FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

「差別はいけない」とみんないうけれど。

 今日は夜勤明け。今シーズンになって初めて上着を着ました。10月半ばに入ってやっと秋らしい気温になったという感じです。ですけど、何となくこのまま一気に冬になってしまうんじゃないかって気がします。

 今回も最近読んだ本を紹介します。ここ最近では難しめな内容でしたが、是非誰もが世の中に発信できるようになった今だからこそ読んで欲しい一冊だと思いました。

「差別はいけない」とみんないうけれど。 - 綿野 恵太
2019年7月に発売された本です。この本を買った切っ掛けは、タイトルを見て思うところがあったからです。差別はいけない、この言葉に多くの人は共感すると思います。ですが、どうして共感するのでしょうか。思うに、自分も同じことをされたら嫌だからだと思うんです。自分も差別されたくないから差別してはいけない、言い換えればSNSなどの発達により誰もが人を簡単に差別出来てしまう時代になってしまったという事でもあると思います。その為差別的な言葉を使うのはやめよう、中立的な言葉を使うようにしよう、このような考えをポリティカル・コレクトネスと言います。この本では、冒頭ポリティカル・コレクトネスの紹介を行い、そこからそもそも差別とは何なのかという事を様々な視点から論じております。例えば、看護婦という職業がありました。ですが、看護婦には女性を意味するニュアンスがあり同じ様な言葉である看護師には男性を意味するニュアンスがありません。これに声を上げ、看護婦という言葉を無くしてしまいました。まさにポリティカル・コレクトネスです。この感覚に、違和感を覚える人もいると思います。別に差別的なニュアンスで使っていないのに、誰かが差別的と声を出したから消えてしまったのです。果たして、看護婦という言葉は差別なのでしょうか?他にも、医学部の入学試験において女性の点数を一律減点にした出来事が社会問題になりました。一見差別に見えますが、実体として将来的に医師として仕事を続ける割合は男性の方が多いというデータがあります。それならば、男性を優遇することは間違っているのでしょうか?このように、世の中の合理性を突き詰めていくと必然的に差別は生まれてしまうという事実もこの本では示しております。大切なのは、一人ひとりがどのような視点で差別を考えているのかという事だと思いました。この本では、大きくアイデンティティシティズンシップと分けております。民主主義と自由主義、このどちらも存在しどちらの主張も間違っていないから、差別がややこしくなるのだと思います。リベラル化していく社会の中で、もはや差別という言葉が個性とか文化みたいに置き換わっていってしまうのかなと思いました。

 差別だと言う事は、実際のところ簡単だと思います。ですけど、それが問題の先送りになっているパターンの何と多い事か。臭いものに蓋をして解決する事も、そろそろ限界かも知れませんね。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/18(金) 22:52:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

knowの「k」はなぜ発音しないのか? 語源でわかる中学英語

 今日は夜勤明け。大きな爪痕を残した台風19号の後始末をしておりました。幸いにも今住んでいるところは何ともありませんでしたが、仕事は予想通り問題山済みになってました。それでも、大凡は片付けて来ました。

 今回も最近読んだ本を紹介します。久しぶりに軽い雰囲気の本を取ってみましたが、中身はとても充実していて為になりました。

knowの「k」はなぜ発音しないのか? 語源でわかる中学英語 - 原島広至
2018年7月に発売された本です。皆さんは、本書のタイトルになっている疑問に答える事が出来るでしょうか。少なくとも、私は出来ませんでした。中学から学び続けてきた英語ですが、とりあえずこういうものだという感じで覚えるだけでした。言葉は文化であり歴史ですので、勿論英語にも歴史があり文化があります。そしてそうした観点で見れば確実にknowのkを読まない理由が分かるのです。本書では、AからZまでのアルファベット順に誰もが疑問に思う英単語の発音やスペルについて歴史的観点から解説しております。古英語から始まり、イギリス英語とアメリカ英語の違いフランス語・ドイツ語との関係性から現在使われておる英語のルーツを辿るのです。この本によって、例えば「複数形は最後に-sを付けるのに何故manの複数形はmenなのか?」「過去形は最後に-edを付けるのに何故goの過去形はwentなのか?」「lightやnightのghは何故読まないのか?」「hatのaはアと読むのにhateのaはエと読むのは何故か?」といった素朴な疑問が解決する事と思います。英語を教養として学ぶ、是非その出発に相応しい一冊だと思いました。是非受験や授業で英語に苦労した人に読んで欲しいです。嫌いな英語が、少しだけ好きになれるかも知れません。面白かったです。

 中学生とか高校生とか、是非時間取って読んでみて欲しいと思いますね。受験の為だけの英語に少しでも興味を持ってもらう切っ掛けになる気がします。勉強は、今だからこそ思いますけど興味が無いと実になりませんからね。
  1. 2019/10/14(月) 18:37:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ケーキの切れない非行少年たち

 今日は楽団の練習日。来週一つ本番がありまして、その関係で明日も練習があります。この日記を書いたら体力温存でさっさと寝てしまうと思いますね。

 今回も最近読んだ本を紹介します。新刊コーナーにも長く鎮座してましたので、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

ケーキの切れない非行少年たち - 宮口 幸治
2019年7月に発売された新書です。この本を読んだ切っ掛けは、確かTwitterで本書内の挿絵と思われる画像を見た事だったと思います。その挿絵こそまさにケーキの切れない少年そのものでした。ケーキを3等分4等分しろと言っても出来ないのです。シンプルながらも衝撃的な絵に、どんな内容なのか興味があり読むことにしました。この本では、所謂非行少年や犯罪をした少年は実は認知障害や発達障害を抱えているのではないかという事、そしてそんな少年を更生させるにあたり既存の杓子定規のような方法では真の原因は見つからないという事を言っておりました。少年達に反省を促しても、言われていることが分からなければ反省することが出来ません。先程のケーキの話の通りで、3等分4等分しろと言ってもその意味が分からなければ出来るはずがないのです。そして、これは所謂聴く力だけではなく、見る力や話す力も備わっていないと達成出来ません。ある意味当たり前の事だからこそそれが出来ないことに対する想像力が必要なのかも知れません。そして、このような障害を抱えつつも適切な治療を受けられなかった人はそのまま年齢を重ね社会に放り出される事になります。仕事が上手くいかない、コミュニケーションが取れない、異性と交際が出来ない、これもまたもしかしたら障害が理由なのかも知れないのにですね。この本を通して、もっと人に対して理解と想像力を広げたいと思いました。出来ない事が変なのではない、何か理由がありそこに気付く努力も必要なのだと思いました。

 誰でも出来る事と出来ない事があると思います。そしてそれを個性として捉える事は間違いだとは思いません。ですけど、何が医学的理由があるのであれば是非直していきたいと思いました。
  1. 2019/10/05(土) 22:20:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上級国民/下級国民

 昨日今日と一泊二日で北の方に出張に行ってました。10月になったので多少は涼しくなると思っていたのですが、全然夏日でしたね。今日はこの日記を書いたらすぐ寝てしまう気がします。

 今回は最近読んだ本を紹介します。これも確か先月自分探しの旅に行った時に読んだ本だった気がします。

上級国民/下級国民 - 橘玲
2019年8月に発売された新書です。橘玲氏の本はこれまでも何冊か読ませて頂いておりますが、本当にタイトルが上手だと思っております。何しろ、今ネット上で騒がれている上級国民という言葉をダイレクトに使っているのですから、上級国民という言葉はネットスラングです。実際にそういった身分は存在しません。では何故この上級国民という言葉が流行ったのでしょうか。それを、氏はモテるモテないという非常に分かりやすい構図を使用して説明してくれました。行ってしまえば、上級国民はモテる人であり下級国民はモテない人です。この本では、平成という時代で起きた事とそこから予測される令和という時代で起こる事を書き、その中でモテるモテないに分類される人々を描いております。その後人間という生物としての本能と現代社会での関わり方に発展し、最後にリベラル化する社会の中でますます加速する上級国民と下級国民の差を描いております。様々なエビデンスを用いて明快に世の中の事実を解き明かす書き方はとても鮮やかであり、誰もが納得してしまいます。時に耳の痛い事も書かれているかもしれませんが、それが真実なのですから仕方がないですね。最後、この本では知識社会は崩壊すると言っております。何故なら、テクノロジーが発達して人間の知識など必要なくなるからです。それは同時に、知識によって差別化していた文化が消えてまた一つモテるモテないの差がなくなるという事です。白人主義、嫌韓、独身、非正規、ニート、そういったマジョリティの中に存在している上と下的な関係は、テクノロジーの発達とリベラル化で少しずつ減っていくのかなと思いました。面白かったので是非皆さんも読んでみて下さい。

 今この世の中には意識無意識に関わらず様々な差別があります。ですがそれらもまた、テクノロジーの発達とリベラル化でどんどん変わっていくのだと思います。上級国民がいつまで上級国民でいられるのか、在り方そのものも変わっていくのだと思いました。
  1. 2019/10/02(水) 21:33:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マインド・コントロール

 今日は夜勤明け。夜は職場のグループから後輩が異動するという事で送別会をやってました。大宮にある非常にコスパの良い中華料理屋で食べ飲み放題、出てくる話題に辛気臭いものは一切ありませんでしたね。楽しい時間でした。

 今回は最近読んだ本を紹介します。ここ最近自分探しの旅に行ったりと移動の時間があり、それなりに本を読む時間が取れましたので結構冊数が溜まっていたりします。

マインド・コントロール - 岡田尊司
2016年に発売された新書です。読む切っ掛けになったのは、お知り合いの方に少し読ませてもらった事です。マインド・コントロールというどこか犯罪めいたネーミングですが、多かれ少なかれ人間は周りの環境に左右されて生きている事を記した一冊となっております。マインド・コントロールとは、特殊な技術なのでしょうか?若しくは、特定の人しか掛からないのでしょうか?最後まで読んで、私はどちらも違うなと思いました。どんな人でもマインド・コントロールに掛かる事はありますし、難しい技術が無くてもマインド・コントロールを掛ける事が出来ます。キーワードは主体性です。本書では、歴史上の様々な事件にフォーカスを当てて、何故このような事件が起きたのかを心理学の面から分析しております。併せてそれらの分析から得られた教訓を日常生活の場面に落とし込んでおります。大切なのは、日々考えて主体性をもって生活しているかという事です。現代社会はSNSなどに代表されるように情報多可になりがちであり、逆にリアルの付き合いは減少している傾向にあります。本書的に言えば、脳が情報を欲している状態と不要としている状態が繰り返されているという事です。こういう時こそ、人は自分らしさやアイデンティティを見失いがちです。そして、そういう心理状態だからこそマインド・コントロールは掛かり易くなるとの事です。本書は新書としては300ページ近くもある比較的ボリューム多めの内容です。様々なケースが書かれておりますので、是非他人事と思わず自分も同じ事に逢うのではないかと思ってみて読んでみて欲しいです。決して人をマインド・コントロールする為の本ではありませんので、その点はご注意を。

 社会の中で生きる以上人や物との関わりを断つ事は出来ません。考えて生きる事無しに自分らしく生きる事は出来ないのが真理だと改めて思いました。
  1. 2019/09/26(木) 22:11:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

愛がなんだ

 今日は日勤後に飲み会があって今帰宅。今週は珍しく日勤だらけだったんですけど、そのうち3日間飲み会だったのであっという間でした。まあ、飲める人がいるのは良い事なのかも知れませんけどちょっと疲れましたね。

 今回も最近読んだ本を紹介します。まさか、自分がこんなジャンルの本を読むとは思いもしませんでした。

愛がなんだ - 角田光代
2006年2月に角川文庫で出された本です。元々は2003年3月に角田光代氏によって発表された単行本であり、それを文庫本化したものが本作です。純度100%の恋愛小説として有名となり、2019年に映画化して全国公開されております。私がこの本を読んだ切っ掛けは、仕事の後輩と飲んだ時に教えて貰った事です。私は割と親しい人や尊敬する人が読んでいる本は真似して読みたくなる性格です。それが、今回は「愛がなんだ」だったという事です。主人公は30代の独身女性テルコで、テルコは同じく30代の独身男性であるマモちゃんに片想いしております。片想いなんですけど、一緒にご飯を食べたりデートしたり身体の関係を持ったりと、傍から見たら付き合っている姿そのものです。それでも、マモちゃんの心はどうしても自分に向いてくれない。そうしてそのままずっとマモちゃんの傍にい続ける人生を送っていたら、ある日突然転機が訪れた、というあらすじです。正直言って、テルコもマモちゃんもどうしようもありません。自分の事を決められないし、仕事とプライベートを分離できないし、相手に気持ちを伝える事も出来ないし、もどかしいしかありません。ですけど、それが片想いという奴なんだと思いました。片想い程、自分の事が分からなくなる事も無いと思います。このテルコのように、マモちゃんの為なら仕事もプライベートも全てを投げ打って捧げてしまうのです。それなのに、相手は気付いてくれないし察してもくれません。そんな関係、不毛だと思います。それでも、たとえ不毛でも傍にいたい、それもまた片想いなのかも知れません。この本では、そんな赤裸々でリアルな男女の気持ちが表現されておりました。まるで、自分の事の様です。そんな誰もが共感してしまう気持ちの揺れ動きを是非味わってほしいです。そして、テルコとマモちゃんがどんな結末を迎えるのが見届けて欲しいです。全ての恋する男女の為の本だと思いました。

 何となく、恋愛小説が読まれる理由が分かった気がします。共感するからなんですね。辛いのは自分だけじゃない、きっと小説に励まされるんだと思いました。
  1. 2019/09/06(金) 22:56:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

具体と抽象 世界が変わって見える知性のしくみ

 今日は普通の日勤。月が替わって、私の職場では人の異動が結構あってある意味新鮮な気持ちで仕事に臨んでおります。こういう時に、改めてグループ全体で気持ちを前に向けていくのは大事ですね

 今回も最近読んだ本を紹介します。これは最近読んだ本の中ではかなりオススメ出来ます。とにかく、読み易かったです。

具体と抽象 世界が変わって見える知性のしくみ - 細谷 功
2014年12月に発売された本です。この本を読んだ切っ掛けですが、改めて具体的というものと抽象的というものの意味や役割を整理したかったからです。冒頭でも書いておりますが、人生の様々なシーンで「具体的に示しなさい」と言われる場面が多いと思います。まるで抽象的である事が悪であるかのようです。ですが、むしろ抽象化こそ人類がここまで文明を発展させ文化を育てる事ができた理由だと本書では言っております。具体的なものは、非常に分かりやすいです。ですが、物事が限定され応用が利きません。大して抽象的なものは、曖昧でふわっとしております。ですが、様々な場面に応用できます。本書では、そんな具体と抽象の事例を20以上の章に分けて紹介しております。また、章の冒頭には猫を模したキャラクターによる四コマ漫画が書かれており、途中に数多くの挿絵が描かれております。そんな感じで誰でも読みやすく理解しやすい構成となっているのも特徴です。個人的に面白いと思ったのは、具体と抽象の両方が大事だという事を20以上の章を用意して「具体的に」説明している事です。つまり、最終的にはこの本の内容を「抽象的に」捉える事で初めて理解出来るのかも知れません。ページ数に対してやや値段高めの印象を受けますが、とにかく分かり易い内容となっておりますので是非多くの方々に読んで頂きたいと思いました。

 会話をしていて、相手が理解しているかどうかの指標として具体と抽象が使えるかも知れないと思いました。内容を理解していれば、具体⇔抽象を置き換えが出来ますからね。ちょっと試してみようと思います。
  1. 2019/09/03(火) 21:31:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

文豪たちの悪口本

 今日は普通の日勤。良い感じに夏と秋の境目を行ったり来たりしている感じがします。夏の猛暑はしんどいですけど、ちょっと寂しく感じてしまうのが不思議ですね。

 今日は最近読んだ本を紹介します。こういう遠くの存在だと思っていたら実は身近な存在だったと思わせる本は、どこを切り取っても「へー!」と言わせてくれます。

文豪たちの悪口本 - 彩図社文芸部
2019年6月に彩図社文芸部から発売された本です。読んだ切っ掛けですが、素直に面白そうと思ったからです。今や知らない人はいないとされている歴史的な文豪も、やはり普通の人間だったということをまじまじと実感させられました。流石だなと思ったのは、悪口もまた本気だったというところです。文量にこそ大小はありますが、どの文豪もとにかく自分の信念に正直でありその信念と決して交わらない文豪がいたら徹底的に叩きます。ここまで書くか、と思わせる程辛辣な物もありました。ですが、彼らにとって物語を書くことは生きる事そのものであり自分らしさを表現するという事です。そんな物書きの理念を否定されたら、悪口の一つ二つも言いたくなるのだと思いました。この本では全部で8つの章に分かれており、それぞれの人物が綴った悪口が書かれております。それは投書だったり、手紙だったり、日記だったり、第三者からの視点だったりと様々でした。悪口を、本にするわけにはいきませんからね。そんな赤裸々でリアルな文体が特徴でした。この本を読んで、悪口を書こうと思う人はあまりいないと思います。何故なら、悪口もまた簡単には言えないという事を悟ってしまうからです。悪口を言うのは悪口を言われる覚悟がある人だけなんだなと、そんな事を思いました。

 私も悪口は苦手です。苦手というよりも、割と最近悪口でかなり痛い思いをしたいので心の中でも思わないようにしているだけです。自分は、悪口を言われる覚悟はありませんので。
  1. 2019/08/30(金) 18:26:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

育休刑事

 今日は普通の日勤。一時期凄まじかった猛暑日はなりを潜めてますが、その代わりゲリラ豪雨と雷が凄まじい日々が続いている埼玉です。今日も、雨が弱まってから職場を出て家に帰りました。

 今日も最近読んだ本を紹介します。普段物語はビジュアルノベルで読む私ですが、何気なく手に取ってしまった一冊です。惹きつける魅力のあるタイトルだと思います。

育休刑事 - 似鳥鶏
2019年5月25日に幻冬舎から発売された小説です。この本を読んだ切っ掛けは、確かTwitterで一瞬タイムラインに流れた事だったと思います。主人公は育児休暇を取っている男性の巡査部長です。育休中ですので仕事は休んでいるのですが、事件は否応なくやって来ます。それでも子育てと両立して解決していく。というものです。読んだ理由ですが、この本では育児休暇と育児そのものについてリアルな視点で書いていると紹介にあったからです。育児については、普通に誰もが行っている事だと思っております。ですがだからといってそれが簡単という事では勿論なく、誰もが苦労しながら育児を行っております。そして、日本では未だに育児は母親がやるという風潮が残っております。令和になりあからざまに言われるような事は無くなっておりますが、人々の意識の中にはやはり残っております。そんな中、男性が育児休暇を取り積極的に育児をしている様子が丁寧に伝わりました。何気ない近所の方の一言、育児をしている男性の本音、そんな日常レベルの姿を見る事が出来ました。そしてこの作品はサスペンスです。育児をしながらも事件に遭遇してしまう不遇なお父さんが主人公です。そして、育児をしているからこそ気付けるトリックなど、この本らしい謎解きを楽しませて頂きました。育児小説としてもサスペンスとしての楽しめる一冊でした。是非育児をしているしていないに関わらず、全ての人に読んで頂きたいと思いました。楽しかったです。

 私の妹も子供が2人いますが、よく立派に育児を行っていると感心します。子育てしている人は、私からすれば全員が尊敬の対象です。
  1. 2019/08/21(水) 22:28:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

200年企業を目指して

 今日は普通の休み。C96が終わって普通に仕事が再開しておりますが、空いた時間を狙って早速C96の戦利品を消化しております。気になる作品が沢山ありますので、勢いを衰えさせずに進めていきたいですね。

 今日は最近読んだ本を紹介します。典型的なビジネス書です。人から勧められたので読んでみましたが、何となくビジネス書の方向性は共通しているなと思いました。

200年企業を目指して - 江成 健一
2018年7月18日にダイヤモンド社から出されたビジネス書です。この本を読んだ切っ掛けは、会社の上司からおススメされた事です。この本を語るうえで絶対に欠かせない本があります。それはドラッカーのマネジメントです。著者は、あらすじで自ら「ドラッカーの著書に影響された」と言っております。ドラッカーのマネジメントについては、エッセンシャル版でしたら私も過去に読ませて頂きました。企業の在り方、利益の意味、マネジメントの意義について明確に書かれており、これは確かに名著だなと思わせる内容でした。そんなマネジメント参考にしておりますので、内容についてはどこかマネジメントを彷彿とさせます。ですが、この本では章を非常に細かく分類し各章の中に単元を設けて体系的にまとめております。そして企業が企業であり続けるためのエッセンスが分かりやすく書かれております。ちなみに、想定している読者は経営者のみではありません。いわゆる中間管理職の方や一般の平社員も対象にしております。それぞれのステージでマネジメントに関わる事が出来る、そんな事を実感できると思います。是非経営者の方は勿論、将来経営者や管理者になる事を目指している方であれば是非読んでみては如何でしょうか。それ以外の管理者になる事を考えていない方でも、今自分が所属している組織がどう社会に関わっているかを考える切っ掛けになると思います。

 とりあえずマネジメントを読んでみるのが良いと思います。それを踏まえて、この本を教科書的に手元において活用するのが良いのではないかと思いました。
  1. 2019/08/18(日) 08:37:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する