FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

日本の社会保障

 今日は何もない休み。来週1週間はメチャメチャ忙しくなる事が確定しているので昨日今日は好きなように休日を過ごしてしまいました。今から少し憂鬱ですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。会社の上司から勧められた本で内容は固いですが、切り口が面白かったので印象に残りました。

日本の社会保障 - 広井 良典
1999年1月に発売された本です。タイトルの通り、日本における社会保障の歴史と在り方について書いております。書かれた年が1999年という事で、今は2021年ですので今更読む意味があるのかと思う人もいると思います。私自身もそうでした。ですが、実際に読んでみてこれはいつどの年代で読んでも意味があるなと思いました。この本は新書ですので、書かれた当時の社会を分析して提言を書いております。ですが、その殆どは社会保障というものの歴史について書いておりました。例えば、ヨーロッパとアメリカでは国の成り立ちが違うので当然社会保障の在り方が違います。そして、日本は第二次世界大戦で敗戦した国という事で社会保障の在り方は当時のヨーロッパやアメリカを真似て作ったそうです。行ってしまえば、ヨーロッパとアメリカのハイブリットですね。ここで大切なのは、社会保障の在り方はその国の在り方と密接な関りがあるという事です。言ってしまえば、他の国の社会保障を真似しても上手くいく筈がないという事です。他にも、長い歴史の中で個人の在り方や共同体の在り方の変化についても書いておりました。その都度時代が求める社会保障が変化しているという事です。そして、1999年当時から見たこれからの社会保障の在り方も書かれておりました。内容はドンピシャで、本当未来を予測しているかのようでした。歴史を紐解き社会保障の成り立ちを解き明かす事で未来を予測する、これが学問のあるべき姿だなとも思いました。まあ20年以上前の本ですので敢えて読む必要があるかと言われれば無いかも知れませんが、これぞ新書であり教養になると思いました。読んで良かったです。

 今はSNSなどで世界中が丸見えですし環境問題も待ったなしですので、ますます社会保障の在り方は変化していくと思います。本書でもその事にしっかりと触れており、先見の目があるなと思いました。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/28(日) 18:02:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

秘密

 今日は普通の日勤。最近新しい仕事が入ってきたんですけど、それが結構難題でちょっと頭を抱えています。まあ、難しいんですけど面白そうなのが良いんですけどね。また何か楽しい事が起こりそうです。

 今回は最近読んだ本を紹介します。タイトルだけ見ると誰の本か分かりませんね。著者の名前は、誰もが知っていると思います。

秘密 - 布袋 寅泰
 2006年2月に発売された本です。読んだ切っ掛けは、お知り合いの方が読んでいて自分も読んでみようと思った事です。皆さんは、布袋寅泰と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。私の場合は、単純に日本を代表するロックミュージシャンというイメージです。どのような人生を歩んだかは分かりませんが、結果として成功し幸せな人生を送ってるんだろうなと思っておりました。ですが、この本を読んでそんな単純な物ではなかったという事が分かりました。秘密は、布袋寅泰が自身の半生を書いた自伝です。布袋寅泰がどんな幼少時代だったのか、何をキッカケにロックを始めたのか、有名になるまでどのような道を歩んだのか赤裸々に書いておりました。布袋寅泰のファンであれば普通に知っている事なのでしょうけど、私は何も知らなかったので全てが新鮮でした。例えば、布袋寅泰の父親は韓国人であり家族を置いて韓国に移住していた事、裕福な家庭から一転負債を抱えて小さなアパートに引っ越していた事、勢いで東京に出たものの泥水を啜るような生活を送っていた事、そんな波乱万丈な人生を送っておりました。それでも消えてなかったのは、布袋寅泰のギターに対する愛情でした。布袋寅泰の生き方で凄いと思ったのは、決して自分の音楽を曲げなかった事でした。途中氷室京介らとBOØWYを組んでも、その後COMPLEXを組んでも常に自分が求める音楽を求めておりました。そして、メディアや大衆に決して媚びを売る事無く自分自身を発信し続けました。その様な生き方ですので、布袋寅泰の人生は衝突の連続でした。誰かと不和になる事は当たり前でした。それでも、不思議とロックミュージシャンとして生き続けているんですよね。途中書かれていた言葉に「夢は追い続ける物であり、追い続ける事が幸せ」という物がありました。夢を叶えてはい終わりではありません。いつまでも探求心を持ってロックに向き合う生き方に、素直にカッコいいと思いました。ロックな生き方なんて言葉がありますが、これはもしかしたら布袋寅泰の生き方を意味しているのかも知れないと思いました。真似出来るかと言ったらとても出来ませんが、少なくとも夢を追い続ける事はやっていきたいと思いました。

 何を捨てても自分の夢を追い続けられるのは、言い換えれば自分の事を信じている事なんだろうなと思いました。そんな風に自分が追い求めたい物に真っ直ぐ進む事が出来る人生は、本当に幸せだと思いました。
  1. 2021/02/10(水) 21:02:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

扇物語

 今日は普通の日勤。最近ですがテレワークと出社の両方を繰り返しているような環境です。今まで基本的に出社して仕事してましたので、家での仕事環境が整ってないですね。こっちの方も色々考えてみようと思います。

 今回は最近読んだ本を紹介します。ラノベも久しぶりに読みました。というよりも、ずっと読み続けていたので懐かしいという気持ちの方が大きいかもですね。

扇物語 - 西尾維新
 実は私、物語シリーズは全巻読んでました。始めはアニメから知ったのですが、そこからライトノベルの方も読み始めて気が付けばアニメを追い越してました。物語シリーズも結構な冊数になってますね。今自分の本棚を見たら27巻ありましたし。相当足の長いシリーズになっており、沢山のファンを生み出していると思います。今回読んだ扇物語は、物語シリーズの最新刊でありモンスターシーズンと呼ばれる章に入っております。主人公である阿良々木暦が大学生になってからのシリーズですね。もう少しモンスターシーズンは続くみたいです。という訳で感想を書こうと思うと完全にネタバレになってしまいますので、ここからは続きを読むからどうぞ(反転でお願いします)。

[扇物語]の続きを読む
  1. 2021/01/29(金) 22:16:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

あなたの中の異常心理

 今日は休みにしました。新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言の影響で一部テレワークとなっておりますが、最近はそこまで仕事が忙しくなっておりませんし職場で無駄に密になっても仕方がないので休んでも何も問題ありません。休める時に休めるのもありがたいですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。ちょっと、色々と自分の事を考えてしまった一冊ですね。読み始めと読み終わりで大分テンションが変わってしまいました。

あなたの中の異常心理 - 岡田 尊司
 2012年1月に発売された本です。読んだ切っ掛けは、お知り合いの方にオススメされた事です。タイトルを聞いて、単純に面白そうだと思いました。ですが、最後まで読み終わって正直物凄く自己嫌悪してしまいました。何故なら、少なからず自分にも思い当たる部分があり反省しなければいけないと思ってしまったからです。この本では、人間は二面性を持った生き物であり誰もが異常心理を持っているという切り口から始まります。その中で、代表的な症例を7つの章に分けて実例を交えながら紹介しております。本当は怖い完璧主義・あなたに潜む悪の快感、など思い当たる項目がきっとあると思います。特に私が心に来たのが人形しか愛せないという章で解説していた自己対象という考え方でした。自己対象とは、言葉の通り自己愛を満たしてくれる対象の事を差します。例えば、自分の事を褒めてくれる存在や自分の事を頼ってくれる存在を言います。人間として、自分の事を認めてくれる存在は必要でありそれを求めるのは当たり前のことだと思います。ただ、ここで言う自己対象は行き過ぎると自分の望む事を返してくれない存在に対して極端に距離を置いてしまうという事です。これが物だったら別に構わないと思いますが、人間であればとても厄介です。何故なら、常に自分が望む答えを返してくれる存在などあり得ないからです。もし自分以外の存在を全て自己対象としか捉えられない人がいたら、その人はきっと他人に対して本当の意味で信頼し愛する事が出来ないのでしょうね。何故なら、自己愛が全てであり自分にしか愛が向いていないという事なのですから。そして、自己対象が強い人は物を捨てられないとも本書では言っております。物に対する愛着があり、捨てるという事は自分を証明するものを失うという事だからです。恐らく、自分は他人よりも自己対象の傾向が強いのかなと思いました。物は捨てれないですし、自分の事を好きな人を好きですし、逆に自分の事を嫌いな人は嫌いですからね。ちょっと凹みましたね。そして、この本ではそうした異常心理に陥らない為に2つの事を上げておりました。1つ目は身近な人大切にする事、2つ目は小さな事に幸せを感じる事です。確かに、人生においてある意味最も大切な事かも知れませんね。特に小さな事に幸せを感じる事は、過去に書いた記事にも通じるものがあると思いました。この本を読んで自分が異常心理の持ち主だと思い込む必要はないかも知れませんが、戒めとして心に留めておこうと思いました。

 あまり、自分を始め人間に対して空想は抱かない方が良いかも知れませんね。絶対の愛なんてありませんし未来永劫というものもありません。そうやって、善も悪もあるのが当たり前位の期待感が一番健全ですね。
  1. 2021/01/15(金) 10:00:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

秘密

 今日は夜勤明け。やっぱりと言いますか、夜勤明けはどうしても頭が働かなくてビジュアルノベル読む気にならないですね。こういう時は、アニメ見たり録画したテレビ見たりして別の何かで時間潰してます。

 今回は最近読んだ本を紹介します。ある意味、自分が読まなそうな一冊かも知れません。だからこそ、新鮮さがあり面白かったです。

秘密 - 東野圭吾
 2001年5月に発表された小説です。読んだ切っ掛けは、職場の後輩からオススメされた事です。東野圭吾氏は江戸川乱歩賞を始めとした様々な賞を受賞しており、特にミステリーやサスペンスを得意としております。幾つかの作品は映画やドラマなどメディアミックス化され、ファンの方も多いのではないかと推察されます。私自身、氏の作品はこれまで読んだ事がありませんでした。今回折角オススメされましたので、どんなものかと楽しみにしておりました。ミステリー・サスペンスという事で以下ネタバレとなりますので、ご覧になりたい方は続きを読むからご覧ください(反転です)。

[秘密]の続きを読む
  1. 2020/12/10(木) 19:09:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

 今日は夜勤明け。12月になってもう上下完全に防寒しないとやってられないですね。あと一ヶ月で年を越すと思うと本当にあっという間の一年です。どんな年の瀬になるんでしょうね。

 今回も最近読んだ本を紹介します。随分前に買っていたのですが、やっと読もうと思って一気に読み終わりました。

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 - 門田隆将
 2016年10月に発売した本です。この本を読んだ切っ掛けは、前にFukushima 50という映画を見た事でした(過去記事はこちらからどうぞ)。東日本大震災を考えるにあたって、福島第一原子力発電所事故を欠くことは出来ません。国際原子力事象評価尺度(INES)において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される事故であり、現在も広い土地が帰宅困難区域となっております。そんな福島第一原子力発電所にて当時何が起こっていたのか、それを記したのが今回紹介している死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発であり、この本を映画化したものがFukushima 50です。内容は、もはや多くを語る必要もないと思います。福島第一原子力発電所所長を務めていた吉田昌郎氏を中心とした、福島第一原子力発電所から日本を守るために行動した人達の様子をリアルに表現しております。そこにあるのは只々生々しさでした。当事者の証言をふんだんに盛り込み、本音ベースでどう感じていたのかをリアルに書いておりました。但し、あくまで視点は現場である福島第一原子力発電所です。見方によっては政府や東京電力本店が敵のように書かれておりますが、誰が正しくて誰が間違っているというのは無いのだと思います。ただ、福島第一原子力発電所から見て政府や東京電力本店の発言や行動はこのように写ったという事なんだろうと思います。物事において、現場の人の声をありのままに聞くことはそれだけで意味があります。まずは真実から目を背けない事、そして背けず向き合った上で物事を考える事が大切だと思いました。中身の具体的な部分については、実際のところFukushima 50の記事で書いておりますのでそちらをご覧いただければと願います。何れにしても、ぜひ多くの人に読んで頂きたい内容でした。

 ここ最近本の記事が増えているのは、用事で外に出る機会が増えたからですね。基本的に移動中の電車の中でしか本は読まないので、用事増えるのもありだと思っております。
  1. 2020/12/03(木) 19:47:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

こんにちは、いぬです

 今日は普通の日勤。今週は3日間会社の研修で殆ど職場に行ってませんでした。それでも割とためになる研修でしたので行って良かったって思いましたね。研修の中身を実務に落とし込むには時間が掛かりますが、ちゃんと活かしていきたいです。

 今日は最近読んだ本を紹介します。本というよりも漫画ですが、とてもホッコリする事が出来ました。

こんにちは、いぬです - じゅん
2020年10月に発売した本です。読んだ切っ掛けですが、たまたまTwitterのタイムラインで見かけた事です。私の実家では昔を飼ってました。高校を卒業し地元を離れるまで、犬の散歩などは自分の仕事でした。単純に犬は好きです。愛情を持って接すればそれに応えてくれますし、素直に気持ちを表現してくれるところが好きです。犬派か猫派かと問われたら、間違いなく犬派ですね。そういう意味で、こうした犬を取り扱った本を読むと結構感情移入してしまいます。この日記の中でもある犬のおはなし過去記事はこちらからどうぞ)や犬たちをおくる日過去記事はこちらからどうぞ)といったものも取り上げております。この2つは悲しいお話ですが、今回紹介しているこんにちは、いぬですはとってもホッコリする内容でした。この本は4コマ漫画です。柴犬さんを始め様々な犬とその飼主が登場します。とにかくホッコリして、ついつい頬が緩んでしまいます。基本的にゆるーく展開されますのでマッタリ見れるのですが、後半ではどうしても人間の都合で遠くに行かなければいけないなどの描写もあります。それが犬の視点で書かれており、犬同士の会話を通して表現されております。犬を飼っている方であれば間違いなく愛犬を抱きしめたいと思うと思いますね。犬を飼っていない方はなかなか想像つかないと思いますけど、犬の行動は本当この通りですね。とにかく犬らしい素直な様子を堪能してほしいです。そして、全ての飼い犬が愛されて健やかに命を全う出来る事を祈るばかりです。

 ペットを飼うのは可愛い事ばかりではありません。むしろ躾をしっかりしないと苦労する事ばかりです。だからこそ、ちょっとしたホッコリする瞬間が愛おしく思えるのかも知れません。
  1. 2020/11/27(金) 22:35:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編

 今日は楽団の練習。ここ最近一気に新型コロナウィルスの陽性者が増えており、今までやってきた感染対策は勿論それ以上に気を遣わなければいけない状況です。折角様々な活動が再開し始めておりますので、また逆戻りにならないよう気を付けないとですね。

 ここ最近読み続けている響けユーフォニアムシリーズもいよいよ今回で最後になります。高校3年生になった黄前久美子が全国大会に向かいそれぞれの道に進んでいく響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編です。これまでの中身を含んでおり感想は完全にネタバレとなっておりますので、ご覧になりたい方は続きを読むからどうぞ(反転でお願いします)。

[響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編]の続きを読む
  1. 2020/11/21(土) 08:27:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編

 今日は普通の日勤。ここ最近休日に色々と用事が入ってきて、良い意味で忙しくなっている気がします。その分またビジュアルノベル読む時間が圧迫されてますけど、その分反動で一気に読み進められる気がします。

 ここ最近はタイトルにあります響け!ユーフォニアムシリーズを集中的に読んでおります。今回紹介するのは、主人公黄前久美子が3年生になってからの出来事を描いた響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編です。これまでの中身を含んでおり感想は完全にネタバレとなっておりますので、ご覧になりたい方は続きを読むからどうぞ(反転でお願いします)。

[響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編]の続きを読む
  1. 2020/11/15(日) 21:13:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

電磁気学のABC やさしい回路から「場」の考え方まで

 今日は普通の日勤。最近は朝の気温が一桁前半というのも珍しくなくなってきました。ひょっとしたら突然雪が降るかも知れませんね。11月ももう半ばですし、あっという間に今年が終わってしまいますね。

 今日は最近読んだ本を紹介します。久しぶりに物理にどっぷりと触れる事が出来た一冊でした。

電磁気学のABC やさしい回路から「場」の考え方まで - 福島 肇
2007年9月に発売された本です。読んだ切っ掛けですが、会社の同期から是非読んで欲しいとオススメされた事でした。私は大学大学院と物理に触れて来ましたので、正直電磁気学についてはそれなりに修めてきたつもりです。ですが、これは専門的に何年も学んできており非常に難しい教科書や講義を聞いてなんとか身につけたという感じです。勿論、大学大学院の講義を一般の方が聞いても理解するのは非常に困難だと思います。だからこそ、こうした一般の方にも理解できる様工夫された本には何が書いてあるのだろうと気になりました。この本では、まずは小学校で習うオームの法則から始まりました。誰もが知っている事から始めて少しでも取っ掛かりにして貰えるよう工夫されていると思いました。そして、そこからは近接力と遠隔力の一貫した対比を用いて電場・磁場の話に進んでいきました。そこから電磁誘導に繋げ電磁波へと進んでいきました。私は、この一連の流れはまさに電磁気がまだ謎だった19世紀の時代の流れそのものだと思いました。経験則から理解出来る理論を構築してそれを実験を通して立証する、それでも限界がありそこでこれまで想定しなかった新しい発想を用いて理論を構築する、それらの繰り返しから未来の出来事を予言する、とても分かりやすいと思いました。電気は身近にあるはずなのにどうしても見えませんし、逆に危険なものという印象があると思いますので好きな人はそんなにいないと思います。理論も力学とは毛色が違いますからね。実際、より正確な理解の為には高度な数学の知識が必要となります。ですが、そんな物が無くてもこんなに鮮やかに理解させる事が出来るんですね。私も誰かに電磁気を教える時にどうすれば良いんだろうと悩む事がありますが、その答えのヒントを得た気がしました。是非学生時代に電磁気を触れた方は勿論、それ以外の方にも読んで頂きたいです。

 今や電気のない生活なんて考えられませんからね。そんな自分達にとって最も身近な存在の一つである電気について、たまには腰を据えて触れてみるのも良いと思います。
  1. 2020/11/12(木) 21:24:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する