FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

25周年記念 るろうに剣心展

 今日は何もない休み。少しずつ春の兆しを感じる事が出来る気候になっている気がいます。今年度の仕事も終わりが見えてきましたので、そろそろ何か新しい事やってみたいですね。

 そして今日ですけど、タイトルにあります通り25周年記念 るろうに剣心展に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。私、ジャンプの中で一番好きな漫画は実はこのるろうに剣心なんです。連載当時から週刊誌を読んでいた訳ではないのですが、その後アニメ化されてから改めて単行本を揃えてそこからずっとファンになっております。ジャンプの歴史的に、るろうに剣心はドラゴンボールやSLAM DUNKが終わってその後ONE PIECEやNARUTO -ナルト-が始まる前の時期に連載されておりました。私は中学生でしたね。るろうに剣心は、明治時代初期を舞台とした剣客の緋村剣心を主人公とした作品です。当時あまり見なかった歴史物であり、飛天御剣流による様々な剣技に興奮してました。また、この作品は新撰組を始めとした実際の歴史上人物や出来事を織り交ぜておりその辺りのリアルとフィクションの兼ね合いも面白かったです。ですが、今になってるろうに剣心の魅力は何かと問われたら私は間違いなく著者である和月伸宏氏が表現したかったテーマ性を挙げると思います。剣を通して正義や強さ、幸せを求める緋村剣心の姿やその他登場人物の生き様がダイレクトに描かれており、そこに氏の生き様も反映されていると思いました。一生懸命悩み考えてキャラクターを描いて物語を紡いだんだなという感じが好きです。今回のるろうに剣心展も、そうしたるろうに剣心で扱っているテーマにスポットを当てて展示されておりました。主に「週刊少年ジャンプ」連載時の直筆原稿やカラー原画あわせて200点以上を一堂に集めており、それを仲間・正義・強さ・命・幸せの5つのテーマに分けて展示しておりました。途中には和月伸宏氏のコメントも展示されており、背景なども理解する事が出来ました。当然全巻読んでいる私にとってはどれもが懐かしく、そういえばこんな場面もあったなと思っておりました。個人的に好きな人物は斎藤一雪代縁です。正反対の印象を受ける2人だと思いますが、その真っ直ぐで周りに流されない生き方が印象に残っております。好き嫌いと善悪は違う、これも展示の中に書かれていた言葉で良いなと思いました。他にも現在ジャンプスクエアで連載中の北海道編実写版で着られた衣装も展示してあり、何よりも冒頭のシアターは全て漫画の場面から作られたムービーでテンション上げてくれました。最後の物販でも様々なものが売っており、私もついつい買ってしまいました。かれこれ1時間程度の滞在でしたが、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。るろうに剣心が好きな人であれば間違いなく楽しめると思っておりますので、是非行ってみては如何でしょうか。

 何となくですけど、並んでいる人も世代的に30~40代の人が多かった印象です。25年前に連載していましたのでまあそうなるだろうなとは思っておりました。調度世代の人が集まる感じで謎の親近感を感じてました。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/13(土) 22:14:11|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコミケ2

 今日は夜勤明け。ここ最近は本当に気温が下がって、緊急事態宣言があっても無くても基本的に外に出たくはないですね。今日もずっと部屋の中でぬくぬくしてました。

 遅くなりましたが、タイトルにありますエアコミケ2に参加してましたので感想を書こうと思います(公式HPはこちらからどうぞ)。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、冬コミもオンラインとなってしまいました。まあこればっかりは仕方がないと思います。1日20万人近く集まるイベントですし、参加されている方であれば分かると思いますが圧倒的に密ですからね。前回のエアコミケは、前提としてオフラインで開催する予定でしたので数多くのサークルさんが参加表明しておりカタログも販売されました。ですが、エアコミケ2は始めからオフラインでの開催が告知されておりましたのでサークル数はドッと少ない印象でした。事実、Circle.msにて同人ゲームのサークルさんを検索しても、全部で100サークルあるか位だったと思います。ましてやビジュアルノベルを頒布するサークルさんは10サークル程度でした。そういう意味で、エアコミケ2を巡る時間はあっという間という感じでしたね。エアコミケ2当日の前から少しチェックしていた事もあり、一気に見てしまいました。だからこそ、新作のあるサークルさんの作品は手に取らせて頂きました。ここで言う手に取るとは、ダウンロードの事ですね。Circle.msから公式HP・Twitter・BOOTH・各ダウンロードサイトに直リンクで飛べますので、あまり手間ではありませんでした。何れにしても、幾つか新作を手に入れる事が出来て良かったです。ただ、やはりイベント感はちょっと弱かったですね。人と人が触れ合って会話する感覚はとても実現出来ませんので、そこは寂しさを感じました。ですけど、世界中で今まさに同人を行っている方がそれぞれ頑張っておりその姿の一端が見れただけで良かったです。いつかまた、オフラインでの開催が出来る日を夢見て暫くはオンラインで頑張ろうと思います。主宰されたコミックマーケット準備会の皆さま、ありがとうございました。

 何となくダラッとしてしまった年末年始ですが、その理由の大半がコミケがない事ですね。毎年年末に向けて準備を行い、それを大晦日に掛けて発散するライフスタイルが無くなってしまったのですから。本当、今年こそはと祈るばかりです。
  1. 2021/01/08(金) 22:05:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここなつ2.0 Xmas LIVE星夢~ホシニネガイヲ~

 今日は普通の日勤。今週で実質今年の仕事が終わります。年末だからと言って仕事が終わる訳ではありませんが、区切りが良いので片付けられるものは片付けて信念を迎えたいですね。

 先日ですが、タイトルにあります通りここなつ2.0 Xmas LIVE星夢~ホシニネガイヲ~というオンラインライブを見ました(公式HPはこちらからどうぞ)。ここなつとは、KONAMIと富士見書房とのコラボレーションで送っているWeb連動型音楽配信企画であるひなビタ♪に登場する双子アイドルユニットです(公式HPはこちらからどうぞ)。ひなビタ♪がKONAMIによる企画という事で、私が大好きなDDRにも沢山の楽曲が収録されております。それらの曲を聴いているうちにいつの間のかファンになってまして、これまでもひなビタ♪ライブ2018 SWEET SMILE PARADE 待っててね、東京さんっ!ここなつワンマンライブ2018 ミライコウシンひなビタ♪ライブ2018 ~Sweet Smile Pajamas Party~ひなビタ♪ライブ2019 ~Sweet Smile Merry go round~とほぼ全てのライブに参加してきました。ですが、昨今の新型コロナウィルスによる感染拡大によりこうしたライブも中止になっております。そこで、今回のライブは無観客でのオンラインライブとなりました。オンラインライブという事でどうしても会場独特の熱量はありませんが、ひなビタ♪の懐かしい空気感は変わらずで嬉しくなりましたね。ライブチケットは3,000円で、12/25まで見る事が出来ます。またライブ後のトークショーは2,000円で、こちらも同じく12/25です。ライブですが、とにかくここなつの声優である日南結里と小澤亜李の息の合った掛け合いが楽しかったです。全部で10曲歌われ、中には今回のライブで初だしされた新曲も2曲ありました。ここなつらしいエレクトリックな雰囲気そのまんまで、あっという間の時間でした。トークショーはプロデューサーのTOMOSUKE氏も交えての本当緩い雑談でした。今後の展望も語られ、ライブのまとめ動画も配信され、楽しい雰囲気が伝わりました。とりあえず、コロナ禍であってもひなビタ♪のライブが見れただけでもうお腹いっぱいです。まだまだコロナが終息するかどうか分かりませんが、オフラインでもオンラインでもまたひなビタ♪の歌声が聞ければと思っております。楽しかったです。ありがとうございました。

 今後こうしたオンラインライブというものは増えていって当たり前になっていくんでしょうね。コロナ禍で本当に色々と世の中の常識が変わっていった気がします。今はオフラインのライブの思い出がありますけど、これが少しずつ薄れていくと思うと怖いですね。
  1. 2020/12/21(月) 22:10:08|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジゲー博2020

 今日は普通の休み。楽団の練習で朝からずっと外に出ておりました。後で日記に書こうと思いますが、今年も定期演奏会を開催します。コロナ禍の中で、楽器が吹けて合奏が出来る喜びを改めて感じますね。

 先日ですが、タイトルにあります通りデジゲー博2020という即売会に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。デジゲー博も、私の中ではもう恒例の即売会になっております。毎年秋の時期に、秋葉原にある秋葉原UDXで開催されております。デジゲーですので、勿論扱っているのはデジタルゲームです。例年250前後のサークルが参加しており、様々なデジタルゲームが頒布されております。ですがここでもやはりコロナ禍の影響は避けられず、サークル数はいつもの半分で130程度でした。それでも盛り上がりは変わらずで、ゲームを楽しみにしている人で賑わっておりました。デジゲー博は基本的に動的ゲームが多く、私が大好きなビジュアルノベルはそれほど多くない印象です。ですが、今年は比較的ビジュアルノベルの数が多く様々な作品を手に入れる事が出来ました。そして何よりも、CDやDVDでの頒布数が非常に少なくなっていた点が特徴でした。今やDVDドライブが無いPCも当たり前になっておりますし、何よりもスマホやタブレットでプレイするのが当たり前になりつつあります。そして単純にCDやDVDはその準備だけでそれなりのコストになりますので、時代の流れと共にこうした媒体が減っていくのも納得です。実際、デジゲー博ではその多くがはがきサイズの紙に2次元バーコードが印刷された物でした。個人的には、CDやDVDのように手に取って実感出来る物の方が好きなんですけどね。どうしても紙は無くしそうで。まあ、作品が楽しめる事が大事なので問題は無いです。正味30分程度の滞在時間でしたが、充分見る事が出来て満足する事が出来ました。本当、こういう時代になりましたけどこうして即売会を開催してくれて嬉しいです。やっぱりオフラインの即売会は楽しいので、これからも続いて欲しいと思っております。

 前にCOMITIA134の記事で今年最後の即売会と書きましたが、そうではなくこのデジゲー博が最後の即売会になりそうです。強いて言えばエアコミケですが、オンラインですからね。
  1. 2020/12/06(日) 22:03:25|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMITIA134

 ここ最近は西高東低の気圧配置の為か、北風が強く太陽が出ていても肌寒いです。いよいよ本格的に冬の訪れという感じがしますので、そろそろ新しい冬用のコート買いますかね。

 今日はタイトルにあります通りCOMITIA134という即売会に参加してきました。COMITIAについてはこの日記の中でもう何度も紹介しております(公式HPはこちらからどうぞ)。一次創作オンリーの即売会であり、二次創作はありません。私が最も大好きな即売会であり、年4回開催されておりました。COMITIAの思い出と言えばとにかくサークル部活動が挙げられますね。ノベルゲーム部過去記事はこちらからどうぞ)やビジュアルノベル部過去記事はこちらからどうぞ)に運営側として参加させて頂き、非常に良い経験をさせて頂きました。そんなCOMITIAですが、やはり新型コロナウィルスによる感染拡大の影響は免れず2月に行われたCOMITIA131過去記事はこちらからどうぞ)を持って暫く開催を中断しておりました。それでもエアコミティア過去記事はこちらからどうぞ)といった取り組みは行われておりましたが、やはりオフラインのイベントが懐かしく思っておりました。10月に入ってからCOMIC1☆17過去記事はこちらからどうぞ)やM3-2020秋過去記事はこちらからどうぞ)といった各種即売会が復活してきました。合わせて今回のCOMITIA134もオフラインでの開催が復活となり、久しぶりのCOMITIAに合わせてどのような感染対策を行うのかも確認してきました。COMITIAでは、全ての参加者にリストバンドの装着を義務付けました。サークル通行証やカタログを持っている方はそれと引き換えに検温とマスク着用とアルコール消毒を行った上でリストバンドを受け取る事が出来ます。こちらの導線が丁寧に整備されておりました。そしてサークルスペースが非常に広かったです。例えばク04aとク04bは同じテーブルでしたが、ク05aのテーブルとは離隔がありましたので移動がスムーズそうでした。また島サークルそのものも広く、距離を保っている様子が伺えました。その代わり、サークル数は会場の広さに対して半分程度となってましたね。これは仕方が無いかなと思っております。それでも開場から時間と共に参加者は増え、いつものCOMITIAの姿となりました。懐かしく思いましたね。所によって密になっている様子もあり不安はありますが、まずは今回COMITIAを行ってみてクラスターが発生しない実績を積んでいけば良いのではないかと思っております。懐かしい人との再会も出来ましたし、最高の時間でした。やっぱり、自分は即売会が好きなんですね。実行委員会の方の努力に本当感謝申し上げます。今年の即売会はきっとこれが最後ですね。来年はどんな一年になるのか、少しずつでもイベントが再開して欲しいと思いました。

 本当にテンション上がりましたし、やっぱりビジュアルノベルが好きだという事も改めて確認出来ました。色々とブレてしまう事が多い今日この頃ですが、こうした機会を糧にしてこれからも頑張っていきたいです。
  1. 2020/11/23(月) 19:23:05|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M3-2020秋

 今日は夜勤明け。気分が良かったので久しぶりに夜勤明けでDDRをしてきました。それなりにスコアは出てくれましたけど全体的に遅れがちでした。出来れば万全のコンディションで臨みたいですけど、それも難しいですね。

 先日ですが、タイトルにあります通りM3-2020秋という即売会に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。M3音系オンリーの即売会です。同人ゲームと同人音楽が好きな私にとってこれ以上ないくらいマッチしている即売会です。初めて行ってからかれこれ8年になろうとしております。少し前にCOMIC1☆17という即売会に行ったという記事を書きましたが、コロナ禍という事でやはりこれまでとは違う対応と言いますか開催状況になっておりました。各即売会が独自の感染拡大防止対策を行っておりますが、M3が取った対策もまた独自のものでした。第一に、カタログによって入場時間を制限したリストバンドを配布しております。M3は10:30~15:00の開催ですが、これを10:30~12:3012:30~14:30に大きく分けて一般参加者が密にならないようにしておりました。第二に、サークルさんのスペースを拡大しております。これまで使っていたスペースを約2倍にし、各サークル間にデッドスペースを設けて密を避けております。第三に、M3オンラインというオンラインの場を新設しております。これはオンライン上に仮想の設営会場を用意し、そこにサークルさんの情報を提示するという物です。今回はオフラインとオンラインで同じくらいのサークルさんが参加されておりました。このように、出来るだけ密にならない対策を取っての開催という事で本当に頭が上がりません。私も10:30に来場し、時間制限がありますのでやや速めにサークル巡りをしましたが、その中でもお知り合いの方とお会いする事が出来お話する事が出来ました。ここでしか会えない方が沢山いますので、いつまでもこの場が続いて欲しいと思いました。何だかんだで沢山買ってしまいましたので、これからじっくりと消化していこうと思います。今回参加された皆さん、お疲れさまでした。

 タイミングもあると思いますが、M3は今年春も秋も開催できたんですよね。それでもオンラインの場を展開したりと、変化は欠かせないですね。
  1. 2020/10/27(火) 19:40:10|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMIC1☆17

 今日は普通の休み。少し前から寒くなったなと思いましたけど、それ以上に気温が下がってきております。来週も普通に夜勤がありますし、本当冬の準備をしないといけないですね。厳しい季節が始まります。

 そして、今日はタイトルにあります通りCOMIC1☆17という即売会に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。COMIC1は、オールジャンルの即売会です。これまで何度も参加しており、私にとってお馴染みの即売会となっております。ですが、今回COMIC1に参加した目的は他のところにありました。何故なら、コロナ禍になって初めての東京ビッグサイトだったからです。新型コロナウィルスによる感染拡大防止の観点から、様々な即売会が中止となっております。それでも最近は少しずつ規制も緩和され徐々に再開しております。ですが一人ひとりが感染拡大防止を意識しなければいけないのは変わらずですので、今回そんなコロナ禍の中での即売会がどんなものかも確認する意味で参加してきました。今回のCOMIC1は、カタログは販売されず事前に入場チケットを買いQRコードで認識するシステムでした。入場チケットには枚数制限があり、これによって国が示しているイベント会場の入場制限を守る役割を果たしております。という訳で今日は11:30くらいに国際展示場駅に到着しました。何度も来ている筈なのに、本当久しぶりという感覚でした。そして少しずつですが風景も変わってましたね。工事している物が終わって何となく小綺麗になっている印象でした。今日はCOMIC1以外にも博麗神社例大祭J.GARDENといった即売会も同時開催されておりました。どちらも独自の感染対策を施しており、工夫が必要なんだなと思いました。COMIC1☆17は全部で1,000サークル程度の参加でした。南3、4ホールを貸し切っているという事で、サークル間はかなりスペースが空いてましたね。一般参加者も絞ってますので、何となく閑散と言いますかだだっ広い印象でした。それでも、好きな物を好きに表現する雰囲気は何も変わっておらず、久しぶりに即売会に来たなと嬉しくなりました。サークル数が少なかったので、今日は全てのサークルを見て回りました。オールジャンルですのでやはり二次創作が多いですね。それでも幾つかビジュアルノベル関係の物も手に入りましたのでとても満足でした。13:00にはビッグサイトを後にし、マッタリと帰ってきました。

 コロナ禍ですので、注意するに越した事は無いと思います。ですがそれは究極的には家から一歩も出ずに生活するという事です。そんな事は非現実的ですので、後は個人個人が手洗い・うがい・マスク・ソーシャルディスタンスを意識する事ですね。それでクラスターは抑えられると信じております。
  1. 2020/10/18(日) 17:24:25|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

pictSQUARE

 今日は普通の日勤。先日から久しぶりに同人ビジュアルノベルを再開しレビューを書いております。リズムよくプレイ出来る喜びを思い出してきました。出来るだけ時間を作ってプレイを重ねていきます。

 去る9/26(土)ですが、タイトルにありますpictSQUAREというサイトで自作ゲームオンリー(体験会)が開催されました。pictSQUAREとは、オンラインで行う事が出来る即売会です(公式HPはこちらからどうぞ)。知った切っ掛けは、ビジュアルノベル界隈の方々とオンライン飲み会を行った時でした(過去記事はこちらからどうぞ)。現在コロナ禍の関係で大規模なオフラインの即売会が開催されていない状況ですが、そんな状況だからこそ生まれたサービスだと思っております。pictSQUAREでは、まるでドラゴンクエストの街の様なマップにサークルさんがブースを展開する事が出来ます。サークルさんも一般参加者もそれぞれアバターとしてこのマップを歩く事ができ、サークルさんのブースに行く事で頒布作品を見たり掲示板に書き込みしたりする事が出来ます。またサークルさん一般参加者関わらず誰ともチャットする事が出来ます。本当に即売会を回っているような感覚でした。たまたま知ってるサークルさんが参加しておりましたのでブースに向かったのですが、普通にチャットで会話する事が出来ました。またサークルスペースだけではなく公園の様な空間やベンチが置いてあり、そこで知らない方々と雑談する事も出来ました。これは本当に新しい形の即売会だなと思いました。自分の足で回るという事、会話によるコミュニケーション、作品の実物、これ以外はオフラインの即売会とほとんど同じなんですもの。そして一番の魅力は、主催したいと思った人が主催できるという事です。今回参加した自作ゲームオンリー(体験会)も、一般のゲーム製作者の方が企画した事で実現しました(ページはこちらからどうぞ)。ある程度根回しが出来れば、それなりに盛り上がる雰囲気を作れると思いました。地方在住の方による距離の問題も解決出来ますし、どんどんイベントが開催されたら良いなと思いました。とても楽しかったです。

 やっぱりオフラインでもオンラインでもイベントがあると盛り上がりますね。きっと皆さんもこうしたイベントを求めているんだろうなと思います。とても素晴らしく近未来的なサイトだと思いました。
  1. 2020/10/08(木) 21:37:55|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#エアコミティア

 今日は何もない休み。ここ最近では久しぶりにビジュアルノベルに集中出来た気がします。やっと一つ大きなタイトルを終わらせられそうですので、近々レビュー書けると思います。

 去る9/21(月)ですが、タイトルにありますエアコミティアという企画に張り付いてました。コミティアについてはこの日記でもう何度も登場しておりますが、一時創作オンリーの即売会です(公式HPはこちらからどうぞ)。年4回開催されており、本来であればこの日は東京ビッグサイトで大好きな同人ビジュアルノベルを求めて歩き回っている筈でした。ですが、新型コロナウィルスによる感染拡大防止の観点からCOMITIA133は中止になりました。勿論これは仕方がない事ではあるのですが、やはり即売会が無いのは寂しいと率直に思いました。そしてそれは多くの方にとって共通の想いでした。そこで、コミティア実行委員会主催でTwitter上の企画としてエアコミティアが開催されました。エアコミティアとは、簡単に言えばTwitter上で各サークルさんが自身の作品を紹介する企画です。ツイート内に#エアコミティアのハッシュタグを書き加える事で検索する事が出来ます(こんな感じです)。そういう意味で別にこの日限定でないと出来ない企画ではありませんが、やはり何かイベント感を出すのは大事なんだと思いましたね。そしてコミティア実行委員会から、作品のジャンルごとにハッシュタグも指定されております。これによってハッシュタグの乱立を防ぎ自分が探したい作品を少しでも見つけやすくなるという作戦です。私の場合はやはり#エアコミティア_ゲームソフトですね(こんな感じです)。今回は10以上のサークルさんが参加しており作品を知る事が出来ました。コロナ禍であらゆるオフラインのイベントが制限されている今ですが、それでも様々な知恵と工夫で創作文化を残そうと活動されております。今回のエアコミティアを始め、同人活動を盛り立てる活動には積極的に協力していこうと思いました。楽しかったです。

 私はやはりイベントが好きみたいです。イベントが無くても勿論ビジュアルノベルは大好きですが、同じ趣味を持つ人が共有できる場がある事は本当に幸せな事だと思いました。是非COMITIA134は開催されて欲しいですね。
  1. 2020/09/27(日) 19:31:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絵師100人展10

 今日は休み。世の中的にはお盆ですが、帰省も出来ない自分はいつも通りの休日となっております。少し仕事が落ち着いてきましたので、趣味に対して傾倒してみようかなと思っております。

 昨日ですが、実に半年振りに秋葉原に行ってきました。色々と目的はあったのですが、一番はタイトルにあります絵師100人展10に参加する事でした(公式HPはこちらからどうぞ)。絵師100人展とは、日本を中心とするサブカルチャーのイラストレーター作品を一堂に展示するイベントです。毎年ゴールデンウィークに開催されていたのですが、今年は新型コロナウィルスの関係で8月の開催となっております。タイトルに10とあります通り、このイベントも今回で10周年となりました。初めて開催された時から毎回参加させて頂いており、日本のポップカルチャーの最前線て活躍する方々の文化を感じております。今回のテーマは「和」です。10周年という事で改めて日本らしさを思い返すようなテーマとなっております。作品は、和という事で着物姿の女の子や神社を背景にしたものが多かったです。一転、制服姿の女の子など現代風の和を感じさせるものもありました。どの作品も作者さんの個性や書きたいものが感じられてとても力を感じました。そして細部にまで拘っている様子が分かりずっと眺めている事が出来ました。後は、やはり新型コロナウィルスについて触れている作品も多かったです。旅をモチーフにしたものや人との触れ合いをモチーフにしたものもありました。もしかしたら戻らないかも知れない、でも戻るかも知れない、そんな願いも込められていると思いました。会場前ではアルコール消毒を行い検温を行っております。また管内は私語厳禁でマスク着用という事で、感染のリスクは低いと感じました。今日明日まで行っておりますので、お時間ある方はご覧になってみては如何でしょうか。

 つい最近始まったと思ったイベントももう10年も経つんですね。こうして新しいものが歴史を積み上げて伝統となっていくんだと思いました。これからも続いていって欲しいです。
  1. 2020/08/15(土) 11:06:54|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する