FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

「差別はいけない」とみんないうけれど。

 今日は夜勤明け。今シーズンになって初めて上着を着ました。10月半ばに入ってやっと秋らしい気温になったという感じです。ですけど、何となくこのまま一気に冬になってしまうんじゃないかって気がします。

 今回も最近読んだ本を紹介します。ここ最近では難しめな内容でしたが、是非誰もが世の中に発信できるようになった今だからこそ読んで欲しい一冊だと思いました。

「差別はいけない」とみんないうけれど。 - 綿野 恵太
2019年7月に発売された本です。この本を買った切っ掛けは、タイトルを見て思うところがあったからです。差別はいけない、この言葉に多くの人は共感すると思います。ですが、どうして共感するのでしょうか。思うに、自分も同じことをされたら嫌だからだと思うんです。自分も差別されたくないから差別してはいけない、言い換えればSNSなどの発達により誰もが人を簡単に差別出来てしまう時代になってしまったという事でもあると思います。その為差別的な言葉を使うのはやめよう、中立的な言葉を使うようにしよう、このような考えをポリティカル・コレクトネスと言います。この本では、冒頭ポリティカル・コレクトネスの紹介を行い、そこからそもそも差別とは何なのかという事を様々な視点から論じております。例えば、看護婦という職業がありました。ですが、看護婦には女性を意味するニュアンスがあり同じ様な言葉である看護師には男性を意味するニュアンスがありません。これに声を上げ、看護婦という言葉を無くしてしまいました。まさにポリティカル・コレクトネスです。この感覚に、違和感を覚える人もいると思います。別に差別的なニュアンスで使っていないのに、誰かが差別的と声を出したから消えてしまったのです。果たして、看護婦という言葉は差別なのでしょうか?他にも、医学部の入学試験において女性の点数を一律減点にした出来事が社会問題になりました。一見差別に見えますが、実体として将来的に医師として仕事を続ける割合は男性の方が多いというデータがあります。それならば、男性を優遇することは間違っているのでしょうか?このように、世の中の合理性を突き詰めていくと必然的に差別は生まれてしまうという事実もこの本では示しております。大切なのは、一人ひとりがどのような視点で差別を考えているのかという事だと思いました。この本では、大きくアイデンティティシティズンシップと分けております。民主主義と自由主義、このどちらも存在しどちらの主張も間違っていないから、差別がややこしくなるのだと思います。リベラル化していく社会の中で、もはや差別という言葉が個性とか文化みたいに置き換わっていってしまうのかなと思いました。

 差別だと言う事は、実際のところ簡単だと思います。ですけど、それが問題の先送りになっているパターンの何と多い事か。臭いものに蓋をして解決する事も、そろそろ限界かも知れませんね。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/18(金) 22:52:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

knowの「k」はなぜ発音しないのか? 語源でわかる中学英語

 今日は夜勤明け。大きな爪痕を残した台風19号の後始末をしておりました。幸いにも今住んでいるところは何ともありませんでしたが、仕事は予想通り問題山済みになってました。それでも、大凡は片付けて来ました。

 今回も最近読んだ本を紹介します。久しぶりに軽い雰囲気の本を取ってみましたが、中身はとても充実していて為になりました。

knowの「k」はなぜ発音しないのか? 語源でわかる中学英語 - 原島広至
2018年7月に発売された本です。皆さんは、本書のタイトルになっている疑問に答える事が出来るでしょうか。少なくとも、私は出来ませんでした。中学から学び続けてきた英語ですが、とりあえずこういうものだという感じで覚えるだけでした。言葉は文化であり歴史ですので、勿論英語にも歴史があり文化があります。そしてそうした観点で見れば確実にknowのkを読まない理由が分かるのです。本書では、AからZまでのアルファベット順に誰もが疑問に思う英単語の発音やスペルについて歴史的観点から解説しております。古英語から始まり、イギリス英語とアメリカ英語の違いフランス語・ドイツ語との関係性から現在使われておる英語のルーツを辿るのです。この本によって、例えば「複数形は最後に-sを付けるのに何故manの複数形はmenなのか?」「過去形は最後に-edを付けるのに何故goの過去形はwentなのか?」「lightやnightのghは何故読まないのか?」「hatのaはアと読むのにhateのaはエと読むのは何故か?」といった素朴な疑問が解決する事と思います。英語を教養として学ぶ、是非その出発に相応しい一冊だと思いました。是非受験や授業で英語に苦労した人に読んで欲しいです。嫌いな英語が、少しだけ好きになれるかも知れません。面白かったです。

 中学生とか高校生とか、是非時間取って読んでみて欲しいと思いますね。受験の為だけの英語に少しでも興味を持ってもらう切っ掛けになる気がします。勉強は、今だからこそ思いますけど興味が無いと実になりませんからね。
  1. 2019/10/14(月) 18:37:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

8ヶ月振り

 先程大宮に帰ってきました。一昨日から2泊3日で実家に帰ってました。本当であればもう1泊出来たんですけど、台風で新幹線が動かなくなりそうなので一日前倒しで帰ってきました。

 前回帰省したのはなんと8ヶ月も前でした。中々仕事や楽団のイベントなどが続いてまとまった休みが取れませんでした。8ヶ月空けたのは今まで無かったかも知れません。その為か、随分と地元の風景も変わっていた気がします。まずは実家最寄りの鶴岡駅がガラリと変わってました。待合室がとても広く綺麗になってました。そして道中が少しずつ変わっていたのは想像通りですが、実家周辺も結構変わってました。護岸工事が進んでいたりとビックリする変化がありました。なるほど、確かにこれだけ時間が開けば変化もハッキリ分かってしまうんですね。帰省しても基本的にやる事はありませんので、買い物に付き合ったり地元の風景を散策してたりしました。そして帰省では恒例になっている加茂水族館も見てきました(公式HPはこちらからどうぞ)。今回は台風が接近しているという事と平日という事もあり混んでいるという印象はありませんでした。それでも開館してからどんどん増えるお客さんに、流石はクラゲ水族館という感じでしたね。中の展示も少しずつ変わってるんですね。特に驚いたのはショーの内容がガラリと変わっていた事です。私も知らなかったのですが、何やらアシカなどにショーをさせる事に反対する団体がいるみたいでそれに対する配慮みたいです。難しい事情があるみたいですが、新しく始まったひれあしの時間というアザラシなどのひれあしを持つ生き物の紹介という感じでマッタリとしたものでした。それでも愛らしいアザラシの姿にお客さんも満足しておりました。という訳でいつも通りの帰省でした。とりあえず家族も元気で変わらない様子で安心しました。出来れば小まめに帰省したいのですけど、次に帰れるのは来年春になりそうです。それまでは仕事に楽団に、色々と頑張っていこうと思います。

 後は、実家への帰省はこの秋の時期が調度良いですね。夏は暑いですし冬は吹雪ですし、この調度良い気候が穏やかで過ごしやすいです。まあ、こんな事を言ってしまってはもはや実家に住む事は出来ないかも知れませんけどね。
  1. 2019/10/11(金) 21:58:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年夏アニメ感想

 何やらまた今週末に台風が接近してくるみたいですね。楽団の本番が予定されているんですけど、もしかしたら中止になるかも知れないです。こればっかりは仕方がないですね。

 今日は2019年夏まで見ていたアニメの感想を書こうと思います。なんだかあっという間に終わってしまったという印象でした。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO★★★☆☆
正直言いまして、この超大作を2クールでまとめた事に最大限の敬意を表すると同時にやはり詰め込み過ぎになってしまったなという印象でした。YU-NOは既に菅野ひろゆき氏の作り出す世界観が完成しておりましたので、これを別媒体で再現する事に意味は無いのではないかと思っておりました。それでも、アニメ化という事で少しでも知名度が広がるのであればそれもまた正解なのかも知れないと思いました。ゲームをプレイせずアニメを見た方は、是非ゲームの方もプレイして欲しいですね。アニメではあれだけテンポよく物語が進んでいきましたが、ゲームではあんなに簡単に進めることは出来ません。何周も何周も繰り返してやっと先に進む事が出来るのです。この途方に暮れる感じもまたYU-NOの魅力だと思っております。物語だけではなくゲーム性も併せてYU-NOだと、アニメをみて改めて感じました。

とある科学の一方通行★★★★
一方通行、カッコ良かったですね。ヒーローなどではない唯の悪党ですが、その一本通った信念は誰もが羨むものだったのではないでしょうか。学園都市で起きた様々な事件を、更に上位の悪で潰すという構図にスカッとしました。そして、ラストオーダーを始めとしたヒロイン達も可愛かったです。本当であれば人から忌み嫌われる存在のはずの一方通行が、一番慕われているのですからね。結局のところ、ヒーローというのは自分でなる物ではなく人が勝手に決める物なのかなと思いました。本人がどう思っていようとも少なくとも私は貴方に感謝している、その気持ちがあるだけで十分なのかも知れません。一方通行の生き方に憧れる人は、結構いるのではないでしょうか。面白かったです。

 実際のところ、YU-NOについて原作を知らない人はアニメを見てどう思ったのでしょうね。YU-NOが生み出した設定や世界観は必ずや後世の作品の源流になっていると思いますので、既視感を感じた人が多かったかも知れませんね。そうであるのなら、YU-NOという作品は成功だったのだと思います。
  1. 2019/10/09(水) 09:11:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケーキの切れない非行少年たち

 今日は楽団の練習日。来週一つ本番がありまして、その関係で明日も練習があります。この日記を書いたら体力温存でさっさと寝てしまうと思いますね。

 今回も最近読んだ本を紹介します。新刊コーナーにも長く鎮座してましたので、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

ケーキの切れない非行少年たち - 宮口 幸治
2019年7月に発売された新書です。この本を読んだ切っ掛けは、確かTwitterで本書内の挿絵と思われる画像を見た事だったと思います。その挿絵こそまさにケーキの切れない少年そのものでした。ケーキを3等分4等分しろと言っても出来ないのです。シンプルながらも衝撃的な絵に、どんな内容なのか興味があり読むことにしました。この本では、所謂非行少年や犯罪をした少年は実は認知障害や発達障害を抱えているのではないかという事、そしてそんな少年を更生させるにあたり既存の杓子定規のような方法では真の原因は見つからないという事を言っておりました。少年達に反省を促しても、言われていることが分からなければ反省することが出来ません。先程のケーキの話の通りで、3等分4等分しろと言ってもその意味が分からなければ出来るはずがないのです。そして、これは所謂聴く力だけではなく、見る力や話す力も備わっていないと達成出来ません。ある意味当たり前の事だからこそそれが出来ないことに対する想像力が必要なのかも知れません。そして、このような障害を抱えつつも適切な治療を受けられなかった人はそのまま年齢を重ね社会に放り出される事になります。仕事が上手くいかない、コミュニケーションが取れない、異性と交際が出来ない、これもまたもしかしたら障害が理由なのかも知れないのにですね。この本を通して、もっと人に対して理解と想像力を広げたいと思いました。出来ない事が変なのではない、何か理由がありそこに気付く努力も必要なのだと思いました。

 誰でも出来る事と出来ない事があると思います。そしてそれを個性として捉える事は間違いだとは思いません。ですけど、何が医学的理由があるのであれば是非直していきたいと思いました。
  1. 2019/10/05(土) 22:20:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上級国民/下級国民

 昨日今日と一泊二日で北の方に出張に行ってました。10月になったので多少は涼しくなると思っていたのですが、全然夏日でしたね。今日はこの日記を書いたらすぐ寝てしまう気がします。

 今回は最近読んだ本を紹介します。これも確か先月自分探しの旅に行った時に読んだ本だった気がします。

上級国民/下級国民 - 橘玲
2019年8月に発売された新書です。橘玲氏の本はこれまでも何冊か読ませて頂いておりますが、本当にタイトルが上手だと思っております。何しろ、今ネット上で騒がれている上級国民という言葉をダイレクトに使っているのですから、上級国民という言葉はネットスラングです。実際にそういった身分は存在しません。では何故この上級国民という言葉が流行ったのでしょうか。それを、氏はモテるモテないという非常に分かりやすい構図を使用して説明してくれました。行ってしまえば、上級国民はモテる人であり下級国民はモテない人です。この本では、平成という時代で起きた事とそこから予測される令和という時代で起こる事を書き、その中でモテるモテないに分類される人々を描いております。その後人間という生物としての本能と現代社会での関わり方に発展し、最後にリベラル化する社会の中でますます加速する上級国民と下級国民の差を描いております。様々なエビデンスを用いて明快に世の中の事実を解き明かす書き方はとても鮮やかであり、誰もが納得してしまいます。時に耳の痛い事も書かれているかもしれませんが、それが真実なのですから仕方がないですね。最後、この本では知識社会は崩壊すると言っております。何故なら、テクノロジーが発達して人間の知識など必要なくなるからです。それは同時に、知識によって差別化していた文化が消えてまた一つモテるモテないの差がなくなるという事です。白人主義、嫌韓、独身、非正規、ニート、そういったマジョリティの中に存在している上と下的な関係は、テクノロジーの発達とリベラル化で少しずつ減っていくのかなと思いました。面白かったので是非皆さんも読んでみて下さい。

 今この世の中には意識無意識に関わらず様々な差別があります。ですがそれらもまた、テクノロジーの発達とリベラル化でどんどん変わっていくのだと思います。上級国民がいつまで上級国民でいられるのか、在り方そのものも変わっていくのだと思いました。
  1. 2019/10/02(水) 21:33:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

JORMUNGAND

 今週の土日は久しぶりに何もない休みでした。2日連続で何もない休みなんて、今年に入って初めてでした。ずっとビジュアルノベルと今までサボっていた音楽CDの整理をしていましたね。こんな日も楽しいですね。

 先日ですが、ずっと欲しかったCDを手に入れる事が出来ました。それがタイトルにありますJORMUNGAND特設ページはこちらからどうぞ)というCDです。これは同名の音楽集団であるJORMUNGANDさん(公式HPはこちらからどうぞ)の1stアルバムです。私が何故このCDが欲しかったのか、それはこのアルバムの5曲目に収録されている曲が聴きたかったからです。その曲のタイトルは「人は相も変わらず」と言います。この名前だけで分かった人は、流石ですね。解説しますと、この曲は楽想目というビジュアルノベルを制作されるサークルさん(公式HPはこちらからどうぞ)の作品である親愛なる孤独と苦悩へ特設ページはこちらからどうぞ)のED曲として使用されております。親愛なる孤独と苦悩へについては、その想いのたけをレビューに綴っておりますので割愛しますが(レビューはこちらからどうぞ)、私にとって忘れる事が出来ない作品となっております。定期的にプレイしたり思い出したり、人と話したりしてこの作品から得られたものを大切にしております。そんな親愛なる孤独と苦悩へのED曲がこのJORMUNGANDに収録されているという事で探したのですが、どの通販サイトでも同人ショップでも売り切れで見つけられませんでした。そんな時、たまたまAmazonで中古品を見つける事が出来ましたので直ぐに購入しました。嬉しかったですね。アルバムには全部で7曲収録されておりました。その殆どがクサメタルと呼ばれるジャンルの曲であり、アップテンポで重いサウンドが特徴でした。むしろ、人は相も変わらずが浮いている感じでした。意外といえば意外でしたが、それは恐らく自分だけですね。元々のファンの方にとっては逆に人は相も変わらずの方が特別なのかも知れません。何れにしても、激しいサウンドの中で良く聞こえる女性ボーカルが特徴でテンション上がりましたね。そして、人は相も変わらずを聴きながら親愛なる孤独と苦悩へを思い出してました。是非再販して欲しいと思いましたし、もっとJORMUNGANDさんの曲を聴いてみたいと思いました。また一つ新しい楽曲を知る事が出来ました。

 歌詞カードが付いてましたので、改めて人は相も変わらずの歌詞を読んでみました。深く頷いてしまいますね、本当親愛なる孤独と苦悩へにピッタリだと思いました。
  1. 2019/09/29(日) 22:54:21|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マインド・コントロール

 今日は夜勤明け。夜は職場のグループから後輩が異動するという事で送別会をやってました。大宮にある非常にコスパの良い中華料理屋で食べ飲み放題、出てくる話題に辛気臭いものは一切ありませんでしたね。楽しい時間でした。

 今回は最近読んだ本を紹介します。ここ最近自分探しの旅に行ったりと移動の時間があり、それなりに本を読む時間が取れましたので結構冊数が溜まっていたりします。

マインド・コントロール - 岡田尊司
2016年に発売された新書です。読む切っ掛けになったのは、お知り合いの方に少し読ませてもらった事です。マインド・コントロールというどこか犯罪めいたネーミングですが、多かれ少なかれ人間は周りの環境に左右されて生きている事を記した一冊となっております。マインド・コントロールとは、特殊な技術なのでしょうか?若しくは、特定の人しか掛からないのでしょうか?最後まで読んで、私はどちらも違うなと思いました。どんな人でもマインド・コントロールに掛かる事はありますし、難しい技術が無くてもマインド・コントロールを掛ける事が出来ます。キーワードは主体性です。本書では、歴史上の様々な事件にフォーカスを当てて、何故このような事件が起きたのかを心理学の面から分析しております。併せてそれらの分析から得られた教訓を日常生活の場面に落とし込んでおります。大切なのは、日々考えて主体性をもって生活しているかという事です。現代社会はSNSなどに代表されるように情報多可になりがちであり、逆にリアルの付き合いは減少している傾向にあります。本書的に言えば、脳が情報を欲している状態と不要としている状態が繰り返されているという事です。こういう時こそ、人は自分らしさやアイデンティティを見失いがちです。そして、そういう心理状態だからこそマインド・コントロールは掛かり易くなるとの事です。本書は新書としては300ページ近くもある比較的ボリューム多めの内容です。様々なケースが書かれておりますので、是非他人事と思わず自分も同じ事に逢うのではないかと思ってみて読んでみて欲しいです。決して人をマインド・コントロールする為の本ではありませんので、その点はご注意を。

 社会の中で生きる以上人や物との関わりを断つ事は出来ません。考えて生きる事無しに自分らしく生きる事は出来ないのが真理だと改めて思いました。
  1. 2019/09/26(木) 22:11:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

テンポの揺らぎ

 今日までの3日間ですが、私が所属している楽団の合宿がありました。年一回この時期に行っておりまして、いつも以上に長い練習時間と夜の懇親会、そしてレクリエーションを楽しみにしております。

 HPをよくご覧になっている方は何となく知っているかも知れませんけど、私は吹奏楽が好きと同時にDDRというダンスシミュレーションゲームも好きです。どちらも音楽という共通点がありますので好きになる理由としては納得できると思います。ですけど、吹奏楽とDDRでは扱っている音楽が全然違います。ジャンルや楽器など勿論違う要素だらけではあるんですが、端的に1つだけ違う点を挙げるとすると皆さんは何を上げるでしょうか。私は、今回の合宿を通じてその答えはテンポの揺らぎだなと思いました。ユーロビートやエレクトロポップやダンスミュージックは、得てして決まったBPMの中でサウンドが変化していきます。まずは指定のBGMがある、そこが基準となっております。ですが、吹奏楽はそんな事は不可能です。何故なら、音楽のうねりや抑揚に応じて指揮者や奏者のテンションもまた変化するからです。楽譜としては曲の長さを指定しておりますが、その中で少しずつテンポは揺らいでおります。速くもなれば遅くもなり、平均を取れば指定のテンポになるのです。そして、このテンポの揺らぎをバンド全体でそろえる事が合奏の意味なのかなと思いました。楽譜をさらって吹けるようになるのは、まあ当たり前です。ですが、一人ひとり感じ方や歌い方が違いますのでそのまま全体で合わせてもバラバラになり曲として成立しません。そこを揃えるのは、主に指揮者の仕事ですが奏者も隣の人の音を聴きながら調整していきます。この作業がどれだけできるのか、その意味を今回の合宿で良く学びました。バンド全体でサウンドを揃えるという事はバンド全体を信頼するという事、自分だけの音楽をしないという事です。その為に、まずは個人で吹けて加えて周りを聴く耳と余裕を持つ事が大切だなと思いました。

 そういう意味で、吹奏楽は個人練習をして合奏をするだけでは完成しないと思っております。今回の合宿の様に、懇親会やレクリエーションを通して親睦を深めることは必ず意味があると思っております。その事に、どれだけの人が気付いているんでしょうかね。
  1. 2019/09/23(月) 23:31:10|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TGS2019

 今日は夜勤明け。夜の気温は20℃と一気に冷え込んで、長袖が無いと寒く感じる空気になってきました。また台風が接近するなどありますが、少しずつ秋になってきているのを感じます。

 前回横浜創作オフ会というオフ会に参加したという記事を書きましたが、二次会があったにも関わらず一次会で帰った理由は全てタイトルにあります通り東京ゲームショウ2019公式HPはこちらからどうぞ)に参加する為でした。東京ゲームショウ(以下TGS)2019には、関東に就職してからはほぼ毎回参加しております。何しろ世界最大の家庭用ゲームの祭典ですからね。そして、毎回中学高校時代の友達と参加しております。私も学生時代は普通にコンシューマーのゲームばかりしておりましたので、その延長もあります。何よりも華やかな雰囲気が好きですからね。ゲームは元気だなと思わせてくれます。今回は主に3つ目的がありました。1つはお馴染みですがSQUARE ENIX公式HPはこちらからどうぞ)の物販で音楽CDを買う事です。これはいつも通りですね。2つ目はインディーズゲームコーナーに参加しているChloroさん(公式HPはこちらからどうぞ)に顔を出す事です。即売会等でいつもお世話になっているChloroさんがTGS2019の場面で何を見せてくれるのかが楽しみでした。そして3つ目が今回一番のメインで、COSPAでDDR関係のグッズを買う事とKONAMIブースでDDRのモバイル版の試遊をする事です。TGS2019開幕のちょっと前ですが、DDRがモバイル版として稼働するという告知がされました(公式HPはこちらからどうぞ)。そしてそれがTGS2019の場面で試遊出来るとの事です。これはもう実際に触るしかないと思い必ず行こうと思ってました。幸い自分が向かった時はそこまで込んでおらず、20分程度の待ち時間で買う事が出来ました。感想としては、シーケンスがぬるぬる動いてくるのでタイミングが計り易かったという事です。これは音楽ゲームとして一番大切なところですのでスマホでありながら安定してました。後はオプションの変更が分かりませんでしたので、実装されるときにどこまで調整できるかが気になりました。配信開始は来年春と少し遠いですが、とりあえずDDRがスマホで遊べるという事で楽しみしかありません。本格稼働されるのを待っております。という訳でいつも以上に楽しかったTGS2019でした。いつもの友人も元気でしたし、賑わっている雰囲気も感じられましたので良かったです。また来年も元気に参加できたら良いなと思いました。

 最近は始発で行く体力も厳しくなってきましたので普通に朝起きて向かう感じになっております。実際、これで目的は果たせますので十分ですね。
  1. 2019/09/20(金) 18:21:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する