FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

DP七段

 今日は金曜日ですけど休み。代わりに明日土曜日が夜勤となっております。平日の休みの日は精力的にDDRを踏むようにしているのですが、今日はとびきり嬉しい事がありましたので日記に書いております。

 過去に日記でも書いておりますが、現在のDDRはDDR A2Oというバージョンが稼働しております(公式HPはこちらからどうぞ)。DDRの稼働20周年に相応しい煌びやかな筐体を始め、様々なモードやイベントが行われております。その中に段位認定というモードがあります。これは、予め決められた4つの曲を連続で踏むコースモードでして、段位によって明確にレベルが違っております。初段から皆伝まで全11コースあり、初段Lv10を基本としておりますが皆伝ともなれば全ての曲がLv19です。特にDOUBLEモードの皆伝ともなれば、世界中でも一桁しか合格していないのではないでしょうか(DOUBLEプレイ第一人者のTAKASKE氏によるDP皆伝プレイはこちら)。そして、本日のプレイで私はDP七段に合格する事が出来ました(参考動画はこちらからどうぞ)。先月DP六段に合格したのですが(スコアはこちらからどうぞ)、4曲目で足がつり呼吸もままならない感じでしたのでこれ以上の段位は危険だと思っておりました。ですが、DP七段の楽曲はとりあえず楽曲単体であれば全てクリア出来ます。これが連続になっているからしんどいんですよね。だからこそ、DP七段ではスコアを出す踏み方ではなくクリアする踏み方を研究しました。つまり、矢印を捨てるのです。例えば、16分の連打は半分踏まない、同時押しの連続は半分踏まない、遠い矢印は踏まない、スキップは同時押し気味に踏む、といった感じです。そうしないと最後まで体力も筋力も持たないからです。事実、DP七段プレイ中に何度も死にかけました。死にかける様に調整して踏んだというのが正しい言い方です。それでも、稼ぐところは稼いでゲージを回復させたりしました。そして何とか4曲目であるSUPER SAMURAIまでたどり着きました。幾つか矢印を捨てて体力と筋力を節約しても、この段階でかなり満身創痍でした。それでも4曲目までたどり着きましたので、もう意地でもクリアするしかないと思いました。そして、酷いスコアでしたが何とかクリア出来ました(スコアはこちらからどうぞ)。34歳になってもこれだけ頑張れるもんだなと自分に驚きました。本当に嬉しかったです。正直高難易度を責めるのに限界も感じてますけど、クリアする喜びはDDRの醍醐味ですので出来る限り頑張っていこうと思います。

 DP七段をクリアしましたので次はDP八段と行きたいところなのですけど、DP八段は今の自分には本当に無理です。何故なら4曲目のÆTHERという曲が通常プレイでもクリア出来ていないからです。何しろLv17ですからね。まずは個々の曲から攻略ですね。
スポンサーサイト
  1. 2019/06/28(金) 17:58:44|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DDR A2O

 今日は夜勤明け。そして、現在話題沸騰の翔んで埼玉を見てきました(公式HPはこちらからどうぞ)。私は埼玉県出身ではないですけど、そんな私ですら笑えましたので是非埼玉県出身の人は必ず見て欲しいですね。後ほど感想書きます。

 先日ですけど、タイトルにあります通りやっとDDRの最新作であるDDR A2O(読み方はエースツーオー)をプレイしてきました(公式HPはこちらからどうぞ)。過去の日記でも書いておりますが、DDRは2018年9月26日をもって稼働開始から20年を迎えました。稼働した1998年当時は大変な話題となり社会現象とも呼ばれたDDRですが、世の中の趣味の多様化などにより幾度も終了の危機を迎えました。それでも日本のみならず世界中のファンに支えられてここまで稼働し続ける事が出来ました。そんなDDRですので、20周年をお祝いする様々なイベントを開催しております。今回のアーケード新作であるA2Oはそんな20周年イベントの集大成であり、新たな歴史を紡ぐバージョンとなります。前作であるDDR Aからほぼ3年振りとなる新バージョンという事で、私もプレイ出来るのをとても楽しみにしておりました。今回は実際に筐体に触れてみての感想を書こうと思います。

・20th Anniversary Model
まずは何と言っても一新された筐体に惹かれます。Twitterでは#黄金のDDRというハッシュタグで宣伝していた程です。その名前に偽りなく。筐体全体が金色で統一されており、そこら中にLEDが散りばめられておりとっても華やかに仕上がっております。勿論それだけではなく、画面がこれまで以上に大きくなりそれに伴い譜面も大きく表示されるようになりました。あまりにも大きすぎるので、私がホームにしているSpica大宮南銀店ではステップと画面にかなりの距離を設けてました。それでも有り余るくらいの大きさでした。ステップも改良されている感じで、踏んだ時の沈み込みが殆どありませんでした。まあ単純に新しくなったという事かも知れませんけど、素直に踏みやすく足に馴染みました。1つだけ良いか悪いか判断が分かれるのが、画面の傾きが無くなって地面に対して垂直になった点です。そのおかげで矢印が近づいてくるように見えてしまいますので、ちょっと判定調整に時間が掛かりましたね。慣れの問題かも知れません。

・コースモードの追加
今作からコースモードが復活しました。コースモードとは、予め決められた4つの楽曲を連続して踏むモードです。連続しておりますので曲と曲の休憩が殆どなく、4曲連続で踏む体力が要求されます。そしてリザルトは通常の1曲の時と同じルールで出されます。AAAは999,000点以上ですし、PFCもMFCもあります。4曲連続になった事でより高スコアを取る事が難しくなっている印象でした。

・段位認定の追加
そして上で書いたコースモードの真骨頂が段位認定です。IIDXでずっと採用されているモードがDDRにもやって来ました。段位認定は、予め決められた4曲を連続で踏むのは同様ですが、段位によって曲のレベルが明確に違います。単純に低い段位はレベルが低く、高い段位はレベルが高いという事です。現在は初段から八段まで公開されており、八段の構成はLv16が3曲とLv17が1曲です。今の私では厳しいでしょうね。とりあえず今回は五段までクリアしてきました。もう少し上の段位まで行けそうですけど、初段から連続で踏んで疲れましたのでこの程度で。ちなみに、かつてDDRにもDance Drillという段位認定と同じモードがありました。一番の違いは、曲の途中でハイスピードが変更できる事ですね。分かる人には分かると思いますが。かつてのDance Drill Lv7はBPM65とBPM300が同じコースにありながらハイスピードが変更出来ませんでしたからね。だいぶやり易くなったなと思いました。

・DDR Aを踏襲
それ以外のシステムは、基本的にDDR Aを踏襲している感じでした。それでも、全体的に金色の背景や変わったシステムBGMが新しい雰囲気を感じさせてくれます。個人的に嬉しかったのは、DDR Aで出したリザルトを引き継いでくれた事ですね。これまでのDDRは、バージョンが変わると同時にスコアが全てリセットされて再びクリアしなければいけませんでした。まあ、DDRは体力が物を言うゲームですのでバージョンが変わったタイミングの年齢で再びスコアに挑戦するのはアリかなと思ってました。それでも、一度出したスコアが消えるのはやはり寂しかったので、今回残ってよかったと思っております。

 という訳で、ほぼほぼ前作のDDR Aを踏襲しつつ幾つかの追加要素を加えた感じの内容でした。とにかく筐体が目立ちますし画面が大きくなりましたのでそれだけで十分でした。後はA2Oの新曲もどことなく未来に向かっている雰囲気を感じました。これまでのコンセプトとは違った楽曲を揃えている印象ですね。まだまだ稼働したばかりですし、現時点で旧筐体でのバージョンアップは行われておりませんのでこれからどのように展開していくのか楽しみにプレイしていこうと思います。
  1. 2019/04/14(日) 20:55:41|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The 8th KAC エリア予選

 今日は夜勤明け。そして今年初めてとなるDDRをやってきました。足は動くんですけどすぐに悲鳴を上げるので持久力が課題ですね。後は高難易度の曲を連続で出来ないのも出来るようになりたいって思いました。

 DDR関連ですが、先日の3連休中にKONAMIが毎年開催しているKONAMI Arcade Championship(以下KAC)公式HPはこちらからどうぞ)のエリア予選大会が開かれました。KACは、KONAMIが展開しているアーケードゲームのチャンピョンを決めようというイベントです。私が大好きなDDRを含め、今年は14の機種で行われます。DDRについてですが、ここ最近は日本のみならず北米、アジア、韓国を巻き込んだ世界的な物となっております。その為KACの決勝大会に出る条件は非常に厳しく、基本的に各エリアで1位のスコアを取った人しか招待されません。ですが、日本については参加人数も多い為か東エリアと西エリアで分けてそれぞれ上位8名によるエリア予選を行っております。このエリア予選の中でそれぞれ1位になった人が、決勝大会に進む事が出来ます。私は毎年このエリア予選はリアルタイムで観戦しております。直接会場に行ければ良いのですが、混雑具合や西エリアに行けない事を鑑み毎回Youtubeで観戦しております。エリア予選のルールですが、8人によるガチのトーナメント戦でした。お互いが自選曲を投げ合い、その合計EXスコアが高い人が次に進めるのです。ここは流石厳しいオンライン予選を勝ち抜いた方々で、初戦から最高難易度のLv19を投げ合う展開となりました。DDRは1,000にも迫る曲が収録されているのですが、その中で最高難易度のLv19の楽曲は5曲(Doubleは6曲)しかありません。その為ランカーの方でも曲を落とす事があり、これを踏み続けるのは体力的にも筋力的にも精神力的にも厳しいものがあります。それでも彼らがLv19に挑む理由、それはLv19で戦っていかないと世界に勝てないからです。オンライン予選の段階から、Lv18の楽曲が幾つかとLv19の楽曲が1曲だけ課題曲として選ばれております。結果として、Lv18以下の楽曲は殆ど差が付かず、実質Lv19の曲1つが勝敗を分けてました。つまり、決勝大会でも同様の戦いが想像できるという事です。その為、まだ体が温まり切っていない状況にも関わらず一曲目からLv19に挑む様子が印象的でした。他にも、思わぬLv18による逆転劇があったり、DDRerの皆さんの仲の良さを象徴する場面もありました。解説にもランカーの方が加わり、実際に踏んでいる方らしいリアルな解説が分かり易かったです。結果として東エリアと西エリアで代表者が決まりました。決勝大会は計6名で行われますので、今から楽しみにしております。当日の様子は、東エリアはこちら西エリアはこちらで見れますので是非ご覧ください。

 実際、一度見た後も何回か見返してしまいましたからね。曲に対して全力で挑む様子、曲を踏み終わった後に倒れこむ様子、皆で肩を抱き合う様子は、何度見ても心が震えます。
  1. 2019/01/17(木) 22:15:04|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DanceDanceRevolution 20th Anniversary

 今日は夜勤明け。ここ最近は台風が来たりやらたと気温が高かったり、かと思えば低かったりとかなり安定しませんね。まあ秋の気候なんてそんなものだと思いますが、夏っぽさはそろそろ消えて欲しいですね。

 2018年9月26日を持って、DanceDanceRevolutionは稼働して20年を迎えました。私がDDRに初めて触れたのは中学3年の時でした。家庭用DanceDanceRevolution 2ndAmazonのページはこちらからどうぞ)を友達が持ってまして、一緒に遊んだ事を覚えております。その時はそれっきりだったのですが、その後高校1年の時になんと妹が誕生日プレゼントでダンスダンスレボリューション ベストヒッツAmazonのページはこちらからどうぞ)を買ってもらって、気が付けば自分の方がハマってました。そして同じくDDRが好きな友達と遊んだり、EDITを見せ合ったり、ゲーセンにも通ったり、それは大学生になっても社会人になっても続いてました。18年の付き合いになるんですね。ここまでずっと稼働し続けて更新し続けてくれることに本当に感謝しております。そして、今回20周年という事で公式の方でも色々な企画を行うみたいです。詳しくはこちらの公式HPをご覧頂きたいのですが、まず始まったのがDDR SELECTIONと呼ばれるフォルダです。これはDDRを5つの世代に分けで、それぞれの代表する曲をまとめ当時のスキンで遊ぶ事が出来るというものです。DDRもバージョンが変わる度にシステムや背景もどんどん変わっていきましたが、当時のスキンを見ると「ああ、こんな感じだったな」と懐かしく思えます。何よりも、選曲した時に入るカットインがカッコいいんですね。各世代をリアルタイムで歩いてきた自分としては凄く感慨深かったです。そして新曲も勿論登場します。まずは1曲登場し、そこから1週間ごとに1曲ずつ収録されていくみたいです。楽曲も各世代をイメージしたものみたいで、全部で5曲は最低収録されるのでしょうか。とりあえず現在分かっている情報はこのくらいです。他にも何か布石を打ってくるのか分かりませんが、まずは本当に20年を迎える事が出来た事がめでたいです。もう自分にとってもDDRは切っても切れない存在ですので、体が動く限り遊んでいこうと思います。これからも、楽しい楽曲をよろしくお願いします。

 DDRが20年を迎えましたので、そのうち自分とDDRの関わりについてもまとめようかななんて思いました。完全に自伝みたいな感じになると思うんですけどね。乞うご期待。
  1. 2018/10/03(水) 20:24:30|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DANCERUSH STARDOM

 今日は夜勤明け。最近花粉の種類が変わったのか、今まで鼻に来てた症状がにシフトしてる気がします。ここ数日はアイボンで定期的に洗眼してます。これでサッパリするって事は、間違いなく目の中に花粉が入ってるんですね。

 そして今日ですけど、平日の夜勤明けという事でいつものDDRとなる運びでした。ですが、今日はDDRだけではなくタイトルにあります通りDANCERUSH STARDOM公式HPはこちらからどうぞ)という新しいアーケードゲームで遊ぶ事がメインでした。DANCERUSH STARDOMとは、KONAMIで発表されたダンスシミュレーションゲームです。初めて私がDANCERUSH STARDOMに触れたのは今年のJAEPO2018に参加したときですね(記事はこちらからどうぞ)。自由度の高いフィールド様々なノーツに合わせて体を動かす仕様に素直に面白そうと思いました。JAEPO2018当日は待ち時間があまりにも長く諦めましたが、3/23という早い段階から順次全国のゲーセンで稼働を開始し始めました。私はDDRを趣味としているのですが、実はダンスゲームが好きだから始めたのではないのです。当時収録されていたDancemaniaシリーズの楽曲が好きだったからです。今となってはDDRそのものの面白さも加わって当たり前のように楽しんでますが、そういう意味でDANCERUSH STARDOMをプレイするかどうかは半分半分でした。ですが、絶対にDANCERUSH STARDOMをプレイしようと決めた切っ掛けがありました。それはBUTTERFLYという曲のkors kリミックスが収録される事が分かったからです。BUTTERFLYという曲は、きっと殆どの人が知っていると思います。曲名は知らなくても、曲を聞けば「ああ、この曲か」と思うと思います(参考動画はこちらからどうぞ)。正直な話、BUTTERFLYが無ければDDRをやってなかったと思います。それだけ思い入れの強い曲であり、再びゲーセンで聞けるのを楽しみにしておりました。そして実際にDANCERUSH STARDOMをプレイしての感想ですが、素直に面白かったです。右足と左足でステップを踏むノーツはDDR共通であり、それにスライドという動作が加わり実にダンスらしいと思いました。始めは戸惑いましたが、何回か練習したら割と様になってた気がします。他にも飛んだりしゃがんだりと上半身の動きも大きく、全身運動ですので譜面の難易度の割には結構体力を使う印象でした。レベルは現時点でLv1~Lv10まであるのですが、初めてプレイした私でもLv9までは難なくクリア出来ました。まだ稼働したてのタイトルですので敷居も低いと思います。まあ、そもそもダンスゲームって基本的に目立つんですけどね。けど、そんな事を気にしてはいけませんね。実際に遊んでみると本当に面白いですので、是非ゲーセンに行く機会がありましたら触れてみて下さい。私もDDRの準備運動として定期的にやっていこうと思います。

 ちなみにDANCERUSH STARDOMをプレイする切っ掛けになったBUTTERFLYのkors kリミックスですが、なんと最後の解禁曲になっていて今日は出来ませんでした。ズルいですよね、この曲を前面に出してきてすぐに出来ないんですもの。こうなったら解禁するまでプレイするしかありませんね。
  1. 2018/04/09(月) 20:00:36|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The 7th KAC エリア予選

 昨日今日は久しぶりに何もない休みでした。この機会に「Remember11 -the age of infinity-」という大作ビジュアルノベルをプレイしました。攻略も考察も非常に難しいタイトルであり、その分多くのファンの方に支えられていると感じた作品でした。レビューはこちらからどうぞ。

 そして昨日今日ですが、KONAMIが毎年開催しているKONAMI Arcade Championship(以下KAC)公式HPはこちらからどうぞ)のエリア予選大会が開かれました。これはKONAMIで展開しているアーケードゲームのチャンピョンを決めようという企画であり、毎年この為に全世界の猛者が腕を磨き挑戦してきます。KACは毎年2月に行われているJAEPOというイベントで決勝大会が行なわれます。ですが私が好きなDDRについては海外を巻き込んでの大会という事で、前もって日本での代表者を決めるエリア予選というものを開催する運びになりました。昨日は東エリア、今日は西エリアの大会であり、勝ち上がった計3名が決勝大会へと進みます。今回はエリア予選という事で、自分はYouTube Liveでの観戦にしました。会場の熱気を感じるもが醍醐味ですが、入場者数が限られているのとその熱気は決勝大会で感じようと思いました。今回一通り観戦してみて、素直にDDRerの事を考え配慮した構成だなと思いました。大会の進行などがスムーズなのは勿論ですが、解説にKONAMI公式のプロゲーマーであるDOLCE.氏を迎え、とても専門的な解説を聞くことが出来ました。また、エリア予選は1回戦と決勝戦に分かれているのですが、決勝戦で初踏みするプレイヤーに配慮してウォームアップの時間も取ってくれました。結果としてスムーズな進行にも繋がりましたし、見ていてストレスを感じませんでした。そして肝心の内容ですが、拮抗する実力の中で1点をもぎ取る戦いに興奮しました。平気でLv19の曲をバンバン投げてきますし、それをちゃんと踏む様子が見事でした。それでも、今回から決勝戦が単純なスコアではなく順位によるポイント制になりましたので、最後まで逆転のチャンスがあるルールという事で気が抜けなかったのではないかと思います。結果として順位は付き代表者は決まりましたが、全員爽やかな笑顔だったのが印象的でした。DDRはこれが魅力ですよね。みんな仲良しで肩を組み合う。放送中もDDRはスポーツと称されてましたが、まさにアスリート顔負けの運動量です。それを共に戦いあった仲間ですので、仲良くなるのも必然ですね。決勝に進んだ方は是非決勝でも頑張って欲しいです。私も応援に行きます。そして全ての選手の皆さんとKONAMIのスタッフの皆さん、お疲れさまでした。

 あとやはり印象的だったのは、西エリア大会の代表であり日本のトップを走ってきたBROSONI氏のプロポーズでしたね。まるで海外番組を見ているかのようなサプライズでした。素直におめでたいです。お幸せにと思いました。
  1. 2018/01/28(日) 20:35:44|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BeatStreamサービス終了

 今日は夜勤明け。9月に入った途端一気に涼しくなりました。夜勤の時なんて寒いとすら思いましたからね。このまま一気に秋に行って欲しいですけど、また暑くなったり暫くは不安定な季節になるんでしょうね。

 昨日8/31ですが、タイトルにあります通りKONAMIの音楽ゲームであるBeatStream公式HPはこちらからどうぞ)のサービスが終了になりました。BeatStreamは2014年7月17日に稼動開始され、昨日までの約3年間ゲームセンターで稼働しておりました。私は趣味で同じKONAMIの音楽ゲームであるDanceDanceRevolution(以下DDR)をプレイしているのですが、実はDDRのプレイ前にBeatStreamも1~2クレは毎回プレイしておりました。ガチではなく、食事した後DDRプレイするまである程度消化する時間を確保する感じでしたけどね。BisCoを始めとした可愛らしいキャラクターと画面全体を使ったプレイシステムはとても華やかで、何よりもムービーに大変力を入れていた印象でした。BeatStreamをプレイする切っ掛けになったのはシステムBGMであるビビットストリームという曲です(参考動画はこちらからどうぞ)。DJ TOTTOの新曲であり、近未来感を出しながらも可愛らしさを兼ね備えたハッピーな一曲です。その後も怪盗BisCoの予告状!!などの連動イベントも行われ、何だかんだでBEMANIシリーズに触れている人であれば誰でも一度はプレイした事があると思います。私が普段プレイしているDDRにも上で書いたビビットストリームを始め多くのBeatStream楽曲が移植されております。特にムービーの移植が精力的に行われ、DDRの大画面でもあのムービーが楽しめて嬉しかったですね。公式Twitterでもサービス終了の挨拶がなされました。今日からプレイする事は出来なくなりました。それでもBeatStreamで生まれた楽曲やムービーはBEMANI機種に受け継がれ、これからもプレイされ続けると思います。公式HPでどの楽曲がどの機種に移植されているのかひと目で分かりますのでぜひ参考にして頂ければと思います。特にムービーの公開は嬉しいサービスですね。懐かしい曲をムービー付きで振り返れます。一つの機種が終わるという事はそれに関わっていた人達の世界も終わるという事です。それでもBeatStreamで生まれた繋がりは決して消えることはないと思います。後継機種であるノスタルジア公式HPはこちらからどうぞ)や他のBEMANIシリーズを引き続き楽しんで欲しいですね。

 DDRもかつて一度はサービス終了した機種でもあります。それでも年月を経て復活しましたからね。BeatStreamも何らかの形で復活する可能性はありますからね。本当お疲れさまでした。
  1. 2017/09/01(金) 16:20:53|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リノンアドベンチャー

 今日は何もない休み。平日の休みですのでDDRやってました。先週もDDRやってて一週間以内でプレイするのは久しぶりでしたが、大切なのは頻度ではなく平日に休みかどうかという点ですね。

 DDRも現在稼働しているDDR Aというバージョンが稼働開始してからかれこれ1年4ヶ月になろうとしております。デザインを一新し、収録楽曲のジャンルもEDMを中心に東方曲などこれまでにないものを入れて新しい風を感じております。イベントも定期的に行っております。特にEXTRA EXCLUSIVEと呼ばれるEXTRA STAGEでのみ選択できるイベントはいわゆるボス曲を提供するイベントであり、難易度の高い楽曲ばかりで多くのDDRerの壁となって立ちふさがっております。そんなEXTRA EXCLUSIVE専用の楽曲もいよいよ通常解禁されるようになり、通常プレーで出来るようになっております。それがタイトルにありますリノンアドベンチャーというイベントです。EXTRA STAGEの4回ミスると死ぬ縛りから解放されて非常に攻略しやすくなりました。前にCome to Lifeという曲について記事を書きましたが、これもEXTRA EXCLUSIVEの曲であり通常解禁されて一曲目から出来るようになっております。そんなリノンアドベンチャーですが、7/13のアップデートでいよいよ最終編に突入しました。これまで登場した全てのEXTRA EXCLUSIVE楽曲が解禁されるのは勿論ですが、解禁された先でついにボス曲中のボス曲がお出ましとなりました。それはENDYMIONという曲です(参考音源はこちらからどうぞ)。難易度はこれまでのどの楽曲と比べてピカ一で難しいものであり、ストリングスの綺麗な音色と暴力的なパーカッションの組み合わせが独特の雰囲気を作り出しております。特にEXPERTは際立っており、並みのLv18と比べで上位の難易度でありクリアするだけでも難しいです。ですが、仕掛けはこれだけではありませんでした。このENDYMIONのEXPERTを950,000点以上で突破しますとENCORE EXTRA STAGEが出てきたのです。そこに登場した曲はACE FOR ACES。正にDDR Aを象徴するタイトルです。ですがENCORE EXTRA STAGEには非常に特殊な条件が付いております。それはATTACK! PERFECT FULL COMBO!!、つまりGreat以下もしくはフリーズアローを1つでも切るだけで即死んでしまうのです。この超難易度に世界中のDDRerが挑みました。1歩でも更新するたびに動画を投稿し、それを世界中のDDRerが検証してさらに歩を進める、そんな人類とDDRの戦いが繰り広げられました。そしてリノンアドベンチャーの最終章開始から僅か9日、アメリカのfungah氏によってついにACE FOR ACESが突破されました。その様子はTwitterツイートはこちらからどうぞ)やyoutube動画はこちらからどうぞ)で大変な賑わいとなり、世界中のDDRerが興奮した事と思います。私自身は全然DDRが出来ていない事もありそもそもリノンアドベンチャーを登っている状態です。というよりも、そもそもENDYMIONのEXPERTをクリアできる気がしません。それでも、世界中のDDRerが興奮し盛り上がる様子を見ていて自分の事のように嬉しくなります。そして、ACE FOR ACESを突破した先に待っていたのはENDYMIONのCHALLENGE。まだまだリノンアドベンチャーは終わらなそうです。これもきっと、世界のトッププレイヤーがまもなくクリアしてくれると思っております。楽しみです。

 ちなみに上で書いたENDYMIONのEXPERTですが、早くもPFC達成されておりました。達成したのは韓国のFEFEMZ氏。もう人間離れし過ぎているのですが、氏ならPFC達成しても納得してしまいますね(動画はこちらからどうぞ)。
  1. 2017/07/26(水) 19:18:29|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lv16

 今日は何もない休み。平日の休みですのでDDRやってました。最近はLv16の楽曲に全部クリアランプを付ける事を目標にプレイしてます。これが体力的にも筋力的にも辛いんですよね。

 現在稼働しているDDRはDDR A(読み方はエース)というバージョンでして(公式HPはこちらからどうぞ)、昨年の3月から稼働しております(過去記事はこちらからどうぞ)。DDRそのものは1998年に稼動開始しておりますのでいよいよ20周年が見えてきました。もちろん順風満帆という訳ではなく、何度も終了の危機を迎えては復活し現在の形を保っております。そんな長い歴史の中で作られた曲やステップは非常に多く、同時に難易度もどんどんインフレしていきましたね。現在のDDRはLv1~lv19の全19段階となっております。1998年稼動当初はLv8までの8段階であった事を考えると非常に幅が広がりました。ちなみに2009年に稼働したDDR Xでレベルは大きく改定されております(過去記事はこちらからどうぞ)。それまでLv10までの10段階だったものを一気にLv18までの18段階へと広げたのです。以前から同じLv10でも難易度に差がありすぎるという事が指摘されていた事を受けての改訂なのだろうと思っております。そんな歴史を歩み現在19段階になっている訳ですが、現在私が取り組んでいるのがLv16という事です。19段階中の16ですからね、正直世の中的に相当難しいと思います。自分の中で最も平均的で総合的なLv16だと思っている参考譜面を1つ挙げておきますが、とにかく地団駄振り回し、そしてノーツ数の多さがこの辺りから際立ってくるのです。ちなみに1998年に稼働したDDRですが、現行のLv16相当の楽曲が初めて登場したのは2003年のDDR EXTREMEでした。その時の裏ボスであるPARANOIA Survivor MAXのCDP参考動画はこちらからどうぞ)は当時の最強として君臨し、その後次回作であるDDR SuperNOVAが出るまで無敵だったのです。そんな超高難易度曲も今では19段階中の16です。とんでもないインフレだと思います。そしてそんなLv16に果敢に挑戦している自分も自分だと思いますね。私も30歳をとうに超えておりますが、未だにスコアは伸びており高難易度の曲も新たにクリア出来ているんですよね。普通30ともなれば体力的にも筋力的にも下り坂のはずなのですが、意外とそうではないんですよね。DDRは若い人のゲームではない、それを私自身が体現していこうと思います。既にLv15までは全部埋めました。正直Lv16はまだまだ未知の世界なのですが、半分以上はクリアランプを付けておりますので出来るところまで頑張りたいですね。

 何よりもDDRやり終わって家に帰ってきて入る風呂が格別に気持ちいいんですよね。火照った足を浮かべながら何も考えずにマッタリする、これ程幸せな事はありません。まあ、翌日は確実に筋肉痛なんですけどね。
  1. 2017/06/26(月) 23:30:05|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Come to Life

 今日は夜勤明け。気が付けばもう10月も終わりなんですね。仕事は夜勤メインで休日は楽団が多くなってくると本当あっという間に時間が過ぎていきます。それでも世の中は間違いなく同じだけ時間が経過しており、その分各種コンテンツが生まれ消化されておりますのでどこか取り残された感覚になります。

 今日はどうしてもこの記事を書きたかったので書きます。前回日記でBEMANIの新しいイベントについて書いたのですが、この日のDDRで初めてプレイしたとある一曲が非常に気に入ってしまいました。それがタイトルにありますCome to Lifeという曲です(参考音源はこちらからどうぞ)。2016年6月13日に追加された楽曲であり、作曲者はARMという方です。ARM氏の事はニコニコ動画BEMANIに詳しい方であればほぼ間違いなく知っていると思います。IOSYSに所属しており、ニコニコ動画での代表曲は魔理沙は大変なものを盗んでいきましたチルノのパーフェクトさんすう教室、BRMANIでの代表曲は突撃!ガラスのニーソ姫!めうめうぺったんたん!!と大変有名な電波曲の作曲者であります。特徴としては高いBPMでのノリの良いEDMであり、テンションが上がる事は間違いありません、そんなARM氏のDDRへの新曲がCome to Lifeであり、どんな電波曲が来るのかと楽しみにしておりました。ですが初めてプレイして曲を聴いた時に非常に驚きました。何故ならCome to Lifeは電波曲などではなく正統派のUKハードコアであり、伸びのある女性ボーカルと哀愁漂うメロディが特徴だったからです。ARM氏の事をよく知っている方ほど驚くでしょうね。どれだけマルチな才能があるのかとすら思いました。ですが考えてみれば元々高いBPMのEDMが特徴でしたので、そういう意味では全然違う方向性という訳でもありません。ネタに走らず正当に作ってみたらこうなったという事なのかも知れません。いずれにしても私にとって非常に好物な楽曲であり、6月13日に追加された当初から何故プレイしなかったのかと悔やんでおります。Come to LifeはDDRのイベントであるEXTRA EXCLUSIVEの専用楽曲であり、いわゆるボス曲の扱いです。そのためちょっと尻込みしていた部分もあったんですよね。今後毎回のプレイで踏んでいく事になると思います。最高難易度はLv16であり(参考動画はこちらからどうぞ)今の私ではクリア出来るか出来ないかというレベルですが、これもやる気を出してプレイしてみたいですね。

 明日はM3という音系オンリーの即売会(公式HPはこちらからどうぞ)ですが勿論ARM氏も参加します。今回は今までとは違う心持ちでサークルスペースに立ち寄る事になりそうです。
  1. 2016/10/29(土) 22:47:08|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する