FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

上野の森コンサート

 9月10月はずっと研修のためいつもより一時間出勤が早かったのですが、今日だけ研修内容が違ったのでいつも通りの出勤時間でした。ですが一時間早い出勤に慣れてしまったのかずいぶん朝に余裕がありました。このまま行けばいいのですがそんな訳がない罠。

 今日は仕事が終わってから直ぐに上野に向かいました。目的は、年二回上野駅で行われている「上野の森コンサート」を聞くためです。上野の森コンサートは作曲家である池辺晋一郎の監修で2006年から行っているもので、駅構内の比較的広い吹き抜けで小規模におこなわれています。場所が駅構内だけに道行く人は多く、いわゆるホールで聴くコンサートとはまた違った感じですが、行き交う人がふと足を止めて聞いてもらえるような雰囲気が印象的でした。このコンサートは今日から3日間行われるのですが、毎日ジャンルが違います。今日はジャズでした。曲は「G線上のアリア」のようなクラシックから「A列車で行こう」のようなポップスまで幅広く、様々な人が知っているように配慮された感がありました。そして、ジャスという事で実に自由な演奏でした。ジャズは一時期スウィングガールズなどでも有名になりましたが、やはり楽器は敷居が高く実際に始めようと思うと踏みとどまりがちです。ですが、ジャズは基本的な和音さえ押さえてしまえは後は本当に自由なのです。和音を構成できる3音だけを使ってもジャズとして完成させる事が出来ます。メロディなんてそんな3音の上に本人の感性で自由に演奏しているだけです。こんな書き方をすると雑然とした印象になってしまいますが、楽器をする上でジャズは敷居の低さからやりやすいと思います。また、演奏者と聴衆の距離が近いジャンルだと思います。クラシックですとホールで厳かに行うイメージがあるかと思いますが、ジャズだと何だかそこら辺で気軽に行っている気がしそうです。それだげ身近なジャンルであり、聴衆もノリやすいです。実際今回のコンサートも自然と手拍子が生まれ、演奏者と聴衆の一体感を感じる事が出来ます。という訳で、駅構内という空間を上手く活用した思い出深いコンサートでした。こういうイベントは今後もぜひ参加してみたいですね。

 ちなみに同様のコンサートで「杜の都コンサート」というのもあります。名前からお察しの通り、会場は仙台駅です。もしお近くに住んでいる方がいれば是非聞きに行ってみてはいかがでしょうか。
  1. 2009/10/23(金) 22:13:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2009上半期番付

 土曜に出かけると日曜は出かける気力がなくなるM.Mです。今日も今日とでPCに向かって色々やってました。ここで外に出る気力があればいいんですけど、同時に金も減る罠が待っているのでそういう意味では良いんですけどね。

 そろそろ年2回恒例(にしようと思っている)の最近よく聴く曲のさらけだしでもやろうかと思います。今年ももう大量大量で正直順位つけるとか意味がなくなりつつありますが、とりあえずフィーリングで。

横綱:storia…Kalafina (2009) 「NHK番組 歴史秘話ヒストリアOPテーマ カバー曲」
大関:みずいろ…佐藤ひろ美 (2001) 「PCゲーム みずいろ OP」
大関:星屑…FictionJunction (2009) 「アルバム Everlasting Songs 収録曲」
大関:La Liberte…いとうかなこ (2009) 「アルバム ANOTHER BEST 収録曲」
関脇:カザハネ…霜月はるか (2008) 「アニメ H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ ED」
関脇:ひかりなでしこ…島みやえい子 (2008) 「アルバム ひかりなでしこ 収録曲」
関脇:時を刻む唄…Lia (2008) 「アニメ CLANNAD ~AFTER STORY~ OP」
関脇:an evening calm…fripside (2005) 「アルバム reflection 収録曲」
小結:砂塵の彼方へ…Revo&梶浦由記 (2008) 「Dream Port 2008 コラボレーション曲」
小結:波のトリコになるように…小川範子 (2004) 「アニメ 月詠 -MOON PHASE- ED」
小結:Jewelry tears…美郷あき (2009) 「PCゲーム 俺たちに翼はない OP」
小結:秘密…岡崎律子 (2004) 「PCゲーム シンフォニック=レイン 挿入歌」
小結:そのままの僕で…eufonius (2008) 「アニメ true tears 挿入歌」
小結:宇宙の花…島みやえい子 (2005) 「アルバム Ulysses 収録曲」
前頭:come to mind…fripside (2003) 「アルバム odyssey 収録曲」
前頭:Cross talk…MARY (1999) 「I've Girls Compilation regret 収録曲」
前頭:emotional flutter…原田ひとみ (2008) 「PCゲーム ef - the latter tale OP」
前頭:Futuer Stream…スフィア (2009) 「アニメ 初恋限定 OP」
前頭:Senecio…詩月カオリ (2003) 「I've Girls Compilation OUT FLOW 収録曲」
前頭:星間飛行…中島愛 May'n (2008) 「アニメ マクロスFrontier 挿入歌」
前頭:It's only the fairy tale…アリッサ・シアーズ(宮村優子) (2004) 「アニメ 舞-HiME ED」

番付にしたのには特に意味はなかったんですけど(数もデタラメだし)、単純に数字で順位をつけられなかったのでこんな感じで。本当はお気に入りフォルダに入っている88曲をさらしても良かったんですけどそれだと長すぎるので(既に長いが)、とりあえず一押しを。こうしてみるとやっぱり梶浦由記関係が多いです。それでも昔から好きな曲はやはり好きです。基本的に新しく買った曲はお気に入りフォルダに入れます。その後繰り返し聞いてそれでも気に入れば残るし、そうでなければ外れます。なので2009年の曲が多いんです。そして、たまに昔懐かしかった曲とか引っ張り出して再びお気に入りフォルダに入れたりするんですね。そんな感じで今の番付があります。

 そしてやっぱり「みすいろ」「波のトリコになるように」はいつ聴いても心が震えます。流行とか色々ありますけど、やっぱり真心の想像力を働かせるとこれらは外せません。
  1. 2009/07/05(日) 20:47:37|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

洗練

 修論提出まであと二ヶ月です。今まで論文紹介などの準備でちょっと足踏みしていたのでここから挽回です。おそらくは、今までの人生の中で一番勉強する時かも知れませんね。

 たまには最近私がよく聞いている曲でもまとめてみようと思います。ここ数ヶ月で実にいい曲ばかり手に入れましたので私のお気に入りフォルダが飽和しそうです。

 1位:砂塵の彼方へ…Revo&梶浦由記 (2008) 「Dream Port 2008 コラボレーション曲」
 2位:時を刻む唄…Lia (2008) 「アニメ CLANNAD ~AFTER STORY~ OP」
 3位:みずいろ…佐藤ひろ美 (2001) 「PCゲーム みずいろ OP」
 4位:ひかりなでしこ…島みやえい子 (2008) 「島みやえい子2ndアルバム ひかりなでしこ 収録曲」
 5位:カザハネ…霜月はるか (2008) 「アニメ H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ ED」
 6位:秘密…岡崎律子 (2004) 「PCゲーム シンフォニック=レイン 挿入歌」
 7位:そのままの僕で…eufonius (2008) 「アニメ true tears 挿入歌」
 8位:an evening calm…fripside (2005) 「fripside3rdアルバム reflection 収録曲」
 9位:波のトリコになるように…小川範子 (2004) 「アニメ 月詠 -MOON PHASE- ED」
 10位:emotional flutter…原田ひとみ (2008) 「PCゲーム ef - the latter tale OP」

こうしてみますと随分今年の曲が増えてます。やっぱり新しい物は全てが新鮮ですので大なり小なり影響されるんですね。それでも私のお気に入りフォルダには現在80曲ありますし、昔から好きな曲はいつまでも好きな曲のままです。そして、おそらく一ヶ月もすればこの順位はまた総替えになるんです。基本的に新しく買った曲はお気に入りフォルダに入れます。そしてそれを繰り返し聞いて洗練して最終的にお気に入りフォルダに残るか残らないか決まるんです。それでも私の中でブームになったのは事実として残る訳で、そういうのを懐かしんで一度お気に入りフォルダから外した曲でも改めて戻したりします。そんなことをいつも繰り返して今の順位があるんです。とりあえず、今後も何か新しい曲があったら積極的に入手していこうと思います。何かオススメの曲があったら教えて下さい。

 それでもやっぱり「みずいろ」とか「秘密」とか「波のトリコになるように」は相変わらず好きです。こればっかりはやっぱりいつ聴いても心が震えますね。心が震える、こうとしか表現のしようがないんですがこういうのって「良い曲」とか「神曲」とかっていう風に簡潔にまとめたくないんですよね。私の中でそんなに簡単に割り切れるものじゃないんです。
  1. 2008/11/23(日) 00:08:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小室

 既にご存じかと思いますが、日本の90年代の音楽ブームを作ったといっても良い音楽プロデューサーである「小室哲哉」が著作権詐欺容疑で逮捕されました。私も大好きなだけにこれは驚きですね。

 小室哲哉に何があったか分かりませんが、かつて高額納税者ランキングにものった程の人物でも何があるか分からないものですね。で、今回私が書きたいのはこの事と直接関係ある事ではありません。それは、この詐欺事件を受けて小室哲哉プロデュースの楽曲の配信や販売、カラオケでの選曲を停止するという事についてです。まあ、世間的に小室哲哉はファンを「裏切った」形になるのでこういった楽曲停止措置が行われるのも肯けます。ですが、一方で「曲自体に罪はない」という主張のもと楽曲停止措置をやめてほしいという声もある様です。確かにどっちの意見もそれなりに納得できますが、これに関して私は全然違う感想を持っています。私は確かに90年代後半の小室ブームにのった人間の一人です。そして今もそうですが当時はその楽曲が好きで殆ど毎日聞いてました。ですが、今になって当時の曲を思い返してみるといい曲だったなぁと思うと同時に当時の懐かしい思い出まで蘇るんですね。音楽の素晴らしさって、その曲自体の美しさとそれを聞いていた当時の思い出を思い返せる事なんじゃないかと思います。人生の中で音楽という存在は何らかの形で思い出として刷り込まれていると思います。その思い出が音楽と共に蘇る、だからこそ作られて何十年経っても色あせる事なく愛される曲というものが出来るのだと思います。そういう意味で、当時の思い出を懐かしむ意味でも楽曲停止措置には反対ですね。

 という事で私は別に小室哲哉が裏切ったとか罪がどうたらこうたらという論には興味はありません。ただ、私の中で大事になっている曲の一つという意味以上のものはありません。そういう意味で、これからも将来思い返せるような琴線に触れる曲を求め続けようと思います。
  1. 2008/11/08(土) 01:02:57|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北欧

 テレビを見てたら、「10秒間まばたきしないで目を開けられなかったら、それはドライアイと言う病気です」って言ってましたので、試しにやってみました。
0・・・・1・・・・2・・・・3・・・・4・・・・5・・(>_<;)
あ、やべ。

 最近ニコニコ動画で「caramelldansen」のMADが流行ってるようですが、なんだかこの盛り上がりは10年前くらいに「北欧ダンスミュージック」がテレビやら街角やらでやたらと流行った頃を思い出させますね。私は結構昔から「Dancemania」と言う名のダンスコンビネーションアルバムを聞いているのですが、特にこの北欧出身のアーティストはホントに日本を意識した曲を作るんです。曲はノリノリなのは勿論、特定のフレーズを繰り返す(caramelldansenで言うウッーウッーウマウマ)のが主な特徴なのですが、歌詞を見ると「samurai」とか「Tokyo」などのフレーズが結構入っているんですね。そして何より、曲調が耳に残りやすいというのがここまで流行った理由だと思います。代表アーティストに「smile」「PAPAYA」「BAMBEE」「NI-NI」「AQUA」などがいますが、機会があったら是非聞いてみて下さい。昔どこかで聞いたことがあるような曲がたくさん聞けると思います。ちなみに、この「caramelldansen」を歌っている「caramell」も北欧出身のアーティストです。

 と言う訳で、私も幾つか「caramelldansen」の動画を置いていきます。ニコニコでどうぞ。
原曲→ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2203432
PV風MAD→ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm740147
一番お気に入りのMAD→ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2230102
  1. 2008/02/09(土) 10:55:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

朝日

 最近一気に寒くなった仙台なので、私も既に原付に乗るときは冬の格好になっています。それにしても、今からこんなのだと本当の冬が来たときにどうなるんでしょうね。マジで防寒重要です。

 私は中学・高校・大学とずっと吹奏楽に関係してきましたが、そんな私の一番好きな楽器は今も昔も「ピアノ」です。そして、それは聴くだけでなく実際に演奏することも好きです。ですが、ここ最近全くピアノに触れてない生活が続き(約5年)、たまには触ってみたいと思っていました。そんな事を思っていた10月の初め、同じ研究施設の知人から「東北大学理学総合棟のあるピアノは自由に弾けるんだよ」という話を聞きました。なのですが、自由に弾ける分使用頻度もそれなりにあるようで、少なくとも午前2時までは誰かしら必ず弾いているという話でした。なので私は、それらの時間をかいくぐりなんと午前4時に本当にピアノに触れるか検証しに行ってきました。さすがに真っ暗な早朝は異常に寒く、ガチガチになりながら原付をとばしました(きっとこれが風邪の原因)。そして理学総合棟に到着してさっそくピアノの前にスタンバイ。馴染みの曲を弾いてみましたが…う~んダメですね。指の運びをほとんど忘れてしまったようです。それでも練習すること1時間半。何とか形にはなってきました。そしてふと窓を見ると、夜明けの合図である「朝日」の眩しい日差しがちょうど照りかかってきました。もう少し引こうかなと思っていたのですが、あの朝日を見て気が晴れたのでしょうか、その日はその程度にして朝日を背に家に帰りました。それからというもの、定期的にピアノを弾きに通っています。そして朝日が顔を出したら家に帰ります。そんな新しい生活が加わった10月のM.Mです。

 ちなみに私が弾く曲は、基本的にゲームやアニメで気に入った曲をノリで引くだけです。そして、決して誰かに聴かせるために弾いているわけではありません。なので、聞きたいと思っても聞きに来ないでください。むしろ聞かない方が身のためです。
  1. 2007/10/17(水) 23:13:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

定禅寺

 …分からん。スパノバ2の「Myグルーヴレーダー」の伸びる法則が分からん。CHAOSゲージを延ばすためにCHAOSがはみ出している曲を4曲やったら一気に「40」も伸びたのに、AIRゲージを延ばすためにAIRがはみ出している曲を4曲やっても「11」しか伸びん。…分からん。

 3度連続音楽の話題です。昨日研究室の先輩から聞いて初めて知ったのですが、昨日今日と仙台市街地の「定禅寺通り」と言うところで、「第17回定禅寺ストリートジャズフェスタ」と言うイベントが行われていました。天気も良かったので、私もちょっと見に行ってきました。会場である定禅寺通りはもう人、人、人でいっぱいでしたね。半分歩行者天国になっている定禅寺通りに、多くのミュージシャンが思い思いに曲を演奏したり歌ったりしていて、そのどれにも人間が輪を作っていました。やっぱり音楽を聴こうという姿勢の方が集まっているためでしょうか、人が溢れているにもかかわらず人ごみ独特のざわめきをほとんど感じなかったですね。皆音楽に耳を傾けている印象でした。こんな感じで町全体を音楽で包み込むイベント、他にもあったらぜひ参加してみたいですね。

 明日から久しぶりに研究室での実験が始まります。7月8月のほとんどは加速器がシャットダウンしていたため、今までずっと実験の準備をしてきました。今回のビームタイムでどんなことが分かるのか、実に楽しみです。
  1. 2007/09/09(日) 20:37:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

管弦楽団

 最近研究室でやっている事といったら、やすりでプラスチックを磨いている事だけです。これは「プラスチックシンチレータ」と呼ばれる粒子検出器の光収集率を上げるために重要な事なのですが、地味です。4~5人で何時間もプラスチックをやすりがけしている姿は、きっと不気味です。

 今日は「東北大学管弦楽団」の第148回定期演奏会がありました。新潟にいた頃もこういう演奏会系にはよく行っていたし、何よりも仙台に来て初めてこういう大きなホールでの演奏会を聞きにいける時間が出来たので、あらかじめ前売券¥1000を購入して聞きに行きました。会場は仙台では結構歴史のある「宮城県民会館」で、古めかしいながらも独特の会場席が印象的なホールでした。私は3階の自由席に座ったわけですが(指定席もあった。でも¥1500。)、左隣には「仲の良い男女」、右隣には「着物美男子」と変な意味で落ち着かない場所でした。演奏自体はさすがといった感じですが、何より驚いたのがOBの数がとても多かった事です。私の席の周りを見渡してみて、人の会話を聞いている限り半分くらいの人がOBの様です。これだけのOBが聞きに来ているというだけでも、かなり良い環境の管弦楽団なんだろうなぁと想像できます。とりあえず、久しぶりのオーケストラに終始満足な時間を過ごせた一時でした。

 ちなみに高校の時からの友達で東北大学に進学した友人が一人いるのですが、管弦楽団の団員でして彼からチケットを買いました。去年現役を退いた彼の団員としての仕事は、2次会の会場作り。果たして、この管弦楽団は一体何人の団員がいるのやら。
  1. 2007/06/16(土) 22:13:04|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リコーダー

 まずいです。私の研究室にいる違うグループの同僚からの情報によりますと、私は「らき☆すた」が超好きなキャラになっているそうです。失礼な!確かに「らき☆すた」は嫌いではないですけど、別に好きじゃないです。だって、テーマ的に「らき☆すた」って「げんしけん」の亜種でしょ?それじゃあ私が好きになるわけ無いです。

 今日は、前に「Viola」の記事で書いた東北大学理学部主催の「ピアノ開きコンサート」の第2回目が行われました。前回は「ビオラとピアノ」の共演でしたが、今回はなんと「リコーダーとピアノ」の共演でした。リコーダーなんて、ほとんどの人が小学校の時に触れていながらほとんどの人がその存在を忘れてしまっている楽器だと思っているので(偏見)、そんなに大きな物は期待していませんでした。それでも、プログラムにある「久石譲」の名前に釣られて聞きに行ってしまったわけです。ですが、普段オーケストラでしかやらないような楽器をリコーダーのアンサンブルで再現している様はとても新鮮で、リコーダー独特の芯のある音は見事にホールに響き渡りました。演奏者のレベルも高く、とても良いものを聞かせてもらいました。とは言え、日頃からリコーダーの演奏会に出くわす機会が少ない事は事実。もしかしたら、今日の経験はとても貴重な物だったのかも知れません。

 そういえば、小学校の時私は「リコーダークラブ」なんて物に所属してました。もしかしたら、あの時リコーダークラブに所属してなかったら、吹奏楽の世界を知らずに過ごしていたのかもしれませんねぇ。
  1. 2007/06/13(水) 21:56:57|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ryu☆

 気づいている方は気づいていると思いますが、地味にHPを更新しました。今まで貯めてたネタを出した感じなんでそんなに新鮮ではないんですけど、興味があったらご覧になってください。
→ttp://mmsroom.web.fc2.com/

 久しぶりに私の中での最近の流行の曲を紹介したいと思います。全部わかる人は、たぶんいないでしょうね。

①Second Heaven - Ryu☆(beatmaniaⅡDX GOLD)
②波のトリコになるように - 小川範子(月詠 ED)
③秘密 - 岡崎律子(シンフォニック=レイン 挿入歌)
④神々が恋した幻想郷 - ZUN(東方風神録 BGM)
⑤みずいろ - 佐藤裕美(みずいろ OP)
次点 storm - 梶浦由紀(舞-乙HiME Zwei ED)

昔から好きな曲の中に変なのが混じったりと、かな~りカオスな内容になっていると思います。この中でも特に気に入っているのが、このランキングでも一位の「Ryu☆」の曲ですね。前々から気にはなっていたんですが、Ryu☆の曲をまとめて聞ける機会があったんで聞いてみました。好き嫌いはありますが好きなやつはとことん肌に合いますね。他に好きな曲としては「AGEHA」や「雪月花」ですね。ただ、私はbeatmaniaⅡDXは出来ないんで、出来る人が羨ましいです。

 今週研究室では実験が続きます。最近気づいたことなのですが、本で得た知識を実験で活かすまでには相当の勉強が必要だということです。今実験で何をやっているのか、そしてそれがどういう原理なのか、これをちゃんと説明できるまでの道程は、実は相当に長いです。
  1. 2007/05/28(月) 23:25:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する