盛況でしたし、えるりんごさんの神絵師養成所も完売して良い事だらけでした。隣のサークルさんも丁寧な方で会話に花が咲き、楽しい時間を過ごす事が出来ました。次回は11月ですかね、また参加出来れば良いなと思いました。
  1. 2022/09/06(火) 21:03:10|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C100

 本日はタイトルにあります通り100回目のコミックマーケット(以下C100)が開催されました。100回という記念すべきタイミングという事で、普段以上に熱量のある雰囲気だったと思っております。

 いわゆる夏コミの開催は実に3年ぶりでした。お盆の風物詩として毎回参加しており、数多くのサークルさんとその作品に触れ元気を貰える機会でした。自分がビジュアルノベルのレビュアーとして飛躍できたのは、間違いなくコミケのお陰だと思っております。そんな大事なイベントも、コロナ禍で中止になってしまいました。コミケが無くなった事で自分にとって本当に大切なイベントだったんだなと分かりました。それが再び復活して嬉しく思っております。

 コミケそのものは前回のC99が2年ぶりの開催でしたが(過去記事はこちらからどうぞ)、この時は1日で40,000人という縛りの中での開催でした。もちろん久しぶりのコミケで楽しかったですが、熱量としては少し物足りないと思ってました。ですがC100は1日で88,000人、C99の2倍です。やっぱりコミケの凄いところはその人口の多さだと思うんですよね。サークルさんも一般参加者もとにかく好きなものを表現する雰囲気が好きです。コロナ禍前程ではないですが、久しぶりに熱量を感じました。

 C100では、日頃お世話になっているえるりんごさん(公式HPはこちらからどうぞ)の売り子をさせて頂きました。えるりんごさんの新作「神絵師養成所」は、創作者にとって必ずぶつかる壁やSNSの危うさを問いかけた作品です。事前にプレイさせて頂きましたが、1時間未満のプレイ時間でエンディングまでたどり着けますので手に取る事が出来た方は是非楽しんでみて下さい。今回手に取る事が出来なかった方でも、今後コミティアなどのイベントで頒布する予定との事ですのでそちらで狙ってみて下さい。

 実際に参加しての感想ですが。本当にあの懐かしいコミケが返ってきたなという印象でした。今回も一般参加者はチケット制による入場でしたが、アーリーチケットなど時間差という事で徐々に参加者が増えていく印象でした。元々同人ゲーム界隈はそこまで混雑する訳ではありませんので、昼過ぎにはコロナ禍前と同等の人数が来たのではないかと思っております。サークル参加数はコロナ禍前の3分の2程度でしょうか。昔からいらっしゃるサークルさんや新しいサークルさんなど様々で、旧交を温める事が出来ました。またプレイヤーの方も多く参加され、久しぶりに顔を合わせる事が出来たのは嬉しかったです。皆さん、健やかだったのが何よりでした。

 という訳でC100の感想でした。今回も沢山作品を手に取らせて頂きました。ライフステージの変化でプレイ本数は減り気味ですが、少しでもプレイしレビューを書いて行ければと思っております。今回お会いした全ての皆さんありがとうございました。
  1. 2022/08/13(土) 21:39:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Indie Games Connect 2022

 先週の土日は見事な猛暑日で、流石に堪えたのか今日の仕事はスロースターターでした。明日は出社なので熱中症だけには気を付けたいです。

 昨日ですが、タイトルにあるIndie Games Connect 2022というイベントに参加してきました(公式HPはこちらからどうぞ)。これはKONAMIが企画しているイベントで、インディーゲームの展示や即売を行っております。開場は東京メトロの地下鉄銀座線京橋駅最寄りにあるコナミクリエイティブセンター銀座です。ここの2階に全部で70近いクリエイターの方々が集まっておりました。当日は午前中用事があったため午後に着きました。14:00くらいに着いたのですが、入場制限が掛かっており多くの人が列を作っておりました。それでも20分程度で入場する事が出来ました。開場は流石KONAMIのスペースという事でとても近未来的で、サイバーな空間に仕上がっておりました。また参加しているどのサークルさんも遊び心満載な作品ばかりで、どれも楽しそうでした。今や、インディーゲームでもsteam配信Nintendo Switchスマホアプリは当たり前ですね。商業と変わらないクオリティの物ばかりでした。一方昔ながらのアナログコントローラーを使った者や、独自のセンサーを開発したもの等見ていて楽しいものもありました。1日ずっといても遊んでいられるような空間でした。過去にデジゲー博というイベントにも参加しましたが、どことなく似てましたね。新しいゲームの風を感じる事が出来ました。

 ビジュアルノベルは少なかったですね。3サークル位しかなかったと思います。加えてどれも制作中でしたので、完成を期待ですね。
  1. 2022/06/27(月) 20:48:46|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回crAsM.M ビジュアルノベルオンリー

 今日はテレワーク。週の始めは中々エンジンが掛かりにくいので、テレワークで仕事を思い出すくらいが調度良いです。明日は出社です。

 先日ですが、タイトルにあります第2回crAsM.M ビジュアルノベルオンリーというイベントを開催しました(公式HPはこちらからどうぞ)。半年前に第1回を行わせて頂きまして、今回はその2回目となります。これはビジュアルノベルに特化したオンラインのオンリーイベントです。開催した経緯は過去記事で書いておりますのでこちらをご覧頂きたいのですが、コロナ禍でオフラインの即売会に抵抗が生じている雰囲気を感じ、それならばオンラインでやれば良いじゃないと思い始めております。第1回を行ったのは2021年11月で、その後のアンケート結果などから半年に1回のペースで行おうと決めました。第1回からもう半年も経ったんだなと驚いております。第2回は全部で23のサークルさんに参加頂きました。様々なジャンルのサークルさんがあつまり、私も事前に作品をプレイさせて頂きましたがどれも個性的でクオリティが高く驚きました。Twitterで紹介ツイートも行わせて頂き、準備を進めました(その時のツイートはこちらからどうぞ)。当日ですが、コアタイムである13:00~15:00を中心に一日張り付いてました。入れ替わり立ち代わり多くの人にご参加いただき、最終的に100人以上の方に訪れて頂いたのではないかと思っております。ちなみに、コアタイムで一番人が集まりその後減るのですが最後の最後で再び盛り上がるのが楽しいですね。終了である22:00前後のお祭り感がたまらないです。今回も殆ど事務方を倉下さんに行って頂き、自分は宣伝中心で行いました。倉下さんがいなければイベントは成立しなかっただろうと思います。沢山のメッセージも頂き、またイベント中多くの方に声を掛けて頂きとても嬉しかったです。次回は2022年11月に開催予定ですので、またのご参加をお待ちしております。

 今回紹介ツイートを優先する関係で、レビューの方は書いてなかったんですよね。これからは、レビューの更新を進めてまいります。
  1. 2022/05/30(月) 20:42:45|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばらまつり2022

 今日は普通の日勤。何故か無性に眠いのでこの日記を投稿したらもう寝ると思います。たまに圧倒的な睡魔に襲われるんですよね。

 先日ですが、タイトルにあるばらまつり2022というイベントに行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ。2022年2年に埼玉県さいたま市へ引っ越してきた訳ですが、駅構内でこのばらまつりのポスターを見かけたのが行こうと思った切っ掛けでした。どうやらさいたま市中央区の花はバラみたいでして、ちょうど5月初旬~中旬が見頃みたいです。確かに、駅前で時々バラの花壇を見かけますからね。折角さいたま市に引っ越したわけですので、地域の特産や文化を知るのも悪くないと思って行ってきました。会場は埼京線与野本町駅の最寄りにある与野公園です。駅から徒歩10分程度であり、ゆっくり回れば30分以上掛かる大きな公園です。その一角にバラのスペースがあり、ばらまつりはそこで行われております。行ってみて、とにかく沢山の種類に驚きました。全部で100以上の品種があり、それが区画別に整然と植えられております。圧倒されましたね、さいたま市にこんな自然的なイベントがあるんだと失礼ながら思ってしまいました。バラは赤や白といったイメージがあると思いますが、オレンジや黄色、一見バラに見えない物、花びらの枚数や形など本当に様々あるのがわかりました。そしてやはりバラの華やかな香りが気持ちよかったです。見に行ったのは平日でしたが、多くの方がバラを鑑賞しており駐車場は満車でした。かれこれ1時間程度じっくり観察してました。はじめはそんなに大したものではないだろうと思ってましたが、とても素晴らしいイベントでした。また来年行こうと思いました。楽しかったです。

 こうした自然を見るイベントを、時間を気にせずのんびりと見れるのは貴重な事だと思っております。このくらいの心持ちでいたいですね。
  1. 2022/05/23(月) 22:37:14|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C99

 いよいよ今年も終わりになります。前回の日記でも書きましたが、今年はここ10年くらいで一番動きのあった1年でした。なんとか無事に年を越せそうです。

 さて、年末のイベントと言えばコミックマーケットしかありません。社会人になってからはもう毎年恒例のイベントとなっております。ですが、ここ2年は新型コロナウィルス感染拡大の関係で中止となり、最後に行ったのは2年前のC97でした。ここからコミケが無くなって、本当に自分はコミケが好きだったんだなと確信させられる2年間でした。ビジュアルノベルに対するモチベーションが上がりませんでしたからね。それでもCOMITIAなどの即売会やpictSQUAREによるオンライン即売会で息を繋いできました。そして、ようやくコミケが開催される運びとなりました。

 本当に嬉しかったですね。またあのサークルさんが一同に介し作品と出会える空間に立ち会えると思うと喜びが湧いてきました。勿論、新型コロナウィルスが終息したわけではありませんので今まで通りの開催とはなりません。一般参加者はチケット制となり、サークル数も大きく数を減らすことになりました。徹夜組など不利益をもたらす存在が消えたのは嬉しいですが、始発ダッシュや足元の見えない待機列、情報戦による戦利品の獲得といった文化も消えるのは少し物悲しいと思ってしまいました。これからは、きっと今回のコミケをベースとして新しいコミケがスタートしていくのだろうと思います。

 それでは、ここから私の動きを書こうと思います。現在長野に住んでいるという事で、前日東京入りしました。りんかい線の天王洲アイル駅最寄りのホテルを取り、当日朝は8:00に出るようにしました。また、今回もありがたい事にお知り合いのサークルさんの売り子を務める形で入場することが叶いました。人数が減ってもあの外の寒い待機列だけは避けたいですからね。前日に軽く打ち合わせを行い、当日朝を迎えました。

 驚いたのは、りんかい線の込み具合でした。全然空いてました。朝の通勤ラッシュの方がよっぽど混んでました。会場についても、押し合い圧し合いにはなりませんでした。ちょっと人数が多い何かのイベントといった感じですね。これにはビックリしました。チケット制にするだけで、ここまで人が減るんだなと思いました。サークルさんと合流し、会場についてもどこか広い感じでした。それでも、あのビッグサイトの空間に帰ってきたんだなと嬉しくなりましたね。懐かしい面々とも会えましたし、旧交を温めることが出来ました。

 そんな感じでしたので、買い物は開始1時間以内で終わってしまいました。元々サークル数が少ない事に加え、当日欠席されているサークルさんも多かった事が理由でした。このあたりは少し残念だなと思いましたが、これが新しいコミケのボリューム感なんだろうなと思いました。それでも、欲しい作品や新しい作品が手に入りましたので良かったです。その後お昼すぎに東西の移動制限も無くなり、他の行きたいサークルさんにも顔を出すことが出来ました。多くの時間を売り子の時間に使い、14:30くらいに会場を後にしました。

 というわけでC99でした。2年ぶりのコミケでしたが、やっぱり好きなんだなという事を再確認しました。別にコミケのためにビジュアルノベルをプレイしている訳ではないのですが、直接感想を伝えたり言い合えるのは無常の喜びでした。来年の夏にC100が開かれるかは分かりませんが、開かれるように世の中が良くなっていく事を願うばかりです。今回お会いした皆さんありがとうございました。これからも健康に気をつけて、良いお年をお迎えください。
  1. 2021/12/31(金) 18:34:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回crAsM.M ビジュアルノベルオンリー 終了

 今日はテレワーク。週始めは色々とエンジンが掛かりにくい部分がありますので、やる事が分かっている決められた仕事をするのが週間になってます。ノッてきたら、頭を使う仕事に切り替えます。

 先日ですが、タイトルにあります第一回crAsM.M ビジュアルノベルオンリーというイベントを開催しました(公式HPはこちらからどうぞ)。過去に日記でも紹介しておりますがビジュアルノベルに特化したオンラインのオンリーイベントになっております。共同開催の倉下さんと共に、こうしたイベントを開催したいと意気投合した事で実現しました。イベントに対するコンセプト等々については過去記事をご覧頂き、ここでは当日の雰囲気などについて感想を書こうと思います。正直言えば、当日どれだけ来場者がいるのか不安でした。Twitterを中心にそれなりに宣伝はしてきたつもりですが、そこまで上手い使い方が出来たとは思っておりませんので全然認知されていないのではないかと不安でした。ですが、蓋を開けてみれば午前中からお知り合いの方や多くの方に来場いただきました。特にコアタイムである13:00~15:00常時35人以上の方が会場にいらっしゃり、賑わいを感じる事が出来ました。時にプレイヤーの方と雑談したり、サークルさんとお話したり、メッセージボードのご意見を読んだりと時間はあっという間に過ぎていきました。コアタイムが終わってからも常時会場には人がおり、終了間際の22:00には再び30人以上の方にいらしていただきました。最後ちょっとしたイベントっぽい出来事もあり、やっぱり即売会は良いなって素直に思いました。今回はとにかく倉下さんに感謝でした。自分は殆ど主催らしい事が出来てませんでしたので、このような場が出来たのは倉下さんのおかげでした。そして何よりも、30近い参加サークルさんと150人以上の一般参加者のおかげでした。今後第二回・第三回と続けていきたいと思っておりますので、是非またご参加いただけましたら幸いです。本当、楽しい時間をありがとうございました。

 これから細かな反省を行います。アンケートも行っておりますので、是非こちらからザックバランにお答え頂ければ幸いです。
  1. 2021/11/15(月) 22:08:39|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回crAsM.M ビジュアルノベルオンリー

 今日明日は久しぶりに何もない休み。思いっきりグダグダに過ごしております。たまにはこんな休日も悪くないですね。

 Twitterの方では告知しておりますが、タイトルにあります第一回crAsM.M ビジュアルノベルオンリーというイベントを開催します(公式HPはこちらからどうぞ)。切っ掛けは突然で、共同開催の倉下さんと意気投合した事です。このイベントのコンセプトはオンライン上であるという事です。昨今コロナ禍という事でオフラインでのイベントに抵抗を感じる方が増えているのではないでしょうか。オフラインが厳しいのであれば、オンラインでやればいいという事です。そしてこの日記でも何度か登場しておりますが、pictSQUAREというオンライン即売会サービスを使用します。何度か同人ゲームのイベントも開催されており、そこから着想を得てビジュアルノベルオンリーにしてみようとなったわけです。告知は7月から初め、現時点でサークル参加者の方を募り終わりました。30に近いサークルさんに賛同いただきとても嬉しかったです。イベントの本番は11/14(日)になります。どのような雰囲気になるのか今から楽しみです。私自身即売会はとても大好きで、特にコミケは半分ビジュアルノベル界の同窓会だと思っております。そんなリアルイベントが無くなり、多分寂しかったんですね。とにかく何か外に出せるものをお持ちの方であれば構わない、ビジュアルノベルという一つのジャンルで一つの場を作りたいと思っておりました。実際のところ、運営や事務的な部分の大半を倉下さんにして頂いております。その分自分はこれから宣伝を行っていこうと思っておりますので、暫くはTwitterをご注目していただければと願います。ハッシュタグも作りました、#crAsMMビジュアルノベルオンリーとなりますのでぜひご活用下さい。多くの来場者をお待ちしております。

 早速今日からサークルさんの紹介をしていこうと思います。イベント本番まで定期的に行っていきますので、是非ご注目下さい。
  1. 2021/10/09(土) 18:05:25|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファンタジーアート展

 今日は休みにしました。別に休みにする理由は無かったのですけど、今日有給取らないと暫く取れそうになかったので取りました。

 そして、タイトルにありますファンタジーアート展に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。これは、ファイナルファンタジーシリーズで原画を担当している天野喜孝氏とそのご子息である天野弓彦氏の絵画を展示しているイベントです。全国て展開しており、本日より長野県でも始まりましたので行ってきました。しかし、主催しているのはアールビバンという絵画販売を担っている会社です。かつて秋葉原でエウリアンと称された女性が絵画商法をしていた事を思い出し、そういったセールスは少なからずあるのだろうと思いました。実際、イベントは展示会と即売会を合わせた感じとなっておりました。会場の半分に絵画を飾り、残りの半分は商談のスペースでした。沢山のスタッフが配置されており、来場者一人ひとりに声を掛けて絵画の宣伝をしてましたね。私は特に買うつもりはありませんでしたのでサラッとかわしてましたが、熱心に聞いている人のうち何人かは購入したのかも知れませんね。金額は平均で300,000円程度、大部分の絵画に価格が付いておりましたので買わせる事が一定の目的なのは間違いないと思いました。絵画そのものはファイナルファンタジーのキャラクターを中心に天野喜孝氏の表現で描かれたもので懐かしく思えました。ただ、私にとって見るのは展示会で十分です。あまり長時間滞在はせずサックリと見て帰ってきました。もしこれからご覧になられる方がいたら、自分の意志はしっかりと決めるのが良いです。

 ちなみに今日は金曜日でしたけどそれなりに人はいました。コロナ禍という事もあり一定の人数で入場制限をしてましたので、土日は入場に時間掛かるかも知れませんね。
  1. 2021/07/02(金) 18:13:42|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する