fc2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

射精責任

 今日は普通の日勤。3月に入り新しい仕事を受け持ったのですが、これが想像以上に地雷で初日から残業です。ちょっと立て直しに時間かかりそうですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。このタイトルで惹かれない人はいないのではないでしょうか。

・射精責任(紙の本電子書籍) - ガブリエル・スタンリー・ブレア
 2023年7月に発売された本です。読んだ切っ掛けですが、単純にタイトルに惹かれた事です。射精責任、とてもわかり易いタイトルだと思います。射精すると妊娠するから責任を持ちなさい、きっとそんな内容なんだろうなと思いました。ですが読んでみて、そんな優しいメッセージではありませんでした。この本で主張している事は、全ての妊娠は男性の責任であるという事です。50%でも99%でもなく、100%男性の責任です。正直流石に100%は言い過ぎではないかと思いましたが、読んでいく中で納得させられていきました。妊娠するリスクを回避するための手法について、男性は女性より圧倒的に簡単です。コンドームを着ければ良いのですから。また生理はコントロール出来ませんが、射精はコントロール出来ます。そして、妊娠した事実から女性は逃げられませんが男性は逃げられます。他にも様々な視点で女性と男性を比較しており、客観的な事実から男性が責任を持った射精をすることが経済的にも健康的にもリスク的にも合理的である事を証明しております。またこの本はアメリカ人の著者によって書かれましたが、アメリカの中絶に対する風当たりの強さなども書かれておりました。今の中絶の議論に出てくるのは胎児と母親のみで、父親は出て来ません。こんな単純な事実にすら、世の中は気付いていないのです。この本は、女性男性に関わらず全ての方に読んで頂きたいです。何も難しい事は書いておりません。今一度、自分自身の価値観に向き合ってみては如何でしょうか。素晴らしい一冊でした。

 性欲は人間の根源的な欲求ですので、こうでもしないと望まない妊娠は防げないのでしょうね。人間が文化的であり続けられるのか否か、それが問われている気がします。
スポンサーサイト



  1. 2024/03/02(土) 00:14:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スムージー

 今日は楽団の練習日。掛け持ちするようになってから、練習の時間を無駄にしない為に今まで以上に色々考えて楽器を吹くようになった気がします。この辺りはまた整理して日記の中で書こうと思っております。

 最近ですが、妻がスムージーを作ってくれます。切っ掛けですが、小型のミキサーを買った事でした。自炊していて思うのは、やっぱり野菜や果物をたくさん摂取するのが大変だという事です。こんな事言うと自炊に工夫が足りないとか言われそうですが、正直言って自炊など最低限に留めて趣味に時間とお金を費やしたい訳です。そこで妻の発案でスムージーを作ろうとなり、ミキサーを買いました。1人前が作れる程度の大きさで約2,000~3,000円です。思ったより安い印象でした。早速妻が色々と試してました。野菜中心にしたらマイルドな仕上がりで、果物中心にしたら正直お店で食べるものと遜色ない仕上がりでした。組み合わせ次第で簡単に様々な種類のスムージーが作れるみたいで、これは凄いと思いました。ココアパウダーや抹茶パウダーと組み合わせれば味変もできますし、無限の可能性があるなと思いました。ただ詰め込み過ぎるとなかなか上手く回転してくれず、他にも冷凍したものはある程度解凍しないと硬すぎて同じく回転してくれません。この辺りは試行錯誤ですね。スムージーだけではなく色々と応用出来そうですので、少し他の料理にも挑戦したいと思いました。皆さんミキサーって持ってるものなんでしょうかね?今は妻しか使ってませんので、私も手頃なメニューから試してみようと思います。

 調理器具も色々ありますしレシピも簡単に検索出来ますので、本当に便利な世の中になったと思っております。時短テクニックをもっと学びたいですね。
  1. 2024/02/25(日) 20:02:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

訂正する力

 今日は出張でした。今週は雨続きで、しかも今日は気温も低くまだまだ2月である事を思い知らされます。明日も寒いみたいですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。何でも白黒付けたがる今の時代に、是非読んで頂きたい一冊です。

・訂正する力(紙の本電子書籍) - 東 浩紀
 2023年10月に発売された本です。読んだ切っ掛けは、単純にタイトルに惹かれた事です。私もそうですし仕事をしていてもそうですが、人は本当に訂正するという事が苦手だと思っております。一度口に出した言葉を変えてはいけない、そんな決まりは無いんですけど誰もがそれを悪と言いますか一貫性が無いとして非難しがちです。一度振り上げたこぶしは下げる事が出来ないなんて言葉もありますからね。ですけど、人は間違えますしそもそも世界は時間と共に変化していきます。一度決めた事がじつは違っていたという事は、よくよく考えれば当たり前にあり得ます。この本では、そんな訂正する力の大切さを書いております。この本で一貫して伝えていたのは「じつは……だった」という言い回しです。ある事実について一つの結論を付けたとして、時間が経ち実はその解釈は違っていたと変化させる事で訂正しております。これは私の様な物理学をやってきた人間にとって非情に不気味でした。著者が人文学者という事もあるかも知れませんが、事実は事実として変わらないのが当たり前の価値観でありそれが数式として提示される世界で育ったからです。勿論全ての学問が「じつは……だった」と出来る訳ではありません。私の中では、本質を変えず考え方を変える事は間違いではないという理解です。ある決断に対してそれは絶対だとかそれは全部間違いだったといった二元論で語るのは考えが乏しいと思いますし、本書でも語っております。そうではなくある決断とその裏側も包括して新しい解釈を見つける、その繰り返しが出来るのが訂正する力なのかなと考えております。理系の自分にとって慣れない考え方でしたが、世の中をよくする為に、自分の頭の中を整理する為に、そして周りと協調する為にも、訂正する力を有効活用して行きたいと考えております。驚かされる内容で興味深かったです。

 最近の世の中を見ても、訂正する力があれば解決する問題ばかりな気がします。勝ち負けに拘って一辺しか見えていない人の、なんと多い事でしょうね。
  1. 2024/02/22(木) 22:24:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ファイナルファンタジーピクセルリマスター

 昨日今日は富山にぶりを食べに行ってました。本場のぶりは想像以上に美味しかったですね。これは日記の中で後ほど書こうと思います。

 実はここ最近まで、タイトルにある通りファイナルファンタジーピクセルリマスターで遊んでました(公式HPはこちらからどうぞ)。ピクセルリマスターとは、簡単に言えばFF1~6の原作のテイストを活かしたリマスターです。FF1~3はFC、FF4~6はSFCから発売されましたが、その2Dドット絵を基準としております。FF1~6はこれまでも様々な媒体でリメイクしておりましたが、ある意味原点回帰となっており当時プレイされた方にとって懐かしいものになっております。勿論リマスターですので、一部演出などは新しくなっております。またBGMは完全リメイクオートモード採用モンスター図鑑追加などの要素もあります。極めつけはブースト機能ですね。なんと、経験値・ギル・アビリティポイントなどの取得値を0~4倍に調整できます。4倍にしてサクサク進めるもよし、0倍にして縛りプレイするのもよし、遊び方に幅が出来ました。

 さて、このタイミングで私がピクセルリマスターにハマってしまった理由ですが、過去プレイした時にやり残した事をしたいと思ったからです。プレイ当時は小学生で、正直クリアするのがやっとでした。ですがその後世の中で研究が進み、様々なノウハウが溜まってきました。是非それを自分の手で行いたい、これが理由です。実はFF1~3は未プレイです。その為、今回再プレイしたのはFF4~6でした。そして自分が再現したかったのは、最強キャラクターの育成です。例えばFF4では、Lv70以降はレベルアップ時のステータスを吟味する必要があります。また超低確率でドロップする装備品による補正値も加味する必要があります。FF6では、魔石ボーナスがありますので目的の魔石を手に入れるまで低レベルで進める必要があります。FF5は特にありません。以上の事を自分で再現したいと思い、しばらくハマっておりました。

 まずFF5から始め、Lv99・全ジョブマスター・全装備入手(一部除く)を達成させました。ブースト機能でこれは楽勝でしたね。次にFF4を始め、Lv70までサクサク進めました。これもブースト機能で一瞬でしたね。ただここからそれまでの倍以上時間を掛けてLv99及び超低確率でドロップする装備品を揃えました。最後にFF6ですが、ブースト機能で経験値0のまま魔大陸まで進めました。初期レベルでの攻略は大変でしたが、FF6は一部魔石のボーナスが変わった事で世界崩壊前でもレベルアップが可能になりましたのでその点はラッキーでした。最終的にLv99すばやさ128を達成しつつ力と魔力も可能な限り上げました。あと個人的に、オペラ劇場の力の入れ方に感動してしまいました。

 そんな感じで今日までやりたい事をやってました。それも無事達成しましたので、今はとても満足してます。未プレイのFF1~3も手元にあるわけですので、折角なので普通にプレイしてみようと思います。完全に懐古厨の発言とプレイスタイルですが、楽しいものは楽しいですね。一部魔法エフェクトが共通、効果音などが使いまわし、処理落ち発生、他のリメイクにあった追加要素無し、など人によって気になる部分はあると思いますので、是非吟味して遊びたい方は遊んでみては如何でしょうか?
  1. 2024/02/18(日) 21:39:18|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アブローラー

 今日は普通の日勤。年度末の重要な仕事が今日終わりました。まだ幾つかやらなければいけない事はありますが、一山超えたのでホッとしてます。

 最近ですが、自宅でアブローラーを使っております。アブローラーとは、筋力トレーニングで使用される器具です(参考画像はこちらからどうぞ)。別名腹筋ローラーとも言われており、その名の通り主に腹筋を鍛える目的で使用されます。2023年からゴールドジムに通っているのですが(過去記事はこちらからどうぞ)、その中でパーソナルトレーナーから教えてもらったのがこのアブローラーでした。ローラーにグリップがついており、そのグリップを握ってローラーを滑らせて使います。シンプルな構成で、使い方も簡単です。ですが、実際に使ってみてその辛さを思い知りました。パーソナルトレーナーは簡単そうに全身が真っ直ぐになるまでローラーを前に出せますが、トレーニングしていない一般人はまず無理です。伸ばした体を元の位置に戻すだけの腹筋が無いからです。また腹筋だけではなく胸筋や背筋も同時に鍛えられるみたいで、トレーニング後はこれらの筋肉が必ず筋肉痛になります。今回そんなアブローラーを購入した理由は、安かったのと仕事やプライベートでジムに行けないとき家で運動する為です。使い方はマスターしたのですが、成果を上げるためには定期的に継続してトレーニングする事が大切です。ジムに行けない期間が空いてしまい振り出しに戻るのが勿体ないので、家でもトレーニングする事にしました。購入したのが正月明けですのでまだまだ使っている期間は短いですが、継続して続けたいです。2,000円もあれば買えますので、皆さんもアブローラーでトレーニングしてみては如何でしょうか。

 ちなみに1日アブローラーでトレーニングすると3日は筋肉痛でまともに腹筋が使えません。この筋肉痛こそが、筋肉を鍛えている実感ですね。
  1. 2024/02/14(水) 22:58:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こうして社員は、やる気を失っていく

 今日は楽団の練習日、明後日本番なので今日はリハーサルです。この段階になると、仕上がりもそうですが流れを把握する事の方が大切ですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。コンパクトに管理者像についてまとめている本です。

・こうして社員は、やる気を失っていく(紙の本電子書籍) - 松岡保昌
 2022年6月に発売された本です。最近、こうしたビジネス書に惹かれる事が多い様に感じます。潜在的に、職場環境などから影響されているのかもしれません。これまで何冊もビジネス書を読んできましたので大体書いてある事の共通点が分かるようになってきましたが、最近はコロナ禍働き方改革などが加速しておりますのである程度アップデートは必要であると感じております。そういう意味で、今回も最新の視点で書かれたビジネス書を読めて良かったです。というよりも、この本は管理者における部下への接し方について端的にまとめられており素直に読んで良かったと思えました。この本は全部で4つの章で構成されており、全体を通してどうしたら社員がモチベーションを持って仕事をしてくれるかを書いております。それぞれ書いてある事は過去に何処かで読んだ経験がありますが、それがコンパクトにまとまっておりました。管理者が読むべきビジネス書のエッセンシャル版の様なイメージです。具体的な事例を沢山用いており、自分の職場に置き換えてイメージする事が容易にできます。また一般的に知られている法則なども沢山紹介しており、単純に勉強になりました。是非世の中の管理者に読んで頂きたいですし、自分の事として捉えて欲しいです。完璧な管理者など不可能ですが、少なくとも部下が求めている管理者像は分かると思います。良い一冊でした。

 こうしたビジネス書は、読むだけではなく職場で実践して初めて意味を持つと思っております。尤も、それが一番難しいんですけどね。
  1. 2024/02/10(土) 10:13:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パスタ鍋

 今日はテレワーク。昨日今日と関東にしては珍しく雪となりましたので急遽出社を取りやめました。今の職場は家でも仕事が出来るので良かったです。

 最近ですが、パスタ茹でる用の鍋を買いました。切っ掛けですが、前に引っ越しする時ニトリで大量に買い物したのでポイントが沢山付いてました。それが2023年末で消えるという事で、無くなる前に何か買おうかとなりとりあえずニトリに足を運びました。その時にパスタ茹でる用の鍋を見つけましたので買ってみたという感じです。元々大きな鍋は持っていたのでパスタは茹でられるのですが、若干大き過ぎるので使い勝手は微妙でした。今回買ったのは小サイズでありながら底が深く、加えて炒め物ができ更にもついているのでよりパスタ用に特化した形になります。値段もポイント内で収まりましたのでちょうど良かったです。早速使ってみましたが、長いパスタは折らないと入らないくらいで殆ど不自由ありませんでした。そして網を最大限活用し、パスタが茹で上がったらお湯を捨てる事なく直ぐに取り出すことが出来ました。その後和え物をしたりと、この鍋1つで全てが完結しますので楽ですね。洗い物の数も減らせますし、買って良かったと思いました。そして、パスタ以上に良かったのはラーメンでした。よくラーメン屋の人がやってるチャッチャッとお湯を切る動作を完全に再現出来ますからね。この動作は、大きい鍋にお湯を沸かし網のみ使って再現してみました。新しく調理器具を買うとそれだけでテンション上がりますが、実際使ってみて使い勝手が良いと嬉しくなりますね。良い買い物でしたし、これを選んだ妻に感謝です。

 強いて言えば、洗い物をするときに網にスポンジが引っかかる事くらいですかね。自分はスポンジをポンポンと当てる感じで洗ってます。
  1. 2024/02/06(火) 20:51:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白河ラーメン

 今日はテレワーク。年度末の佳境を、今まさに突っ走ってる感じです。もう少しで潜り抜けられそうです。

 最近福島県白河市に出張で行ったのですが、折角なので帰りに白河ラーメンを買って帰りました。白河ラーメンの特徴は、コシがある手打ちのちぢれ麺と豚骨と鶏ガラで出汁を取った醤油ベースの透き通ったスープです。前に栃木県宇都宮市に住んでいた事がありましたが、隣の県ということで栃木県にも白河ラーメンのお店は多くあり時々食べてました。初めて食べたときは、とにかく醤油ベースの透き通ったスープに驚きちぢれ麺の食感が美味しかった記憶があります。久しく食べてませんでしたので、この機会に家で食べてみようとなりました。新白河駅の売店で探したのですが、殆どが生麺でしたので賞味期限が1~2週間と短く、また4食以上が殆どでしたので自宅には不向きでした。唯一生麺ではない物がありましたのでそれにしました。ちぢれ麺という事で、湯で時間は2~3分と短めでした。スープはインスタントでも変わらずあの透き通った醤油ベースが再現され懐かしくなりました。食べた感想ですが、サッパリした食べやすさは健在でした。ここ最近コッテリしたラーメンを食べる機会が多かった事もあり、何となくホッとする感覚でした。妻にも喜んでもらえて嬉しかったです。もし白河市付近にいく機会がありましたら是非白河ラーメンのお店に足を運んでみて下さい。きっと満足すると思います。

 最近のお土産用ラーメンは麺もスープも本格的でビックリします。本場の味には当然叶いませんが、雰囲気を味わうなら十分ですね。
  1. 2024/02/02(金) 21:56:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

一生頭がよくなり続ける すごい脳の使い方

 今日は普通の日勤。今週は2日しか出社しない予定ですのでちょっとテンション高めです。通勤で往復3時間掛かるのは、やっぱり時間の無駄感がありますからね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。名前だけ知っている人、結構いるんじゃないでしょうか?

・一生頭がよくなり続ける すごい脳の使い方(紙の本電子書籍) - 加藤 俊徳
 2022年11月に発売された本です。読んだ切っ掛けは、電車の中吊り広告です。キャッチーな感じの表紙で俗物的なのかなと思いましたが、同時に自分自身の記憶力と言いますか脳力は確かに落ちてきているなと感じていました。ここ最近資格試験昇職試験を受けたのですが、昔と比べて覚えるのに苦労しています。加齢が理由なのかなと思っていたのですが、脳の仕組みが変わっているからと思えば納得です。キャッチーな表紙という事できっと分かり易いのかなと思い、思い切って買ってみました。内容ですが、まずは脳の構成がどうなっているかから始まりました。記憶を司る所だけではなく、処理や判断など場所で役割は異なっております。次に、それぞれの部位が加齢に合わせてどのように成長していくかを解説していました。まだ10代の脳は、とにかくどんどん記憶する事が大事という事でこの機能が強いです。一夜漬けや丸暗記が得意なのはこの為です。ですが、30代40代になっていくと記憶する能力が落ちる代わりに思考する能力や判断する能力が発達します。その為、丸暗記よりも自分の中で咀嚼して納得した事の方が定着しやすいです。だから、学生時代の様に丸暗記で挑んでも成果が上がらないんですね。このカラクリを知るだけで勉強法を変えなければいけない事が分かります。そして、これらを踏まえた大人向けの最適な勉強法を提示しておりました。大事なのは、興味がない事でも興味があるかの様に錯覚させる事、長時間ではなく短時間で細かく勉強する事、短いスパンで復習する事です。脳は意外と騙しやすいので、工夫次第で何倍にも効率を上げる事が出来ます。是非この本に書かれている事を実践していきたいと思います。漫画とテキストが織り交ぜられており、その点も読みやすかったです。分かり易いのは良いですね。良い本でした。

 正直なところ、この年齢からのリスキリングは難しいのではないかと思ってました。決してそんな事はありませんし、ここから新しく学んだ事こそ一生の財産になるかもですね。
  1. 2024/01/29(月) 21:44:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

光る君へ

 今日は普通の日勤。年度末の忙しさも少し頂が見えてきた気がします。2月中旬くらいまでは忙しいと思いますが、それ以降は年度を超えるまで一呼吸置きたいですね。

 2024年の大河ドラマは、タイトルにある通り「光る君へ」です(公式HPはこちらからどうぞ)。私は普段大河ドラマは見たり見なかったりなのですが、今年は見てみようと思います。理由は、紫式部が主人公である事です。皆さんご存知の通り、紫式部は源氏物語の作者として知られております。そして、源氏物語にはありとあらゆる要素が詰まっていると聞いております。私自身は源氏物語を読んだ事がなく、いつか読まなければいけないと常々思っておりました。あらゆる文学作品の原点とも言える源氏物語、そしてその著者である紫式部の半生を描いているという事で、見てみようと決めました。現在第3話まで見ておりますが、第1話から平安時代の特に裏の部分を描いていて驚きました。出世争い、身分制度、位の高い人にはなにがなんでも逆らえないという現実を突き付けられました。その上で、主人公であるまひろと恐らくパートナーになるであろう藤原道長恋の物語が進んでいくのです。まだ第3話ではありますが、まひろと道長の関係や権力争いなど様々織り込まれており毎回関係性を整理しながら見ております。そして幕引きが上手で、次回が楽しみになります。音楽も流石の大河ドラマで、OPの反田恭平氏のピアノを始め美しい音色に毎回惚れ惚れしております。まだ始まったばかりですが、今後どのように展開していくのか楽しみです。妻と一緒に感想を言い合いながら、楽しく見ていければと思っております。

 平安時代ともなると文献など残っている物が少ないと思いますので、如何様にも解釈できると思っております。脚本の勝負、ですね。
  1. 2024/01/25(木) 22:55:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する