徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

豊橋

 手帳で来週の予定を軽く確認したんですけど、まさか来週もほとんど飲んで終わりそうな1週間になっているとは思いませんでした。そんなに飲むのがしんどかったら飲まなければいいのにって思うかも知れませんけど、それでも飲むのが社会人らしいですよね。

 昨日の土曜は肝臓休みの日とか前回の日記で書いてましたが、実は元々昨日は用事が入ってました。それはずばりこちらです。という訳でもはや多くは語りませんが、いつものご当地キーホルダを貰う為に豊橋まで行ってきました。メロンブックスの新店としては蒲田に引き続き2年ぶりとなりますね。まさか愛知県に2店舗目が出来るとは思ってませんでした。まあ豊橋市は愛知県と静岡県との県境にある市という事で名古屋市からは距離がありますし、お隣は浜松市という事で人口的に考えると結構な穴場だったのかも知れませんね。という訳で朝の6:00に寮を出発し夜の21:30に帰ってきました(あ、当然鈍行ですよ)。もうあれですね、東海道本線の鈍行も慣れたものです。静岡にも何回か鈍行で行ってますし、あの微妙に乗り換えパターンがたくさんある静岡県内の東海道本線も戸惑いませんでしたね。それでもやっぱり静岡県は長いです。熱海から浜松までは平均で3時間30分かかりますし風景も似ていますので余計長く感じるんですよね。ちなみにですが、豊橋は私が普通の生活リズムの範囲で行ける最遠地点かも知れませんね。名古屋も日帰りで行けるんですけど、それにはコミケ並の起床時間と帰りは日付を超える覚悟が必要なのでしんどいんですよね。そういう意味でもだいぶ慣れたものでした(豊橋と同じくらいの距離感として他には新潟や仙台ですかね)。豊橋市ですが、愛知県を代表する都市という事で非常に発展している印象を受けました。JR豊橋駅は新幹線も止まりますし駅ビルやホテルも整備されています。駅前には路面電車が通り、駅を中心とした街並みが綺麗でした。当日は土曜日という事もあり繁華街は買い物をする人や学生で賑わってました。このレベルの都市こそ住むという事を考えた時に最適かも知れませんね。さいたま市はやはりゴミゴミしすぎていると思うのです。ちなみにメロンブックスはJR豊橋駅から徒歩3分の好立地でした。広さはそうでもありませんでしたがいつもと同じ雰囲気のメロンで安心しました。という訳でいつもの突貫で日帰りな1日でしたが、基本鈍行は好きですし天気も良かったですし満足でした。あれですね、たまには普通の生活リズムで行ける範囲で電車でブラリ旅とかした方が私の場合精神衛生上良いかも知れません。そんな事を思った豊橋でした。

 ちなみに事前に何も調査をしなかったのですが豊橋は地味にうずらの卵の生産が日本一なのだそうです。駅の広告を見て初めて知りました。この事はこの日の昼食にも関係してきます。これについては次回。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/24(日) 19:55:05|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

地下街

 昨日の東京ゲームショウ2011の興奮が冷めやらぬ中で今日はメロン巡礼を行ってました。今回の目的地は静岡でした。もちろん全て鈍行で向かいました。

 静岡駅に来たのは今回で2回目になりますね。つまり1回目は第一回メロン巡礼という事になります。メロンでしか静岡に行かないのかよ!とかツッコミが来そうですがまあ事実ですので致し方が無いですね。ですが静岡県という事でしたら伊豆とか浜松には行った事がありますのでこれで許して頂けますでしょうか。という訳で2回目の静岡駅でした。1回目は夜であった事と時間が無かった事で余裕が無く周りを見るとかしてませんでしたので、今回は少しは街並みとかちょっとは注目しようと思いました。静岡市はさすが政令指定都市という事もあり駅前は非常に賑わっていました。特に注目したのは地下街の発展振りでした。人口100万人以上の都市ではそれなりの地下街が発展しており(仙台除く)、同時に地上の百貨店や行政施設へのルートとしての役割も持っています。札幌や福岡などは地下鉄とも連動していてその規模は非常に大きなものとなっております。静岡は人口70万人という事で100万人には届いてはおりませんが、政令指定都市の中では結構充実した地下街だと思いました。駅前の大型百貨店の地下と繋がっており、それが発展に繋がったのかもしれません。とりあえずそんな地下街を通り抜けて市役所そばにあるメロンブックスに迷うことなく到着する事が出来ました。ちなみに静岡のメロンは富士山メロンでした。お昼は静岡県で展開しているラーメン屋に行きました。その名もたろうずと言いまして、こってり系のラーメンが売りのようでした。元々このお店に行くつもりは無くて、とにかく目に留まったラーメン屋に入ろうという事だけ決めていました。醤油ラーメンを頼んだのですが、透き通ったスープに浮かぶ大量の背油という事でこってりの名に恥じないラーメンでしたね。写真も撮りましたので備忘録はこちらからどうぞ。という訳で正味1時間半程度の静岡駅前でした。近い様で遠い街でしたが、馴染みのない街を歩くのはそれだけで楽しく見るべきところは非常に多くてまた来ようと思いました。

 ちなみに帰る途中で横浜メロン蒲田メロンにも立ち寄ってしっかりと頂いてきました(それぞれ赤い靴の少女メロンキャビンアテンダントメロンでした)。街としてはこっちの方が発展していますが、綺麗さでは静岡の方が上ですね。やっぱり地方の政令指定都市はどこに行ってもワクワクしますね。メロン取得状況は続きを読むからどうぞ。

[地下街]の続きを読む
  1. 2011/09/19(月) 21:33:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

牛タン

 さっき寮に帰ってきました。今日は休みで、早朝から出かけていました。目的地はタイトルから類推できる通り仙台で、目的はメロンでした。

 休みの日は絶好のメロン巡礼日になる訳ですが、色々考えてみて首都圏のメロンブックスは実際のところ無理をすれば仕事帰りでも行く事が出来る訳です。そんな訳で、丸一日休みの日は一日使わないと行く事が出来ないメロンに行く事に決めました。という訳で今日は仙台です。そして、買い物のしすぎで最近お金もないですので、出来るだけお金を使わない移動手段を模索した結果全て在来線で行く事にしました。新幹線を使えば大宮~仙台間なんて2時間以内で行けますので実はそれ程時間はかからないのですが、在来線でも日帰りで行けるならばそれにしようと思った訳です。ちなみに在来線ですと片道6時間、即ち往復12時間という事になります。気の遠くなる様な時間でしたが、そこは前に大人買いしたライトノベルが沢山ありますので案外不自由しませんでした。仙台に行くのは約1年半振りですね。前に行ったのは大学院時代の研究室の教授が退官される時の退官パーティーでした。やはり1年半も経てば色々と景色も変わりますね。特に今回は東日本大震災以来の訪問でしたので余計そう感じたのかもしれません。大学院時代によく通っていた本屋の入っているビルであるEBeanSが解体されていたり(後で調べたら改修工事でした)、駅前の象徴的なホテルがEDENという名の商業施設に変わっていたり、大手予備校のビルが無くなっていたり、一目で変わったなと思わせる変化はちょっと驚きました。やはり街ですので、変化する事は当たり前ですね。むしろ変化しない街というのもは存在しませんので、そんな小さな変化の積み重ねが1年半分一気に来ただけです。という訳で約1時間半の滞在時間しか許されていなかったのでお昼を食べて早速メロンに行ってキーホルダーを手に入れました(新しいデザインは牛タンメロンでした)。あっという間の滞在でしたが、仙台なんて近いですのでまたそのうち来る事になると思いますね。現在の取得状態は続きを読むからどうぞ。

 ちなみに仙台は涼しかったですね。昼の時間帯でしたが本来の9月の気候でした。その後夜に埼玉に返ってきた訳ですが昼の仙台よりも暑かったです。やっぱり関東の暑さは特殊ですよ。

[牛タン]の続きを読む
  1. 2011/09/11(日) 22:38:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

メロン巡礼第2弾

 ここ最近再び関東の気温が上がっています。台風一過で温かい風でも流れているのでしょうか。9月も中盤に入るというのに全く秋らしさを感じません。早く涼しくなればいいのに。

 さ~て!いよいよ始まりました!…始まってしまいました…死のカーニバルが。という訳で公式HPでも公開していますがいよいよメロンブックスのご当地キーホルダー第2弾が始まりました。これは、簡単に言えば全国にあるメロンブックスで店舗ごとにオリジナルのデザインのキーホルダーがポイント交換グッズとして加わったというものです。第1弾は調度2年前位に行ってまして、この時のキーホルダーは今でも交換可能です。当時は早く入手しないと無くなると思ったのでセッセと全国を回ったものです。時には2泊3日で関西方面の9店舗を回るとか多少無茶な事もしましたが、今では良い経験となっております。ちなみに第2弾の存在を初めて知ったのはC80一日目でして、メロンブックスのブースで配っていたチラシに書いてありました。あれだけ苦労して全国を回った苦労を再びしなければいけないのかと思いファビョりましたがそんな弱気な事を言っている場合ではありませんでした。とにかくメロンブックスで買い物をして、全店舗回ってキーホルダーを交換するだけのポイントをためる必要がありました。最近メロンブックスで財布がダダ漏れだったのはこの為です。という訳で、第2弾開始の日という事でまずは一番近い大宮店に行ってきました。店員さんにちゃんと確認をとり、1つ目のキーホルダーを入手しました。これで残りは22個です。色々用事があって中々回れないとは思いますが、年内を目標に地道に入手して行きたいと思います。

 という訳で、メロンキーホルダーを入手した日は日記に経過情報を書くようにします。単純に入手した店舗と日付が分かるようにするだけです。例えばこんな風に↓(続きを読むからどうぞ)

[メロン巡礼第2弾]の続きを読む
  1. 2011/09/10(土) 20:08:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蒲田

 今日はいつもの6F。何気に秋葉原に一日ずっと遊びに来たのは久しぶりですね。駅前とかメチャメチャ綺麗になってましたし、少しずつ変わっていくんですね。

 で、昨日は仕事だったのですが終わってすぐに「蒲田」までふっ飛ばしました。目的はこれです。もう当たり前ですよね。開店日に行かないなんて愚の骨頂です。蒲田ですと大宮からそれ程遠くもないですし、職場から約1時間程度で到着する事が出来ました。私、最近まで蒲田が東京都か神奈川県か知りませんでしたが、ギリギリ東京都だったんですね。そして蒲田は東急池上線と東急多摩川線の始発駅でもありまして、駅前は非常に発達していました。JR蒲田駅から4分でJR川崎駅という事で、大きな駅がここまで隣接しているのも珍しいですね。そして目的のメロンは駅から徒歩3分程度と非常に良い立地条件でした。感想ですが、まずはまたしても「らしんばん」との合同オープンでした。このパターンは「八王子」と同じですね。さらにanimateも入っていて、このメロンの入っているビル1つが完全にヲタビル化してましたね。このあたりは「大宮」と同じ感じでした。中ですが、店舗の広さは中の下くらいかと思いました。ちょうど「仙台」と同じ感じですね。それでも充実した品ぞろえは相変わらずで、非常に活気づいてました。そして、しっかりとご当地キーホルダーを入手してきました。むしろこれの為に来たようなものです。蒲田は京浜工業地帯の重要な拠点でもあります。そういう意味があるのでしょうか、今回のメロンは「作業工メロン」でした。という訳で順調に全てのご当地キーホルダーを入手しています。もうメロンの為なら海でも山でも超えて行きますよ。

 ですが、その蒲田店のご当地キーホルダーの裏に全国のキーホルダーの名前が書いてあるのですが、通販のキャラクターが変わっているではありませんか。また通販で6,000円買い物しないと。
  1. 2010/11/28(日) 19:57:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

メロン巡礼

 …ただ今大阪にいます。もうね、疲れましたね。さすがに移動しすぎですね。どうして大阪にいるかといいますと、まあタイトル通りなのですが詳しくは下記のURLに行って下さい。それで全てが分かります。
→http://www.melonbooks.co.jp/contents/goods/melonkeyholder/index.html

 いや、だって仕方がなかったんですよ。こういう景品は結構早く無くなるので、早急に全国を回る必要があったんです。まあ、この話をした人全員が「バカですねw」「何やってるんすかw」「氏ねw」と言いましたけどね。私もそう思っています。でもまあ、乗りかかった船なので全部回ります。ちなみにこれまで回ったのは「宇都宮」「高崎」「大宮」「秋葉原」「横浜」「静岡」の6店舗です。で、今回の週末で回った店(回る予定の)お店なんですが…「名古屋」から「福岡」までの全9店舗です。いや、だから仕方がなかったんです。こういうのは、行けるときに一気に行ったほうが時間的にも金銭的にも楽なんです(木曜が夜勤で金曜が非番だったし、実質三連休だし)。と言うわけで、今回はここまでに訪れた街の感想でも書こうと思います。訪れた順番に。

・広島…10/16(金)14:09
 さすが中国地方一の都市です。路面電車網が広がっており、街の真ん中を大きな川が複数貫通する綺麗な都市でした。メロンも結構簡単に見つかってGood。まあ広島駅から路面電車で数駅と遠かったんですけどね。

・福岡…10/16(金)16:57
 やはり大きかったです。札幌並みですかね。地下鉄網が広がっており、どこに行っても人で溢れていました。さらに特徴的だったのは、どこに行ってもとんこつ臭がしたことですね。さすがは博多ラーメンの本場です。メロンはちょっと見つけるのに苦労しました。だって、緑色の看板じゃなかったし。

・小倉…10/16(金)19:01
 すごく綺麗な街でした。さすがは九州の玄関口であり、かつて鉄鋼業で栄えた歴史ある街です。街も規模も大きく、仙台並みですね。あとは何と言っても港の風景が最高でした。ちなみにメロンの大きさもこれまでで一番大きかったです。

・松山…10/17(土)4:58
 小倉からフェリーで入国です。文学の街らしく、至ることろで正岡子規や夏目漱石の言葉を見ることができました。さすがは文学の街。松山城の景観も圧巻でした。ちなみにメロンが開店する11:00までの約6時間、適当に町をぶらついたり「文学少女シリーズ」を読んだりしてました。

・岡山…10/17(土)16:11
 松山から高速バスで来ました。予想以上に大きい街でした。下手したら仙台よりも大きいかもしれません(人口100万人いないのに)。そして桃の産地らしく、町のいたるところに犬、猿、雉の銅像がありました。ちなみにメロンまでは駅から意外と距離があり、多少歩く羽目になりました。

・神戸…10/17(土)18:29
 もはや言わずもがなの港町です。今回は時間の関係上ほとんど街を回ることが出来ませんでしたが、駅前の人の流れだけでもこれまでのどの街よりも比べ物になりませんでした。西宮までしか来たことがなく三ノ宮は今回が初めて、またいつかちゃんと来ようと思います。

・大阪…10/17(土)20:08
 私、正直舐めてました。なんばにあるからとりあえずJRでなんばに行こうと思ったのが間違いでした。まさか、あんなに歩く羽目になるなんて。今度はちゃんと地下鉄で行きます。とりあえず、念願のヲタロードを歩くことが出来て感無量です。

という訳で、メロンの開店時間的にここまでで限界だったので今日は大阪に宿泊です。明日が週末最後、残すは「京都」と「名古屋」です。サッサと回ってサッサと大宮に帰ろうと思います。

 ちなみに今回のコンセプトの中には「出来るだけ安く回る」と言うのも含まれています。まあ、行きは正直時間がなかったので新幹線を使いましたが、その後はフェリー、バス、鈍行のみです。もちろん明日も鈍行で帰ります。予定では、21:56に帰れるはずです。
  1. 2009/10/17(土) 21:36:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

とらのあな

 一昨日の深夜だったのですが、突然新潟時代の友人Tからメールが来て、その内容は「明日、仙台でD宅に一泊する件」と言う物でした。という事で、昨日今日はその友人TとD氏と三人で行動してました。

 友人Tは昨日の20:30に仙台に到着しました。という事で、とりあえず仙台の繁華街を案内しつつ国分町と言うところで飲むことになりました。その名も「とらのあな」という名です。正直名前だけで決めました。ですが、やたら人気があるのか待ち時間30分という大盛況ぶり、そして学生が多かったという事もあり期待は高まりました。で、実際飲んでみるともうメニューの何と安いことか。90分飲み放題で¥1,100はなかなかですが、食べ物も「餃子5ヶ¥100」とか安すぎです。結構お腹いっぱい食べたはずなのですが、出費は全然安かったです。そんなとらのあなを出たのはだいたい23:00、この後3人でD宅に向かったのですが、あまりに久しぶりの再会で気分も盛り上がったので白木屋に梯子してしまいました。まあ2次回だったので焼酎ボトル一本でまったり飲みました(確か26:30まで)。盛り上がった話題としては、やっぱり寮時代での話とニコニコでしたね。普段気を許して話せる人なんて仙台にはいないので、本当に楽しかったですね。結局27:00にD宅に到着したあと、ちょっとダベって就寝しました。翌日は10:30に起床して、D氏は用事があるからそこで別れて友人Tとおいしい牛タンの店で昼食を取った後、仙台の名物場所を回ってゲーセンで時間を潰しました。で、友人Tは14:30に新幹線で帰らなきゃいけないという事で、仙台駅で別れました。実際会っていた時間も短かったせいもあって、ホントあっという間に過ぎ去っていった2日間でした。今度は冬になるんですかね。その時を楽しみにして頑張っていきたいと思います。

 それにしても、友人Tの弐寺は相変わらず流石です。私なんて譜面を目で把握することすらできません。まあ、それは私のDDRも同様だっららしいですが。お互い、同じ音ゲープレイヤーとしても頑張っていかないとですね。
  1. 2007/10/07(日) 21:23:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

クラゲ

 ただ今実家にいるM.Mです。結局元旦を東京で過ごして次の日には既に山形入りしてました。やっぱり実家の雰囲気は最高です。雪が無いのが残念ですが、もう少しこの雰囲気を味わってから新潟に帰りたいと思います。

 昨日は親戚の人が家に遊びに来てました。そんな中であがった話は、加茂水族館に行こうでした。加茂水族館とは、山形県に唯一ある水族館で、地味に私の家から歩いて3分のところにあります。私にとっては庭みたいなところなのですが、最近クラゲの飼育に力を入れている関係でリニューアルしたそうです。なので、五年ぶりに親戚の人と一緒に行って来ました。基本的な構想は変わってなかったのですが、さすが日本一のクラゲ飼育数ということで、その部分に関しては大幅に変わってました。それでも、こじんまりとした素朴な雰囲気は健在で、親戚の人にとっては全てが珍しいといった感じだったでしょうが、私にとっては本当に懐かしいという印象が強かったです。水族館を約1時間半ほど回り、その後近くの公園や灯台を回った後、家に帰りました。

 ちなみに、この加茂水族館の名物に「クラゲアイス」があります。私も名前は知っていたのですが食べるのは初めてでした。食べてみた感想としては…うん!美味しかったですよ!本当に!
  1. 2007/01/04(木) 21:26:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する