FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

人間

 今日は普通の日勤。徐々に年末の足音が聞こえてきている気がします。仕事もそうですけど、C97がありますのでこちらの準備も始めなければですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。世の中的にも注目を浴びた作品だったのではないでしょうか。一度この人の本を読んでみたいとは思ってました。

人間 - 又吉直樹
 2019年10月に発売された本です。又吉直樹氏の名前は多くの方が知っていると思いますが、どのような形で知っているかは結構別れるのではないでしょうか。お笑い芸人として知る事となった又吉氏ですが、2015年に書いた火花という本で芥川賞を受賞した事で小説家としても知られる事となりました。私は火花の方は読んでおりませんが、芸人でありながら芥川賞を取れるだけの物を書ける又吉氏の書物は興味を持っておりました。そして今回、人間の発売を切っ掛けとして読んでみようと思い今回の日記に至っております。読んだ感想ですが、ああこれはきっと又吉氏本人の葛藤と人生を書いた本なんだなと思いました。正直言って、シナリオは良く分かりませんでした。場面転換は唐突ですし、登場人物も今一何を考えているのか分かりませんでした。ですけど、そんな不揃いな感じこそが人間なんだろうなと思いました。何よりも、又吉氏は芸人であり小説家という非常に珍しい立ち位置にあります。そんな自分自身の素直な気持ちを小説にしたのが、この人間という作品なんだなと思いました。この作品は、名作とか凡作とか語る事にあまり意味は無いと思いました。ああ、この作品が又吉氏なんだなと分かればそれで良いと思いました。美しさなどない赤裸々なテキストが、とても印象的でした。

 表現物とは、本来こういうものなのかなと思いました。自分が書きたいものを素直に書く、まるで同人誌みたいですね。それでも売れるのであれば、それは商業誌なのでしょうね。
スポンサーサイト



  1. 2019/12/12(木) 21:29:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ボードゲーム

 今日は休み。なんですけど夜勤がありますので夕方過ぎに出社します。久しぶりに日中は何もないので洗濯したり貯まった家事を消化してしまいます。

 先日ですが、仕事終わりに職場のメンバーとボードゲームで遊んできました。ボードゲームって、気の知った人と遊ぶとかなり面白いですよね。その代わり、同じテーブルを囲わなければいけないので予定を合わせるのが大変だと思います。加えてちゃんと遊べる場所を確保するのも大変ですし、どんなボードゲームをするかも悩みどころです。そこで今回は、大宮駅から徒歩3分のところにあるボードゲームステーションというお店に行ってきました(公式HPはこちらからどうぞ)。ここでは、600種類を超えるボードゲームを好きなだけ遊ぶ事が出来ます。プレイルームという部屋を貸し切る事で、営業時間いっぱい遊ぶ事が出来るのです。平日は1人500円で、休日は卓を3,000~4,000円で貸切る事が出来ます。今回は私を含めて4人で行ったのですが、その中の1人がかなりのボードゲーム好きで色々とオススメのボードゲームを教えて頂きました。内容も、1分で終わるものもあれば2時間以上掛かるものもあり、本当に千差万別ですね。今回個人的に面白かったのはインカの黄金というゲームでした。ルールを細かく説明するのはネットに任せるとして、このゲームはプレイヤーの性格がモロに出るんですよね。堅実に行くか冒険するのか、相手の出方を見るのか自分のやり方を貫くのか、どちらに転んでも全てはカード次第です。そんな感じで、19:00から始めて閉店の21:45まで遊んでました。たまにこういう遊びに浸かるのも楽しいですね。とりあえず今回インカの黄金は買ってしまいましたので、誰か呼んで家で遊んでみようと思います。また新しいボードゲームを見つけたいですね。楽しかったです。

 ボードゲームは実際に手を動かして目の前にいる人と喋りながら出来るというのが一番の魅力な気がしますね。楽しい場を共有するという事ですね。
  1. 2019/12/09(月) 15:35:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動的平衡 新版 1 生命はなぜそこに宿るのか

 今日は夜勤明け。もう夜は絶対に上下アノラックが欠かせませんね。いい加減関東でも雪が降って来るんじゃないかって思っております。

 今回は最近読んだ本を紹介します。昔紹介された事を思い出して掘り起こして読んでみた本なんですけど、こんな面白い本もあるんだなと感心しました。

動的平衡 新版 1 生命はなぜそこに宿るのか - 福岡伸一
2017年6月に発売された本です。この本を読んだ切っ掛けは、私が新入社員の時に聴いた特別講義の中で紹介された事です。つい最近引っ越しを行ったのですが、その中で当時の資料が出て来ましてそこに書いているのを見つけました。動的平衡と聞いて、何のことかお判りでしょうか。私は本書を読むまでさっぱり分かりませんでした。この本は、生物学の本です。そして動的平衡とは、破壊と生成、秩序と混沌、そういった相反する事が絶えず行き来しながら均衡を保っている事を意味します。私たちが生きている事、その事が動的平衡であると日々意識する事はなかなか難しいと思います。例えば、私たちの体は不変のものではなく絶えず摂取する食べ物や飲み物によって構成されております。そして、様々な細胞が絶えず行き来する事で生命活動を維持しております。生命活動はとある一ヶ所を変えるだけでは何も意味がない、それを様々な事例を通して紹介しておりました。例えば、コラーゲンを摂取したからといって肌の貼りが戻る訳ではありません。コラーゲンがコラーゲンとして体に取り込まれる訳ではないからです。若い時と比べて年を取った時の方が時間の進みを速く感じるのは、細胞分裂のスピードが違うからかも知れません。生命活動のあらゆる疑問は、もしかしたら動的平衡で説明が付くのかも知れない。そんな事実とロマンを合わせ持った事柄が書かれておりました。引き込まれる文章で、300ページあるにも関わらずあっという間に読んでしまいました。素直に面白かったです。是非全ての人に読んでみて欲しいです。

 とにかく一つ一つ納得させる文章が凄かったです。吸い込まれるというのはこういう事なのかも知れません。続きがあるみたいですので是非読んでみます。
  1. 2019/12/05(木) 13:17:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ターミネーター:ニュー・フェイト

 今日は普通の日勤。来月に私が所属している吹奏楽団の定期演奏会がありますので、今月から毎週日曜日は一日練習です。年末という事で冬コミも近いですし、もう年越しに備えた方が良いのかもしれません。

 先日ですが、タイトルにあります通りターミネーター:ニュー・フェイト(以下ニューフェイト)という映画を見て来ました(公式HPはこちらからどうぞ)。映画好きな方でなくても、ターミネーターの名前は聞いた事があるのではないでしょうか。アーノルド・シュワルツェネッガーがターミネーターという機械兵器役で登場し、人類vs機械という分かり易い構図で戦うシナリオは多くの人に評価され印象に残っている事と思います。私は実はターミネーターシリーズはかなり好きでして、今回のニューフェイトは最も人気があると言われているターミネーター2(以下T2)の正統続編という事でシナリオもとても楽しみにしておりました。映画も普段一人で見に行く事は滅多にないのですが、珍しく一人で見に行きましたからね。以下ネタバレ有りの感想になりますので続きを読むからどうぞ(反転で表示されます)。

[ターミネーター:ニュー・フェイト]の続きを読む
  1. 2019/12/02(月) 20:59:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識

 今日は夜勤明け。そして知り合いの演奏を聴くために突貫で浜松に行ってきました。浜松くらいですと東京から1時間30分ですので全然近いですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。こういった本は何冊か読んできてどれも今一でしたが、今回は読んで良かったと思いました。

いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識 - 荻上チキ
2018年7月に発売された本です。最近、世の中的にいじめのニュースが多くなっている気がします。特に先生同士のいじめのニュースはかなり衝撃的だったのではないでしょうか。その一方で、ああいったいじめは多かれ少なかれ世の中のどこでも起こっているんじゃないかとも思います。ちょっとした小競り合いや言葉の使い方、それがいじめになるのかならないのかはされた側でないと分からないのですから。この本は、様々なデータを活用して"本当に"いじめを解決する方法を探し検討するという内容になっております。ここで"本当に"と言っているのは、今世の中で評論されているいじめの話はその殆どがイメージや固定概念に基づいているからです。例えば、メディアがいじめをニュースで取り上げるのは自殺などの事件が起きた時だけです。他にも、ネットやSNSによるいじめもセンセーショナルだから報道されます。何が言いたいのかと言いますと、いじめの解決には地道な情報収集とデータ収集に基づきエビデンスをハッキリさせる事が必要という事です。一過性のブームで解決できる程簡単ではありません。実際この本の中では、校則が原因によるいじめ、教師の労働環境に起因するいじめ、発達障害や性差によって発生するいじめ、SNSなどメディアが飛びつきやすいいじめ、といった中々メスが入らないいじめについて丁寧に解説しております。過去にいじめられた経験のある方であれば、うんうんと頷ける内容なのではないでしょうか。本当にいじめを解決する為に求められる事、そしてその為に大人が出来る事を一緒に考えていける内容となっております。これまでのいじめに関する本とは一線を画しておりますので、是非手に取って読んでみて下さい。

 いじめられた人は自分からいじめられたと敢えて積極的に口にする事はありません。そういった中々外に情報が発信されない事もまた偏った情報公開に繋がるのかも知れません。
  1. 2019/11/30(土) 21:45:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

COMITIA130

 今週は割と日勤の多い一週間になっております。おかげ様で弁当の出現頻度が高くて良い節約になっている気がします。一人暮らしは、作りたいものを自分の裁量で作れるのが楽しいですね。

 前回小倉に遠征に言った記事を書きましたが、小倉に一泊二日しかせず忙しなかった理由はむしろこっちにありました。タイトルにあります通り、COMITIA130という即売会に参加してきました。COMITIAは私が一番大好きな即売会です。創作オンリーであり、二次創作がありませんので純粋に制作者が表現したいものばかりが揃っております。私は同人ではビジュアルノベルと音楽が好きで嗜んでおりますが、その先にある製作者の気持ちとかテーマを感じたいというのが根底にあるみたいです。そういう意味でも、一次創作の方がダイレクトに伝わりますので好きですね。まあ、私がCOMITIAに参加するのはある意味日常になりつつあります。コミケと比べれば勿論サークル数は少ないですが、だからこそマッタリ周れてじっくり会話が出来ますので是非この雰囲気を感じてみて欲しいです。今回は11:00に国際展示場駅に到着して、いつも一緒に回らせて頂いているお知り合いの方と回りました。主にビジュアルノベルのサークルさんを巡り、それ以外もさっと回った感じでした。その後は別のサークルさんと落ち合って最後までずっといました。ほぼほぼ開場時間からビッグサイトにいて、最終的に16:00までいました。お話したいサークルさんとお話出来ましたし、欲しい作品も手に入りましたので最高の時間でした。COMITIAにはこれからも末永くお世話になりたいと思っておりますので、また次回楽しみにしております。今回お会いした全ての皆さん、ありがとうございました。

 私にとって、COMITIAの優先順位は仕事の次くらいのレベルで相当高いです。そうでもないと、小倉に一泊二日でなんか行きませんからね。次回もほぼ必ず行くと思います。
  1. 2019/11/28(木) 21:47:04|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠距離遠征

 今日は普通の日勤。ここ最近色々なイベントがありましたので、久しぶりに普通に仕事を終えて家に帰ってきました。こういういつも通りの生活を楽しむのも大事ですね。

 まずは先週の金曜土曜ですけど、楽団の演奏で福岡県の北九州に行ってきました。うちの楽団はありがたい事に毎年このような形で遠征形式で演奏する機会があります。昨年は大阪で、一昨年は名古屋に行ってきました。今年はそれよりも遥かに遠い九州ですからね、行くだけでも十分旅行気分でした。ですが、正直に言えば非常に疲れた2日間でした。何故なら、私が吹いているTubaという楽器は非常に大きく、また重量もあり移動には多くの制約があります。一般的に関東から九州に行くとなれば飛行機を使うと思います。ですがTubaを飛行機に積む場合はハードケースが必須であり、ソフトケースしか持っていない私の場合はそれが出来ず往復新幹線で移動しました。東京から小倉まで4時間半ですからね。同じパートのメンバーと一緒に向かいまして、始めこそ盛り上がりましたが途中寝たりボケっとしたりしてそれでもまだまだ着かない長さがありました。小倉に着いてもそこからの移動にTubaが付きまといます。とりあえず小倉に着いて直ぐにホテルにTubaを置いて小倉名物を食べたり観光したりとしましたが、長時間は確保出来ず忙しない感じでした。勿論目的は演奏会であり観光は二の次ではありますが、折角の九州ですので観光しないというのは勿体ないというものです。次回このような遠征があった時は、もっと楽が出来る方法を模索して上手く移動出来ればと思いました。ちなみに小倉名物を食べたと言いましたけど、ちゃんと鉄なべ餃子公式はこちらからどうぞ)とか資さんうどん公式はこちらからどうぞ)を食べて来ました。これだけでも十分だったのかも知れません。そんな小倉遠征でした。

 小倉は地味に3回目に立ち寄りましたね。過去の2回はどちらもメロン巡礼でした(過去の記事はこちらこちらからどうぞ)。あの時は数時間しか滞在しませんでしたので、その時と比べれば十分長い時間ですね。
  1. 2019/11/26(火) 21:08:55|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジゲー博2019

 昨日ですけど両親が田舎から東京に遊びに来たので付き添ってきました。一日歩きっぱなして手元の万歩計で25,000歩になってましたね。夜勤明けでしたし、流石に疲れましたので帰って直ぐに寝落ちしてました。

 先日ですが、タイトルにあります通りデジゲー博2019というイベントに参加してきました(公式HPはこちらからどうぞ)。これは同人・インディーズゲームオンリーの即売会・展示会で、今回で7回目の開催になるそうです。会場は秋葉原UDXという事で、駅からのアクセスも良く気軽に足を運べるのも魅力だと思っております。デジゲー博も今回で3回目の参加になります。参加サークル数が100前後という事で特にサークルチェックをしなくても全て周れますので、じっくりと各サークルさんの作品を見る事が出来ております。今回は11:15に秋葉原駅に到着しました。11:00開会ですので間もないですが、沢山の人が既に回っており賑わいを見せておりました。デジゲー博はどちらかと言えば動的ゲームを制作されるサークルさんが多く、ビジュアルノベルのサークルさんは殆どありません。10サークルもあれば多いと感じる程です。ですがそのビジュアルノベルのサークルさんに何人かお知り合いの方が居たのが嬉しかったですね。特に今回はTwitterでしが存じてなかったサークルさんと初めてお話し出来たのが嬉しかったです。本当サークルチェックをしなかった為、嬉しさと合わせて驚きもありましたね。少し長めに立ち話をさせて頂き、色々と励ましの言葉も頂く事が出来ました。そんな感じで12:00には秋葉原を離れました。1時間も滞在しませんでしたが、充分にサークルさんを回り旧交を温める事が出来たと思っております。実際幾つか面白そうな作品を手に取らせて頂きましたし、プレイするのが楽しみです。また次回も都合が付けば参加しようと思います。

 やはり即売会の醍醐味は人とお話出来る事ですね。普段直接会える機会を取るのが難しいだけに、こういった機会を利用するのはとても効率的だと思いました。
  1. 2019/11/22(金) 08:50:38|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分のせいだと思わない。 小池一夫の人間関係に執着しない233の言葉

 今日は普通の休み。一人暮らしを初めて約2週間経ちましたけど、少しずつ慣れてきた感じがします。まずは料理が出来るようになる事ですので、とりあえず思い付きで色々作ってます。1人分作るのが難しくどうしても同じ料理で何日も過ごす感じになってしまいますね。そういうものなのかも知れません。

 今日は最近読んだ本を紹介します。新刊コーナーで見た瞬間、絶対に買おうと思ってました。

自分のせいだと思わない。 小池一夫の人間関係に執着しない233の言葉 - 小池一夫
2019年9月に発売された本です。著者である小池一夫氏は漫画家であり、2019年4月に永眠されております。長い間漫画家として活躍されたと同時に、晩年73歳になってからTwitterを始めた事で普段それ程漫画を読まない私でも知る所となりました(小池一夫氏のアカウントはこちらからどうぞ)。そして、そのツイート内容はこれまで小池一夫氏が歩んできた人生を表したものばかりでした。言ってしまえば、小池一夫氏の人生観が詰まったものとなっておりました。人との出会いや別れ、結婚、自信を持つ事、悪意や怒りとの付き合い方、そんな誰もが悩み躓く事について、小池一夫氏の言葉が勇気を与えてくれます。私が凄いと思ったのは、73歳という高齢になってからTwitterを始め最後の瞬間まで発信していた事です。新しい物、時代の流れに沿った物を受け入れる努力をして、それを自分なりに活用する、ここまで自分の幸せと生きがいを追求する姿勢は誰もが参考にするべきだと思いました。そして、お亡くなりになる最後の瞬間まで自分を愛して家族を愛して、世界を愛する姿は誰もが憧れる物だったのではないかと思います。1ページに1ツイート分の文章しかありませんので、全部読み切るのは簡単です。ですが、この本は読んで終わりではなく是非人生の様々な場面で悩んだ時にふとページを開いてみて読んでみて少しかじ取りをお願いするくらいが調度良いのだと思います。人生の先輩が残した言葉がずっと読めるのです。是非いつでも簡単に手に取れるところに置いておいてみては如何でしょうか。

 こういう本って、どっぷり浸かるのは自分を失いがちになりますので注意が必要かも知れませんね。鵜呑みにするのではなく役立つところだけ切り取る、その位が良いと思います。
  1. 2019/11/17(日) 10:07:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

第12回同人ゲーム制作勉強会

 今日は夜勤明け。今日は2ヶ月振りにDDR踏んできました。ずっと引っ越し作業をしてましたので踏みに行く時間がありませんでしたので、地味に今日を待ち遠しく思ってました。この筋肉痛になる事確定な足の痛みと疲労感が癖になります。

 前回マンモス展という展示を見に行ったという記事を書きましたが、その後は場所を秋葉原に移して第12回同人ゲーム制作勉強会というイベントに参加してきました。このイベントは、同人ゲームサークルであるたんすかい公式HPはこちらからどうぞ)の代表であるyosita氏が主宰して行っているものです。主にノベルゲーム制作について、様々な視点を題材にして講義形式をベースとして行われている物です。毎回様々な知見を持っている講師の方をお招きして、1時間程度の講義を4本程度行うカリキュラムとなっておりました。私も過去に第10回同人ゲーム制作勉強会にて講師をさせて頂きました。この時はビジュアルノベルにおけるシステム周りについて話をさせて頂きました。決して格式の高い勉強会ではなく、誰でも参加出来て誰でも声を出せるところが魅力的だと思っております。今回は私も作品をプレイさせて頂いたサークルさんの代表の方が講師を務められるという事で、どんな事を話をするのか楽しみにしておりました。勉強会と聞くとどうしてもプログラムとか専門的な話になるのかなと思いがちですが、今回の題材にはTwitterにおける宣伝方法の提案ですとか、自分の作品を手に取ってもらう為にちょっとした工夫で出来る事の提案など、専門性が無くても役に立つお話を聞かせて頂きました。もっと言えば、同人ゲームに関わらず一人の社会人として何かを発信する時に役に立つものでした。私も基本はプレイヤーですので制作の専門的な話はとっつきにくく思うのですが、こういった話も聴けますのでとても有意義な勉強会だと思います。13:30から始まって18:00まで行い、その後懇親会も18:30から21:00まで行われました。長時間ずっとビジュアルノベルや創作の話を相互に出来てとても楽しかったです。講師の方や勉強会に参加された方、そして主催のyosita氏に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 こうした勉強会で大切な事は、スキルを会得する事もそうですけどそれを自分の物にして実行する事かも知れません。とっつき易いからこそ、いつでも出来ると思って案外やらなかったりしますからね。
  1. 2019/11/13(水) 19:44:13|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する