徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

キャッシュフローゲーム

 今日は楽団の練習日。前回は夜勤が連続した関係で参加できなかったので一ヶ月ぶりです。一ヶ月間が空いたという事で今日は早めに練習室に来て、1時間じっくりロングトーンしてました。おかげでいつも通り楽器が鳴ってくれた気がします。

 昨日は何もない休みだったのですが、知り合いの誘いでとあるボードゲームの会に参加してきました。それはキャッシュフローゲームと呼ばれるゲームでして、マイクロマガジン社で発売しているお金について楽しく学べる教育ボードゲームです(詳しくはこちらからどうぞ)。2016年に読んだ本の中で印象的だったもの金持ち父さん貧乏父さん(著:ロバート・キヨサキ)という本がありまして、著者の実体験に基づくお金に関する哲学について書かれておりました。今までお金に対する勉強をしてこなかった私にとっては目からウロコの内容であり、金持ちになれなくてもお金に対する接し方を改める切っ掛けになる内容でした。キャッシュフローゲームはこの金持ち父さん貧乏父さんで書かれている事をゲームで体感できるものでして、監修は勿論著者であるロバート・キヨサキ氏です。

 当日は全部で40人という非常に多くの人が集まり、10人ずつ4つの卓に分かれて始めました。私は初めての参加でしたが、常連の方は結構沢山いらっしゃる様で顔なじみの人が大勢という印象でしたね。それでも声をかけてくれた知り合いを始め皆さんに親切にして頂いて終始楽しく遊ぶ事が出来ました。ゲームの内容としましては、現実のお金のやり取りをシミュレーションするものでした。それぞれに職業が割り当てられており、収入と支出が決められそこから自分の資産を増やすのです。プレイヤーにはしっかりと損益計算書貸借対照表が配られ、自分でお金を管理しなければいけません。その上で不動産や株式に投資したり、ビジネスのオーナーになったりと選択していきます。目標は不労所得の金額が総支出を超えている事、つまり働かなくても生きていける状態になる事です。これこそが金持ち父さん貧乏父さんで目標にしている事であり、労働から解放される事を意味しております。

 実際にゲームをしてみて、とにかくお金の流れ投資の決断をスムーズに行う事が必要だと思いました。投資を行わず毎月の給料を貰っているだけでは手元にお金は残りません。投資の内容を見極めて買うか買わないかを決断しないといけないのです。結果としてそれが損に回る事もあります。ですがそれもまた経験であり、自分自身の知識と数字を見る力の不足の結果なのかなと思いました。後半になればなる程取引の額は増えていき、何度も何度も損益計算書と貸借対照表を書き換えながら進んで行きました。今回は残念ながら不労所得の金額が総支出を超える事は出来ませんでしたが、周りの人の考えを見たり人に聴いたりしながら醍醐味を学ぶ事が出来ました。何よりも自分の知識力と決断力を見る事が出来ましたね。時には損するリスクを分かっていても取引をした方が得する事もある。そしてそれもまた経験となる事が分かりました。このゲームの内容をそっくりそのまま現実に活かす事は出来ませんが、お金の流れについては体感出来ましたので是非また参加したいと思いました。

 今回のボードゲーム会は月一を基本に行われているみたいで、毎回20~40人規模で集まるみたいです。こういった場が定期的に開かれている事もまた素晴らしい事ですね。自分の知らない世界をまた知る事が出来ました。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/05(日) 20:53:31|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW Generation 流星拡散フェスタ2016

 今日は久しぶりに何もない休み。先週とある国家資格の2次試験が終わってやっとまともに何もない休みを迎える事が出来ましたので超久しぶりにビジュアルノベル読みました。でもまた明日から夜勤夜勤ですので、次の休みまでの辛抱ですね。

 とまあそんな事を書いていながら日中はDDRやってたんですけどね。私は基本平日の休みの日はDDRをやるようにしてます。平日の方が圧倒的にゲーセンが空いてますからね。ですが流石に今日はDDRしないでビジュアルノベルしようかとも思いました。ですがどうしても今日のうちにDDRやっておきたい理由がありました。それがタイトルにありますNEW Generation 流星拡散フェスタ2016というイベントです(公式HPはこちらからどうぞ)。このイベントは夏に行われたNEW Generation 夏の流星フェスタ2016(公式HPはこちらからどうぞ)の続きでして、この時発表された6つの新曲がDDRでもプレイ出来るようになります。この新曲の解禁だけであればいつでも好きな時にのんびり解禁しようと思ったのですが、11/6までに解禁する事で期間限定コラボキャラが貰えるのです。これがどうしても欲しくて今日はDDRやってました。勿論コラボキャラが欲しいからだけではなく普通にどの曲も勢いのある素敵な曲ばかりです。個人的に驚いたのはxi氏削除氏といったBMSのアーティストが参加していた事ですね。私はよく同人音楽を聴いておりまして、コミケM3といったイベントに参加しております。そしてそこで決まって購入するサークルさんにDiverse Systemがあります(公式HPはこちらからどうぞ)。Diverse SystemはYsK439氏が立ち上げたレーベルでして、ハードコアなどを中心として数多くの楽曲が生まれております。そんなDiverse Systemの中でよく見るアーティストの中にxi氏や削除氏がおりまして、絶対にBEMANIと親和性が良いよなと常々思ってました。今回そんなxi氏削除氏の楽曲がプレイ出来るということで、今日は半分以上はこのイベント曲をプレイしてました。個人的にお気に入りの曲は削除氏のStrayedCatz(参考音源はこちらからどうぞ)とTAGのZEPHYRANTHES(参考音源はこちらからどうぞ)ですね。お気に入りと言いますか、ここ数日はPCでこの2曲を交互に垂れ流ししてました。どちらもEXPERTそれなりの難易度ですのでBASICを何度もプレイしてましたね。とりあえず今日中全ての楽曲全ての難易度を解禁出来ましたので目標達成です。後はまた時間を見つけてのんびりとスコアを詰めていこうと思います。

 ただ、予定ですと次の平日の休みが11/15になりそうなんですよね。3週間も空いてしまうので感覚忘れそうです。今日どうしてもDDRしたかった理由はこんなところにもあったりします。
  1. 2016/10/25(火) 22:38:26|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAKE A JAM!

 今日は何もない休み。さいたま市はずっと雨が降っていたので一日引きこもってビジュアルノベルを読んでました。週明けにはまた台風が来るみたいですし、暫くは荒れた天気が続きそうですね。

 たまにはDDRの記事でも。昨日5週間振りにDDRやりに行ったのですけど、この5週間の間に新曲が追加されただけでなく新しいイベントが始まっていて更にEXTRA STAGEでの新曲も増えておりました。とりあえず一通りプレイする事を目標にしてたのですけど、その新しいイベントで私の中で非常に懐かしい曲が復活してくれました。それがタイトルにありますMAKE A JAM!という曲です(参考音源はこちらからどうぞ)。この曲はDDR 2ndのリミックスで初収録されたものであり、年代としては1999年になります。私がDDRを始めたのは高校一年生の時でして、この時は2000年でしたので既に収録済みでした。どこか哀愁漂うメロディ躍動的なラップが大変お気に入りで、高校生の時はよく選曲しておりました。ですがこの曲には一つ大きな特徴がありまして、曲の最後に昔のKONAMIのサウンドロゴが使用されているのです。その為版権の関係か分かりませんが、その後アーケードでの収録が無くなりこのまま二度とアーケードでは踏めないのかなと諦めてました。ですが今になりようやく版権が切れたのか、再びアーケードに収録される事になりました。実に17年振りですね。コンポーザはDDR稼動当初から関わっていた浅見祐一です。DDR稼動当初はNAOKIとこの浅見祐一の2人がメインで曲を作っており、その後junを加えた3人の時代になりました。ですがDDRはEXTREMEを持って日本国内でのアーケード開発は一時終了しました。それから4年後SuperNOVAとして復活するも今度はNAOKIとjunがKONAMIを退社。代わりにTAGがメインコンポーザとなりDDRを牽引してきました。DDRは稼動当初こそ社会現象になる程の人気でしたが、ブームも去って何度も終了の危機を迎えました。それでも現在まで稼働しているのは本当に嬉しい事です。割と数奇な運命を歩んできたDDR稼動当初を代表するこのMAKE A JAM!は私にとっては高校時代の思い出の曲でもあり、当時から脈々と受け継がれてきた証でもあります。難易度こそ今となっては平凡ですが、当時DDRをプレイしていた方には是非踏んでもらいたいですね。色々と懐かしい思い出が蘇るのではないかと思います。

 DDRもその歴史の中で収録される曲もどんどん変化していきましたね。稼動当初はDancemania、そこからBEMANI関連の楽曲が移植され、今や東方VOCALOIDも収録されてますからね。元々ゲーム性の高いタイトルですので、懐かしい曲には残って欲しいと思いつつも昔の雰囲気に拘らず様々なジャンルの曲を取り入れながら続いていって欲しいと思っております。
  1. 2016/08/27(土) 23:25:47|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケモンGO

 今日は何もない休み。基本的に日曜日は夜勤があるのですけど、今日は珍しく完全に休みになりました。昨日から今日にかけて久しぶりにじっくりとビジュアルノベル読んでましたね。こんな日はちょっと長めの作品が良いですね。

 今世界中で話題になっているポケモンGOですが、流れに乗って私もインストールしてみました。もはや説明不要かと思いますが、ポケモンGOとはGPS機能を利用して現実の世界をフィールドとしポケモンを探し捕まえ対戦させるスマホ用アプリです。加えてAR機能とも連動しておりまして、まるで現実世界にポケモンがいるような感覚を味わうことが出来ます。ポケモンが初めて世の中に出たのは1996年でして、この時は赤、緑の2種類のバージョンでポケモンの数は全部で151体でした。フィールドに現れるポケモンを捕まえる事で自分のパートナーとして戦わせるシステムは非常に斬新であり、発売から20年たった今でもその人気は衰えず多くのファンを獲得しております。私自身ポケモンは初代の赤、緑、青、ピカチュウの4種は全て持っており、対戦用のポケモンを育成するなど割とハマっていた時期がありました。あいにく金、銀以降はやった事がないので151体しか知らなかったりします。今はもう500体以上いるらしいですね。ポケモンGOは全部で初代の151体という事でちょっと嬉しくなりました。

 実際に遊んでみての感想ですが、これはとにかく外を歩く事が全てのアプリだと思いました。基本的なゲームの流れですが、外を歩いてポケモンを見つけます。見つけたらモンスターボールを使ってゲットします。またフィールドにはポケストップと呼ばれるスポットが散らばっており、アイテムを入手できたりポケモンを呼び寄せたりする事が出来ます。他にもたまごを入手して孵化させたり、ジムに入って対戦させたりと色々な要素があります。正直面白いです。ポケモンを見つけて捕まえるワクワク感は携帯ゲーム機と同様です。またポケストップは街の公園観光地オブジェ公共施設となっておりますので自分が住んでいる街の再発見にも繋がります。逆に言えば、外に出歩かなければ何の面白みもないアプリです。ポケモン自体は動かなくても出現しますが、種類が限られている上頻度も少ないです。またモンスターボールは課金する事でも一応入手できますが、ポケストップに行って入手するのが基本になります。たまごが孵化する条件は一定の距離を歩く事ですし、ジムもポケストップ同様街のスポットに行かなければなりません。楽しようと思えば楽しようと思うだけポケモンが集まらないのです。色々と裏技もあるようですが、折角のポケモンですので是非トレーナーになったつもりで外を出歩いてみては如何でしょうか。私自身コンビニへ行くついでにちょっと足を広げてみたりする程度の遊び方ですが、十分ポケモンは見つかりますし街の新しい発見もあって楽しいです。ポケモンマスターになるとしたらそんな遊び方ではダメなんだと思いますが、無課金でちょっとした移動の時間で遊べそうですのでしばらく付き合ってみようと思います。

 スマホアプリゲームって課金のイメージが強かったのですが、ポケモンGOは本当課金ではなく足で稼ぐゲームですね。今日もお昼食べるついでに大宮駅前に行ったのですが、もうみんなスマホ見て立ち止まってましたからね。きっと半分以上はポケモンGOですね。
  1. 2016/07/24(日) 20:57:53|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたは1分半全力で地団駄出来ますか?

 今日は夜勤明け。そして土曜日という事で楽団の練習日でしたので楽器吹いてきました。夜勤明けの割にはコンディションが良く、割と思い通りの音が出せた気がします。今年の定期演奏会はかなり難しめな曲が多いので、個人練習の時間も積極的に作らなければいけませんね。

 たまにはDDRの話でも。3月に新作であるDDR Aが稼働し、未だに根強い人気を誇っているダンスシミュレーションゲームです。最近では「EXTRA SAVIOR」「EXTRA EXCLUSIVE」というイベントも始まっており、Twittere-AMUSEMENTアプリへの投稿も増えております。DDRが世のゲーセンに誕生したのが1998年という事でもう18年も続いているシリーズですが、未だにその存在感は健在であり圧倒的な注目を集めております。ですけど今回ここで書こうと思っているのはDDRの歴史なんかではなくDDRは本当は過酷なゲームなんだという事です。DDRは見た通り足を使うゲームで、画面の矢印に合わせてステップを踏みます。簡単な曲(参考動画はこちらからどうぞ)であればゲーム感覚で出来るんですけど、難しくなればなるほどスピードや密度も上がっていきます。はっきり言って100m走なんで目じゃないくらいの無酸素運動になります。そしてDDRはゲームですので、一定のゲージをキープしスコアを出さないといけないのです。自分の都合で止められない訳です。しかも1曲あたり1分30秒~2分です。あなたは1分半全力で地団駄出来ますか?きついどころか吐き気痙攣に襲われるんです。そしてDDRがあるのはいわゆる唯のゲーセンです。スポーツセンター病院ではないのです。つまり体調が悪くなったり怪我をしても簡単に助けなど呼べないのです。万全の体調管理をしてコンディションを整えてゲーセンに向かうのです。こんな意識でゲーセンに行く人なんて、DDRerしかいないんじゃないでしょうか?私も世の中的には準上級者クラスでして、ある程度の高難易度曲(参考動画はこちらからどうぞ)はクリアできます。それでも私程度では歯が立たない曲がまだまだあり、中には全国でも10人もクリア出来ない曲(参考動画はこちらからどうぞ)もあるんです。それを悠々クリアできる神みたいな人も確かに存在しております。私も若くありませんのでそのクラスになれるとは思ってませんが、自分のテンポで少しでも高難易度をクリア出来るよう続けていこうと思います。

 DDRは私にとっては貴重な運動の機会ですからね。普段椅子に座ってビジュアルノベルを読むのが定位の私には調度良い趣味だと思っております。元々音楽が好きで始めたDDRがここまで長続きするとは思っても見ませんでしたね。
  1. 2016/06/18(土) 21:17:22|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DDR A

 今日は久しぶりに何もない休み。先週まで地味に忙しかったのが嘘のように落ち着いております。これも今後忙しくなる予兆ですね。それでも休むのが許されるのであれば休めるうちに休んでおきます。そういうスタンスです。

 私の趣味の1つにKONAMIのBEMANIシリーズの1つであるDDRがあるのですが、そのDDRが今年の3/30日に大幅アップデートされました。その名もDDR A(読み方はエース)と言いまして、これまで稼働していたDDR2014が2014/5/12から稼働しておりましたので実に1年10ヶ月振りの新作になります(公式HPはこちらからどうぞ)。DDR Aの存在はJAEPO2016に参加した時に知ったのですが、まさかこんなに早く稼動開始するとは思っても見ませんでした。本当は稼動直後に遊びたかったのですが、ちょっと仕事が忙しかったのと咳喘息が酷かったので落ち着くまで見送ってました。そして今日ようやくプレイする事が叶いましたのでその感想でも書こうと思います。

・デザインの変更
まずはデザインが大幅に変更しておりました。雰囲気としましては同じBEMANIシリーズのSOUND VOLTEXに近い感じですね。曲が3列に並んで上下左右の矢印で選びます。1度に表示される楽曲が増えましたので、少しは探しやすくなったのでしょうか。あと個人的にはLvでのソートが分かりやすくなったのが嬉しかったですね。これまでは例えばLv10でソートしても、BASIC・DIFFICULT・EXPERT・CHALLENGEのそれぞれでしか楽曲が表示されなかったのですが、難易度関係なしにLv10が全てソートされます。beatmania IIDXのような感じですね。これで全てのLvを埋めやすくなりました。その他細かい部分が一部変わってましたが、これまでとさほど変わらず特に気になりませんでした。

・スコア計算及びクリアランク表記の変更
今回一番大きな変更はこれだと思います。随分大きな変更点だと思います。これまでスコアの計算はMARVELOUSを基準にPERFECTがMARVELOUS-10点、GREATがMARVELOUS×0.5-10点、GOODが0点だったのですが、GREATがMARVELOUS×0.6-10点、GOODがMARVELOUS×0.2-10点になりました。簡単に言えばGREAT・GOODで貰える点数が増えたという事。大幅なスコアアップが狙えますね。そしクリアランクもこれまではAAA・AA・A・B・C・D・Eだったのですが、AAA・AA+・AA・AA-・A+・A・A-・B+・B・B-・C+・C・C-・D+・D・Eとメチャメチャ細かくなりました。これだけ細かくなればステップアップが分かり易くなりましたのでモチベーションのアップに繋がりますね。

・判定プログラムの変更
そして今回一番話題になっているのがこの判定プログラムの変更です。簡単に言えば、今までのDDR2014の感覚で踏むと判定がズレるのです。しかも筐体の種類でズレ方も違うみたいです。これについては稼動からこれまで多くの方が検証してくれております。それでも具体的にどのように変わったのかの情報は無かったので今回自分で確かめる事にしました。実際に踏んでみて一部の曲で確かにやたらとGREATが出るなと思いました。それでもちゃんと見て踏めばMARVELOUSが出てくれました。今回3時間踏んでみての結論ですが、

・判定が全体的に気持ち早め
・MARVELOUS・PERFECTのエリアが狭くなってる

ですね。MARVELOUSが出るときは意識的に早く踏んだ時でした。今まで通り踏むとPERFECT、GREATを量産しましたので気持ち早めなのは間違いないと思います。そして細かい譜面やBGMが速い譜面でちょっと気を抜くとすぐGREATを量産しました。その後ちゃんと集中するとまたMARVELOUS、PERFECTが出てくれました。この事から恐らくMARVELOUS、PERFECTのエリアが狭くなってると思いました。何が言いたいのかといいますと、よく曲を聞いて矢印をしっかり見て踏むとちゃんとスコアが出るという事です。今までよりも若干早くなって厳しくなったので、これまで以上に集中してやれば何も問題はない。慣れと見切りの問題だと思っております。まあ、元DP足紙さま?程度の感想ですのであしからず。

 という訳でDDR Aの感想でした。とりあえず新曲は一部を除いて全ての曲全ての難易度を踏んできました。まだ判定プログラムに疑問を持っている方が多い為か全然筐体スコアが登録されてませんでしたので、今この瞬間だけ筐体一位だらけだったりします。まあすぐに追い抜かれるのでしょうけど、あくまで自分のペースで踏んでいきたいですね。出来るだけ時間を見つけて踏みに行こうと思っております。
  1. 2016/04/12(火) 18:33:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Script少女のべるちゃん

 今日も夜勤明け。昨日の夜勤はずっと前から準備を重ねてきたかなり重みのある夜勤でして、無事に終わるかどうか中々自信を持てなかった内容でした。それだけに多少のトラブルはありつつも何とか予定通りに終わってよかったです。

 前にノベルスフィア懇親会というイベントに参加させて頂いたのですが、ノベルゲーム配信サイトという事で同人ゲームサークルやプレイヤーの方だけでなく、同人ショップの方や広報担当の方もいて非常に格式の高い懇親会でした。そんなノベルスフィア懇親会ですが、会場前面にはステージがありまして各サークルさんやノベルスフィアの担当の方が企画や作品を紹介しておりました。その中に1つ非常に興味を持ったものがあり、それがタイトルにありますScript少女のべるちゃん(以下のべるちゃん)というノベルゲームアプリです。詳しくは公式HPをご覧頂きたいのですが、のべるちゃんとは簡単に言えばノベルゲームを制作したりプレイしたりできるアプリです。Web上で操作できるものであり、無料でダウンロードできます。最大の特徴はスマホで直感的にゲームが作れることですね。人物や背景などサンプル画像も豊富で、初めてノベルゲームを作る方や短めの作品を作る方に向いているかも知れません。そしてそんなのべるちゃんですが、現在第2回のべるちゃんコンテストという企画を行っております。これは自分が作ったノベルゲームを投稿し、審査結果を経て各種賞を決定するコンテストです。実は私、今回この第2回のべるちゃんコンテストの審査員を担当させて頂くことになりました。のべるちゃんのスタッフの方とはノベルスフィア懇親会の中でお話させて頂いたのですが、私のことを覚えて頂きつい先日審査ご協力のメールを頂きました。正直驚きました。嬉しさは勿論ですがそれ以上にプレッシャーを感じました。何しろ審査ですからね。確かに私のHPでは作品の評価を点数化しておりますが、割と主観が強く公平ではないよなぁと思っております。ですが色々な方の審査結果を総合的に判断したという意向もあり、何よりも私のHPを見て頂いた上でメールを頂いたのでやってみようと思いました。公平さを保つ為に作品名や審査基準などは伏せますが、ここ暫くはのべるちゃんでのプレイの日々が続きそうです。果たしてどんなビジュアルノベルに出会えるのか、審査ですがまずは自分が楽しんで読むことを大切にしようと思います。

 そしてのべるちゃんはアプリですのでスマホでプレイ出来るんですよね。私は楽団の練習などでよく新幹線に乗るのでそういう時間でもプレイ出来るかも知れません。というよりも、そういう時間も使っていかないと間に合わない気がするんですよね。
  1. 2015/10/01(木) 20:50:34|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心者用モード

 今日は普通の日勤。一昨日は夜勤だったのですがまた急なトラブル対応で予定の仕事が全然進みませんでした。まあ仕事なので予定通りいかなくてもウダウダ言わずやるしかないのですけど、急な進路変更って思ったより体力使うんですよね。

 先月からBEMANIの合同イベントであるBEMANI SUMMER DIARY 2015が始まっております。複数の機種をまたがってプレイすることで毎日どこかの機種で楽曲が追加されるという事で、普段やらない機種にも手を出しながら地道に進めております。私もBEMANIについてはメインのDDRを中心にjubeatREFLEC BEATをプレイしており、最近怪盗BisCoの予告状!!というイベントも行われているという事でBeatStreamもプレイしております。最近のBEMANI機種はシステム周りも単純ではなく各機種が非常に強い個性を発揮しております。そういう意味で、私も上記の4つの機種以外は中々敷居が高くて手を出せないでいます。まあアーケードゲームってそういうものですよね。何しろ自分がプレイしている様子が他人に丸見えなのですから。初心者が手を出せないのは当たり前だと思います。そういう意味で、今回のような合同イベントを行うのであればそういった自分の専門機種以外の機種をプレイして貰うために何か工夫が必要なんじゃないかと思いますね。私の中でその1つの方法は初心者用モードだと思います。例えば私のメインであるDDRですが、もう15年以上の歴史もあり曲数も何百曲と収録されております。初めてプレイする人はもうどの曲が自分に合っているのが全然分かりませんね。ですが、例えばREFLEC BEATであればパステルワンダークエストという課題攻略形式のモードがあります。最初の方は初心者でも出来るものであり、曲目もそういった方対象に絞られております。jubeatにもStepというシステムがあり、Lv1からクリアを重ねていく事で進んでいきます。私が普段プレイしないIIDXにもSTEP UPモードがありますので安心して選曲する事が出来ます。大切なのは達成感を味わいながら慣れていく事だと思うのです。初心者向けのモードでゲームシステムに慣れ、ある程度の譜面が出来るようになったら通常モードで自由に選曲すればいいのです。まずは初心者でもとっかかれるものがあること、アーケードゲームにはこういう要素が必要だと思いました。

 そういう意味でDDRはかなり敷居が高いと思います。唯でさえ体を動かして目立つゲームなのに、初めてプレイする方にはどんな曲が向いているか分からないのです。知らず知らずのうちに難しい曲を選んでしまい為すすべもなくGAME OVER、二度とプレイしないでしょうね。もし初心者向けのモードが加わってくれれば、私でもプレイしたいと思いますもの。
  1. 2015/08/21(金) 21:07:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Over The “Period”

 今日は夜勤明け。いよいよ今週末はC88という事で、私もあらかじめ予約できるタイトルは予約して持ち物なども揃えました。後は当日まで体調を万全にして臨むだけですね。夏コミの最大の敵は熱中症です。戦うのはいつも自分自身

 という訳で今日がC88前の最後の夜勤明けでしたので、景気付けにDDRをやってきました。そしてそのDDRですが、数日前から非常に大きな動きが起こっております。それはDDR2014の大型イベントであったReplicant D-ignitionが終了した事、そして終了とともにReplicant D-ignitionの楽曲が解禁された事です。解禁と言っても無条件で解禁ではなく、EXTRA ATTACKを突破する事で初めて解禁となります。それでも今までReplicant D-ignitionの中でしかプレイ出来なかった楽曲が通常モードでプレイ出来るのは嬉しいですね。イベント開始から約5ヶ月で解禁という事で、精一杯楽しませて頂きました。ちなみにこのReplicant D-ignitionはかなり上級者向けのイベントでして、特に最後の解禁曲であるOver The “Period”には一握りの人しかたどり着けませんでした。私も無理でした。Over The “Period”の前座であるMAX.(period)までしかプレイ出来ませんでした。さらにこのOver The “Period”ですが、たどり着いただけでも凄いのですがクリア出来た人は恐らく世界中に10人居たかどうか位だと思います。それだけこの曲が凶悪なのもありますが、クリア条件が余りにも過酷なのです。何しろ矢印判定がGreat以下で即Game Overでしたからね。参考動画はこちらからどうぞ(DDR世界一位の方のプレイ動画です)。これは本当に恐ろしい事。BEMANIの全機種を見てもここまで恐ろしい条件のイベントは無かったのではないでしょうか。KONAMIの本気を久しぶりに見ました。そんなOver The “Period”もいよいよ解禁です。私もプレイしてきました。流石はDDR2014のラスボス。初見では絶対にクリア不可能でした。DDRの歴史の中で非常に大きな意味のあったMAX.(period)。そのMAX.(period)を超える意味で作られたこのOver The “Period”の先には何が待っているのでしょうか。まだEXPERTまでしか解禁出来ません。果たして更に上のCHALLENGEはあるのでしょうか。まだまだ本当の意味でReplicant D-ignitionは終わらなそうです。

 そして同じくReplicant D-ignitionの象徴的な曲であるEGOISM 440ですが、こちらもイベント終了に合わせてCHALLENGEが現れました。なんとその難易度はLv19です。更にSTREAM値は驚異の270。これまで最高だった888の200を大幅更新です。参考動画はこちらからどうそ。とんでもない譜面でした。
  1. 2015/08/10(月) 20:41:47|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEMANI SUMMER DIARY 2015

 日曜日仕事でしたので今日は休み。先日アニメのDVDやBlu-rayを売った事が切っ掛けで、私の中で部屋を整理したい欲求が高まって大幅に模様替えしております。お陰さまでかなりの空きスペースを確保しましたので、2年くらいは余裕で持ちそうです。

 7/23から久しぶりにBEMANI機種全体を巻き込んだ大型連動企画が始まりました。その名もBEMANI SUMMER DIARY 2015と言いまして、夏らしいタイトルのイベントとなっております(公式HPはこちらからどうぞ)。つい先月に怪盗BisCoの予告状!!というBeatStreamメインのBEMANI全体を巻き込んだイベントが始まったばかりですが、立て続けにイベントを吹っかけてくる当たり勢いがありますね。BEMANI機種全体を巻き込んだイベントは私立BEMANI学園熱闘!BEMANIスタジアム発見!よみがえったBEMANI遺跡に引き続き4つ目となっております。毎回コンセプトが決まっておりまして、それぞれで特色ある魅力的なイベントとなっております。今回のイベントのテーマは絵日記です。プレイヤーはBEMANI機種をプレイする事によって絵日記を完成させ、それによって楽曲が解禁されます。そしてDIARYの名前の通り絵日記は毎日新しく登場します。そして日付を選ぶことは出来ず順番通り書いていかなければいけないのです。これまでのイベントはある程度他の曲も同時に進行して解禁できただけに、今回はこれまでのイベントと比べて時間が掛かりそうですね。そして絵日記にはBEMANI機種のキャラクターが描かれており、そのキャラクターが登場する機種をプレイすると解禁速度が上がります。この辺りのルールを理解し効率よく進めると割と簡単に解禁出来るかも知れませんね。早速昨日DDRをプレイして感触を確かめたのですが、やはりBEMANI全体をプレイしないとちょっと追いつけなさそうです。私がDDRをプレイする周期は短くても周1回ですので、仕事帰りにちょっとゲーセンに寄って解禁を進める必要があるかも知れません。何れにしてもまだ始まったばかりですので、焦らず地道に進めていこうと思います。

 それにしても、昨日のROUND1宇都宮でも既に最新の曲まで解禁している人がゴロゴロいました。早速DDRにも新曲が入ったみたいですので早くプレイしたいですね。いい機会ですので普段やらない他の機種もプレイしてみますかね。
  1. 2015/07/28(火) 12:08:46|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する